外壁修理に火災保険は使える?火災保険の利用条件・申請方法を徹底解説

外壁修理に火災保険は使える?

火災保険に加入しているけど、外壁修理に使うことは出来るの?突然の災害にあい自分の

加入している保険で外壁修理ができるの?外壁修理はいくらかかるの?と疑問に思ってい

る方に向けて、外壁修理で火災保険が使えるのかどうか費用はいくらかかるのかを解説し

ます。

外壁修理に火災保険を使えるかの判断ポイント

外壁修理に火災保険を使えるかどうかの判断ポイントは、台風・洪水・落雷などによる自然

災害が原因で外壁に損傷が発生し修理が必要になったかどうかが一番大きな判断基準です。

経年劣化によりひび割れや破損した場合は火災保険を利用することは出来ません。

また、建設業者の手抜き工事によって破損した場合も火災保険を利用することが出来ない

ため、場合によっては裁判にまでもつれ込む場合もあります。

外壁修理にかかる費用は?保険を使わなかった場合と使った場合

外壁修理にかかる費用について火災保険を使わなかった場合と使った場合にわけて解説し

ます。

ここでは一般的な家の大きさである30坪の外壁全体の塗装をし直すことを想定して費用を

説明していきます。

火災保険を使わなかった場合にかかる外壁全体の補修費用

火災保険を使わなかった場合は約60~80万円程度費用がかかります。

家が大きければこれよりも費用が大きくなり、家が小さくなるほど費用も小さくなります。

保険を使った場合にかかる外壁全体の補修費用

火災保険を使った場合費用は一切かかりません。

毎月保険の掛け金を払っているのでそこから費用を保険会社が捻出するので個人で負担す

る費用が掛からないというわけです。

しかし、火災保険を利用するには様々な手続きや準備するものがあるのでそこについても

本記事で解説させていただきます。

火災保険の様々なタイプ

火災保険と一言でいっても様々なタイプがありそれにより保障の対象内か対象外かいくら

まで負担してくれるのかが異なります。

どんなタイプの火災保険があるのかについて解説します。

住宅火災保険

まずは住宅火災保険、みなさんが通常加入している一般的なタイプの火災保険です。

自然災害である火災・落雷・破裂・爆発・風災・ひょう・雪などの住宅が被害になる可能性

が考える大体の自然災害に対応しています。

住宅総合保険

住宅総合保険は住宅火災保険に加えて、第三者の加入にも対応しています。

第三者の加入とは住宅設備の盗難やいたずらによる破損、漏水の事を示します。

オールリスクタイプ

住宅総合保険よりもさらに広範囲の様々なリスクに対して対応することが出来る保険です。

大きな家に住んでいる方は加入している可能性があります。

家のタイプによって詳細が決められるのでその人に合わせたオーダーメイドの保険と言い

換えることもできます。

特約火災保険

これは、個人ではなく事業者向けの保険となります。

自宅兼お店となっている場合は加入している可能性があります。

自然災害被害にあった場合お店として利用している部分のみ保険の対象内となります、住

宅部分は保険対象外となっているため注意が必要です。

住宅部分も補償対象にしたいという人の場合は、加入している保険業者に相談してみまし

ょう。

火災保険の補償を受け取るためには損害保険鑑定人の調査が必要

日本損害協会によると、損害保険登録鑑定人とは建物や動産の保険価額の算出、損害額の鑑

定、事故の原因・状況調査などを行う専門家です。

簡単に言うと、火災保険の申請がされた損害が自然災害によるものか人的要因による者か

を調査する人達の事を言います。

火災保険の申請方法2パターン

火災保険の申請パターンは自分で加入している保険会社に申請するか、代行会社に依頼し

て面倒な保険手続きをすべてプロに任せてしまうかの2パターンがあります。

自分で火災保険を申請する場合のポイント

自分で火災保険を申請する人にむけて、複雑で分かりづらい火災保険を事前に準備してお

く物と、申請の流れという場合に分けて説明します。

説明していきます。

事前に準備しておくもの

保険会社によって準備するものが多少異なりますが全部の保険に共通して必要なものは、

売買契約書、建築確認申請書(第1面~第5面)・建築確認済証、修理見積書、罹災証明書、

写真です。

売買契約書

売買契約書とは、建売住宅を購入する際に建物の構造や延床免責、築年数などの家に関する

情報が記載された証明書です。

建物の価値がどれくらいかどうかを判断するために必要な証明書となります。

建築確認申請書(第1面~第5面)・建築確認済証

建築確認申請書とは、家の持ち主が市役所か認定をうけた民間業者からその建物が建築基

準法や条例などの法令に遵守しているかどうかを示す証明書です。

修理見積書

修理業者に依頼し、建物を修理するのにどれくらいの費用がかかるかの見積もりが書いて

ある書類です。

罹災証明書

家がある地域を管轄している消防署や出張所で発行されるもので、各自治体が罹災したこ

とを証明する書類です。

申請の流れ

申請の流れについて 保険会社への連絡から実際に保険金を受け取るまでの4ステップで

説明します。

保険会社への連絡

火災保険は自然災害などの被害を受けてから申請をするまでに期間が定められています。

そのため住宅が被害をうけた場合は出来るだけ早く保険会社に連絡をすることが最初のス

テップです。

書類の記入

保険会社から火災保険利用申請に必要な書類が送付されてくるので、書類の記入をしまし

ょう。

現地調査

損害鑑定人による申請をうけた損傷が保険対象内かどうかの判断をされます。

立ち合いが必要な場合が多いため予定日を確認しておきましょう。

保険金の申請した費用が100万円以下の場合は現地調査を省略する場合があります。

保険金の受取

損害鑑定人による審査の結果保険の対象内と判断されれば、口座に保険金が支払われます。

通常は2~3週間程度で保険金が振り込まれます。

代行会社に依頼する場合

代行会社に依頼する場合は、依頼する代行会社に連絡し必要書類を提出すれば終わりです。

あとは結果がどうなったかの連絡を待つだけです。

事前に準備しておくもの

代行会社に依頼する場合事前に準備しておくものは特にありません。

ただし、家の損傷部分の状況を写真で撮影しておくと後で被害状況を書く際に便利です。

代行会社に連絡をすると指定の用紙が送られてくるのでそれを記入するだけです。

申請の流れ

代行会社への申請の流れは、代行会社に連絡し必要書類を記入したらあとは連絡を待つだ

けです。

自分で保険の利用申請をする場合と異なり面倒なことは何一つないので便利ですね。

悪徳業者に注意

代行会社に任せると面倒な手続きなどがなくて利便性がある反面、悪徳業者がいるので注

意をしましょう。

通常かかる料金よりも2倍以上と高額になることや、虚偽の申告を保険会社にし事件の関

係者に保険を申請しただけなのに巻き込まれてしまうなどの悪質な会社もあるので代行会

社を利用する場合はよく調べたうえで利用してください。

自治体における助成金制度を活用した外壁修理

国や地方自治体によっては外壁修理をする際に助成金制度があります。

助成金を受け取るためには、税金を滞納していないことや、暴力団等の非社会的な組織との

関係性がないことなど様々な条件がありますが、条件が地方自治体により様々です。

そのため市役所や関係機関に連絡をして、自分の家が助成金の対象にあたるかどうかを確

認しましょう。

もしかしたら保険を使うよりもメリットが大きい場合があります。

近年では災害による助成金だけでなく、エコリフォームという家の断熱性が上げるための

リフォームに対する助成金の仕組みもあります。

火災保険を利用する際の注意点

火災保険を利用する際の注意点について解説します。

突然の自然災害にあった時保険に入っているから大丈夫と安易に考えていると、失敗をし

てしまう場合があります。

気を付けるべき注意点が2点あるので火災保険を利用する際は注意をしてください。

火災保険が認められない場合がある

一番よくある失敗が火災保険を申請しても認められない場合があります。

自然災害ではなく人的災害や建設時点での手抜き工事などは、火災保険の対象外のため火災保険を利用することが出来ません。

建築物などのついての特別な知識がなければ、手抜き工事かどうかなどを見抜くことは難

しいですよね、そのため使おうと思っていた保険が実は保険の対象外で利用することが出

来なく、全額実費で修理をしなければなんてことが起きてしまいます。

特に経年劣化により外壁が傷んだ場合に保険の申請をする人が多いです、経年劣化は自然

災害ではないので保険は認められないので注意してくださいね。

保険が認められてもお金はすぐにもらえない

保険金はすぐに振り込まれません。

火災保険は保険金の請求手続きが完了した時点から数えて30日以内に支払うと決まってい

ます。

なんだ1ヶ月後に振り込まれるのかと思ったらそれは大間違いです、重要なのは請求手続

きが完了した時点というところです。

請求手続きが完了するまでに保険会社に連絡や必要書類の記入をし、さらに損害保険鑑定

人の審査を受けるなどの全ての手続きが終了してからです。

そのため、最初に電話をしてから実際に保険金が振り込まれるまでに何か月もかかること

もあります。

外壁修理に火災保険を利用できるかは事前に要チェック

外壁修理に火災保険を利用できるかどうかは、家が損傷した原因によって異なります。

そのため、自分の家の状況が火災保険を利用できるかどうか自然災害による者なのか人的

被害によるものかを見極めることが一番大切です。

そして火災保険を利用する場合は、様々な手続きがあり面倒なように見えますが事前に準

備しておくものや申請の手続きを確認しておけば難しくないです。

ただし代行会社を利用する際は、詐欺などの被害にあわないように注意をしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

※急に電話がかかってくることはございませんのでご安心ください。稀に当サイトより確認のご連絡を差し上げる場合がございます。