ケレン作業とは?4つの種類と必要な道具・費用相場について分かりやすく解説

ケレン作業

外壁塗装の際には、ケレンという作業が重要になってきます。

塗料を塗る前に下地の処理をして密着性を高める作業の中でも、下地処理は重要な作業となります。

今回は、ケレン作業の内容と工程、かかる費用などを詳しく解説していきます。

【2021年最新】外壁塗装の費用相場はいくら?坪数ごとの平均価格や見積もり依頼時の注意点を解説

塗装工事の見積もりをネットで比較する
※急に電話がかかってくることはございませんのでご安心ください。稀に当サイトより確認のご連絡を差し上げる場合がございます。
流れ

ケレンとは

ケレンとは、塗装面に発生してしまったサビや汚れ、古い塗膜を綺麗に落とす作業を指します。

ケレンは基本的に外壁塗装をする前におこなう工程で、何年もかけて雨風にさらされてサビてしまった部分や汚れを落とすことによって、新たに塗る塗装がキレイにより長持ちするようになります。

そのため外壁塗装工事においてケレンという作業はとても重要なものです。

鉄部以外に、木部にもケレンをおこなうことがあります。

理由は、木部の毛羽立ちをなくすためです。木部にも塗装を施す際、その部分が毛羽だってしまっていると塗料がうまく密着できないことがあります。

塗装をよりキレイに長持ちさせるために、塗装部分に少しでも不具合がある場合は、ケレン作業によってきれいにしておく必要があるのです。

塗装を長持ちさせるためにケレンは必要

古い塗膜がきれいに残っていたとしても、経年劣化によって確実に塗料は劣化してしまっているのでケレン作業は絶対に必要です。

それゆえ古い塗料に問題がないからといって、ただ上から重ね塗りしてしまえばいいというのは間違いです。塗料の耐用年数にもかかわってきてしまうので、ケレンはとても大切な作業と考えましょう。

耐用年数が10年ある塗料でも3年しかきれいな状態で保つことが出来なかったなんてことも少なくありません。

外壁塗装の耐用年数は10年?塗料・外壁別の年数と減価償却の仕組み・寿命を長持ちさせるコツ

ケレン作業を実施するケース

ケレン作業は様々なケースで用いられます。

ケレンに含まれる作業の幅は広く、汚れの除去や表面の研磨、下地処理なども含まれます。

ここからは、ケレン作業を依頼すべきケースを紹介していきます。

鉄部に発生した錆びの除去

鉄部分の外壁にサビが発生してしまっている場合、そのままサビの上に塗料を塗っても新しい塗料がすぐ剥がれてしまいます。

塗装面を研磨することで外観の見え方も変わってきますし、塗料の耐久も変わってきます。

サビをきれいに落とすことで、今後サビの発生や拡大を抑えることができます。

古い塗膜の剥がれ・毛羽立ちの除去

古い塗膜に毛羽立ちや剥がれが発生している場合は、その上から新たに塗料を重ねて塗っても劣化部分が新しい塗料を傷つけてしまい塗膜の剥がれの原因となってしまいます。

毛羽立ちや剥がれをケレン作業にてキレイになくすことで、古い塗膜と新しい塗膜、塗装面を密着させることができるので頑丈な塗膜をつくることができます。

古い塗膜を剥がすという役割も担っています。古い塗膜をキレイに剥がすことによって、新しい塗料都塗装面がしっかり密着することができます。

ケレン作業によって、頑丈でとてもきれいな塗膜とすることができます。

塗料の密着性を高める

古い塗膜に目に見える不具合が起きていなくても、新しい塗膜と古い塗膜を密着させるためにケレン作業をおこないます。

もし新しい塗料が塗装面に密着しなかったら、塗装の剥がれや浮きという現象につながってしまうためです。

ケレンをおこなうことで、新しい塗膜をきれいに長持ちさせることができるのです。外壁塗り直しの際はケレンを欠かさずおこないましょう。

木やサイディングなどにもケレンをおこなうことでより理想的な外壁塗装とすることができます。

ケレン作業の4つの種類

1種ケレン

1種ケレンはケレンの中で最も効果が優れています。

錆びや古い塗膜を完全に除去する際に利用される手法で、主にブラスト法と呼ばれる研磨材を使った方法が用いられます。

ケレン作業の中でも大掛かりな作業になるため、一般住宅ではなく道路橋などに用いられるケースが多いです。

騒音や粉塵のリスクが大きな作業なので、近隣の承諾や養生が必要になります。

2種ケレン

錆びの面積が30%以上の鋼材に対して、主に工具を使って除去していく手法です。

職人が手作業で行うケレン作業で、局所的な部分の錆び除去に利用されます。

3種ケレン

1種・2種とは異なり、古い塗膜を全て除去せずに剥がれや凹凸が発生している塗膜のみを除去するケレン作業です。

塗膜の劣化状況が場所によって異なる場合に、死膜を除去して活膜を取り除くことで旧塗膜の有効活用が可能です。

4種ケレン

全体的なダメージの少ない塗面に対して、軽く目荒らし(表面を細かくザラザラした状態にすること)することで表面の汚れを除去する作業です。

目荒らしをすることで塗膜が吸収されやすくなり、塗料の密着性が高まります。

4種ケレンは2種・3種と同様に工具を用いて実施されます。

ケレン作業で使用する手工具

ケレン作業では様々な動力工具を使用しますが、仕上げの作業は手工具を用いて職人がおこないます。

ここからは、ケレン作業で使用する代表的な手工具を紹介します。

ケレン棒(ケレンスクレイパー)

ケレン棒(ケレンスクレイパー)

錆びや塗膜を削ぎ落す際に、ケレン棒と呼ばれる専用の工具を使用します。

ケレン棒の先端の刃を使って、汚れを削ぎ落すようにして使っていきます。

良く似た工具にスクレーパーがありますが、両者の特徴には少しだけ違いがあります。

ケレン棒 スクレーパー
刃の形式 替え刃式 非替え刃式
グリップの形状 丸型 スクエア型

ケレン棒のほうが重作業に適した仕様となっており、職人に愛用されています。

ハンマー

層状の錆びを叩いて落とすために用いられます。

ケレン棒が根元まで届かない深い錆びに対しては、ハンマーで落とすのが有効です。

ワイヤーブラシ

ワイヤー状のブラシを使って、落した錆びを清掃します。

通常のブラシと違い、毛の部分に錆びが付着するので掃除が容易です。

塗膜剥離剤

既存の古い塗膜に塗ることで、化学成分が反応して剥離させることが出来ます。

塗膜用以外の剥離剤を使用すると剥離時に粉塵が舞い、有害成分を飲み込んでしまう恐れがあります。

塗膜剥離剤の場合は粉塵が舞わずに古い塗膜を丸ごと剥がすことが出来るので、健康に害が少なくて安心です。

ただし、塗膜剥離剤は比較的サラサラした成分でこぼれ落ちやすいため、養生をしておかないと有害物質を含む雫が落ちるので注意が必要です。

ケレン作業で使用する動力道具

ケレン作業では、様々な道具(工具)を利用する必要があります。

ここからは、ケレン作業で良く用いられる道具を紹介していきます。

ディスクサンダー

ディスクサンダー

先端に砥石やダイヤモンドカッター、研磨ディスクなどを設置することで、用途に合わせて研磨や切断などに使用できる電動工具です。

ケレン作業では先端にディスクを設置し、サンドペーパーを取り付けて研磨をしていきます。

ブリストルブラスター

ブリストルブラスター

比較的新しいケレン工具で、縦回転のブラシを電動回転させて表面を研磨していきます。

ハンディ工具で操作性が高いにも関わらず、大きな研磨効果が期待できます。

広い面を効率よく研磨していくというよりは、局所的に使用するのに向いている工具です。

エアハンマー

エアハンマー

エアコンプレッサーと接続することで、圧縮空気を動力として連続でピストン打撃する空圧工具です。

大きな錆びを除去した後に残る粗を落とす作業で用いることが多いですが、削る以外にもコンクリートや岩盤を砕くパワーも持ち合わせています。

サンドペーパー

サンドペーパー

紙やすりの中でも削ぎ落しに特化したもので、用途に応じて使い分けます。

錆び落としの作業は目の粗いサンドペーパーが、汚れ落としや目粗しなどには目の細かいサンドペーパーが用いられます。

カップワイヤーホイル

カップワイヤーホイル

小さな円形のワイヤーブラシが付いた回転工具で錆びの研削、研磨に利用されます。

カップタイプは平面作業、ホイールタイプは凹み部やスミ部の作業、エンドワイヤーや狭い箇所の作業など、用途に応じてヘッドを替えて使用します。

ウォータージェット

ウォータージェット

ウォータージェットは300MPaほどに加圧された水を0.1mm-1mmほどの小さい穴で噴射し、切断などの加工をおこなう工具です。

ケレン作業では、古い塗膜に噴射をして剥離させるのに使用します。振動・騒音が出にくく、DIYでも意外と使いやすいのが魅力です。

ウォータージェットは高圧洗浄とは異なり、処理できる範囲が限られているので使うシーンを選ぶ点に注意が必要です。

ケレン作業に特化した最新工具

従来のケレン作業は手作業が多く、健康への負担も懸念されていました。

しかし現在では技術発展が進み、最新技術を使ったケレン工具が続々開発されています。

まだ一般的に広く流通している訳ではないですが、今後はケレン作業でスタンダートに用いられる可能性があります。

ここからは、2021年現在に注目されている最新ケレン工具を紹介していきます。

ケレンマイスター

ケレンマイスター

靭性に優れた螺旋状の鋼を設置して、外周部に刃(ヘリカルブレード)を形成した回転工具で、側面を這わせるように錆びや塗膜にあてて剥離・研削をします。

固さや強度にこだわって作られた工具で、軽量性・耐久性・安全性にも優れています。

リベットシェーバー

リベットシェーバー

リベットシェーバーは、リベット部分(ねじの接合箇所)のケレン作業に特化した工具です。

リベットの根元やキワなど、汚れが取れにくい部分もリベットシェーバーを押し当てて動かすことでスムーズに剥離させることが出来ます。

1,000μ以上の過大膜厚塗膜に対応できる効果の高さと、最大でも約2kg程度の軽さが魅力です。

超音波塗膜剥離機

超音波で外壁の塗装を剥がす最新工具です。

人の聴覚で実感できるより高い周波数 21kHzで刃物を振動させるため、騒音対策にもなります。

また、刃先が超高速で微小振動するので粉塵が発生しにくく、従来のように手厚い養生の必要も軽減されます。

IH塗膜除去

IH(電磁誘導加熱)によって壁と塗膜の協会を加熱し、塗膜を剥がしやすくする工法です。

主に鋼橋の鋼板面の塗膜を剥がす際などに利用されることが多く、民家で利用されることはほとんどありません。

騒音や粉塵の発生を大きく抑えられるので、環境に優しい工法といえます。

レーザーケレン

高出力クリーンレーザシステムを利用して鉄部の汚れやサビ、塗膜を削る際に使用されます。

レーザーケレンの強みは人力では再現でいない綺麗な仕上がりです。

人力では力の込め方を一定にして作業をするのは難しいですが、レーザーならそのような心配がありません。

素材の傷みも極力最低限で抑えられるので、出来栄えにこだわりたい方におすすめです。

ケレン作業の費用相場

ケレンには4つの種類があり、それぞれ単価が異なっています。

種類 単価/㎡
1種ケレン 場合による
2種ケレン 1400~2200円
3種ケレン 500~1200円
4種ケレン 200~400円

ケレン作業にかかる費用はそこまで高くなく、平均的な世帯でも依頼はしやすい価格設定となります。

ケレン作業を実施していない劣化の激しい建物は、1から建て替える必要なども出てくるので注意しましょう。

ケレン作業を依頼する時の注意点

ケレン作業を依頼する時の注意点

外壁塗装を依頼すれば、塗装作業と合わせてケレン作業をしてくれるケースが多いです。

ただ、ケレン作業を依頼する時は、いくつかの点に注意をする必要があります。

ケレン作業を依頼する前にチェックすべきポイントを紹介します。

業者・地域ごとの呼び方に注意

ケレンという名称は業界用語が起源なので、正式な名称ではありません。

より正式な書き方になると、下地処理や研磨紙刷りなどと表記するケースも多いです。

ケレン作業は錆び落とし・研磨・粗取りなど様々な作業に分かれますが、合わせてケレン作業と呼ばない業者も多いです。

見積もり書を確認した結果、曖昧な表記でケレンをしてるかどうかが分からないことも多いので、事前に確認をしましょう。

ケレン作業の無料キャンペーンなどに注意

外壁塗装を依頼する際に、ケレン作業や足場費用が追加でかかることに「納得できない」と不満を漏らす方は多いです。

こうした不満を逆手にとって、塗装業者の中にはケレン作業や足場設置の無料キャンペーンなどを謳う業者もいます。

ただ、ケレン作業や足場設置は塗装作業を成功させる上で大切な作業なので、費用を削れば成果の半減だけでなく作業員の危険も増加します。

無料キャンペーンのはずが、目的不明の費用が見積もり書に記載されていて、そこで採算を取っている事例も多いので注意が必要です。

見積もり書の内容を要チェック

ケレン作業は塗装業者が作成する見積もり書の中に必ず費用などが記載されています。

ケレン作業が見積もり書に記載されていない場合は、作業を誤魔化して費用対効果を高める意図があるので注意しましょう。

また、ケレン作業や研磨紙刷りなど明記せずに、諸費用など曖昧な書き方をするケースも多いです。

この場合は、必ず業者本人に確認をしておきましょう。

外壁塗装の見積もりのチェックポイントとは?確認すべき注意点を紹介

ケレン作業が本当に実施されているか確認する

ケレン作業は顧客側から見て本当に実施されているのか分からず、業者からしても手抜き作業がしやすい状態になっています。

直後の出来栄えを見てもケレン作業の実施の有無は分かりませんが、施工後に時間が経つと塗装の剥がれや凹凸などに繋がるので注意が必要です。

ケレン作業を本当に実施しているかチェックをするのはもちろんのこと、万が一手抜き工事があった時のために保証・アフターフォローの有無も確認しておきましょう。

ケレン作業を怠ると結果的に費用が高くつく

ケレン作業は錆びや汚れを比較的スムーズに除去できる作業で、費用もそこまで高くはありません。

ケレン作業を怠っていると手作業では改善できないほどのダメージが残り、大規模修繕が必要になることも考えられます。

錆びや汚れを気にしないならケレン作業は不要と考える方もいるかもしれませんが、劣化が最大まで積み重なると建物の倒壊や有害物質を含む粉塵の飛散などが起こり、責任問題に発展する可能性もあります。

上記のリスクを考えて、ケレン作業は定期的に依頼することをおすすめします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

塗装工事の見積もりをネットで比較する
※急に電話がかかってくることはございませんのでご安心ください。稀に当サイトより確認のご連絡を差し上げる場合がございます。
流れ