外壁修理は業者に頼むべき?部位別の修理方法やかかる費用・・業者選びのポイントを解説

外壁修理は業者に頼むべき?

自宅の外壁が劣化してきて修理を検討したいけど、どのように修繕すればいいかわからないという人は多いです。

そんな人の為に外壁修理の方法や費用そのほかにも知っておきたいポイントを詳しく解説していますので、この記事の内容を参考に適切な外壁修理を行ってください。

外壁修理・補修の方法とは?修理にかかる費用やDIYのコツ・工事の注意点やポイントを解説

外壁修理は家の管理・維持のために重要

定期的な外壁の修理は非常に大切です。

どんなにかっこいい家でも外壁が劣化していては、周りから素敵な家だとは思われません。

外壁は家の中で最も目に見える部分なため劣化している場合には早めに修理してあげた方がいいでしょう。

また外壁の耐用年数は定期的なメンテナンスを加えることでようやく実現される目安期間になっていますので、外壁の修理をせずに放置していれば家の劣化は早まっていきます。

さらに劣化した外壁は雨漏りの原因になり、家の中にまで被害を及ぼしますので外壁の定期的な修理は非常に大切なものです。

ほとんどの外壁修理はDIYより業者に依頼するべき

多くの場合、外壁を自分で修理することはおすすめできません。

外壁の修理をDIYで行おうとする方もいますが、しっかりとした専用の道具とよっぽどの技術がなければ業者にお願いして修理してもらいましょう。

外壁の修理には高度な技術と一般的には手に入らない専用の道具が必要ですが、これを素人がDIYで行った場合、早期に劣化しメンテナンス期間が早まってしまうだけで費用と手間の無駄になります。

また、素人では気づくことができないような劣化があった場合、表面上のメンテナンスをすることになり取り返しのつかない事態になりかねません。

上記のように素人が外壁の修理をすることはリスクが大きいため、ほとんどの場合は業者に依頼して修理してもらいましょう。

DIYで外壁修理をおこなっても良いケース

先ほど、ほとんどの外壁修理は業者にお願いしましょうと言いましたが、下記のような軽微な修繕であれば素人でも正しく行うことができます。

しかし、修繕方法や使う道具はしっかりと把握したうえで行いましょう。

0.3ミリ以下のひび割れ修理

外壁のひびが0.3ミリ以下の場合にはDIYでの修理が可能になります。

方法はチョーク式とスプレー式があり、チョーク式はセメントチョークを手でひび割れ部分に塗りこんでいく方法で、スプレー式はセメント粉をスプレーで噴射して定着させる方法です。

どちらも劣化の状況によっては業者にお願いして修理する必要がありますが、ひび割れが0.3ミリ以下であれば外壁の下地部分には影響がないという事で応急処置が可能という事になります。

コーキングの打ち替え

コーキングの打ち替えはDIYでも対応可能です。

コーキングとは外壁が受けている衝撃を吸収するための弾力性のある材料です。

コーキングの打ち替えをDIYで行う場合には、少しでも定着をよくするため必ず晴れている日を選びましょう。

カビやコケの洗浄

カビやコケの洗浄は自分で行ってもよい場合が多いです。

カビやコケは放置せず早めに除去することが大切なので、発見した場合はスポンジやブラシで丁寧に洗浄しましょう。

また高圧洗浄機を持っている場合はより細かな洗浄が可能になりますので、必要に応じて使ってください。

高圧洗浄機を使う際は、周りに水が散らないよう細心の注意を払い近所の方に迷惑が掛からないよう気を付けましょう。

外壁修理は部分補修と全面修理の2種類

外壁修繕は大きく部分補修と全面修理の2種類に分けることができ、部分補修とは錆びの除去やコーキングの打ち替えなどの小さな修理のことで、全面修理はサイディングの重ね塗りなどの大掛かりな修理のことです。

基本的に部分補修は突発的な外壁の損傷に対応するもので、全面修理は外壁の耐用年数に応じて行われるといった性質があります。

部分補修の費用

部分補修の費用は基本的に小さな修理を前提としており、足場が必要なく工事期間も短い傾向にあるため修理費用が高額になる事はありません。

ひびやコーキングはダメージの大きさによって依頼するべき業者や費用が変わってくるためなるべく自分で対応したり放置したりはせず業者に見てもらいましょう。

前面修理の費用

全面修理は主に外壁塗装になりますので、修理費用も高額になりがちです。

修理費用は塗料の種類や機能によっても変わってきますのでよく使われる塗料の費用相場と耐用年数を下記にまとめます。

塗料の費用と耐用年数
種類 1㎡の目安価格 耐用年数の目安
アクリル 1,500円 7年
ウレタン 2,000円 8年
シリコン 2,700円 12年
フッ素 4,400円 17年
光触媒系 4,400円 17年
ハイブリット塗料 4,400円 17年

外壁を塗装する場合は安い塗料を使うこともできますが、メンテナンスの期間が早まり結局早期に修理が必要になるため耐用年数の長いものを使うことが多いです。

耐用年数が長い塗料は価格も高いため外壁塗装の費用はおのずと高額になります。

外壁修繕が必要な状態と修理方法を紹介

ここでは外壁の修理が必要なサインを紹介していますので、下記のような症状が出ている場合はメンテナンスを検討しましょう。

塗装が劣化している場合

塗装にひびや剥がれがみられる場合には塗料が劣化しているとみて間違いないです。

塗膜の劣化は比較的緊急度の低い状態ですが、放置していると塗膜の下地にまで劣化が進みやがて修繕の規模が大きくなっていきます。

重症化していない塗膜のひびや剥がれであれば、該当部分を補填剤で埋めるだけで済みますので、油断せずしっかり修繕してあげましょう。

チョーキングが起こっている場合

チョーキングとは壁の表面を触ったときにチョークのような白い粉が手につく現象で、これは外壁の防水機能の低下を表していますので、チョーキングが起こっている場合には壁全体の修繕が必要になります。

チョーキングの原因は日光や雨になりますが特に太陽光の当たりやすい部分は劣化が進みやすいため、部分的にチョーキングが起こってしまうという事も珍しくありません。

チョーキングが起こった場合の修繕は壁全体を高圧洗浄した後に塗料を塗りなおすといったもので、高圧洗浄の費用は1㎡350円程です。

塗装にはウレタン、シリコン、フッ素、ラジカルといった塗料がおすすめですがで、1㎡1,700円~5,000円程になります。

表面の錆び・色褪せが発生している場合

環境にもよりますが、5~10年程で外壁の金属部分に錆が発生し、すぐに修繕が必要と判断されます。

錆びは放置すると修繕費用が高くなるのに加えて、放置しておくと外壁に穴が開き内部までが腐ってしまい雨漏りなどの原因になりかねません。

外壁に錆が発生した場合はケレン作業というもので錆びや古い塗膜を落とし、錆止めを塗っていくという修繕方法が一般的です。

ケレン作業と錆止めの値段はセットで1㎡500円~1,000円程ですが、錆を放置して劣化が激しい場合には1㎡2,000円近い修繕費になります。

さらに、外壁全体に錆が発生しているような場合には外壁材そのもの交換する必要がありますので、錆を発見したときは直ちに業者を呼んでみてもらいましょう。

カビやコケが発生している場合

カビやコケが発生している場合はチョーキング同様で防水機能の低下が考えられます。

特に湿気が多い地域ではカビやコケが発生しやすく、黒カビという種類のカビは人体に影響を及ぼしますので、できるだけプロにお願いして洗浄してもらってください。

症状が軽い場合はDIYでの修繕も可能なので、その際はスポンジや水洗いでしっかりと洗浄してあげてください。

高圧洗浄機を使って洗浄することも可能ですが、表面の塗装を一緒に剝がしてしまう危険性がありますので注意が必要です。

ちなみに業者にお願いする場合の清掃費は1㎡200円~500円で、洗浄の際の養生や飛散防止を含めて5万円以内に収まるケースがほとんどになります。

コーキングにひびが入っている場合

コーングとは外壁が受ける衝撃を吸収してくれる弾性のある材料のことで、日ひびが入っている場合には衝撃吸収機能が低下しているため、修繕が必要です。

コーキングの修繕には部分的にコーキング剤を打っていく増し打ちと、既存コーキングを完全に新しいものに変える打ち替えの2種類があります。

コーキング剤の劣化状況にもよりますが、打ち替えで10年、増し打ちで2~5年ほどの寿命なので基本的には打ち替えがおすすめです。

コーキングの打ち替えは既存コーキングの撤去に1~3万円、打ち替えには1m1,000円程の費用が掛かります。

増し打ちの場合には、1m500円~900円程です。

外壁に亀裂や穴がある場合

外壁の穴や亀裂は雨漏りに直結しますので、すぐに業者を呼んで修繕してもらってください。

外壁の穴や亀裂は外壁材によって修繕方法が異なりますが、一般的によく使われる方法はパテで穴や亀裂を補修後に、周囲に近い色の塗料を塗装するというものです。

修繕費用は該当箇所の大きさにもよりますが、一か所につき1~6万円程で修繕してくれる業者が多いと言われています。

外壁修理業者を選ぶ時のチェックポイント

ここでは外壁を修繕する際の、業者選びに関するポイントを解説しています。

業者選びを失敗してしまうと修繕個所が早期に劣化してしまい再度依頼をしなければならならなくなってしまいますので、ポイントをしっかりと抑えて信頼できる業者を見つけてください。

施工実績があるか確認

最低でも4~6年程の実績がある業者を選ぶようにしてください。

外壁塗装業界に新たに参入してきた業者は、工事の質が低いと修繕個所が早期に劣化してしまい、クレームが増え依頼数が減る事により2~3年ほどで撤退していきます。

逆に4~6年程の実績がある業者であれば修繕個所が長持ちしていると考えられますので、業者選びの際は開業から何年程の実績を積んでいるのかを見るようにしましょう。

工事後の保証がついているかを確認

工事後の保証は基本的に2年間の業者が多いですが、保証がついていない業者は避けましょう。

工事後の保証がついていない業者は施工技術に自信がないと考えられ、保証のついている業者はしっかりとした施工を行い2年程では劣化しないという自信があると考えられます。

仮に何かあったときも保証がついている方が安心して依頼できますので、必ずチェックしておきましょう。

料金を確認

業者選びの際は最低でも3つほどの業者に見積を依頼してみましょう。

料金が高すぎる業者の場合は単純にぼったくり業者であるか、間に代理店が挟まっている可能性があります。

前者は見積書に詳しい道具の内容や施工方法が記載されていない場合が多く、費用の内訳がよくわからない見積書を見たら注意しましょう。

ちゃんとした業者であれば使う塗料のメーカーや施工方法まで記載された詳細な見積書を作ってくれます。

後者の場合は塗装業者だと思って連絡していた相手が代理店で、塗装業者が代理店に支払うための20~30%程のマージンが含まれていますので注が必要です。

施工業者を探す場合はいくつかの業者に見積書を作ってもらい比較検討してください。

外壁修理に関するよくある質問

外壁修理に関するよくある質問

外壁塗装業者がよく受ける質問を紹介していますので、疑問に思ったときはこちらを参考にしてください。

屋根修理を一緒にやると安いのか?

屋根の修理を一緒にやると安いというのは本当ですが、外壁修理が広範囲の場合に限ります。

外壁全体を修繕するような場合には足場を組み立てる必要がありますが、この費用が10~30万程です。

屋根塗装の際も足場が必要になりますので、外壁の修理と一緒に行うことで足場の組み立て費用が1回分で済むという事になります。

外壁修理は近所に挨拶しておくべき?

外壁修理は塗料や洗浄の際に、周囲に塗料や水が散る可能性があります。

迷惑をかけてから近所の方に謝りに行くのであれば外壁修理の前に告知しておいた方が好印象な事な間違いありませんので、気まずくならないように菓子折りなどを持って挨拶に行ってください。

新築で雨漏りしている時はどうすればいいか?

新築の雨漏りは基本的に地震などの自然災害か欠陥工事が原因です。

地震などの自然災害が原因の場合は火災保険が適応され、修繕費用を負担してくれる場合がほとんどなのでハウスメーカーに連絡してみましょう。

また欠陥工事が原因であれば住宅瑕疵担保責任というものが適応され無償で修繕してくれます。

住宅瑕疵担保責任は新築から10年未満の場合にのみ適応され、10年を超えると自己負担になりますので確認後、ハウスメーカーに連絡してください。

定期的なメンテナンスで建物を長持ちさせよう

外壁修繕は一戸建ての住宅に住んでいる方や事業用でアパートを持っているオーナーであれば必ず必要なものです。

外壁塗装の定期的なメンテナンスは外壁材を長持ちさせることにもつながりますので、この記事を参考に最適な修繕を施して建物の寿命を延ばしてあげましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

※急に電話がかかってくることはございませんのでご安心ください。稀に当サイトより確認のご連絡を差し上げる場合がございます。