外壁塗装の法定耐用年数は何年?減価償却の仕組みと寿命を長持ちさせるポイント

外壁塗装の法定耐用年数

外壁塗装の耐用年数は塗料などによって変わってきますが、あなたは自分の家の耐用年数を把握していますか?

外壁に塗られている塗料は長く10~20年で短くて5年ほどです。塗装はいつでも良い状態でなければ家にダメージを与えてしまいます。

外壁に深刻なダメージを与えてしまわないように、耐用年数についてすこし知っておきましょう。

人気の外壁塗装業者おすすめランキング!口コミ・評判や料金相場・独自サービスを比較

もくじ

法定耐用年数とは?

外壁塗装における耐用年数とは、「塗料・建物などを使うことのできる年数」のことをいいます。外壁塗装には限りがあることを表しているのです。

外壁塗装でいう耐用年数とは、塗料の耐用年数・建物の耐用年数と2つにわけることができます。どちらも外壁塗装の耐用年数に関係のあるものです。

ここでは、塗料の耐用年数について紹介していきます。

塗料別の耐用年数

塗料の耐用年数は各塗料メーカーが定めています。しかし、ここで各塗料ごとの耐用年数を書いてしまうとものすごい量になってしまうので、ここでは塗料の種類ごとに耐用年数を紹介していきます。

塗料の種類 耐用年数 塗料の紹介
アクリル系塗料 4~7年 耐久度はあまり高くないが、低価格なのでよく利用されていました。現在ではシリコン塗料が1番主流になっています。ほかの塗料と比べると汚れやすいのがすこし残念な点です。
ウレタン系塗料 6~10年 低価格なのに耐久性が高いのでコストパフォーマンスが高いです。汚れや色あせにも強いので人気の塗料でした。現在はウレタン塗料の人気に押され気味です。
シリコン系塗料 8~15年 耐久性にとても優れている塗料です。現在で外壁塗装で1番多く使われる塗料です。汚れや色落ちに強いのはもちろん、防カビにも効果があると認められています。コストも安く抑えることができるというもの大きな特徴です。
ラジカル系塗料 8~15年 耐久性が10年を超える塗料です。k路絵は2015年に発売されたあたらしい塗料になります。シリコン塗料と同じく価格は比較的安いです。
光触媒塗料 10~15年 こちらも耐用年数が10年を超える塗料です。雨や太陽の光などの自然の力で外壁をキレイにするチカラがあります。ただ、とてもいい塗料なので価格が高いです。できるだけ長く、そしてきれいに外壁を保ちたいという方はぜひ利用してみてください。
フッ素系塗料 15~20年  耐用年数がトップクラスとなっています。主に大きなビルや商業施設にて使用されることが多いです。光沢感もあり、汚れにも強い塗料となっています。こちらも光触媒塗料と同じく価格が高いです。近年では一般的な住宅でも使用されることが増えてきています。
遮熱系塗料 15~20年 耐用年数がとても長いです。光を反射する効果があるので 室内に余計な熱をためないことができます。よって室内環境を快適に保つことができるのです。省エネや環境に配慮した塗料になっています。

塗料の耐用年数や効果が優れているものは価格が高く成りますが、長い目で見たらコスト削減になることもありますよ。しかし、塗料の耐用年数は建物の周辺環境や地域によって差が出てくるので、ここで紹介した数字はあくまでも目安としてくださいね。

あなたが考える一番いい塗料を選択するといいですよ。塗料の値段や工事にかかる費用の予算と相談して決めるのもいいと思います。

耐用年数と耐久年数の違い

先ほどの耐用年数に似ている言葉で耐久年数というものがあります。

耐久年数はハウスメーカーが住宅を「問題なく住宅として使用できる年数」を目安として

独自に定めた期間になります。

そのため、経費の計上において耐久年数が関係してくることはありません。

耐用年数だけでなく塗り替えサインも意識しよう

塗料には耐用年数があると紹介しました。しかし、一度塗れば必ず10年もつというわけではないのです。先にも言ったように周辺環境やその地域の環境によって耐用年数が変わってきます。その影響で劣化が早く進んでしまうということもあるのです。

劣化現象を早めてしまう原因として、

  • 太陽光の紫外線
  • 雨・風
  • 自然災害

などが考えられます。また、南側の外壁は劣化が早いということもあります。

その結果、さまざまな劣化現象が現れるようになってしまいます。

いまから紹介する劣化現象が現れてしまったら、塗料の耐用年数に関係なく外壁の塗り替えをする必要があります。

劣化現象 現象の詳細
外壁のヒビ 外壁のヒビから雨などの水分が侵入してしまうことで建物の内部構造を劣化させてしまうことに繋がるので早めの対策が必要です。
塗装の剥がれ 塗装が剥がれてしまうと、ヒビと同じように外壁に水分を取り込みやすくなってしまいます。この影響で内部構造の腐敗や雨漏りの原因となってしまうことがあります。
塗料の膨れ 塗料の膨れも劣化の一つです。これも放置してしまうと外壁に悪影響ですので早めに塗り替えをしましょう。
チョーキング チョーキングとは、塗膜がはがれ粉吹いている状態のことを言います。これは塗料の耐久度が落ちてしまっていることを示していますので早めの対策が必要です。外壁を手で触り、手の平にチョークのような粉が付いたらチョーキングが起きていると思いましょう。
コーキングの割れ・剥がれ コーキングとは雨戸やサッシなどの隙間を埋めているゴム素材のことです。これは太陽光や自然環境の影響で割れたり剥がれたりしてしまうことがあります。コーキングの剥がれや割れがある場合、その隙間から雨水が入ってしまうので注意が必要です。
外壁のコケやカビ・サビ 外壁にコケやカビが生えてきている場合も劣化現象と捉えましょう。塗料の幕を壊してしまうこともあるので注意が必要です。また、サビがある場合も劣化現象が進んでしまっていると考えましょう。

以上のような劣化現象は、塗料の耐用年数に関係なく現れることがあるので注意しましょう。

塗料の耐用年数が10年だからと放っておいてしまうと劣化現象が進んでしまうので、外壁は定期的に劣化がないか自分の目で確かめるようにしましょう。

もし外壁に劣化現象が見つかった場合は、症状が軽いうちに補修工事をおこなうようにしましょう。早い段階での修繕工事であればコストも安く抑えることができますよ!

耐用年数が30年続くような塗料はない

良くない外壁塗装業者は工事の契約が欲しいがために、「うちで使ってる塗料は30年もちますよ!」というように普通では考えられないような耐用年数を売り文句にすることがあります。

たしかに本当に30年も塗料が長もちするのであれば、その業者にぜひ工事のお願いをしたいですよね。しかしそんな塗料は存在しないので信じないで下さいね。

現在では15~20年の塗料が耐用年数最長です。

しかも、それは紫外線の影響が少ない地域や、海が近くなくサビなどの心配がない地域といったように、塗料にとっていい条件ばかりがそろっていないと20年という耐用年数を実現することはできません。

このように、多くの要因を考えると30年塗料が持つということは考えにくいのです。もし外壁塗装業者が「30年以上塗料の塗り替えは不要」というようでしたらそれは工事契約が欲しいだけですので信じないでくださいね。

外壁塗料の耐用年数が過ぎているか判断する方法

先ほどは塗料それぞれの耐用年数を見ていきましたが、次のような症状が出ている場合は修繕をするサインです。

症状 症状の特徴
チョーキングしている 外壁の表面を指で触ったときに粉がつく
塗膜の剥がれや膨れがある 外壁の表面の密着が剥がれたり膨れたりしている。
ひび割れがある 外壁・コーキングにひびが入っている。
汚れがある 塗膜がはがれで汚れやすくなっている。※メンテナンスは緊急でなくてもいい。
錆びている 外壁の金属が錆びている状態
コケやカビが発生している 外壁の表面にコケやカビが生えている状態で、防水機能の低下が考えられる。

上記はすべて緊急でメンテナンスが必要なわけではありませんが、症状がみられる場合にはメンテナンスを考え始めた方がいいでしょう。

耐用年数が過ぎた時の対処法

耐用年数が過ぎてしまった場合、建物、塗料の劣化がかなり進んでしまっていることが考えられます。

そのまま外壁塗装工事をおこなわずにいると、大規模なリフォーム工事や建物の建て替えが必要になってしまうということもあります。早めに外壁の補修工事をおこないましょう。

建物のリフォーム工事には30坪の広さで100~300万円の工事費用が必要になり、建物の解体には100万円前後かかってしまいます。

無駄な工事費用を発生させないためにも外壁のメンテナンスを怠らないことをおすすめします。

外壁塗装の減価償却に必要な法定耐用年数は建物基準

外壁塗装の減価償却に必要な法定耐用年数は塗料が塗装されている建物を基準として計算されます。

また、建物の書類や用途が違えば法定耐用年数も変わってきます。

下表は建物ごとの法定耐用年数です。

建物の種類 用途 法定耐用年数
木造・合成樹脂造 事務所 24年
店舗・住宅 22年
工場・倉庫 15年
木骨モルタル造 事務所 22年
店舗・住宅 20年
工場・倉庫 14年
鉄筋コンクリート・鉄骨鉄筋コンクリート造 事務所 50年
店舗・住宅 47年
工場・倉庫 38年

例えば、木造の事務所を購入して、240万円で外壁を塗装した場合は法定耐用年数24年なので「240÷24」で毎年10万円を経費として計上していくことになります。

以上から、建物の塗装に関する減価償却の計算式は建物の法定耐用年数をもとに計算されることが分かっていただけたはずです。(減価償却については後ほど詳しく説明します。)

外壁に使われる材料とそれぞれの耐用年数

外壁には塗料のほかにもいくつかの材料が使われています。

塗料だけを塗装してメンテナンスできる場合もありますが、そのほかの部分にも劣化がみられるときは業者と相談して修繕を進めましょう。

それぞれの材料の耐用年数かは下記のとおりです。

外壁材の耐用年数とメンテナンス周期

下表は外壁材の耐用年数とメンテナンスの周期です。

外壁材の種類 耐用年数 メンテナンスの周期
タイル 40年 メンテンナンス不要
窯業系サイディングボード 40年 7~8年
金属系サイディングボード 40年 10~15年
木質系サイディングボード 40年 8~12年
樹脂系サイディングボード 40年 10~20年
モルタル壁 30年 8~10年
ALCボード 60年 10~15年
コンクリート壁 60年~100年 15~20年

外壁材は全体的に耐用年数が長いため、メンテナンス周期が過ぎても住めなくなるようなことはありませんが、永久に使える建材は存在しないため定期的なメンテナンスは必要で

す。

また長い耐用年数も適切なメンテナンスをしてあげることで、ようやく発揮されるため、心配な場合は業者に相談が必要です。

コーキング剤の耐用年数とメンテナンス周期

コーキング剤とは外壁が受ける衝撃えお吸収してくれる材料なので、劣化が早いです。

コーキング剤の耐用年数とメンテナンス期間は下表です。

素材 耐用年数 メンテナンス周期
シーリング 5~10年 10年

コーキング剤は受けてきた衝撃によって劣化の速さが大きく変わるため、下記のような症状が出てきたらメンテナンスのサインです。

  • ひび割れがある
  • 外壁から剥がれる
  • 外壁からとれる

コーキングは今ある状態に追加でコーキング剤を入れる増し打ちと古いものを完全に取り換える打ち替えがあります。

方法によって費用が異なるため、どのような方法でメンテナンスをするべきか業者の相談して進めましょう。

防水塗装の耐用年数とメンテナンス周期

外壁には関係ありませんが、塗装といえばベランダやバルコニーの防水工事も定期的に見直す必要があります。

気になる方はこの機会に、外壁塗装業者に相談してみましょう。

下表は防水工事の耐用年数です。

工事方法 耐用年数
ウレタン防水 10~12年
シート防水 10~12年
FRP防水 7~10年
アスファルト防水 15~20年

防水工事は怠ると外壁同様で雨漏りの原因にもなりかねませんので、耐用年数くらいは頭に入れておきましょう。

屋根材の耐用年数とメンテナンス周期

外壁の塗装には屋根の耐用年数も関係してきます。

大切なことなので、耐用年数を下表にまとめておきます。

屋根材の種類 耐用年数
トタン屋根 10~15年
スレート屋根 15~20年
瓦屋根 40~60年
ガルバリウム屋根 20~30年
アスファルトシングル 20~30年

屋根は雨や風にさらされる機会が多いため耐用年数は意外と短いです。

外壁の塗装をする際は、屋根のメンテナンスも考慮に入れながら計画を立てるといいでしょう。

減価償却とは?

減価償却とは企業の会計上、ある資産の購入費用からその資産が使えなくなるまでの期間(法定耐用年数)を定めたうえで、経費を年ごとに分配して計上する制度です。

また、この時購入された資産は時間の経過とともに価値が減少するため「減価償却資産」や「償却資産」と呼ばれます。

償却資産は様々ありますが、下記はその一部です。

工具や備品に関する項目 パソコン、陳列ケース、エアコン、電話機器、複合機、医療機器、自動販売機など
建築物に関する項目 構内舗装、門、平、庭園、給排水管、橋など
航空機 飛行機、ヘリコプター、グライダーなど

上記はほんの一部ですが非常に幅広いものが償却資産として申告しなければならない事はわかっていただけたでしょう。

外壁塗装の勘定科目は「修繕費」か「建物(資本的支出)」に分けられる

先ほど減価償却の仕組みと計算方法について解説しましたが、外壁塗装の経費計上では

外壁塗装費は「修繕費用」と「資本的支出」に分けられます。

修繕費とは

外壁の塗装費が収益的な支出である場合は「修繕費」に勘定されます。

収益的な支出とは「建物の一部を修繕」する場合に当てはまります。

下記は外壁塗装が「修繕費」に勘定される場合の例です。

  • 雨漏りによる外壁の修繕
  • 地震や台風などの自然災害による破損部分の修繕
  • 外壁の傷やひび割れによる修繕

「修繕費」に勘定されるのは上記のように、建物の一部を修繕する場合です。

建物(資本的支出)とは

「建物(資本的支出)に該当するのは、「外壁のデザイン変更」などの建物自体の価値を

を高める工事をする時です。

下記は外壁塗装が「建物(資本的支出)」に勘定される場合の例です。

  • 外壁全体の塗装
  • 断熱塗料の塗装
  • デザインの変更

「建物(資本的支出)」に勘定されるのは上記のように、建物の価値を向上させる場合で

す。

外壁塗装が資本的支出だとしても修繕費で計上可能なケース

外壁塗装の費用が先ほど説明した資本的支出だとしても、修繕費として計上可能な場合がありますので下記にまとめます。

  • 3年以内の周期で修繕か改良がおこなわれている場合
  • 支出の額が20万円未満の場合

上記のほかにも、どちらで計上するべきかわからない場合は下記のどちらかの条件を満た

していれば修繕費として計上できます。

  • 支出額が60万円未満の場合
  • 修繕費が修繕に係る資産の前年12月31日における取得価額の概ね10%相当額以下である場合

上記の条件を満たしていたとしても明らかに資産の価値を上昇させるような修繕の場合は修繕費として計上できません。

あくまでどちらで計上するべきか判断がつかないときの条件です。

また明らかに資本的支出であるものと修繕費として計上できる工事を同時に行った場合はそれぞれの科目に分けて計上してください。

修繕費・建物(資本的支出)を計上するメリット・デメリット

一括で経費として計上する「修繕費」と減価償却で計上する「資本的支出」にはそれぞれ

メリットとデメリットがあります。

修繕費を計上するメリット・デメリット

外壁塗装をした都市に一括で計上できるため一時的に節税ができるほか、毎年経費の計上

をする手間が省けます。

一方、修繕費の計上金額に上限があるわけではないが、資本的支出の要素があり費用が20万円

以上の場合は資本的支出で計上しなければなりません。

また1度で計上する場合、その年の売り上げが下がってしまいます。

建物(資本的支出)を計上するメリット・デメリット

資本的支出のメリットは減価償却によって赤字を抑制できることです。

赤字の年は計上しなくてよいなどの柔軟な対応ができるため、事業収益を調整して事業融

資の審査に通りやすくなる。さらに毎年の計上によって節税にもなります。

デメリットは毎年の計上が面倒になるということです。

償却期間も自分で決めることができないため、自分で償却期間を調べて毎年計上する必要

があります。

耐用年数を長くするために出来ること

外壁塗装の耐用年数はさまざまな要因によって、簡単に短くなってしまいます。

なので塗料に記されている耐用年数だけを信じてはいけないのです。

しかし、その耐用年数は、ただ短くなってしまうのを見ているだけでなく、長くするためにあなたにできることがあるのです。

ここでは、外壁塗装の耐用年数を少しでも長くするためにできることを4つ紹介しますのでぜひ参考にしてくださいね!

下地処理をしっかりしよう

下地処理は、後から塗る塗料がしっかり外壁に馴染むように施す塗装前におこなう工程のことです。

ここをしっかりおこなっているかどうかで、塗料の効果を最大限発揮できるかどうか、塗料の耐用年数を保つことができるかどうかに関わります。

そのため、外壁塗装業者に入念に下地処理をおこなうように頼みましょう。また、すべての工程を念入りにおこなってくれる業者を探しましょう。

塗料がしっかり外壁に馴染まなければ塗料はすぐに剥がれ落ちてしまいます。塗料の効果を最大限に発揮するために下地処理は重要なのです。

丁寧な外壁塗装工事を依頼しよう

外壁塗装工事はすべての工程が重要です。一つも手を抜いていい工程はないのです。

一つひとつの作業が丁寧であることで外壁塗装の耐用年数を長く保つができます。

すべての作業が得意な優良業者は見つけるのが大変ですし、人気なので工事の予約をなかなか取れないかもしれません。

ですが、すべての工程が丁寧であることに越したことはありません。工事費用の安さだけにこだわらず、いい工事をしてくれる外壁塗装業者に依頼しましょう。

塗料にこだわろう

外壁塗装の耐用年数を延ばすために、ただ安い塗料を使用するのではなく、耐用年数が長くさらにほかの効果を兼ね備えている塗料を使用することをおすすめします。

塗料がいいものであれば、家を守る力が強くなると考えましょう。塗料・建物をより長持ちさせるために、塗料にこだわってみるもの良いかもしれません。

3回塗り以上の塗装をする

塗料の耐用年数を高めるために、塗料は必ず3回塗りしてもらいましょう。一般的に塗料は3回塗りすることになているのですが、中には工事を早く終わらせるために2回しか塗料を塗らない業者もいるのです。

塗料は重ねて塗ることで強度が増しますので、3回以上は重ね塗りをしてもらいましょう。

それ以上に重ね塗りする場合は、コストもかさみますのでそれも頭に入れたうえで重ね塗りしましょう。

塗装に適切な時期を選ぶ

選んだ塗料にとって最適な時期を選んで施工しましょう。

塗料によって違うこともありますが、基本的に湿気の多い時期だと塗料が固まるのが遅くなり工期が長引くだけでなく、定着が悪くなり早期に塗膜がはがれてしまう恐れがあります。

優良企業に依頼する

外壁の塗装に実績があり信頼できる企業に依頼しましょう。

業者が信頼できるかを判断するポイントは下記です。

見積を2社以上でもらう

必ず2社以上の見積をもらいましょう。

見積を比較することでそれぞれの特徴がみえてきます。

見積が以上に高い業者や安い業者は、詐欺業者や手抜き工事の可能性がありますので、相場通りの価格で請け負ってくれる業者を選んでください

見積の内容をチェックしましょう

見積をもらったら内容を確認してください。

見積の項目が「一式」や「シリコン塗装」としか書いていない場合は悪徳業者の可能性が高いです。

ちゃんとした業者であれば、「シリコン塗装」だけでなく塗料のメーカーや塗装方法まで具体的に記載されています。

塗装技能士1級を持っているかを確認しましょう

塗装業者の60%以上が塗装技能士1級の免許を保有しているか確認してください。

塗装技能士1級とは5年以上の実務を経てようやく取得できる国家資格なので、社員の60%以上がこの資格を持っていれば安心して依頼してもいいでしょう。

業者の技術・質も耐用年数に大きく関わるので注意

ここまで塗料の耐用年数について紹介してきましたがいかがでしたか?塗料には、決まった耐用年数があるものの、周辺環境によって耐用年数に違いが出てくるということもわかりましたね。

また、周辺環境以外にも塗料の耐用年数にかかわることがあります。

ずばり外壁塗装業者の技術力・質です。業者の技術がたしかであれば耐用年数は質の悪い業者に比べて長くすることができます。

なので塗料などに大きな費用をかけられないという場合は業者にこだわってみてはいかがでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

※急に電話がかかってくることはございませんのでご安心ください。稀に当サイトより確認のご連絡を差し上げる場合がございます。