三重県の外壁塗装・屋根塗装におすすめの業者ランキング!口コミ・評判で選ぶ優良業者7選

三重県の外壁塗装

三重県に住んでいる方で屋根や外壁の汚れ・色あせが気になっている方はいませんか?実はマイホームの外壁や屋根は10年ほどの周期でメンテナンスや補修が必要と言われており、きちんと塗装をしないと雨漏りやカビの原因になってしまいます。

しかし初めてマイホームをリフォームする方などは、どの業者に頼んで良いのか分からないですよね。また三重県に住んでいる方がどういった業者を利用しているのか気になる人も多いでしょう。

そこでこのページでは三重県に本社を置いているおすすめの外壁塗装・屋根塗装の業者を紹介していきます。またページの後半には2021年7月現在利用できる三重県の助成金などにも触れていくので、外壁塗装・屋根塗装を検討している方はそちらも参考にしてください。

三重県の外壁塗装・屋根塗装におすすめの業者

まずは三重県でおすすめできる外壁塗装・屋根塗装の業者を見ていきましょう。しかし一口に三重県の外壁塗装・屋根塗装業者と言ってもそれぞれ強みが異なるため、利用するべき業者は人によって異なります。

そこで業者を紹介する際には「〇〇という方には〜」といった形で誰に向いているかを先に説明するので、これから紹介する7つの業者の中から自身のニーズに近い業者を選びましょう。

Y tec

本社所在地 〒518-0833 三重県伊賀市緑ケ丘東町1021
電話番号 0595-41-0688
設立年度 1978年
許認可

保証期間の長い業者を利用したい、仕上がりとイメージ違いで後悔したくない、という方はY tec (ワイテック)を検討しましょう。

一般的な外壁塗装業者の保証年数は10年、長くても15年程度が相場ですが、ワイテックは塗料メーカーとのタイアップをおこなうことで、20年間という長期保証を可能にしています。

さらに塗料メーカーの20年保証に加えて、自社による7年保証の提供と2つの手厚い保証体制がワイテックのなによりの魅力です。

またワイテックでは実際に施工する住宅の画像を使ってカラーシミュレーションをおこなうため、好きな色と住宅の雰囲気が合わなかった・想像していた色味と違ったなどの、イメージ違いが起きる可能性は非常に低いと言えるでしょう。

ワイテックが気になった方は9時から18時までの間に0595-41-0688へかけてみましょう。なお時間内に電話を掛けるのが難しい場合は、ホームページのメールフォーラムから相談することも可能です。

リペイント匠

本社所在地 〒514-0061 三重県津市一身田上津部田1356-3
電話番号 0120-804-902
設立年度 2004年
許認可 (般-28)第15961号 塗装工事・とび

三重県内における施工実績や受賞歴で選ぶのであれば、リペイント匠は魅力的な選択肢になるでしょう。

リペイント匠はガイナ(耐久性に優れた人気塗料)塗料の施工実績は三重県内でもトップですし、過去には全日本ベスト塗装店や繁盛店プログラムでは、金賞や最優秀賞を受賞したこともあります。

またリペイント匠では、塗料と坪面積で費用が決まるプラン制と「こういった色で◯年もたせたい」といったニーズに沿って一から費用を計算するオーダーメイド制の2種類の料金形態を用意しており、費用の分かりやすさと施工の自由度が両立しているのは大きな特徴と言えるでしょう。

なお2021年6月現在、リペイント匠では同地域内で同日施工をすることで、8〜20万円ほど割引になる「友達割」キャンペーンを提供しています。

具体的にいくら割引になるかは状況にもよるため、まずは友人や家族と一緒に相談することから始めてみましょう。

平野塗装

本社所在地 〒510-0951 三重県四日市市小古曽東1-3-43
電話番号 059-329-5344
設立年度
許認可 三重県知事許可(般-2)第22468号

忙しくて現地調査や見積もりの時に同席できない、積極的にキャンペーンを提供している外壁塗装業者を利用したい、という方には平野塗装が良いでしょう。

平野塗装は図面や4面写真の送付、居住者不在での現地調査、郵送での見積もり依頼をおこなうことで、一切業者と直接会わずに契約を結ぶことができます。

そのため時間が取れない・塗装業者に一任したい・新型コロナウイルス感染予防のためになるべく人と会うのを避けている、といった方にはうってつけの業者と言えるでしょう。

また平野塗装では他の塗装業者にはない独特のキャンペーンを多く提供しており、2021年6月時点では、直接依頼による5%オフやソーラーパネルの無料設置キャンペーンを実施しています。

まずは平野塗装のホームページにアクセスして、フリーダイヤルやお問い合わせフォームから相談してみましょう。

大信建装

本社所在地 〒515-0354 三重県多気郡明和町行部328−9
電話番号 0120-116-145
設立年度
許認可

住宅が伊勢市・松坂市・鳥羽市・志摩市・南伊勢市・都会町・津市・四日市市・名古屋市にあるのであれば、大信建装も検討するべき業者と言えるでしょう。

大信建装は上記地域を中心に数多くの施工をおこなってきた総合リフォーム業者で、施工実績は2000棟を超えます。

また大信建装は下請け業者を一切利用しない、完全自社施工を取り入れているため、要望がスムーズに反映されやすい・中間マージンの分費用が安くなるのは嬉しいポイントと言えるでしょう。

なお大信建装のホームページでは、過去に施工を担当してきた物件が150件以上掲載されています。過去の施工実績から仕上がりのイメージを膨らませても良いですし、理想に近いものがあれば印刷して「こんな風にしてしてください」と頼むのもおすすめです。

アイライン

本社所在地 〒515-2516 三重県津市一志町田尻598-7オカノビル2F
電話番号 0120-829-476
設立年度
許認可

保証サービスの手厚さで外壁塗装の業者を選びたい・今すぐに外壁を塗装する必要がない(急いでいない)場合は、アイラインの利用を検討すると良いでしょう。

アイラインは塗装業者の中でも長めの15年保証を提供しており、日本住宅保証検査機構によるJIOリフォーム瑕疵保険に加入しているのがポイントです。

多くの外壁塗装業者は自社による塗替え保証サービスを提供していますが、「きちんと施工をおこなったから保証サービスは受けられない」と突っぱねられてしまうケースもありますし、そもそも保証を受けたい時に業者自体が倒産している可能性もあるのです。

その点JIOリフォーム瑕疵保険に加入していれば第三者機関による客観的な立場から保証を受けられますし、業者が倒産していたとしても問題なく保険を利用できます。

またアイラインでは外壁塗装のオフシーズンである冬や夏に施工を依頼すると、費用が10%オフになるキャンペーンをたびたび実施しており、うまく時期を選べば塗装にかかる費用を大幅に抑えることができるでしょう。

日塗建

本社所在地 〒514-0004 三重県津市栄町1丁目906
電話番号 059-271-6066
設立年度 2002(平成14)年9月18日
許認可 三重県知事(般30)15881号

小回りが効きやすくニーズが反映されやすい比較的小規模の塗装業者が気になっている、という方は日塗健も検討してみましょう。

日塗健は職人直営の自社施工にこだわる外壁・屋根・室内塗装、防水工事の専門店です。

自社施工では下請け・孫請けによる中間マージンが発生しませんし「この壁のこの部分はこうしてほしい」といった細かな要望もすぐに現場へ伝達されるというメリットがあります。

ただし小規模の業者ならではのデメリットとしては、大手業者並みの保証サービスは期待できない・工期が長期化する可能性がある、点が挙げられます。

特に工期に関してはホームページでも説明があり、天候や塗装面積によっては2週間以上かかる場合もあるでしょう。

そのため日塗建は施工を依頼する場合は、なるべく日程に余裕を持たせておくことをおすすめします。

歌川塗装店

本社所在地 〒515-0063 三重県松阪市大黒田町1445-2
電話番号 0598-30-5411
設立年度
許認可

津市や松阪市で多くの施工実績がある業者が気になっている、なるべく料金形態がわかりやすい塗装創業者を利用したい、という方には歌川塗装店をおすすめします。

歌川塗装店は三重県松阪市に本社を構える塗装専門店で、主に松阪市や津市を中心に施工を担当しています。

歌川塗装店の特筆するべきポイントは塗装料金のわかりやすさです。歌川塗装店のホームページの料金表では足場・シート・塗料ごとに1㎡あたりの施工単価が公開されており、塗る面積さえ分かっていれば見積もりを受ける前からおおまかな費用を計算することが可能です。

また歌川塗装店では外壁や屋根以外にも、破風板・軒天井・雨樋・雨戸・門扉の塗装にも対応しているため、マイホームで気になる部分があれば気軽に相談してみましょう。

三重県で利用できる独自の助成金

外壁塗装・屋根塗装の業者を選ぶ前に、住宅の管轄地域の助成金制度を調べておきましょう。助成金制度の金額は10〜50万円程度で利用できた場合は自己負担を大きく減らすことができます。

なお多くの助成金制度では外壁塗装・屋根塗装の着工前に申請が求められるため、まず助成金制度について確認してから業者へ相談するべきと言えます。

以下からは2021年7月時点で利用できる三重県の助成金制度の一部を紹介していきます。一部の制度は先着順であるため、なるべく早くチェックすることをおすすめします。

伊勢市店舗新築・住宅などリフォームなど促進事業補助金

補助対象の住宅 伊勢市内の住宅または店舗
補助対象の市民
  • 伊勢市に住民登録がある
  • 補助を受けようとする人
  • 同一世帯の全員が市区町村税を滞納していない
  • 過去にこの補助金の交付を受けていない
補助金額の上限
  • 住宅:10万円
  • 店舗:20万円
補助対象工事
  • 既存の同一棟の住宅または店舗などを増築する工事
  • 既存住宅若または店舗などの一部を解体し造り替える工事
  • 床面積を増やさずに住宅または店舗などの一部を修繕・補修・模様替えする工事
  • 更地に店舗を建築する工事
  • 既存の建物を全部解体し建築する工事
補助金額 住宅・店舗:工事費(税抜)の100分の10
受付期間 予算がなくなるまで
問合せ先 三重県伊勢市商工労政課
電話番号:0596-21-5512

北牟婁郡紀北町住宅リフォーム補助金

補助対象の住宅 北牟婁郡紀北町内の住宅
補助対象の市民
  • 町内に住所があり、居住している
  • 2019年4月30日時点で町税を滞納していない
  • 過去にこの補助金の交付を受けていない
  • 他の補助金などを受けていない
  • 補助を受けようとする方、同一世帯の方が暴力団員でない
補助金額の上限 10万円
補助対象工事
  • 床、壁、天井の張り替えや塗装などの内装工事
  • 建具、畳の取替え(張り替え、表替え及び裏返しを含む)
  • 屋根、外壁、雨どいの改修工事(軒天井、破風、鼻隠しに係る工事を含む)
  • キッチン、浴室、洗面室、トイレの工事(設備、器具は対象外)
  • 給排水、電気、ガスの設備工事(設備本体は対象外)
補助金額 工事費の1/2
受付期間 予算がなくなるまで
問合せ先 三重県北牟婁郡紀北町企画課
電話番号:0597-46-3113

三重郡朝日町既存住宅リフォーム工事補助

補助対象の住宅 三重郡朝日町内の個人住宅または併用住宅
補助対象の市民
  • 朝日町に住民登録があり対象となる住宅に居住している
  • 住宅の所有者を含む世帯員全員に町税などの滞納がない
  • 過去にこの補助金を受けていない
補助金額の上限 20万円
補助対象工事 個人住宅または併用住宅の機能の維持、向上のために行うリフォーム工事
(改修、修繕、一部増築、模様替えなど)
補助金額 工事費の1/2
受付期間 予算がなくなるまで
問合せ先 三重県三重郡朝日町産業建設課
電話番号:059-377-5658

三重県のリフォーム費用相場

価格.comの外壁塗装・外壁リフォームの費用・相場によると、リフォーム費用の相場は約51〜120万円程度であり、分布としては50万円以下が21.3%、51〜120万円が32.1%、121万円以上が46.6%です。

おおよそ半分近くの方が外壁塗装・屋根塗装に120万円以上を掛けている計算になりますが、100万円を超える施工は全国的に見てもやや高く、機能的な塗料を使っている・延床面積が広いケースが考えられます。

うまくキャンペーンや助成金制度を使えば40万円ほどで外壁塗装を終わらせることも可能であるため、情報はきちんと集めておきましょう。

三重県の外壁塗装・屋根塗装が必要な戸建て件数

平成30年度における総務省の住宅・土地の統計調査結果は下記の通りです。

世帯数 72万件
持ち家率 72%
取引件数 861件

三重県は世帯数72万件に対して持ち家率が72%となっています。なお三重県は中部から近畿にかけての地方(岐阜県・静岡県・愛知県・三重県・滋賀県)での持ち家率は決して低いほうではありませんが、三重県自体の世帯数が少ないため必然的に取引件数も控えめです。

三重県の外壁塗装・屋根塗装の気候条件

三重県(津市)の平均気温の年間推移(2020年)

気温(℃)
1月 8.3℃
2月 7.5℃
3月 10.4℃
4月 13.1℃
5月 20.2℃
6月 24.3℃
7月 25.2℃
8月 29.8℃
9月 25.0℃
10月 18.2℃
11月 14.2℃
12月 8.4℃

三重県(津市)の降水量の年間推移(2020年)

降水量(mm)
1月 65.0mm
2月 44.0mm
3月 128.0mm
4月 153.5mm
5月 143.5mm
6月 220.0mm
7月 318.0mm
8月 96.0mm
9月 250.5mm
10月 343.0mm
11月 20.0mm
12月 5.5mm

三重県(津市)の湿度の年間推移(2020年)

湿度(%)
1月 59%
2月 57%
3月 58%
4月 52%
5月 63%
6月 68%
7月 78%
8月 67%
9月 71%
10月 63%
11月 60%
12月 57%

三重県(津市)の日照時間の年間推移(2020年)

日照時間(h)
1月 138.1h
2月 165.8h
3月 196.4h
4月 236.1h
5月 213.6h
6月 157.1h
7月 86.1h
8月 289.0h
9月 134.8h
10月 188.2h
11月 182.1h
12月 187.2h

三重県の外壁塗装・屋根塗装におすすめの季節とは?

外壁塗装・屋根塗装をスムーズに終わらせるためには、依頼するタイミングが重要です。というのも外壁塗装・屋根塗装は屋外での作業になるため悪天候時は工事が中断してしまいます。

以下に三重県津市の3ヶ月ごとの気温・降水量・湿度・日照時間をまとめました。施工を依頼する際の参考にしてください。

春(3〜5月)

3月〜5月の平均値
気温:14.6℃
降水量:425mm
湿度:58%
日照時間:646.1h
三重県において外壁塗装・屋根塗装に最も向いている時期は春(3〜5月)です。日照時間は1年の中で最も長く、雪が降る冬を除けば降水量も最小です。

ただし外壁塗装・屋根塗装に向いているシーズンだからこそ多くの業者に依頼が殺到しやすく、職人が10人以下の比較的小規模の業者などでは依頼自体を断られてしまう可能性も高いです。

利用したい業者が決まっている場合は、なるべく早く業者へ連絡することをおすすめします。

夏(6〜8月)

6月〜8月の平均値
気温:26.4℃
降水量:634mm
湿度:71%
日照時間:532.2h
外壁塗装・屋根塗装にあまり向いていないシーズンとしては、夏(6〜8月)も挙げられます。なぜなら夏は台風や梅雨の影響で降水量が多い上に、猛暑日などは屋外での作業に向いている気候ではないからです。

特に7月の梅雨付近に施工を依頼してしまうと、工期が1週間2週間伸びてしまうケースも考えられます。時間に余裕がある場合を除いて施工の依頼は避けた方が良いでしょう。

秋(9〜11月)

9月〜11月の平均値
気温:19.1℃
降水量:613.5mm
湿度:65%
日照時間:505.1h
外壁塗装・屋根塗装に向いている季節の1つとしては秋(9〜11月)も挙げられます。上記のデータは2020年度のものであり秋口にも雨が多い年でしたが、本来であれば降水量はもっと少なく、天候が原因で工期が伸びることはないでしょう。

また春と違って依頼が殺到するシーズンでもないため、業者へ依頼しやすいというメリットもあります。もし夏頃にこのページを見ているのであれば秋頃を目安に施工を依頼しましょう。

冬(12〜2月)

12〜2月の平均値
気温:8.3℃
降水量:172mm
湿度:59%
日照時間:450h

外壁塗装・屋根塗装に最も向いていないシーズンは冬(12〜2月)です。一見降水量は少なめですがその分冬は雪が降るため夏以上に天候に恵まれない日が多いからです。また氷点下付近まで冷え込んでしまうと施工後の塗膜が割れてしまうケースも多く、外壁塗装・屋根塗装の施工自体に不向きな季節と言えるでしょう。

なお冬は施工依頼の受付をストップしている業者もあるため、依頼する際には注意が必要です。

三重県の外壁塗装・屋根塗業者を探す時の注意点

このページでは主に三重県でおすすめできる外壁塗装・屋根塗装業者を紹介してきましたが、中にはもっと自分でも業者を探したい・複数の業者の中から選びかねているという方も多いでしょう。

そこでここからは三重県で外壁塗装・屋根塗装を依頼するにあたって、押さえておきたいポイントを紹介していきます。外壁塗装・屋根塗装の業者選びで後悔したくない人はぜひ参考にしてください。

複数社の見積もりを比較する

外壁塗装・屋根塗装の業者選びで後悔しないために、必ずやっておきたいのが複数の業者で見積もりを取ることです。複数の業者で見積もりを取ることを相見積もりと呼びますが、相見積もりを取らないと業者が提示してくる料金が相場に合っているかどうかが分かりません。

基本的に見積もりや外壁診断で費用が発生することはないため、少しでも気になる業者があれば見積もりを取るクセをつけておくと良いでしょう。ただし外壁塗装の際には立ち会いが求められる場合があり、予定の調整には注意がひるようです。

資格・建設業許可を保有している

外壁塗装・屋根塗装の業者を選ぶ際には、業者に在籍している職人が持っている資格や業者が建設業許可を取得しているかは確認した方が良いでしょう。

例えば塗装の最高資格である1級塗装技能士を取得するためには7年の実務経験が必要ですし、学科と実技の両方の試験をパスしなければなりません。そのため1級塗装技能士が所属している業者は限られてしまいますが、高品質な仕上がりが期待できます。

また無許可の業者=信頼できない業者というわけではありませんが、県からきちんと認定を受けている業者(建設業許可を取得している)の方が信頼度は高いです。

資格や許可の有無はホームセンターの会社概要・会社案内などに記載されているため、気になる方はチェックしてみましょう。

複数社の見積もりを詳細までチェックして比較

外壁塗装・屋根塗装の業者を選ぶ際に相見積もりが重要であることは説明したとおりですが、見積書は細部までしっかりと見比べましょう。見積書の記載方法は業者によって異なりますし、業者が想定している条件が違う場合は単純な比較ができないからです。

なお大抵の見積書では工程ごとに「〇〇/□m 50,000円」といった形で料金が記載されていますが、ごくたまに一式としか記載しない業者もあります。信頼度という観点からそういった業者は避けた方が良いでしょう。

実際の塗装現場の様子を確認する

外壁塗装・屋根塗装の業者を選ぶ際には、過去に施工をおこなった塗装の現場を見にいくのも参考になるでしょう。多くの外壁塗装・屋根塗装の業者は自社のホームページにて施工実績を写真付きで掲載していますが、やはり直接見た方がイメージも湧きやすくなりますし、経年変化の具合も確認できます。

なお実際の物件を見にいく時間がない・プライバシー保護が理由で詳しい住所を教えてもらえなかった、という方は外壁塗装・屋根塗装の業者が展開しているショールームへいくのおすすめです。

このページで紹介してきた業者の多くは三重県に最大3つほどのショールームを展開していますが、中でも大信建装では三重県でも最大規模のショールームを開いており、ホームページから来店予約をするとQUOカードがもらえるキャンペーンを実施しています。

他にもクオカードプレゼントのキャンペーンをおこなっている業者は多く、見積もりついでに多くのショールームを回ってみるのも良いでしょう。

保証条件・瑕疵保険への加入の有無をチェック

外壁塗装・屋根塗装の業者を選ぶ際には、提供している保証サービスの内容や瑕疵保険に加入しているかどうかもチェックしておきましょう。

というのも多くの外壁塗装・屋根塗装業者は5〜10年程度の塗装保証サービスを提供していますが、具体的な保証期間は業者によって異なりますし、耐用年数が短いアクリル・ウレタン塗料を利用すると保証期間が短くなってしまうケースが多いからです。

また塗装業者による自社保証はカバーしている範囲が狭く、業者が倒産してしまった場合は利用できなくなるというリスクを抱えています。そのためなるべく第三者による保証が受けられる保険に加入している業者を選ぶと良いでしょう。

このページで紹介した業社の中では、アイラインなどが住宅瑕疵担保責任保険法人日本住宅保証検査機構のJIOリフォームかし保険に加入しており、施工ミス・塗料の飛び散り・工事中の事故や事件による被害についても賠償が受けられます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

※急に電話がかかってくることはございませんのでご安心ください。稀に当サイトより確認のご連絡を差し上げる場合がございます。