グラナートSPの評判はどう?塗料の特徴と利用をおすすめできる人・できない人を徹底解説

グラナートSPの評判はどう?塗料の特徴と利用をおすすめできる人・できない人を徹底解説

「どの塗料を使えばいいのかわからない、どうしよう」と悩んだことはありませんか?

塗料を選ぶ際は、周りの人の声やインターネット上の評判を参考にすることで、塗料選びを失敗しないですることができます。

今回この記事では、そんな多くある塗料の一つであるグラナートSPに注目して口コミ・利用者の声から評判を徹底調査してきました。

ぜひ、塗料選びの際の参考にしてみてください。

【2021年】外壁塗装おすすめ塗料ランキング27選!目的・性能別に人気塗料を比較

塗装工事の見積もりをネットで比較する
※急に電話がかかってくることはございませんのでご安心ください。稀に当サイトより確認のご連絡を差し上げる場合がございます。
流れ

グラナートSPの良い評判

グラナートSPの良い評判

グラナートSPの良い評判を紹介します。

塗料選びをする際は、実際の利用者の声を参考にすることがとても大切です。

良い口コミは、仕上がりに満足をしているものがとても多くありました。

口コミ・利用者の声をみて自分が求めているものかどうか確認しましょう。

良い評判①天然石の様な仕上がりにできました

・47歳 男性 S.S

艶感のある仕上がりにしたかったので、グラナートSPを利用することにしました。

工事の仕上がりはとても満足できるものでした。

塗料が天然石の様に光沢感があり、太陽の光で輝いて高級感をだすことができました。

大変満足しています。

石材調塗料ラグゼ(LUXE)の評判はどう?口コミ・利用者の声から徹底調査

良い評判②下地を活かした塗装が決めて

・46歳 女性 匿名希望

今のサイディングの模様がとても気に入っているので、下地を活かした塗装をすることができないかと考えていたところ、おすすめされたのがグラナートSPでした。

透明な塗料なので、下地を隠すことなくその上に透明な塗膜をはることができるとのことで、とても期待して工事を依頼しました。

工事が終わり、生まれ変わった我が家をみると、期待していたものよりもさらにもう一段階高いレベルで仕上がっていました。

元々のサイディング模様も消えることなく、新築の時のような輝きにすることができました。

外壁塗装工事成功のために下地処理が一番重要?

良い評判③光沢感のある仕上がり

・52歳 男性 匿名希望

塗料の光沢が天然石の様に輝いて、とても光沢感のある仕上がりにすることができます。

当初は、艶ありの塗料ではなく艶なしの塗料にすることも考えていましたが、艶ありにして大正解でした。

迷っている方はぜひ、グラナートSPで塗装をしてみてください。

艶あり・艶なし塗料の違いを徹底比較!外壁塗装ではどちらを選ぶのが正解?

良い評判④耐震性の向上

・37歳 男性 匿名希望

グラナートSPは他の塗料と比較して、塗膜の重量が軽く建物にかける負担を小さくすることができます。

塗料の種類によっては、塗膜が厚くなってしまい建物の総重量を大きく増やしてしまうものもあります。

長期間建物に負担をかけてしまうと倒壊などの危険もあるため、少しでも負担を減らすことができるグラナートSPはおすすめです。

グラナートSPの悪い評判

アドグリーンコートの良い評判を見たら、次は悪い評判を見ていきましょう。

悪い口コミは、塗料の汚れや匂いに関するものが目立ちます。

自分の家に塗装するのを参考にしてみてください。

悪い評判①我が家には施工できなかった

・52歳 女性 匿名希望

外壁にクラックがみつかり、外壁塗装をしなければならなくなりました。

色々な塗料を見ていくなかでグラナートSPを使って外壁を塗装したいなと考えました。

しかし、我が家はセメント系の人造石だったため塗装をすることができませんでした。

下地によって塗装をすることができないので気を付けてください。

【2021年最新】外壁材メーカーおすすめランキング!人気商品の比較と失敗しない選び方を解説

悪い評判②色が限られている

・48歳 男性 匿名希望

グラナートSPの機能に惹かれ塗装しようとしましたが、基本色が10色しかなくこれにしたいという色がありませんでした。

機能面はとてもよく魅力的な塗料だったので、色のバリエーションを増やすことでもっと利用してもらえるようになると思います。

色のせいでグラナートSPが利用できなかったので残念です。

屋根塗装の人気色ランキング!良く使われる失敗しない色と失敗しない選び方・配色のコツを解説

グラナートSPの基本情報

グラナートSPの基本情報

分類 1液弱溶剤シリコン塗料
機能 低汚染性・防カビ・防藻・耐候性
艶あり
用途 長期にわたる美観維持
希釈材 なし
匂い 少ない
乾燥時間 24時間以上(最終養生)
適用下地 RC・ALC・サイディング・モルタル等
施工方法 エアースプレー・刷毛・ローラー
塗料価格 4,800円~5,000円/㎡

グラナートSPはアステックペイントが販売している塗料です。

基本的な塗装方法は万能ガンによる吹付のため職人の技術力が試されます。

カラーバリエーションは基本色10色しかありませんが、塗料内にチップが含まれており、高級感のある仕上がりにすることができます。

促進耐候性試験で4000時間をクリア

グラナートSPは促進耐候性試験で4000時間以上の照射をしても光沢保持率80%以上を保持することができます。

促進耐候性試験の4000時間は、通常の外壁に塗布した場合の15年以上となります。

そのため長期間家の劣化を防ぐ塗膜として機能することができます。

光沢保持率は落ちてしまいますが、20年経過しても塗膜として機能して外壁を紫外線から守っているケースも珍しくありません。

外壁塗装の耐用年数は10年?塗料・外壁別の年数と減価償却の仕組み・寿命を長持ちさせるコツ

外壁に負担をかけない軽量設計

骨材や砂を混合した塗膜が厚い塗料と比較すると、1㎡当たりの重量がとても軽いです。

外壁に長期間張り付いているのが塗膜なので塗膜が重いと建物への負担が大きくなります。

グラナートSPであれば、計量設計のため外壁にかかる負担を少なくして塗装をすることができます。

塗膜チップによる美しい仕上がり

外壁に意匠性を求めることができます。

グラナートSPには塗膜チップが含まれているので独特の凹凸感を作りだし、落ち着いた高級感のある仕上がりにすることができます。

塗膜チップの大きさはバラバラで天然石の様な立体感と塗料の光沢感を醸し出します。

グラナートSPの利用に向いている人

グラナートSPの利用に向いている人を紹介します。

数ある塗料の中でもどんな人がグラナートSPの利用に向いているか紹介するので、自分が当てはまるかどうかしっかり確認してください。

当てはまらない場合は、違う塗料を利用することをおすすめします。

外壁をおしゃれにしたい人

グラナートSPには大小様々な大きさの塗膜チップが配合されています。

そのため、高級感のある多彩模様にしあげることができます。

また、2色以上の配色や、アステックの標準職と組み合わせることで、よくある色のパターンから特徴的な色をだすなどの様々なカラーリングが可能です。

耐用年数が高い塗料を利用したい人

グラナートSPは15年以上と比較的、耐用年数の長い塗料ですが、耐用年数が最も長い塗料では30年以上の耐用年数をほこる物もあります。

そのため、耐用年数だけを重視して、塗料選びをしているのであれば別の塗料を選ぶべきです。

しかし、グラナートSPはクリア系塗料なので顔料が使われておらず、チョーキングが発生しにくいので定期的なメンテナンスをすることで長期間利用することができます。

グラナートSPの利用に不向きな人

ここでは、グラナートSPの利用に向いていない人を紹介します。

自分が以下の要件に当てはまっている場合は、グラナートSpを利用するのは避け別の塗料を利用するようにしましょう。

外壁塗装は費用が高いため失敗をしないことに焦点を置くことがとても大切です。

個性的な色合いにしたい人

グラナートSPの基本色は10色で艶ありしかないので、個性的な色合いにしたい場合は、カラーバリエーションが豊富な塗料を選ぶべきです。

もちろん他の塗料と組み合わせることで、個性的な色合いをだすことができますが、艶あり・艶なしを選択でき、50色近いカラーバリエーションのある塗料もあるので、グラナートSP以外の塗料を選ぶことをおすすめします。

他の塗料を選ぶ際は、グラナートSPと同じように評判や塗料のメリット・デメリットを把握した上で塗装するか決めましょう。

外壁をツートンカラーに塗装するコツ!費用や色選びのポイント・注意点を紹介

初期費用をおさえて外壁塗装したい人

初期費用をおさえて外壁塗装したい人

グラナートSPの費用相場は、4,800円~5,000円/㎡と一般的な塗料よりも費用が高くなります。

費用が高い利用としては、塗料に塗膜チップとして天然石が配合されているからです。

そのため、外壁塗装をする際は、費用が高くなります。

初期費用をおさえて外壁塗装をしたい場合は、別の塗料を利用するようにしましょう。

初めて外壁の塗り替えをする時に知っておきたいポイント

グラナートSPを利用する際の注意点

グラナートSPは艶ありしか選択することができません。

そのため近年流行している、艶なしのシックなイメージの外壁にすることができません。

また、基本的な塗装方法が、万能ガンによる吹付塗装のため、職人の技術力が試される塗料です。

グラナートSPに含まれている塗膜チップを吹き付けることによって、規則性あるものではなく不規則的にチップを散りばめることができるので意匠性を高めることができます。

その反面、職人の技術力が低いと、色むらが起き、近隣に塗料を飛散させてしまいトラブルになってしまうケースも珍しくありません。

そのためグラナートSPを利用する際は、実績のある業者かどうかをしっかりと調査した上で依頼するか決めましょう。

その業者の実績は、多くの場合ホームページに施工実績として記載されています。

塗料選びは評判を参考に慎重に行おう

ここまで、グラナートSPの評判と基本情報をみてきましたがいかかだったでしょうか?

グラナートSPは意匠性に優れた高級感のある仕上がりにすることができる塗料ですが、職人によって仕上がりが大きく左右されます。

そのため、塗料の評判だけで塗料選びをするのは大変危険なので、塗料選びと業者選びをしっかりする必要があります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

塗装工事の見積もりをネットで比較する
※急に電話がかかってくることはございませんのでご安心ください。稀に当サイトより確認のご連絡を差し上げる場合がございます。
流れ