ガルバリウム鋼板屋根の特徴とは?メリット・デメリットと費用相場・注意点を解説

ガルバリウム鋼板屋根

ガルバリウム鋼板は屋根のリフォームで非常に人気があります。

錆びにくくメンテナンスフリーだと言われており、費用対効果が高いと言われていますが、メリットばかりではなく、気を付けなければいけないポイントもあります。

今回は、ガルバリウム鋼板屋根のメリット・デメリットを初心者にも分かりやすく紹介していきます。

屋根塗装の注意点とは?失敗して後悔しないためのポイントを解説

ガルバリウム鋼板とは?

ガルバリウムと呼ばれる合金でメッキされた鉄のことで、1972年にアメリカで開発された金属素材です。

電気と熱の力で鉄をメッキ層でかぶせ、鉄を保護します。

従来の金属屋根素材のトタン(亜鉛メッキ)にアルミを加えることで、より頑丈に、より見た目にすることができます。

スタイリッシュな見た目で耐久性にも優れており、頑丈なので幅広い用途で人気です。

ガルバリウム鋼板屋根のメリット

耐久性が高い

ガルバリウム鋼板は従来のトタン屋根に比べて最大6倍の耐久性を誇ります。

耐用年数にして約25~35年。錆を定期的にメンテナンスすることができれば、40年以上の耐久性を維持することができます。

大雪や酸性雨などに対しても強い耐性を持つので、気候の厳しい地域でも安心して利用することができます。

耐熱性が高い

ガルバリウム鋼板はアルミが多く含まれており、優れた耐熱性を誇ります。

オーブントースターや炊飯器に利用されるほどの耐熱性・熱反射性があり、室温の上昇防止に高い効果を発揮します。
<h3表面が美しい>

ガルバリウム鋼板屋根は表面が白銀に輝き、見た目も美しくスタイリッシュです。

建築材としても人気でおすすめです。

成型加工がしやすい

メッキの層が柔らかく、複雑に折り曲げることができます。

様々な形状の屋根に対応することができ、後塗装も亜鉛鉄板と同じようにおこなうことができます。

ポリエステル樹脂やフッ素樹脂を焼き付けて、紫外線に強いように加工したものなども開発されています。

ガルバリウム鋼板屋根のデメリット

断熱工事が必要

ガルバリウム鋼板は耐熱性に優れていますが、瓦やスレートと違い断熱性は劣るので、塗膜が熱で劣化しにくい一方、熱を通しやすいデメリットがあります。

ガルバリウム鋼板を採用する際は屋根材の下などに断熱材を加工するのが一般的で、工事費用がかかり予想以上に高額となるリスクがあります。

防音性に劣る

ガルバリウム鋼板は金属素材なので音を響かせやすく、防音性に難があります。

防音材を敷くことでカバーできるケースも多いですが、この作業を依頼するとオプションで費用が発生するケースもあるので注意が必要です。

アルカリ性との相性が悪い

ガルバリウム鋼板の屋根施工中にアルカリ性に触れると、変色する恐れがあるので注意しましょう。

施工後も木酢液に触れて変色してしまう事例は良くあるので、近くに高い樹木がある場合は避けるか、小まめに対応することをおすすめします。

防水性に不安がある

ガルバリウム鋼板の上に水たまりが出来てしまった場合が続くと、浸水する恐れがあるので注意が必要です。

勾配のない屋根や陸屋根・平屋根など、水が溜まりやすい形状の場合にガルバリウム鋼板は不向きです。

ガルバリウム鋼板屋根のメンテナンス方法

ガルバリウム鋼板は金属の中ではサビにくさに定評がありますが、それでも手入れをしていないと劣化していきます。

自身で気軽にできるメンテナンス方法として、屋根上に水をかけて汚れを落とす方法があります。

頻度は多くても数か月に1回でOKでしょう。水で流すことで意外と多くの汚れを落とすことができます。

ただし、水で流すだけでは経年劣化までは避けることができません。

サビている金属と触れておこるもらいサビや、白サビの発生などには注意が必要です。

ガルバリウム鋼板屋根の耐用年数は環境で変化する

ガルバリウム鋼板屋根の耐用年数は30~40年ほどと言われていますが、海に近い場合は潮風などで20年もたないケースもあります。

事前に環境をチェックして、場合によっては15年前後に1度は塗装をする必要があります。

塗装リフォームをおこなう際は諸経費が毎回かかってくるので、事前にしっかりシミュレーションしておかないと途中で計画が大きく狂う可能性もあります。

ガルバリウム鋼板屋根は最終的に葺き替えを検討すべし

屋根の塗り替えには限度があり、屋根自体の劣化に伴ってより大規模なメンテナンスが必要になってきます。

塗装から20年ほど経ったタイミングで、葺き替えをおこなうのも一つの手です。

重ね葺きでも良いですが、下地が劣化してしまっている可能性も高いので、長く住み続けたいなら葺き替えがおすすめです。

ガルバリウム鋼板屋根の施工業者選びのポイント

ガルバリウム鋼板屋根は、施工業者をどう選ぶかがポイントです。

独自の特徴を持っている素材なので、本当に詳しい業者に選ぶことが成功の近道になります。

ここからは、業者選びの前に抑えておくべきポイントを解説します。

メンテナンス不要を強調する業者は避ける

ガルバリウム鋼板は耐久性の高い素材ですが、一生メンテナンス不要な訳ではありません。

サビの付着や腐食も十分考えられるため、将来的なメンテナンスも含めて相談に乗ってくれる業者を選ぶようにしましょう。

やたら「メンテナンスフリー」を強調してくる業者は顧客を騙そうとしている可能性が高いです。

扱いが丁寧な業者を選ぶ

ガルバリウム鋼板は異なる金属と接触した時におこる電食など、扱いを誤るとリスクがあります。

作業が雑な業者に依頼をしてしまうと他の素材よりも大きなリスクがあるので、一定以上の施工実績があり、担当者の第一印象も含めて信頼できる業者を選ぶようにしましょう。

ガルバリウム鋼板屋根のデメリットまで把握しておこう

ガルバリウム鋼板は大きなシェアを占めていますが、デメリットもあるので注意が必要です。

検討の際は、メリットとともにデメリットまで把握するようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

※急に電話がかかってくることはございませんのでご安心ください。稀に当サイトより確認のご連絡を差し上げる場合がございます。