外壁塗装の注意点とは?トラブルを避けて失敗しないためのポイントと方法

外壁塗装の注意点

外壁塗装業者は悪質なところも多く、高齢者等をターゲットにした被害が多く報告されています。

高額なリフォームを依頼したのに出来上がりに納得できず、詐欺被害に遭う最悪のケースも考えられます。

そこで今回は外壁塗装を依頼する時に抑えておきたい注意点と、トラブルに陥ってしまった場合の対処法を紹介していきます。

人気の外壁塗装業者おすすめランキング!口コミ・評判や料金相場・独自サービスを比較

塗装工事の見積もりをネットで比較する
※急に電話がかかってくることはございませんのでご安心ください。稀に当サイトより確認のご連絡を差し上げる場合がございます。
流れ

外壁塗装に悪徳業者が多い理由

外壁塗装業界には丁寧な仕事をしない悪質業者も数多く存在します。

悪質業者が横行する理由として、外壁塗装の仕組み的な問題も大きく影響しています。

ここからは、外壁塗装を依頼する際に注意すべき理由を紹介します。

相場が分かりにくい

外壁塗装リフォームには定価がなく、塗料や人件費、外壁の状況などにかかる経費がそれぞれ異なるので、複数社の見積もりを比較しないと相場がいくらか分からないのです。

たとえば塗装の剥げ具合をどう判断するかによって、必要だと思う塗料の量も変わってきます。

各社が個別の状況をどう判断するか分からないので、安いと評判の業者も本当に安く見積もってくれるかは分からないのです。

実際に査定を依頼し、担当者の人柄なども鑑みて選ぶようにしましょう。

初期は塗装工事の質がわからない

外壁塗装したての状態はどれも良くみえますが、時間が経つにつれて激しく劣化したのを見て初めて手抜き工事と発覚するケースも多いです。

一般の方は一目でわかる色ムラ・凹凸・ひび割れがない限り手抜き工事と認識できないので、詐欺にひっかかってしまいやすいのです。

強引な営業から逃れにくい

例えば家に「○○に困っていませんか?」という飛び込み営業が来て、困っていたとしても一旦は「いや、困っていません」と言って追い出すことができます。

ただ、外壁の場合は劣化状況が外から見て一目瞭然なので、言い逃れがしにくいのです。

「外壁が結構劣化していますね」などと業者に言われたら不安に思って契約してしまうケースも多いです。

外壁塗装で注意すべき悪質手口

外壁塗装では、具体的にどんな手口に注意すれば良いのでしょうか?

避けるべき悪質手口を紹介します。

必要以上に不安を煽る

「今すぐ外壁リフォームしないと、大変なことになりますよ!」と不安を煽る手口も横行しています。

専門業者に言われたら「すぐリフォームしたほうが良いのかな…」と思ってしまいがちですが、チョーキング現象や大きなひび割れなど、素人目にもわかる欠陥がない場合は、早急にリフォームしなければいけないケースは稀です。

相手の印象がそこまで悪くなくても、一旦その場はやり過ごして、必ず複数社を比較するようにしましょう。

すぐに契約を取ろうとする

簡単な説明の後にすぐ「契約書へサインしてください」と言ってくるケースも少なくありません。

冷静に考える時間を与えず、契約を結ぼうとしてくる業者は何とかして一旦帰らせるようにしましょう。

お得過ぎる期間限定キャンペーンを実施している

「期間限定で半額以下になるキャンペーンを実施中!」というチラシに乗せられて契約してしまうケースも多いです。

本当にお得なキャンペーンを実施していたなら良いですが、もともと費用のかからない工事を安く見せるためにこうした手口を使っている可能性があります。

同じ工事の相場はいくらになるのか事前に他者の見積もりもチェックしておきましょう。

「一生に一度」を強調してくる

外壁塗装は一般的に10~15年周期で塗り替えが必要で、どれだけ耐久性に気を付けても25年に1回は周期が来ます。

決して塗装をケチっているから周期が短いのではなく、塗料の品質を考えると適正周期がこれくらいなのです。

たまに「いま塗装しておけば一生必要ないので」とPRしてくる業者がいますが、こうした売り文句は信用しすぎないようにしましょう。

「足場代0円」を信用しすぎない

外壁塗装業者の中には、足場代が0円だとPRしてくるケースもあります。

ただ、足場は外壁塗装にとって必要不可欠なものですし、組むのに数十万円かかることも珍しくありません。

足場代が0円と謳う業者は物凄い企業努力をしていない限り、他の費用で補填しようとしている可能性が高いです。

また、ゴンドラ・クレーンを足場の代わりに利用する場合もあるので、足場がないからといって特に費用が安い訳ではないケースに注意しましょう。

外壁塗装で失敗した具体的なトラブル事例

外壁塗装で業者選びに失敗した時、どのような欠陥が発生してしまうのでしょうか?

具体的な事例を紹介します。

高圧洗浄をしっかりしていない

外壁塗装業者の中には塗装後に凹凸ができたり、剥げやすくなったりするトラブルがあります。

こうした事例が起こる理由は、塗装前に高圧洗浄で汚れをしっかり落としていないので塗料が壁に付着せず、上手いこと工事が出来なかったためです。

塗装したてのタイミングではミスに気付きにくいですが、後になってくるとトラブルが発覚してしまいます。

高圧洗浄をしっかりおこなっているかどうかは事前にチェックしましょう。

下地処理・補修をしていない

外壁のひび割れや凹凸の補修を事前におこなっていないと、塗料がきちんと付着せず、剥げやすくなってしまいます。

外壁塗装といってもいきなり壁に塗装する訳ではないので注意しましょう。

説明を受けた塗料を使わない

見積もり時に説明を受けた塗料より安いものをリフォームで利用して、費用を浮かせようとする業者もいます。

実際に使用する塗料の缶を見ればある程度わかりますが、中身が異なる可能性も0ではありません。

一定以上の質の塗料で見積もりがあまりにも安い場合は、こうしたリスクを注意した上で業者選びをしましょう。

塗料を薄めて使われる

塗料はシンナーや水で薄めて使用するのが一般的ですが、中には薄めすぎて材料費を減らそうとする悪徳業者もいます。

塗膜といって、塗料を一定以上の厚さで塗ることで防壁効果や防水効果が見込めるようになります。

塗料を薄めると丈夫な塗膜が作れず、十分な効果を発揮できません。

十分な乾燥時間を取っていない

外壁を一度塗装したら、十分に乾燥させた上に重ね塗りをしていきます。

ただ中には、工期短縮や人件費削減のために乾燥を待たずにリフォームを済ませるケースもあります。

特に梅雨や湿度の高い時期に、「スピーディに完了します!」とPRしてくる業者には注意しましょう。

悪質な外壁塗装業者を回避するポイント

はじめて外壁塗装を依頼する方は、一体どこに依頼すれば良いか検討もついていないケースが多いでしょう。

ここからは初心者でも出来る、悪質な外壁塗装業者を見抜くポイントを解説していきます。

大まかな費用相場を知っておく

戸建ての外壁塗装費用は80~150万円が目安になります。

外壁塗装がいくらかかるか全く知らない方も多いので、相場から見ると高額すぎる費用を請求されても、「そんなもんか…」と納得してしまう可能性があります。

事前に大まかな相場を知った上で、複数社の見積もりを取っておくことをおすすめします。

色を適当に決めない

外壁塗装の失敗は、色選びに失敗するケースも多いです。

色を選んだのは依頼者自身ですが、見本の色と実際の発色が異なるケースなどもあるので、事前にポイントを知っておき注意しなければ失敗してしまいます。

  • 近隣の建物と色は調和するか
  • 日光が当たった場合の発色はどうか
  • 大きなサイズの色見本を見た時もイメージ通りか

上記ポイントは確実に確認をしておきましょう。

色選びに不安を覚える方は、カラーコーディネーターの資格を持つスタッフがいる業者を選ぶのがおすすめです。

保有している資格・許可をチェック

ペンキ屋など、広義の意味の塗装屋は特別な資格を持っていなくても運営ができます。

ただ、優良な塗装業者と契約したいなら、以下のような資格や許可を持っているかどうかチェックしましょう。

  • 塗装工事業許可
  • 塗装技能士
  • 外壁劣化診断士
  • 外壁塗装マイスター

工期が短すぎる業者と契約しない

外壁塗装は工期が短いほど人気ですが、塗料の乾燥などを待つと最低でも1週間前後はかかるのが普通です。

数日で終わることを強調する場合は、手抜き工事の可能性も高いので注意しましょう。

見積もりに書かれている内容を精査する

外壁塗装は最初に費用の見積もりをしてもらうことから始めます。

費用しか見ていない方も多いですが、見積もり書の中には使う塗料や補修工事などの内訳が書かれており、説明が丁寧な業者ほど信頼できます。

中には細かい内訳を「費用一式」と説明する業者もあるので、こうした業者とは契約しないことをおすすめします。

施工不良時の保証の有無をチェックする

工事完了後に不良が発覚した際はどんな保証を受けられるのかまで丁寧に説明してくれる業者と契約するのが一番です。

外壁塗装の場合は、塗料の品質に関するメーカー保証と施工の品質に関する工事保証があります。

事前にどちらの保証も揃っているか確認しましょう。

近隣に挨拶しているかチェックする

外壁塗装工事が満足いく結果だったとしても、業者が近隣に無断で工事をおこなったためにトラブルが起こるケースもあります。

できれば外壁塗装業者と一緒に近隣へ挨拶にいき、事前に了承を取っておくのが理想的です。

外壁塗装業者とトラブルになった時の対処法

外壁塗装業者と実際にトラブルになってしまった場合、どう対処すれば良いのでしょうか?

工事完了確認書へ署名・捺印をしない

事前に外壁塗装業者に違和感を感じたら、契約を結ばないのが一番のトラブル回避になります。

ただ、いざ契約した業者に施工をおこなっても、その出来栄えに納得がいかないケースもあります。

この際は、工事の完了を報告する工事完了確認書に署名・捺印をしないようにしましょう。

「この状態では完了できないので、補修をした上で再度確認します」と突き返すことで納得のいく工事をしてもらうことが出来ます。

公的な機関に相談する

外壁塗装業者がこちらの不満に取り合ってくれない場合は、以下のような公的機関に相談するようにしましょう。

  • 国民生活センター
  • 消費生活センター
  • 住宅リフォーム・紛争処理支援センター

問題が深刻な場合は、建築士や弁護士を紹介してもらうことも出来ます。

外壁塗装が必要なら自ら業者を比較して選ぼう

外壁塗装の営業は、タイミングによっては特に相手を警戒しない恐れもあります。

訪問販売も「外壁の塗装を依頼しなきゃなぁ」と思っていたタイミングに向こうから来たら、探す手間が減ってラッキー程度に思う方もいることでしょう。

ただ、外壁塗装業者を優良業者に依頼しようと思ったら、依頼者のほうから複数社の比較をして能動的に調査する必要があります。

受け身で外壁塗装業者と契約をしたら、後からトラブルに巻き込まれる可能性は少なくありません。

外壁塗装を依頼する際は、必ず複数社を比較した上で、最適な業者を見つけましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

塗装工事の見積もりをネットで比較する
※急に電話がかかってくることはございませんのでご安心ください。稀に当サイトより確認のご連絡を差し上げる場合がございます。
流れ