【2021年最新】外壁塗装の費用相場はいくら?坪数ごとの平均価格や見積もり依頼時の注意点を解説

外壁塗装の相場

外壁塗装工事には、いったいどれほどの費用がかかるのでしょうか?

ここでは工事全体にかかる費用相場、作業ごとの相場をわかりやすく紹介しています。これから外壁塗装をしようと考えているかたは、相場について理解を深めるためにぜひ参考にしてください。

また、費用について理解しておくことで、業者の方とスムーズに話を進めることができます。

後悔のない外壁塗装工事にするために、基本的な費用については先に知っておきましょう。

外壁塗装にかかる費用を安くする8つのポイントを解説

外壁塗装の費用相場は80万円~150万円

外壁塗装の費用相場は80~150万円です。

外壁塗装の費用相場

80~150万円(一般的な2階建て住宅/塗り面積200㎡)

上記の費用相場は目安の数値です。

外壁塗装の費用は使用する塗料の種類や面積によって変動します。

特に劣化具合が酷い場合は費用が高くなってしまいますうので、長年放置せずに定期的にメンテナンスしておくことをおすすめします。

外壁塗装の耐用年数は10年?塗料・外壁別の年数と減価償却の仕組み・寿命を長持ちさせるコツ

外壁塗装費用の内訳

外壁塗装費用の内訳

外壁塗装の費用は主に塗料代・施工費・足場代・利益に内訳できます。

外壁塗装の費用相場を正確に知りたいという人は内訳の中でも塗料代・施工費・足場代の相場価格を元にして計算することをおすすめします。

内訳比率も表で紹介していますが、利益と施工費の比率が多くなっています。

しかし、内訳比率は業者によって多少異なるのでより正確に知りたい場合は、見積もりを無料で依頼することをおすすめします。

塗料代の費用相場

塗料は先にも記したようにそのものが持つ効果や、材料によって値段が大きく変わります。塗料別の㎡単価を見ていきましょう。

塗料の種類 耐久年数 相場/㎡
光触媒 約15年~ 5000~5500円
断熱 約15年~ 5000~5500円
フッ素 約15年~ 3500~4500円
シリコン 約7~10年 2500円~3500円
ウレタン 約5~7年 1800円~2000円
アクリル 約3~5年 1000円~1200円
(変性)無機 約15年~ 50,000~120,000円
ピュアアクリル 約15年~ 50,000~70,000円

塗料は家を守るのに重要な役割をするので、できるだけいいものを選びたいですよね。

しかし、もちろんいいものを選ぶことは大切なのですが、その地域や外壁の素材に相性の良いものを選ぶことも大切です。

【2021年】外壁塗装おすすめ塗料ランキング27選!目的・性能別に人気塗料を比較

各坪数の塗装料の費用相場を価格表にまとめたので、だいたいの坪数を把握している人は下記も参考にしてください。

光触媒塗料 断熱塗料 フッ素塗料 シリコン塗料 ウレタン塗料 アクリル塗料
25坪 108万円 98万円 93万円 73万円 60万円 50万円
30坪 112万円 107万円 102万円 85万円 72万円 60万円
40坪 142万円 129万円 121万円 110万円 92万円 75万円
60坪 172万円 156万円 150万円 132万円 128万円 110万円
80坪 250万円 240万円 215万円 175万円 145万円 130万円

塗装代は下塗りも含まれる

下塗りは、中塗り・上塗り塗料が外壁にしっかり馴染ようにするためのクスリを塗るというイメージです。

ここで使用する塗料は3度塗りの1番下にくるものなので目に見えるものではないのですが、防水効果もあるので大切なのです。

外壁の状態にあった塗料を選ぶことで、長持ちするが壁ができるのでしっかり選びましょう。

下塗りの種類 相場/㎡
微弾性フィラー(主にモルタル壁に使います) 900~1200円
シーラー 600~900円

シリコン・フッ素などのハイグレード塗装料はコスパが良い

塗料代は外壁塗装の全体費用の20%を占めています。

よって価格の安い塗料を選ぶと塗装費用も下がります。

コスト削減を考えて安い塗料を選ぶ人も居ますが、耐久年数も同時に短くなるので結果的に損してしまう場合もあります。

そこで最も安い塗料代のアクリル系塗料と、単価が高いフッ素系塗料を継続的に利用した場合の総合費用を比較しました。

塗料 外壁塗装初回(塗装面積119㎡) 10年後 20年後 30年後
アクリル系塗料 178,500円 357,000円 714,000円 1071,000円
フッ素系塗料 416,500円 833,000円

アクリル系の塗料は代金を安く抑えられますが、耐用年数が3~5年程しかないので10年の間に2回程実施する必要があります。

一方フッ素系の塗料は、1回の料金がアクリル系より割高になっていますが耐用年数が15年以上あるので30年後のことを考えると安くなります。

工事単価

工事単価

外壁塗装の工事代は塗装職人の作業に対し発生する費用です。

基本的に飛散防止ネット・高圧洗浄・養生・施工費が発生し、どの塗装工事でも発生します。

ただし付帯塗装工事は外壁塗装工事と違い、塗装する箇所によって費用が異なります。

洗浄作業

洗浄は、塗料が外壁に馴染むために欠かせない作業です。洗浄せず塗料を塗り始めてしまうと、数年でヒビや塗料の剥がれが出てきてしまう原因となってしまいます。

洗浄の種類 相場/㎡
洗浄(洗剤洗浄) 500~800円
高圧洗浄(トルネード洗浄) 300~500円
高圧洗浄 200~250円

洗浄にもいくつか種類があって、それぞれ費用が違っているので確認しましょう。

養生・飛散防止ネット

養生は、塗装面以外もキレイに保つために大切な作業です。塗料がついてはいけないところにビニールをかけます。

また、隣家との距離が近い場合はそちらにも養生する必要があります。

作業種類 相場/㎡
養生 300~500円
飛散防止ネット 100~180円

飛散防止ネットは、その名の通り塗料の飛散を防止するためのネットです。

工事現場で家がネットに「囲まれているのをよく見ますよね?外壁塗装工事では、そのネットを外壁塗装工事では飛散防止のために使用しています。

これらは、近所とのトラブルを防ぐためにも大切なものです。

足場代の費用相場

外壁塗装工事は足場がなければできません。

中には「足場なしで工事できるので費用が抑えられますよ」という業者もいるのですが必ず足場はつけましょう。

足場の種類 相場/㎡
枠組み足場 1000~1500円
くさび式足場 1000~1200円
単管ブランケット足場 700~1000円
単管足場 600~800円
丸太足場 500~800円

足場は職人さんが塗装しやすいように足元をささえるものですので、あるのとないのでは仕上がりが全然違います。

足場にも多くの種類あり、それぞれで値段が違うので先に知っておきましょう。

外壁塗装の足場にかかる費用・単価の相場はいくら?足場工事の費用目安と安く済ませる方法

外壁塗装の坪数ごとの費用相場を価格表で紹介

外壁塗装の費用相場

外壁塗装の費用は使用する塗料によって値段が変わります。塗料の材料や性質が変わってくるので費用も変わるのです。

ここでは、外壁塗装工事にかかる全体の工事費用の相場を標にまとめました。

坪数(延坪) 塗装面積 費用相場
10坪 40㎡ 約20~40万円
20坪 79㎡ 約40~70万円
30坪 119㎡ 約60~100万円
40坪 158㎡ 約80~130万円
50坪 198㎡ 約100~160万円
60坪 238㎡ 約120~200万円
70坪 277㎡ 約140~230万円
100坪 396㎡ 約200~320万円

外壁や屋根の塗装には防水性効果のしっかりしている塗料を仕様擦る必要があり、防水塗料の中でもかなり多くの種類があります。

一般的な2階建ての戸建て住宅を塗装した場合を考えて表になっています。

外壁、屋根、足場代なども含んだ相場をあらわしているので、これをもとに自身の終えを外壁塗装した際の値段を想像してみてください。

ここで紹介しているのはあくまで相場価格になるので、実際は業者の方に家を見てもらって費用を出してもらうようにしましょう。

参考程度にして外壁塗装にかかる費用を想像してみてください。

塗装する面積によって費用が変わる

外壁塗装の費用相場は、以下の2つの条件で変動してきます。

  • 作業対象となる面積
  • 作業ごとの工事単価

この2つをもとに外壁塗装工事にかかる費用をおおよそ計算できますので、工事前に自宅の面積と作業項目の工事単価を知っておくと便利です。

外壁塗装費用相場の計算方法

外壁塗装工事では、塗装する面のことを「塗り面積」「塗装面積」と呼びます。

この塗装面積は建物のタテヨコの長さを計らなくても坪数を㎡に換算して簡単に計算することができます。

以下計算方法です。

80坪×3.3㎡×1.1(係数)=316.8㎡

次に、坪数に3.3をかけて延べ床面積を出します。

1坪は約3.3㎡なので、家の坪数にかけて㎡に換算します。

例えば、72坪の場合延べ床面積は

72坪×3.3㎡=237.6㎡となります。

78坪の場合も同じく、

78坪×3.3㎡=257.4㎡となります。

このようにまずは坪を平米に戻す計算をしましょう。

そして、延べ床面積に係数(1.2)をかけて塗装面積を出します。

80坪×3.3㎡=264㎡←延べ床面積

上記のように算出した延べ床面積に係数1.1をかけて塗装面積を計算します。

264㎡(80坪の延べ床面積)×1.1=290.4㎡

このようにして算出した316.8㎡が塗装面積となります。

外壁塗装の費用を支払う方法

費用の支払い方法

外壁塗装の支払いは通常現金でおこなうケースが多く見られますが、近年ではクレジットカードでしはらったりローンに対応している業者も増加しています。

支払いのトラブルが起きてしまうと、再度メンテンナンスを頼むときに依頼しにくかったりお互いに気分がよくなかったりするので注意しましょう。

現金・クレジットカードでの支払いが可能

現金での一括払いは、工事が完全に終わった後に支払いをおこなうので一番安心できる方法です。

現金払いの場合、2回・3回払いも可能ですが施行前と施行後に分けて払うので、一括払いのように完全に安心することができません。

更に一戸建て物件で3回支払いを採用する業者は少ないので、3回支払いを指定された場合は怪しいと判断した方が良いでしょう。

現金と同じ要領でクレジットカードも対応してくれる業者もあります。

カード払いは決済が簡単でカード会社のポイントも貯められるのでお得です。

カードでの一括払い・分割払いは業者に確認を取る必要があるので、支払い方法を事前に相談しておきましょう。

リフォームローンで支払える

外壁塗装は60~100万円近くかかるので、2・3回払いは厳しいという人もいますよね。

2・3回払いがきついという人はローンに対応している業者がおすすめです。

ローンを利用する場合、4つ方法があります。

  • 業者
  • 住宅ローンの借り入れ先
  • 銀行
  • その他

すでに住宅ローンを組んでいる人は、同じ借入先に相談することをおすすめします。

リフォームローンと住宅ローンを一体型にしている商品を利用できる可能性があるので、金利をなるべく抑えたい人や借金を一つまとめにしたい人におすすめです。

塗装業者によっては、提携ローンを紹介してくれるところもあるので施工内容を相談する際に、料金面も相談してみましょう。

外壁塗装の費用に関するトラブル

外壁塗装の費用に関する良くあるトラブル

外壁塗装は一般的に相場を認識されていないので、業者が足下を見て価格設定するケースも少なくありません。

依頼する側が見積もりの内訳や契約内容を細かくチェックしていないとトラブルが発生してしまいがちなので、十分注意しましょう。

ここからは、外壁塗装の費用に関するトラブル事例を紹介します。

➀キャンペーン価格につられて契約

訪問営業にくる塗装業者などは、相場に比べて大幅に安い価格を提示してくるケースがあります。

中には足場代0など破格の条件を付けてくる業者もあり、一般の方からすればこんなにお得な話はありません。

ただ、こうした大幅な値引きをしなければ顧客を見つけられない業者は、良くて実績に乏しい業者で、最悪の場合は詐欺を目的とした悪徳業者の可能性があります。

半額やそれ以上の値引きをしてくる場合は、何かおかしいと思って良いでしょう。

外壁塗装の工事費用は値下げできる?値下げ交渉のポイント・注意点を解説

②追加費用が発生する

外壁塗装工事の途中で、事前に聞いていなかった追加費用が発生するケースもあります。

基本的には見積もり書に書かれている内容に納得して契約を結んでいるので、追加費用の支払いを求められても応じる必要はありません。

ただし、工事をしていく段階で天候や外壁の状況に合わせて追加費用が必要になるケースも0ではありません。

追加費用を請求された時は、その正当性をしっかり確認しましょう。

③用途不明な費用がある

見積もり書の中に用途不明な費用が設定されていたり、「諸費用」など曖昧な書き方をされていたりするケースも存在します。

こうした用途不明な費用を見逃すと多めにお金を取られてしまいかねないので、必ず確認をしておきましょう。

「下地処理」なども一見きちんと書かれているように思えますが、実際はより細かく書く必要があります。

外壁塗装工事成功のために下地処理が一番重要?

外壁塗装の予算が足りない時の注意点

なかには、外壁塗装を依頼したいのに予算が足りなくて困っているという方も多いでしょう。

外壁塗装は一般的に100万円前後の費用が必要になるので、どんな人でも気軽に依頼できるものではありません。

相場よりも安く外壁塗装を依頼する方法も存在しますが、この際に危険なやり方も存在します。

ここからは、外壁塗装で予算が足りなくてもおすすめしない行動を紹介します。

激安業者とは契約しない

塗装業者の中には破格の値段で工事を依頼できるところも存在します。

ただ、相場と比較してあまりにも費用の安い業者は注意が必要です。

近年も激安のリフォーム業者に依頼をしたら、スキルのない外国人をスタッフとして雇っていたり、ゴミの運搬費を節約するために廃棄していたりするケースなども報告されています。

こうした業者に依頼をしたら、結果の見栄えに満足できないどころか、すぐに剥がれてしまうのでまた工事が必要になります。

質の低い激安業者と契約しても、結果的には損をすることをしっておきましょう。

急いで契約をしない

なかには早く塗装工事をしたいからと、急いで契約を結ぶケースもあります。

しかし、契約書を見て納得するだけでなく、工事にまつわる様々な疑問を解決してから締結する必要があります。

特に危険なのが、訪問営業を受けてそのまま契約をしてしまうパターンです。

訪問営業では外壁塗装の良い点だけを伝えてくるケースも多く、事前にしっかり調べず契約を結んでしまうとあとで後悔してしまいます。

外壁塗装の訪問販売に注意!悪徳な営業方法・手口と騙されないための業者選びのポイント

訪問営業を受けた時に契約しようか悩んでいたとしても、その場で契約はせずに一度帰ってもらってから他社と比較をして選ぶようにしましょう。

価格を値切りすぎない

外壁塗装の見積もり価格は交渉次第で安く値切ることもできます。

ただ、価格を無理に値切ろうとして業者とトラブルが発生するケースも増えているので、十分注意しましょう。

価格の値切り方は他社の見積もりと比較して金額的に気になる点があったら相談をする程度でも十分な効果があります。

威圧的に値引きを依頼しても上手くいく保証はないので、できるだけトラブルを回避できる方法を考えておきましょう。

グレードの低い塗料は極力使わない

外壁塗装工事は使用する塗料によって費用が大きく異なります。

塗料 メンテナンス周期 リフォーム費用
アクリル塗料 3〜8年 1,000〜1,800円/㎡
ウレタン塗料 5〜10年 1,700〜2,500円/㎡
シリコン塗料 7〜15年 2,300〜3,500円/㎡
フッ素塗料 12〜20年 3,500〜4,800円/㎡
ラジカル塗料 8〜16年 2,200〜4,000円/㎡
セラミック塗料 10〜25年 5,000~20,000円/㎡
光触媒塗料 10〜20年 3,800~5,500円/㎡
無機塗料 10〜25年 3,500〜5,500円/㎡
ナノテク塗料 10〜15年 2,400〜5,500円/㎡

ただし、塗料の価格は基本的には耐久性の高さに応じて設定されているので、安い塗料を使うとすぐに剥がれが起きてトータルコストが高く付く可能性もあります。

グレードの低い塗料を使って工事をせざるを得ない状況なら仕方がありませんが、費用を安く抑えるために塗料のグレードを下げるのは得策ではありません。

外壁塗装の塗料の種類や特徴・耐久性・価格の違いを徹底比較

施工範囲を狭めるのは得策ではない

本当は外壁塗装と屋根塗装をまとめて依頼したかったのに、予算が足りないので屋根塗装だけ依頼するケースなどもあります。

塗装工事にかかる費用は塗料のグレード×塗装する範囲に応じて決定するので、施工範囲を狭めるのはコストを抑える良い方法だと考えている方は多いです。

ただし、屋根なら1か所が特別な被害を受けているケースを除けば、紫外線や風雨によって全体的にダメージを被って劣化しているので、一部を工事してもそこまで意味はありません。

範囲の狭い塗装工事を何回かに分けて依頼すると、その度に足場代や人件費が上乗せされるので、結果的に価格が高くついてしまいます。

家の塗装工事はできるだけまとまった範囲を依頼するのがおすすめです。

外壁塗装と屋根塗装は同時に行うと費用が20万円節約できる!同時に依頼した時の費用相場とメリット

無茶なDIYはしない

ブログやネット動画などで、屋根をDIYで塗装している人などを少なからず見かけます。

DIYで屋根塗装をすれば業者に支払う費用をカットできるので、十分な節約になります。

ただし、屋根塗装のDIYは危険なので原則おすすめしません。特に足場を組む必要がある部分を素人が施工するのは、命の危険もあります。

外壁の低い箇所など、DIY塗装は安全な部分に留めておくことをおすすめします。

屋根塗装をDIYでやるなら注意が必要!ペンキ塗りを自分でやる際の費用・塗料・安全対策と成功のポイント

外壁塗装の費用を安く抑えるコツ

外壁塗装を安く抑えるコツ

外壁塗装の費用相場を紹介しましたが、費用を安く抑えるコツがいくつかあります。

場合によっては活用できないこともあるので、あくまで参考程度に把握しておきましょう。

施工時期を5~6月・12月~2月にする

梅雨や冬は外壁塗装に不向きな時期である為、工事費用を安くしている傾向があります。

しかし梅雨や冬は雨や雪で作業を中断してしまい工期が長くなってしまいやすいデメリットがあります。

工期の延長で費用を追加で払う必要はほぼありませんが、工事期間をある程度抑えたいという人にはおすすめできない方法なので、工事期間と塗装費用のバランスを考慮して時期を決めましょう。

リフォーム助成金や火災保険を活用する

住んでいる地域によっては、「省エネ住宅改修補助金」「住宅リフォーム資金助成」という補助金を活用できる場合があります。

各自治体のホームページで詳細を確認してみましょう。

また災害の影響によって工事する場合は、火災保険を適用できるケースもあります。

当てはまる人は、自分の保険証書をチェックして費用を抑えられるか確認しましょう。

地域密着型の業者を選ぶ

地域密着型の業者や自社施工業者を選ぶと、大手リフォーム会社より安く済ませられる場合があります。

大手会社は下儲けや孫儲け業者に作業を委託することが殆どなので、仲介料が発生して割高になる傾向があります。

地域密着型の業者は自社スタッフが施工することが多いので余計な費用が発生しにくく安く済ませられるケースが多いです。

外壁塗装の費用相場を知って適正価格で業者に依頼しよう

外壁塗装は人生で何度もすることではないので、「はじめてです!」という方がほとんどだと思います。

不安やストレスを抱えないために、以下の3つを覚えておいてください。

  • 自宅の坪数に応じた相場をなんとなくで良いから把握しておく
  • 外壁塗装はお金だけで判断してはいけない(業者選びも大切!)
  • 一人で進めると危険を察知できないので、経験者などに相談する

これらを最低限守っていただければ、工事に失敗する確率がぐっと下がります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

※急に電話がかかってくることはございませんのでご安心ください。稀に当サイトより確認のご連絡を差し上げる場合がございます。