フローリング張り替えリフォームの費用相場はいくら?各施工面積・工法の価格を徹底解説

フローリングの張り替え費用相場は?

近年、家の床はフローリングが多く和室から洋室にリフォームした人も多いですよね。

フローリングに張り替えると掃除が楽になったりカビ・ダニの心配がなくなったりするので魅力的なメリットが多数あります。

一方で「フローリングに張り替える時の費用は?」「フローリングのメンテナンスタイミングは?」と疑問に思い中々リフォームに踏み出せない人も居ると思います。

今回はフローリングの張り替え費用相場を各サイズ・グレードに分けて詳しく解説していきます。

おすすめのフローリングメーカーやメンテナンスタイミングも紹介するので必見です。

フローリング張り替えの費用相場

フローリング張り替え費用相場

フローリングの張り替え費用相場は、張り替え工法・重ね張り工法によって違います。

床材 張り替え工法 重ね張り工法
フローリング 9~18万円 6~14万円

張り替え工法と重ね張り工法どちらでリフォームするかは、床材の種類や下地の状態によって変化します。

張り替え工法の方が若干高い相場になっているので、予算のバランスを考えながら業者と施工内容を相談しましょう。

1畳3万円~6万円が一般的

フローリングの費用は施工面積や工法によって異なります。

サイズ 張り替え工法 重ね張り工法
1畳 3~6万円 2~5万円
4畳 7~14万円 5~10万円
6畳 9~18万円 6~14万円
8畳 10~20万円 8~18万円

当然ですが、施工面積が広くなればなるほど費用も高くなります。

更にフローリングに使う床材のグレードによっても費用は異なるので、上記の費用相場はあくまでも目安として把握しておきましょう。

畳からフローリングに張り替える場合費用が高くなる

張り替える前の床材の種類によってフローリングの費用も異なります。

特に畳からフローリングに張り替えする場合は工事費用が高くなるので留意しましょう。

張り替え前 張り替える費用(6畳の場合)
フローリング 複合 フローリング無垢
クッションフロア/カーペット 8.3〜15万円 8.8〜18万円
12.2〜22.5万円 18〜24万円

また、複合フローリングにするか無垢フローリングするかによっても費用が変わります。

畳からフローリングに変えたり、機能性の高いフローリングを選んだりするとどうしても費用が高くなってしまうので、業者と相談して費用のバランスを相談してください。

畳の上にフローリングマットを敷くとカビ・ダニが発生する?綺麗にリフォームする方法や費用について詳しく解説

フローリングの種類と価格

フローリング種類

フローリングには種類があり、一般家庭に普及しているのは複合フローリングです。

フローリングの種類

  • 無垢フローリング
  • 複合フローリング

複合フローリングは集成材や合板を基材の表面に化粧材などを張り合わせた素材を使用しています。

化粧材を張り合わせることによって抗アレルゲン機能などを備えている製品もあり、子供の居る家庭に多く流通しています。

一方無垢フローリングは、自然のままの木材を使用する為こだわりの強いフローリングとなります。

無垢フローリング

無垢フローリングは、1畳あたり2,3000~4,5000円の価格となっており、複合フローリングより高くなります。

無垢フローリングに使用する木材が高級であれば価格も高っくなり、特に節のない無垢材は価格が高くなります。

無垢フローリングは調湿効果をもっている為健康的な素材として機能しますが、防音性が低いのでマンションのリフォームには不向きです。

場合によっては使用できないこともあるので、管理規約を確認して違反していないか業者と確認して無垢フローリングの素材を選びましょう。

複合フローリング

複合フローリングの費用相場は1畳辺り1,3000~3,7000円となります。

複合フローリングは、単板の種類・厚みや仕上げる方法によって価格が変動します。

耐久性の高いものや無垢フローリングのようなデザインは材料費が高くなります。

複合フローリングは防音性を兼ね備えている製品が多いので、マンションや複合住宅でリフォームする際におすすめです。

フローリングに張り替える時の施工方法

施工の種類

フローリングに張り替える施工方法は2つあります。

畳からフローリングに張り替えるような場合は、張り替え工法で既存の床材の上に新しいフローリングを重ねる場合は重ね張り工法となります。

重ね張り工法の方が費用を安く抑えられる傾向にありますが、工法を自分で選ぶことはできず、床の状態や張り替える床材の種類によって変わります。

張り替え工法

張り替え工法は、既存の床材をすべて撤去して新しい床材を張り替えます。

重ね張り工法より手間がかかるので、費用が高くなりますが、下地状態をしっかり確認することができます。

特に「畳からフローリングに張り替えたい」「クッションフロアからフローリングに張り替えたい」時に有効です。

最後に張り替えた床材が10年以上経っている場合や、歩く時に床から異音がする場合も、張り替え工法で施工してもらうことをおすすめします。

重ね張り工法

重ね張り工法は別名レイヤー工法とも呼ばれています。

既存の床材の上から新しい床材をのせて張り替える工法で、既存の床材を撤去する必要がないので工事費が張り替え工法より安くなります

既存の床材の劣化が激しくない場合に有効で、費用だけでなく工期も抑えられるので効率良くリフォームできる工法です。

ただし重ねて床材を敷くので、リフォームしていない床と若干の段差ができていまいます。

ドアの開閉や床の段差によって生活支障がないか、業者と相談してみると良いでしょう。

フローリングの張り替えタイミングは?

フローリングの張り替えタイミング

フローリングは一度張り替えると放置して良いものではありません

定期的に張り替えする必要があるので、耐用年数を把握しておきましょう。

ただし床材の状態や張り替えている環境によって年数が異なるので、詳しい張り替えタイミングは業者と相談してください。

張り替えから10~15年後が目安

一般的にフローリングの耐用年数は10~15年経つと交換する必要があります。

ただし家族環境によって劣化が早くなる場合もあります。

張り替えてから10年以内にも関わらず、床に大きなキズがあったり歩く時にきしむ音がしたりする場合は張り替えが必要です。

特に、床を踏んで音がなる状態は床の下地の状態も悪くなっている可能性があります。

早めに点検をしてもらい、リフォームすると大規模工事にならず、費用も抑えられるので早めに確認してもらいましょう。

おすすめフローリングメーカーの価格・特徴

フローリングに張り替えようとおもっても、「どの床材メーカーが良いの?」と分からない人が多いですよね。

実際フローリングの張り替えは毎年おこなうものではないので、日々床材メーカーをチェックしている人は殆ど居ません。

これからおすすめの床材メーカーを紹介するので、自分に適しているメーカーか判断してリフォームに使用するか検討してみてください。

WOODONE(ウッドワン)

ウッドワン

引用元:WOODONE

ウッドワンは木のぬくもりを重視しているメーカーで、天然木にこだわりをもっています

使用している木は、ニュージーランドで苗木から植林して自社生産しているので強いこだわりをもっていることがわかります。

自社生産している材木は上質な製品が多く、上質なパイン材を使用した無垢フローリングのピアノシリーズが主力製品となっています。

無垢材には殆どない床暖房に対応している製品もあるので、自然な質感を残しつつ床暖房機能をつけたい人におすすめです。

勿論無垢フローリングだけでなく複合フローリングも販売しており、メンテナンスしやすいウレタン加工のシリーズもあるので、マンションでの張り替えを考えている人にも対応できます。

Panasonic(パナソニック)

パナソニック

引用:パナソニック

パナソニックのフローリングは、花粉やダニ・ペットのフケなどのアレルゲン物質を抑制する機能をもっています。

アレルバスター配合塗装を木材に塗装している為、ハウスダストなどのアレルギーで困っている人に最適です。

汚れや傷に強いシリーズ商品もあり、パナソニックは機能面が充実している製品が多く色柄も豊富です。

リーズナブルな価格の床材も多く取り揃えているので、費用を抑えつつ充実した機能の床材でリフォームしたい人におすすめです。

フローリングの張り替えは施工内容によって費用が変化するので業者と相談しよう

フローリングの張り替えは床材や施工内容によって費用が変化します。

業者や自分ではコントロール出来ない部分に、費用がかかってしまうこともあるので注意しましょう。

下地の劣化や床材の状態を良い状態で保っている場合は、施工費用を抑えることができます。

リフォーム時に費用をなるべく抑えたいという人は、定期的に床の状態を点検してもらって大規模工事を避けるように意識しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

※急に電話がかかってくることはございませんのでご安心ください。稀に当サイトより確認のご連絡を差し上げる場合がございます。