岩手県の外壁塗装・屋根塗装におすすめの業者ランキング!口コミ・評判で選ぶ優良業者6選

岩手県の外壁塗装・屋根塗装におすすめの業者ランキング|評判・費用相場や補助金・助成金・時期目安を紹介

岩手県で外的塗装や屋根塗装の依頼を考えても「どこの業者が優良なの?」「柔軟に対応してくれる業者は?」と不安な部分が多く、どこに依頼すれば良いのか分からなくなるケースがあります。

外壁塗装業者は施工実績や費用が業者によって異なる為、業者を比べるといっても何を基準に比べれば良いのか分からず、結果大失敗してしまう可能性もあります。

今回は岩手県のおすすめ外壁塗装・屋根塗装業者を紹介します。

岩手県で使用できる助成金や補助金も詳しく解説していくので必見です。

人気の外壁塗装業者おすすめランキング!口コミ・評判や料金相場・独自サービスを比較

岩手県の外壁塗装・屋根塗装におすすめの業者ランキング

岩手県のおすすめ塗装業者は下記の通りです。

  • 株式会社マルシン株式会社
  • スガケンペイント(スガケン塗装工業)
  • 株式会社三田塗装店
  • 株式会社駒沢美装
  • マルカツ塗装工業
  • 川上塗装工業株式会社

各業者によって特徴が異なりますが、施工実績があり利用者から高評価を得ている塗装業者です。

自分の依頼したい内容と照らし合わせて、最適の塗装業者を見つけましょう。

株式会社マルシン

株式会社マルシン

住所 〒028-3308
岩手県紫波郡紫波町平沢字幅63-9
電話番号  0120-95-4428(フリーダイヤル)
設立
許認可

岩手県でおすすめの塗装業者としては、まずマルシンが挙げられるでしょう。

マルシンは塗装職人が直接経営しており、全ての施工を一級技能士が担当しています。

またマルシンでは塗装後の3・5・7・10年のメンテナンスを無料で受けられる、最大10年間の現場保証が受けられるなどアフターサービスが充実しているのも嬉しいポイントです。

まずは公式ホームページから見積もりを依頼してみましょう。

スガケンペイント(スガケン塗装工業)

スガケンペイント

住所 〒020-0872
盛岡市八幡町5番7号
電話番号 0120-246-212(フリーダイヤル)
設立 平成11年2月1日
許認可 岩手県知事許可(般-30)第20967号 盛岡市入札指定業者
※実績
盛岡市河北児童センター屋根塗装工事
西厨川老人福祉センター屋根塗装工事
盛岡市立繋中学校校舎屋根塗装工事
盛岡市立渋民児童館屋根塗装工事
盛岡市名須川町地内市有建物屋根修繕工事

なるべく安く塗装してもらいたい、という方にはスガケンペイント(スガケン塗装工業)がおすすめです。

スガケンペイントはWebから塗装を申し込むと料金がお得になるキャンペーンをおこなっており、さらに外壁や屋根を同時に塗装してもらうと足場代が無料になります。

またスガケンペイントはクレジットカードや楽天スマートペイにも対応しているため、たくさんポイントが付くのも大きなメリットと言えるでしょう。

ただしスガケンペイントは岩手県の盛岡市を中心に事業をおこなっているため、盛岡市から離れてしまうとやや対応に時間が掛かってしまうのが難点です。

株式会社三田塗装店

三田塗装店

住所 〒024-0021
岩手県北上市上野町四丁目14-11
電話番号 0197-64-5456
設立 平成19年4月1日
許認可 岩手県知事 許可(般-24)第50264号

しっかりと保証の付いている塗装会社を使いたい、という方には三田塗装店も良いでしょう。

三田塗装店は株式会社住宅あんしん保証の「あんしんリフォーム工事瑕疵保険」に加入しており、第三者による客観的な現場検査がおこなわれますし、欠陥があった場合は無償で補修工事が受けられます。

また三田塗装のホームページでは簡単なカラーシミュレーションが受けられるため「とりあえず壁をキレイにしたいけれど、色はまだ決まっていない」という方も一度チェックすることをおすすめします。

株式会社駒沢美装

駒沢美装

住所 〒029-0803 岩手県一関市千厩町千厩字駒ノ沢67
電話番号 0191-52-4059
設立 平成25年4月
許認可

きちんと歴史と実績のある老舗の塗装会社に依頼したい、という方には駒沢美装もおすすめです。

駒沢美装が創業されたのは昭和39年(1964年)であり、塗装業者としては50年以上の歴史があります。

また塗装業者では珍しく、外壁塗装以外にも内壁・吹き付け塗装・浴室再生にも対応しており、家の中でも劣化が気になる部分があれば、まとめてキレイにしてもらえるのも駒沢美装ならではの強みと言えるでしょう。

ただし駒沢美装で見積もりを取る際には交通費が発生する可能性があるため、そこだけ注意が必要です。

株式会社マルカツ塗装工業

マルカツ塗装工業

住所 〒028-7404 岩手県八幡平市堀切第9地割38
電話番号 0195-74-3733
設立
許認可

できるだけ剥がれにくいしっかりとした塗料を使って欲しい、2階以上の外壁もキレイにしたい、という方にはマルカツ塗装工業もおすすめできます。

というのもマルカツ塗装工業は樹脂がしっかりと結合して丈夫な皮膜を作る2液型塗料を採用しており、長期間キレイな見た目をキープできるからです。

またマルカツ塗装工業では高所作業車も完備しており、2階以降の外壁塗装でも別料金が発生しないのは地味ながら嬉しいポイントと言えるでしょう。

なおマルカツ塗装工業で見積もりを取るともれなく打ち合わせがおこなわれるため、なるべく時間に余裕のある時に見積もり依頼を出すことをおすすめします。

川上塗装工業株式会社

三上塗装工業

住所 〒020-0011 岩手県盛岡市三ツ割3丁目2-11
電話番号 0120 ー 68 ー 7755
設立 2005年2月( 2013年6月 法人化)
許認可 岩手県知事許可(般-1)第20801号

より環境に配慮した会社を使いたい、きちんと人を見て会社を選びたい、という方には川上塗装工業株式会社が向いています。

川上塗装は2015年に国連サミットで掲げられたSDGs(持続可能な開発目標)に向けた取り組みをおこなっており、不要な布からできたウエスを利用するなど、環境に配慮した施工が特徴的です。

また川上塗装は2005年創業の若い塗装会社ですが、現場調査員などのスタッフに対するインタビュー動画がYouTubeにアップロードされており、人となりや考え方が良く分かります。

ただし現地調査は順番待ちが多く1〜2週間はかかってしまう点や、11月から3月の土曜日・日曜日・祝日は営業していない点には注意しましょう。

岩手県のリフォーム費用相場

岩手県のリフォーム費用相場は、63万円~90万円です。

外壁塗装の費用は思考する面積や塗料によって異なります。

また、外壁の劣化具合によって追加修理が必要で費用が高くなってしまうケースもあります。

岩手県は地域密着型の塗装業者が多く、柔軟に依頼内容を対応してくれるので費用面で心配な人は、まず業者に相談してみましょう。

岩手県で利用できる独自の助成金

岩手県で利用できる独自の助成金を紹介します。

外壁塗装・屋根塗装にかけられる予算が少ないという人は、自治体ごとに実施している助成金を活用しましょう。

紹介している助成金は今後内容が変更される恐れがあるので、利用したいと考えている人は各自治体のホームページを確認してください。

いわて木つかい住宅普及促進事業

いわて木つかい住宅普及促進事業では、岩手県産の木材を使った岩手県の工務店を利用することで受けられる支援制度のことで、リフォームであれば最大45万円の補助が受けられます。

補助対象の住宅
  • リフォームを行う住宅について建築基準法第6条第1項に規定される建築基準関係規定に適合している
  • 岩手県産木材を0.15㎥以上使用している
  • 岩手県産木材を用いていることが、県産木材の産地証明制度等により証明できる
  • リフォームの状況について建設現場見学会や、工務店等のホームページでの写真の公開等による供用・供覧に同意できる
  • 令和3年4月1日以降に着工し令和4年3月15日までに工事が完成する住宅である
  • 岩手県内に本店を置く建築業者、工務店等が施工するものである
補助対象の市民 岩手県内に住民票がある
補助金額の上限 リフォームの場合は最大45万円
補助対象工事 居住スペースに関するリフォーム(倉庫や母屋と繋がっていないウッドデッキ・庭の外壁などは含まない)

住みたい岩手の家づくり促進事業

住みたい岩手の家づくり促進事業とは「岩手県産」の木材を使用した省エネかつバリアフリーな住宅の建築・リフォームに対して助成する制度のことです。

補助対象の住宅
  • 着工時に建築基準関係規定に適合するものである
  • 耐震基準に適合するものである(リフォーム後に適合する場合でも可)
  • 省エネ基準(断熱等対策等級4)を満たす
  • 岩手県産木材を住宅部分について0.15立方メートル以上を使用するリフォームである
  • 令和3年4月1日以降に着工し、令和3年3月15日までに工事が完了するもの
  • 岩手県内に本店を置く建築業者が施工するものである
補助対象の市民 自ら住むために県内に所有している住宅をリフォームする者
補助金額の上限 10万円
補助対象工事 居住スペースに関するリフォーム

岩手県木造住宅耐震相談支援事業

1981年以前に着工された木造住宅は、大地震により倒壊する可能性が高いと言われています。

そのため岩手県では1981年以前に着工された住宅の耐震性能をあげるための工事に際して、助成制度を設置しています。

補助対象の住宅
  • 1981年5月31日以前に着工した戸建住宅である
  • 木造在来軸組工法又は伝統的工法で建築されている
  • 平屋建又は2階建の住宅である
  • 過去に耐震診断を受けていない
補助対象の市民 岩手県民
補助金額の上限 約60万円
補助対象工事 耐震改修工事にかかる費用の2分の1

岩手県の外壁塗装・屋根塗装が必要な戸建て件数

総務省が調査した住宅・土地統計調査のまとめが下記の通りです。

世帯数 57万9000
持ち家率 69.9%
取引件数 1万2509

世帯数が57万有るのに対して、取引件数が1万2509件となっており、世帯数の0.02%程しか塗装を行っていません。

今後外壁塗装や屋根塗装を行う必要のある家が多いと考えられます。

岩手県の平均気温の年間推移(2020年)

気温(℃)
1月 0.2℃
2月 1.0℃
3月 4.8℃
4月 7.3℃
5月 15.4℃
6月 20.4℃
7月 21.5℃
8月 25.3℃
9月 21.0℃
10月 12.7℃
11月 6.8℃
12月 0.2℃

青森県の降水量の年間推移(2020年)

降水量(mm)
1月 51.0
2月 53.5
3月 111.0
4月 91.0
5月 96.0
6月 124.0
7月 467.0
8月 212.0
9月 102.0
10月 69.5
11月 56.5
12月 28.5

岩手県の湿度の年間推移(2020年)

湿度(%)
1月 76
2月 76
3月 70
4月 70
5月 72
6月 73
7月 88
8月 82
9月 83
10月 81
11月 78
12月 76

岩手県の日照時間の年間推移(2020年)

日照時間(h)
1月 118.4
2月 126.6
3月 151.1
4月 130.2
5月 159.2
6月 200.5
7月 54.3
8月 164.9
9月 114.6
10月 115.0
11月 127.4
12月 101.6

岩手県の外壁塗装・屋根塗装におすすめの季節とは?

外壁塗装は最適な気候条件が決まっており、適している環境で塗装しないと失敗してしまう可能性があります。

外壁塗装に最適な気候条件は下記の通りです。

温度 15~30℃
湿度 85%未満

これから岩手県の各季節の機構環境を元に塗装する時期に適しているか解説するので、どの時期が最適なのかしっかり把握しましょう。

春(3~5月)

3月~5月の平均値
気温 9.2℃
降水量 298.0mm
湿度 71%
日照時間 440.5h

一般的に塗装におすすめの季節は春頃と言われていますが、岩手県の春の気候はまだ寒く、5月以降に塗装することをおすすめします。

夏(6月~8月)

6月~8月の平均値
気温 22.4℃
降水量 803.0mm
湿度 81%
日照時間 419.7H

岩手県の夏の気候は、気温が塗装に合った温度になっていますが、降水量が多く雨で工事が中断される可能性があります。

工事の中断によって費用が加算されることはありませんが、工期が伸びてしまう恐れもあるので注意しましょう。

秋(9月~11月)

9月~11月の平均値
気温 13.5℃
降水量 228.0mm
湿度 81%
日照時間 357.0h

岩手県の秋の季節は、気温が若干低くなっていますが塗装に最適の時期です。

降水量も少ないので、雨で作業が中断する心配もありません。

ただし11月になると岩手県は東北地域なので、積雪によって塗装工事を行えない状況になる可能性もあります。

よって秋の季節が最適といっても9月~10月頃を目処に塗装依頼することをおすすめします。

冬(12月~2月)

12月~2月の平均値
気温 0.8℃
降水量 173.5mm
湿度 77%
日照時間 358.3h

岩手県の冬は気温が低く、積雪量が多い為、外壁塗装をおこなっている業者が殆どありません。

冬の時期に緊急性の高い外壁・屋根トラブルが発生した場合は、地域密着型の業者に連絡して相談することをおすすめします。

岩手県の外壁塗装業者を探す時の注意点

このページの最初の方でおすすめの外壁塗装業者を紹介してきましたが、ピンとくる業者がなかった・おすすめしてもらった中でどこを選べば良いのか分からない、という方も多いでしょう。

そこで次からは、外壁塗装業者を探す際に抑えておきたいポイントをまとめました。

後悔しないためにも、しっかりと確認しておきましょう。

複数社の見積もりを比較する

利用したい外壁塗装業者がいくつか見つかった場合は、必ず相見積もりを取りましょう。

同じ県内の外壁塗装業者でも値段が数万円単位で異なる場合も多いですし、外壁塗装以外の工事も頼む場合はさらに値段の差は大きくなります。

見積もりは無料としている業者も多いので、気になる業者があれば片っ端から見積もりを取ることをおすすめします。

資格・建設業許可を保有している

気になる塗装業者をいくつかピックアップした後は、公式ホームページの情報をよくチェックしてください。

中でも会社概要に記載されている資格・建設業許可は要注意項目と言えるでしょう。

例えばこのページで紹介した業者の中では、マルシンが保有資格について詳しく記載しています。

保有資格がたくさんあれば良い、という訳ではありませんが、信頼性を測る一つの基準にはなります。

複数社の見積もりを詳細までチェックして比較

複数の塗装業者で相見積もりを取るべきであることは先ほど説明したとおりですが、必ず見積もり書の細部までチェックしてください。

なぜなら見積もり書の項目は塗装業者によって異なるため「一見A社よりもB社の方が安く見えるが、もろもろの費用を計算するとA社の方が安かった」というケースも多いからです。

見積もり書は同じ条件で比べることを念頭に入れておきましょう。

実際の塗装現場の様子を確認する

塗装業者選びで迷っている場合は、実際に塗装している現場を見せてもらうのも良いでしょう。

塗装現場を見学すれば作業の流れが良く分かりますし、職人の腕や近隣住民への配慮なども確認することができます。

ただし塗装現場は他人の敷地内である場合がほとんどであり、無断で入るとトラブルに発展する可能性があるため、必ず業者に許可を得てからにしてください。

保証条件・瑕疵保険への加入の有無をチェック

塗装業者選びで困っている場合は、保証条件や瑕疵保険の加入の有無で決めるのも一案でしょう。

熟練の職人であっても施工をミスする可能性は0ではありませんし、天候や交通状況など自然的な原因で施工が上手くいかない場合も考えられます。

なおこのページで紹介した業者の中では、株式会社三田塗装店があんしんリフォーム工事瑕疵保険に加入しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

※急に電話がかかってくることはございませんのでご安心ください。稀に当サイトより確認のご連絡を差し上げる場合がございます。