給湯器の交換にかかる費用は?修理の目安期間やDIYでも取り付け可能なのか詳しく解説

給湯器の交換費用相場はいくら?

給湯器の交換をそろそろしようと考えても、本体価格や交換費用がどのくらいかかるのか分からない人が多いですよね。

給湯器の交換は頻繁におこなうものではないので、どの基準で業者を選んだらいいのか分からず、不安になってしまうこともあります。

今回は給湯器の交換にかかる費用を詳しく解説していきます。

各給湯器の本体価格や交換工事の費用相場を紹介するので必見です。

「給湯器の交換を考えている」「給湯器の交換費用をなるべく安く抑えたい」という人は参考にしてください。

給湯器の交換にかかる費用

給湯器の費用相場

給湯器の交換にかかる費用は、給湯器の本体価格や業者によって値段が大きく異なります

給湯器のサイズやメーカーによって10万円近く異なる場合もあります。

一方で販売業者によって在庫が余ってしまっている場合は割引してくれることもあるので、まずは利用している給湯器がどのタイプなのか調べて給湯器の本体価格を把握しましょう。

給湯器の本体価格

給湯器本体の価格平均は下記の通りです。

暖房機能が無い給湯器タイプの価格(サイズ20号)
給湯器+リモコン(追焚なし) 5~12万円
給湯器+リモコン(追焚あり、エコジョーズ)オート 7~24万円
給湯器+リモコン(追焚あり、エコジョーズ)フルオート 10~27万円

暖房機能がある給湯器タイプの価格(サイズ20号)
給湯器+リモコン(追焚なし) 10〜15万円
給湯器+リモコン(追焚あり、エコジョーズ)オート 14~20万円
給湯器+リモコン(追焚あり、エコジョーズ)フルオート 15~24万円

給湯器の価格は、本体と別にリモコン代も含まれるので注意しましょう。

一般的な給湯器は本体だけで15万円前後しますが、20号より大きいサイズであったり高機能のタイプであったりすると更に高くなります。

なお、業者によって給湯器の割引価格が異なる場合があるので、安く本体を購入したいという人は複数社に給湯器交換の見積もりを依頼して比較しましょう。

給湯器を交換する工事費用

給湯器の交換は、本体価格と別に工事費用がかかります。

工事費用はだいたい3万円~7万円かかりますが、場合によっては7万円以上することもあるので注意しましょう。

給湯器交換の工事費用の内訳は下記の通りです。

取り付け交換工事費用

  • ガス・給水・追い焚き管の接続工事費
  • リモコンの接続工事費
  • 出張費
  • 給湯器の廃材処分費
  • 点検費

給湯器を交換するだけであれば、上記の費用で済みますが給湯器の設置場所やタイプも変更する場合は更に費用が高くなる場合があります。

ちなみに給湯器の交換はDIYで済ませられる部分もあるので、最安値で抑えたい人はDIYをおすすめします。

給湯器の種類変更は費用が高くなるので注意

給湯器の箇所を増やしたい人や給湯器の種類を変更したいという人は、工事費用が高くなってしまいます。

給湯器の設置方法を変更する場合は1~2万円程工事費用が加算されると把握しておきましょう。

ちなみに単純な給湯器の交換でも給湯器の場所が極端に狭かったり、高い場所に設置されていたりする場合は費用がプラスされる場合もあるので注意してください。

具体的な費用を知りたい人は、業者に工事内容を細かく聞いて確認しましょう。

給湯器を交換するタイミングは?

給湯器を交換するタイミング

給湯器は何の異常が無い場合でも寿命で交換しなければならない場合もあります

メーカーによって寿命は異なりますが、使用方法によっては寿命が短くなってしまうケースもあります。

給湯器の寿命をなるべく長くするには、給湯器本体の排気口まわりのスペースを充分に保ち雨水に濡れない場所に給湯器を設置しましょう。

排気口を塞いでしまったり、給湯器本体を雨水で濡らしてしまったりすると故障する原因になります。

また入浴剤を入れた状態で追い焚きすると、配管部分にダメージを蓄積してしまう為、できるだけ入浴剤を入れた水を追い焚きするのは控えましょう。

10年以上経っている給湯器は交換が必要

給湯器の寿命は約8~10年です。

何の問題もなく給湯器を使用している場合でも、10年以上経っている給湯器は交換する必要があります。

10年以上経っている給湯器は劣化していたり熱効率・給湯能力が落ちていたりする可能性が高いです。

更に10年以上経っている給湯器は、部分的に修理するだけで済む故障であっても古くて部品の入手が困難になってしまうケースもあります。

部品が手に入らない場合は、本体交換が必要になり、リモンコンのみの交換も不可能なので注意しましょう。

居住人数が増える

給湯器に異常がなくても、居住人数が増えると給湯器の容量が足りなくなってしまう場合があります。

居住人数が増えた場合、貯湯式の給湯器だとしばらくお湯が出なくなったり新しくお湯をつくる為のランニングコストがかかったりします。

コスト面を考えると新しい給湯器に買い換える方が最終的に出費を抑えられるので、給湯器を交換しましょう。

オール電化にした時

オール電化や床暖房設備の工事を考えている人は、給湯器をより安い料金で交換することができます。

通常料金よりコストを抑えて交換できるので、オール電化・床暖房の導入を考えている人は給湯器の交換も検討してみてください。

給湯器の故障を感じた

当たり前のことですが、給湯器に異常を感じた場合は給湯器の交換が必要です。

故障している状態で使い続けていると、お湯が出なくなったりガス漏れが発生したりします。

部品交換で済んだ修理が本体交換しなければいけなくなったケースもあるので、「ちょっとおかしいかも?」と感じる人は業者に給湯器の点検をしてもらいましょう。

給湯器の異常を感じたらすぐ交換しよう

給湯器の異常

給湯器の異常といっても「給湯器の異常ってどんな状態?」と疑問に持つ人もいますよね。

これから給湯器の異常は具体的にどのような感じなのか説明します。

現在利用している給湯器が異常状態なのか心配な人は、異常状態に当てはまるか確認してください。

給湯器から異音

お湯を出す時に大きな着火音がする場合、給湯器に異常があります。

機器内部で不完全燃焼を起こしている危険性があり、できるだけ早く業者に見てもらいましょう。

大きな着火音は「ガッ」「ボンッ」という音がするので、比較的気づきやすい異常状態です。

給湯器が水漏れしている

給湯器の本体が変形していたり、給湯器の周りが不自然に濡れていたりする場合は水漏れが発生している可能性があります。

劣化などが原因で、水道管の繋ぎ目部分に亀裂が生じていたり、熱交換機・加圧逃し弁が故障していたりするので危険です。

給湯器の周りをチェックして「不自然に水濡れしている」「給湯器の形がおかしい」と感じた人は業者に連絡しましょう。

ガスの匂いがする

給湯器を利用している時にガスの匂いを感じた場合、劣化が原因でガス管に亀裂が入っている可能性があります。

ガス漏れの危険性だけでなく、給湯器内部で不完全燃焼している可能性もあるので即時業者に連絡してください。

ガス漏れはガス給湯器に起きる症状で、長年ガス給湯器を使用している人はガス漏れしていないか匂いを確認しましょう。

給湯器の交換はDIYでもできる?

給湯器はDIY可能?

給湯器の交換は、状況によってはDIYでも可能です。

しかし交換工程に資格が必要な作業もあるので、業者に頼まなければならないケースもあります。

給湯器のDIYを考えている人は、まず給湯器の交換をDIYできる人なのか確認しましょう。

簡単な取り付けはDIYでも可能

給湯器の接続箇所は主に4箇所あり、水道通路部・燃料通路部・排気通路部・電装部となっています。

給湯器の接続箇所

  • 水道通路部
  • 燃料通路部
  • 排気通路部
  • 電装部

排気接続は屋内タイプの給湯器で、基本的に業者に頼む必要があります。

よってDIY可能な給湯タイプは外置きタイプのみとなっています。

外置きタイプといっても、ガス給湯器はガス漏れの危険性があるので業者に頼む必要があります。

ガスの接続や電気接続のみ業者に頼んで、後は自分でやるという方法もあるので業者と相談しながらDIYできる部分を把握して進めましょう。

給湯器の費用をDIYで安く抑えられる場合もある

給湯器の交換費用は3~7万円かかると説明しましたが、給湯器を購入した人に対しての費用は大体5万円前後で見積もりしてくれます。

給湯器の販売価格からの利益を見積もって5万円程度にしている背景があるので、給湯器だけじぶんで用意して取り付けだけお願いすると逆に8万円以上かかってしまう場合もあります。

簡単な作業だけで済ませられる場合はDIYでコストダウンできますが、状況によっては業者側が「5万円では割に合わない」作業をおこなっていることもあるので一概にDIYをおすすめすることはできません

しかし一軒家の家周りに取り付けられている壁掛けタイプの給湯器は簡単に取り付けられるので、DIYに自信のある人は挑戦してみてください。

給湯器が故障してしまった人達の体験談

実際に給湯器の故障で業者に修理を依頼・DIYした人たちの体験談をまとめました。

DIYで修理した人達の感想や、業者の対応など把握できるので参考にしてください。

体験談①給湯器の故障でDIY

体験談②給湯器の部品がすぐ手に入らなかった

体験談③急な故障でも設置してくれた

給湯器の交換は本体価格を含めて15万円前後!寿命が来る前に業者に依頼しよう

給湯器の交換は、本体を含めて15万円前後が相場ということがわかりました。

給湯器に問題が無い場合でも、10年以上経っている給湯器は劣化しているので交換が必要です。

また、給湯器の設置箇所を変更したり給湯器のタイプを変更したりする人は費用が高くなるので、なるべく費用を低く抑えたい人はシンプルに交換してもらう方向で依頼しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

※急に電話がかかってくることはございませんのでご安心ください。稀に当サイトより確認のご連絡を差し上げる場合がございます。