外壁修理の経費計上はどうすれば良い?修繕費や資本的支出を経費計上する際の条件・判断基準

外壁修理の経費計上

アパートや事務所のオーナーで事業用の建物に外壁塗装工事をした後、確定申告でどのように経費計上すればいいかわからないという方は多いです。

外壁塗装の経費計上はうまくいけば赤字抑制や節税といったメリットもあります。

この記事では外壁塗装の費用を計上する際の勘定科目やその判断方法と知っておきたいポイントについて詳しくしていきますので、しっかりと理解してください。

外壁修理の費用相場は平均いくら?出費を安く済ませるために必要な知識

外壁塗装を怠ると起こるリスク

外壁塗装を怠ると表面の塗膜がはがれ、外壁が痛んでしまいます。

塗膜が剥がれているだけでも汚れやすくなったりカビの原因になったりと様々な問題が発生しますが、そのまま放置しておくと雨水が外壁に浸透して雨漏りを起こしたり大規模の修繕が必要になったりする可能性があります。

外壁の塗料や建材には耐用年数という、劣化の目安期間がありますが実際には定期的なメンテナンスをしなければ元々の耐用年数より早く劣化が進んでしまうでしょう。

外壁がメンテナンスを必要としている状況かわからないという場合は迷わず業者に相談してください。

外壁修理の計上方法は修繕費と資本的支出の2種類

外壁修繕の経費計上方法は修繕費と資本的支出の2つに分かれます。

修繕費

修繕費とは建物、機械、車両などの固定資産に対する原状回復費用のことです。

外壁塗装の場合はその工事をしたことで建物の価値が元々の状態から上がっていない事が

条件となり、経費計上する際は一括での計上になります。

資本的支出

「資本的支出」とは勘定科目では「建物」といわれ、固定資産の元々持っている価値を高

める工事をした場合の経費を指します。

外壁塗装の場合は工事をしたことで外壁の「デザイン変更」や「機能向上」がある場合と

きで、経費を計上の際は減価償却になります。

減価償却とは固定資産の修繕に係った費用を法定耐用年数で割った金額を毎年計上してく

方法です。

経費計上するときの判断基準

外壁塗装の修繕費用を経費計上するときの判断基準は「修繕費」と「資本的支出」それぞ

れに定められており、計上する場合はこの基準に沿って申告する必要があります。

修繕費に該当するか判断するポイント

固定資産の修繕費用を「修繕費」として計上できるのは先ほど解説したように「原状回

復」の為に行った工事の場合ですが、具体的な判断のポイントは下記にまとめます。

ポイント➀20万円未満の工事である

国税庁では修繕費用が20万円未満の場合、「少額又は周期の短い費用」とし「修繕費」

として計上することができるとしています。

ポイント②概ね3年以内の周期で修繕工事を行っている

国税庁では概ね3年以内の周期で修繕を行っている場合は「修繕費」として経費計上する

ことができるとしています。

ポイント③明らかに維持管理・原状回復のための工事である

国税庁では明らかに維持管理・原状回復のための工事である場合は「修繕費」として経費

計上することができるとしています。

資本的支出に該当するか判断するポイント

固定資産の修繕費用を「資本的支出」として計上するのは先ほど解説したように「資産の価値を高める」の為に行った工事の場合ですが、具体的な判断のポイントは下記にまとめます。

ポイント➀機能が向上するような工事

国税庁では資産の機能を向上させるような工事の場合には「資本的支出」として計上する事としています。

例えば、外壁塗装の場合では元々ついていなかった防水機能や遮熱機能を持った塗料を塗装するような場合です。

ポイント②明らかに価値が上がるような工事

国税庁では明らかに資産の価値を向上させるような工事の場合は修繕費用を「資本的支出」として計上する事としています。

ポイント③資産の使用可能期間が長くなるような工事

国税庁では、工事をしたことで資産の使用可能期間が元々の期間よりも長くなるような工事の場合には、修繕費用を「資本的支出」として計上する事としています。

判断が難しいときに修繕費として計上できるパターン

工事費用が「修繕費」「資本的支出」のどちらに該当するかわかりにくい場合は、下記のような条件を満たしていれば「修繕費」として経費計上する事が出来ます。

費用が60万円未満

勘定科目をどちらにするべきか判断できない場合は工事費用が60万円未満であれば、「修

繕費」として計上する事が出来ます。

費用が前期の決算時点で固定資産のからの取得価格の10%未満

修繕した資産からの取得価格が工事をした日の前期末における決算の10%相当以下である

場合は、「修繕費」で経費計上する事が出来ます。

例えば、前期末の決算時点で100万円の収益があったアパートの外壁を10万円で塗装し

た場合は費用10%相当以下の工事となり、「修繕費」としての計上が可能というわけで

す。

修繕費・資本的支出で計上する際のメリット・デメリットを比較

修繕費と資本的支出で計上する場合のメリットとデメリットをそれぞれの観点からまとめたものが下表です。

項目 メリット デメリット
修繕費
  • 一括で経費計上するため、毎年計上する手間が省ける。
  • 計上した年だけ一時的な節税になる。
一括計上によってその年が赤字になりやすい。
資本的支出
  • 減価償却での計上になるので、毎年少しずつ節税ができる。
  • 経費を分散できるため、毎年の赤字抑制ができる。
毎年計上しなければならないため手間がかかる。(法定耐用年数を調べで毛状金額を調べる手間など)

中古のマンションを購入して外壁塗装した場合は修繕費として計上できる可能性が高い

中古のマンションを購入したオーナーが外壁塗装をした場合については「修繕費」として計上できる可能性が高いです。

マンションの修繕は定期的に行われており、維持管理や原状回復という目的が考えられるためです。

しかし、売買契約の段階で外壁の修繕をすることと費用を買主が負担する事が決まっているような場合には、「資本的支出」として計上する必要があります。

工事がもともと決まっているうえでの売買契約では外壁の修繕費用が売買価格の一部としてみなされるためです。

ただし、下記の条件を満たしている場合は「修繕費」として計上する事が出来ます。

  • 修繕の費用が建物の売買価格に含まれていないことが明確な場合。
  • 売買の契約時に修繕行使が決まっておらず、建物の引き渡しを受けてから修繕が必要であると判明した場合。

外壁修繕を計上するときは判断基準を理解して正しく計上しよう

この記事では外壁塗装を考えているアパートや事務所のオーナー向けに修繕費の経費計上方法について解説しました。

この記事の内容を理解して正しく、修繕費の計上をしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

※急に電話がかかってくることはございませんのでご安心ください。稀に当サイトより確認のご連絡を差し上げる場合がございます。