庭をコンクリート舗装する費用相場は平均いくら?費用の内訳と安く依頼するコツ

庭にあるコンクリート

庭をコンクリートで舗装すると管理が楽になるだけではなく、駐車場としても活用できるなど用途が広がります。

しかし、実際に工事をしたい方も工事に掛かる費用や相場など知らないことも多いのではないでしょうか。

このページでは庭にコンクリート舗装する際の費用相場や費用を抑えるポイントなど解説していきます。

工事を発注する前に庭のコンクリート舗装について理解を深め、自分にあったリフォーム方法を見つけましょう。

庭のリフォームに掛かる費用相場は平均いくら?芝生やウッドデッキに掛かる費用もあわせて紹介

庭をコンクリートで舗装する際の費用相場

費用について考えている人

コンクリート舗装に掛かる費用は地域差が大きいためお住いの地区によっては費用が異なりますが、1㎡あたりの費用相場は10,000円~12,000円です。

費用が安い地域では1㎡あたりの単価が8,000円程度になる場合もあるようです。

基本的に設置面積に単価を掛けると工事に掛かる費用相場が算出できますが、面積が小さい場合は単価が上がる傾向にありますので、余裕をもって見積もる場合は1㎡あたりの費用相場を15,000円程度と想定しておくとよいでしょう。

費用相場を1坪あたりに換算すると1坪=3.3㎡なので坪単価は33,000円~39,600円程度となります。

土間コンクリート工事の単価は平均いくら?費用の内訳とコストを抑えるコツを紹介

作業項目ごとに掛かる費用相場

コンクリート舗装では大きく分けると以下の3つのステップで作業します。

  • 地面の整備に掛かる費用
  • 型枠設置に掛かる費用相場
  • コンクリートの打設に掛かる費用相場

はじめにコンクリート舗装をするスペースの地面を整え、型枠を設置します。

次に型枠が出来上がったらコンクリートを流し入れて、乾いたら型枠を撤去して完成です。

コンクリートの舗装に掛かる費用では、上記の3つのステップに加えて地面の整備の際に発生した残土を処理する費用が必要となります。

地面の整備に掛かる費用

地面の整備に掛かる費用相場は1㎡1あたり,200~2100円です。

地面の整備では地面から余分な岩や土を取り除くほか、コンクリートが沈んでしまわないように、また、水が地面から染みあがってしまわないように砕石を敷き詰めます。

さらに砕け石を地面に押し付け強靭な地盤をつくるために転圧作業を行います。

転圧作業に使用する機械は広さによって様々で作業スペースが広大になると大きな機械を使用しますので、作業面積が広くなったからといって一概に費用単価が下がるわけではありませんのでご注意ください。

先ほど紹介した費用相場は上記の3つの全ての費用を含めたものになります。

型枠設置に掛かる費用相場

型枠の設置に掛かる費用相場は1㎡あたり1,100円程度です。

型枠設置では木材でコンクリートを流し入れるための型枠をつくり、型枠の中にワイヤーメッシュという鉄筋を組みます。

設置場所によっては型枠を使用しない場合もありますが、生コンクリートを綺麗に成形するためには基本的には必要な工程です。

また、鉄筋を組む作業も強度を高めるために行うものでもありますが、コンクリートが温度変化した場合でもひび割れを防ぐ目的もありますので、なくてはならない作業です。

コンクリートの打設に掛かる費用相場

地面の整地と型枠ができたらコンクリートを流し入れます。

流し入れるコンクリートに掛かる費用相場は1㎡あたり7,000円~9,000円です。

しかし、生コンクリートの単価は地域差が大きく最も安い地域と高い地域で比較すると1.5倍ほどの差があります。

そのため、上記で提示した費用については相場として捉えておき、実際にコンクリート舗装する際は必ずお住いの地域の業者から見積もりをもらい確認しましょう。

また、使用するコンクリートの量が少ない場合は費用単価が上がる傾向がありますのでご注意ください。

残土処理に掛かる費用相場

残土の処分に掛かる費用相場は800円~1,800円です。

排出された残土は一般のゴミとして処理できないため、専用の処理施設で処分することが必要です。

そのため処理施設までの運搬費用と処理費用が掛かり、上記の費用相場は運送費と処理費用を含めた金額ものになります。

作業現場から処分施設までの距離によって運搬費用が異なり、また、お住いの地区の処理施設によって処分費用がことなりますので費用相場が800円~1800円と広くなっています。

庭をコンクリート舗装するメリット

コンクリート駐車場

なんとなくコンクリート舗装がよいと感じていても、実際にコンクリート舗装にするメリットについて知らない方もいるのではないでしょうか。

庭をコンクリート舗装することで駐車場として活用できたり手入れが簡単になったりするなど様々なメリットがあります。

コンクリート舗装に関するメリットについて以下の3つについて紹介していきますの、確認していきましょう。

  • 駐車場として活用できる
  • 手入れが簡単になる
  • 庭がスタイリッシュな見た目になる

駐車場として活用できる

庭を駐車場として活用したい場合は、コンクリート舗装がおすすめです。

車は軽自動車で平均700kg、大きい車で1トンを超えるほど非常に重たいため庭に駐車する場合は地面の強度を高める必要があります。

コンクリートはアスファルトよりも頑丈なため、駐車場に向いている材質です。

また、コンクリート舗装することで、土埃や土のぬかるみを解消できるため、車や周辺の外壁を綺麗に保てます。

洗車するときにも地面を汚さず行えるでしょう。

カーポートの費用相場は平均いくら?サイズや性能ごとの価格相場を詳しく解説

手入れが簡単になる

庭に雑草が生い茂っていると荒れてしまいますが、定期的に雑草を抜くのは大変と感じている方も多いのではないでしょうか。

庭をコンクリート舗装することで雑草が生えてこなくなりますので、雑草抜きが不要になります。

またコンクリートは泥や土で汚れても水で洗い流したり、ブラシでこすったりするだけで綺麗にできるので、簡単に手入れができます。

頑固な汚れがついてもコンクリートは砂利高圧洗浄機で落とせますので、地面が土や芝生、砂利の場合と比較しても管理は圧倒的に楽になるでしょう。

庭がスタイリッシュになる

コンクリートは模様や色が豊富なため見た目をスタイリッシュにできます。

コンクリートには道路に使用されているグレー色の他にも黄色系・赤系・青系など豊富なカラーバリエーションがありますので、お好みの色に合わせて舗装できます。

ガーデニングや住宅の雰囲気にあわせて色を決めるのもよいでしょう。

また、コンクリートは比較的自由に模様を付けられますのでデザイン性の高いものからシックなものまで見た目にこだわることができます。

庭をスタイリッシュにしたい方にもおすすめです。

庭をコンクリート舗装するデメリット

太陽の照り返しの差

庭をコンクリートに舗装すると管理が楽になったり用途が広がったりなど利便性が向上するといったメリットがある一方で、熱を持ちやすいなどのデメリットもあります。

ここからは庭をコンクリート舗装するデメリットについて解説していきますので、舗装後悔しないように事前に確認しておきましょう。

コンクリート舗装に関するデメリットは以下の2つです。

  • 太陽の照り返しがきつい
  • 撤去費用が高い

一つずつ詳しく解説していきますので、確認していきましょう。

太陽の照り返しがきつい

コンクリートは熱を伝えやすい性質があるため夏は太陽の日差しで暖まり熱くなってしまうことがあります。

裸足で歩くと火傷してしまう可能性があるほど熱くなるため、小さな子供がいる家庭では注意が必要です。

コンクリートが日差しで熱くなる前に打ち水をして熱対策をしている方もいるようです。

明るめのグレーや白系など明るい色のコンクリートを使用すると色を反射してしまうため、太陽の日差しが眩しく感じてしまう場合がありますが、暗めの色のコンクリートを使用すると対策できます。

撤去費用が高い

コンクリートは車の重さに耐えられるほど頑丈なつくりですが、反対に撤去する際は頑丈がゆえに解体作業が大変です。

そのためコンクリートの解体・撤去作業は業者に依頼し時間とコストを掛けて行います。

また、解体で出た廃材も処分するのにも費用が掛かりますので、全て含めて撤去費用に1㎡あたり1,500円程度掛かります。

手軽に撤去できないためコンクリート舗装する場合は、すぐに撤去してしまうことがないように慎重に検討しましょう。

費用を抑えるポイント

費用ポイント

コンクリート舗装は1㎡あたりの10,000円~12,000円の費用が掛かり、舗装する範囲が大きくなるほどかかる費用も高くなります。

車の駐車場1台あたりで15万円程度掛かり、場合によっては20万円を超える工事も少なくありません。

DIYで費用を抑えることはできますが、重労働であることや高い強度を出すためにも業者に依頼することをおすすめします。

そこで業者に依頼する際に費用を抑える4つのポイントについて紹介していきますので確認していきましょう。

  • 見積もり合わせをする
  • 閑散期の夏に依頼する
  • コンクリート以外の手法と組み合わせる

複数の業者から見積もりをもらおう

工事業者によって使用する機械や人数、コンクリートの購入費用が異なるため同じ工事内容でも掛かる費用が異なります

使用する機械や人数が同じでも、それぞれに設定している価格が異なりますので費用も変わります。

そのため工事業者に依頼する際は必ず複数の業者から見積もりをもらいましょう。

見積に関しては業者によっては「工事費用一式」と記載する場合がありますが、比較検討するためにも、細かい内訳をもらうとよいでしょう。

中間マージンとは?発生する仕組みやからくり・注意点を解説

閑散期の夏に依頼する

庭や駐車場などコンクリートを舗装する際は閑散期に依頼すると費用が安くなる傾向にありますので、夏がおすすめです。

夏はコンクリートが乾く時間が短くひび割れしやすいと言われていますが、最近の工事では生コンクリートの温度を下げたり、乾燥時間を延ばす薬剤を入れたりしてひび割れ対策もしていますので、夏でも品質に影響なく工事できます。

業者によっては他の季節より提示価格が低くなっていますので、費用を抑えられるでしょう。

コンクリート以外の手法と組み合わせる

コンクリートの工事では舗装するスペースの広さによって費用が変わります。

そのため費用を押さえたい方は全ての範囲をコンクリートにするのではなく、一部を他の手法と組み合わせるのもよいでしょう。

例えば砂利の場合は1㎡あたりの費用相場が3,000円~4,000円とコンクリート舗装よりも安いため、車を止める場所や人が歩くスペースはコンクリートにして、他のスペースは砂利にするなど使い分けると費用が抑えられます。

砂利の他にも芝生を敷くなど方法は様々ですので、検討してみてください。

砂利敷きの費用相場は平均いくら?場所別の平均価格と安く済ませるコツを詳しく解説

お住いの地域の相場を知ろう

コンクリートの費用相場は1㎡あたりの費用相場は10,000円~12,000円ですが、コンクリートの材料費はお住いの地域によって大きく異なります

そのためコンクリート舗装を検討されている方は、まずは業者に地域の相場を聞いてみましょう。

地域の適性価格を知れると舗装するスペースの広さや他の手法との組み合わせなど予算にあったリフォーム方法を検討できます。

また、業者は過去の事例や経験からあたなの希望にあった提案もしてくれますので、まずは業者に相談してみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

※急に電話がかかってくることはございませんのでご安心ください。稀に当サイトより確認のご連絡を差し上げる場合がございます。