お金がない人でも外壁塗装ができる!金欠の人におすすめの方法5選

お金がない時の外壁塗装

「外壁塗装をしたいけど、お金がない…」「なるべく費用を抑えて外壁塗装をしたい」など考えている人も多いのではないでしょうか?

外壁塗装は高額で、まとまったお金を用意できないひとも多いはず。

お金が無いからといって、外壁塗装をしないと家の状態が悪化し、最悪の場合リフォームをしなくてはならない可能性も出てきます。

本記事はお金が無くても外壁塗装ができる方法を紹介します。

外壁塗装をしたいけど、まとまったお金が用意できないという方は参考にしてみてくださいね。

【2021年最新】外壁塗装の費用相場はいくら?坪数ごとの平均価格や見積もり依頼時の注意点を解説

塗装工事の見積もりをネットで比較する
※急に電話がかかってくることはございませんのでご安心ください。稀に当サイトより確認のご連絡を差し上げる場合がございます。
流れ

お金がない人でも外壁塗装をする方法

お金が寧人でも外壁塗装をする方法はいくつかあります。

その中でも代表的な方法として、下記の5つがあげられます。

  1. 助成金を有効活用する
  2. リフォームローンを使用する
  3. 外壁塗装の見積もり相場を比較する
  4. 人気のない季節を狙う
  5. 安価な塗料で依頼する

では、順に解説します。

①助成金を有効活用する

まず一つ目の方法として、「助成金を有効活用する」という方法があります。

自治体が環境保護を目的として助成金を支給してくれます。

地域や対象となる工事によって金額は異なりますが、5~10万ほど支給されるところがほとんどです。

助成金が適用される条件など、詳しい専門知識が必要になりますので、塗装会社にそうだんするのも一つの手ですね。

「助成金のことを知らなかった」とならないためにも、事前に確認しておくようにしましょう!

外壁塗装で助成金・補助金は受給できる?交付条件や申請方法・必要書類を解説

②リフォームローンを使用する

2つ目の方法として、「リフォームローンを使用する」という方法があります。

リフォームローンとは、融資額が最大1,000万ほどの無担保ローンのことです。

最近では、リフォームローンによる支払方法を選択する方も増えています。

審査の内容は少ないため、スピーディーに融資を受けられますよ。

また、リフォームローンで外壁塗装をすると住宅ローンが減税されるため、所得税が控除される可能性も。

結果的にお得に外壁塗装ができるので、まとまったお金が無くて費用を抑えたいという方はリフォームローンを利用すると良いでしょう。

③外壁塗装の見積もり相場を比較する

3つ目の方法として、「外壁塗装の見積もり相場を比較する」という方法があります。

外壁塗装は業者によって費用が変わります。

相場はおおよそ決まっていますが、塗装会社を比較することでより費用を抑えて工事が可能です。

複数の塗装会社を比較することで、10~20万円ほど安くなることもよくあります。

複数社の見積もりを取る際の注意点として、必ず見積もり条件は同じに設定するようにしてください。

見積条件がばらばらだと金額の比較ができないので、注意して見積もり依頼を行いましょう!

外壁塗装の見積もりの注意点とは?見積もり書の見方とチェックポイントを解説

④人気のない季節を狙う

4つ目の方法として、「人気のない季節を狙う」という方法があります。

基本的に外壁塗装のベストシーズンは春・秋といわれています。

理由としては、空気が乾燥しているため工事をしやすいからです。

業者によっては、忙しいため値上げする業者もあります。

逆に、業者の受注数が減る梅雨の時期に依頼することで、費用を抑えられる可能性も。

梅雨の時期は普段予約が取れない腕の良い業者も選べるのでおすすめですよ。

ただ季節によってはメリット・デメリットがありますので、事前に調べておきましょう。

外壁塗装のベストなタイミング・時期はいつ?塗り替えに最適な季節・周期と抑えておきたいポイント

⑤安価な塗料で依頼する

5つ目の方法として、「安価な塗料で依頼する」という方法があります。

塗料にはさまざまな種類があって、特徴や金額が変わります。

外壁塗装の費用をどうしても抑えたいという人は塗装のグレードを落とすことで費用を抑えられます。

比較的安価な塗料は「ウレタン」「アクリル」「シリコン」といわれています。

その中でもシリコンが主流になっており、ウレタンとアクリルは現在、ほぼ使われていません。

シリコン染料は最も人気がある塗料のため、安心できます。

少しでも費用を抑えるために、塗料を塗装会社と相談して安価な塗料を使用してみるのもいいでしょう。

【2021年】外壁塗装おすすめ塗料ランキング27選!目的・性能別に人気塗料を比較

お金がないからといってやってはいけない行動3選

外壁塗装での費用はなるべく抑えたいですよね。

ただ、予算を抑えるためにやってはいけない行動がいくつかあります。

NG行動をとってしまうと、余計に費用がかさんでしまうことも。

具体的にお金が無いからといってやってはいけない行動として下記の3つがあげられます。

  1. 相場を大幅に下回る値下げを要求すること
  2. 内容を理解しないままパック料金で契約する
  3. 自分で塗装をおこなう

詳しく解説します。

①相場を大幅に下回る値下げを要求すること

まず1つ目にやってはいけないNG行動として、「相場を大幅に下回る値下げを要求すること」です。

複数社から見積もりをもらうことでおおよその相場が分かります。

相場からかなり下回る値下げを要求してしまうと、業者は工事の中で何かしらの妥協をして費用を抑える必要が出てくるでしょう。

具体的には「材料費を抑える」「作業工程を減らす」「人件費を減らす」などコストカットをしなくてはなりません。

結果的に工事の質が下がってしまうため、塗装してもすぐに欠陥が出てしまう可能性が高まります。

なるべく予算を抑えるために値引き交渉をする気持ちは分かりますが、必要以上に値下げ交渉をしてしまうと再工事が必要になってしまうことも多いです。

余計な費用をかけないためにも大幅な値下げ交渉はやめましょう。

②内容を理解しないままパック料金で契約する

2つ目にやってはいけないNG行動として、「内容を理解しないままパック料金で契約する」という点です。

パック料金は内容を理解して自分に合ったプランを選択すれば、お得に工事を進められるでしょう。

ただ、なんとなくパック料金で契約してしまうと、追加料金やオプション料金を請求されて費用が高くなってしまうことも考えられます。

業者によってはパック料金で安く見せておいて、実際は追加料金を払わないと満足いく工事ができないという悪質な業者もいます。

悪徳業者に引っかからないためにも「自分に合ったプランはなにか」を必ず確認しておきましょう。

③自分で塗装をおこなう

3つ目にやってはいけないNG行動として、「自分で塗装をおこなう」という点です。

最近ではDIYでなんでもやる人が増えており、外壁塗装も自分でおこなう人もいます。

ただ、知識がない素人が塗装をするのはおすすめしません。

外壁塗装は、塗り替え作業が何工程にもわたり工事します。

外壁を塗り技術や知識がない人がおこなってしまうと、塗りムラなどができて綺麗に塗れません。

また、外壁塗装は高所での作業になるため、素人が高所で作業することは大変危険です。

知識や技術がない状態で塗装をおこなうことは大けがの原因にもなりますので、無理せずに業者に依頼するようにしましょう。

外壁塗装はDIYで出来る?自分で美しく仕上げる塗装方法と費用・注意点を解説

お金がなくても正しく外壁塗装をしよう

お金がない人でも外壁塗装をする方法を紹介しました。

知っておくだけも外壁塗装の費用を抑えられるので必ずチェックしておきましょう。

外壁塗装が高いからといって、NG行為をおこなうと、かえって塗装費用がかさんでしまう可能性も考えられます。

下記のNG行為もチェックしておくと良いですよ。

  1. 相場を大幅に下回る値下げを要求すること
  2. 内容を理解しないままパック料金で契約する
  3. 自分で塗装をおこなう

もし、お金がなくて外壁塗装をするか迷っている方がいるのであれば、今回紹介した内容を覚えてお得に外壁塗装をおこないましょう!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

塗装工事の見積もりをネットで比較する
※急に電話がかかってくることはございませんのでご安心ください。稀に当サイトより確認のご連絡を差し上げる場合がございます。
流れ