宮城県の外壁塗装・屋根塗装におすすめの業者ランキング!口コミ・評判で選ぶ優良業者5選

宮城県の外壁塗装・屋根塗装におすすめの業者ランキング|評判・費用相場や補助金・助成金・時期目安を紹介

宮城県で外壁塗装や屋根塗装を依頼しようと思っても「どこの業者に依頼するのが1番なの?」と疑問に思ってしまう人が多いですよね。

外壁塗装や屋根塗装の業者は、施工実績や塗装費用がバラバラに設定されている為、適当な業者を選ぶと大失敗してしまいます。

今回は、宮城県でおすすめの外壁塗装・屋根塗装の業者を紹介します。

おすすめの業者だけでなく、宮城県の塗装に適している時期や費用相場も詳しく解説するので「万全な状態で塗装したい!」という人は必見です。

費用面での問題を解決してくれる助成金や補助金も説明するので、これから宮城県で外壁塗装を依頼する予定の人は参考にしてください。

人気の外壁塗装業者おすすめランキング!口コミ・評判や料金相場・独自サービスを比較

宮城県の外壁塗装・屋根塗装におすすめの業者

宮城県のおすすめ外壁塗装・屋根塗装業者をまとめました。

  • 鬼澤塗装店
  • マイペイント宮城
  • トップテクサービス
  • 街のリフォーム屋さん
  • 多賀城塗装工業株式会社

今回紹介するおすすめ業者は、メリットポイントがそれぞれ異なるので、自分の依頼内容に上手く活用できるか把握しながら見比べてください。

また、塗装依頼する場所によって費用が高くなる可能性もあるので、塗装業者から自宅までの距離が遠くて費用面が気になるという人は、直接お問い合わせしてみてください。

鬼澤塗装店

鬼澤塗装店

住所 [仙台南店]
〒 982-0251 宮城県仙台市太白区茂庭字中ノ瀬東1-1
[仙台青葉店]
〒 981-3213 宮城県仙台市泉区南中山2-12-2
電話番号 仙台南店]
フリーダイヤル:0120-300-373(022-397-9323)
[仙台青葉店]
フリーダイヤル:0120-153-008(022-779-5542)
設立 1945年 (有限会社鬼澤塗装店)
許認可

宮城県内で最もおすすめの外壁塗装会社は鬼澤塗装店です。鬼澤塗装店は仙台市を中心に数多くの外壁・屋根塗装を請け負っている塗装専門店であり、掲載されている実績数だけでも1000件を超えています。

また鬼澤塗装店は国家資格である一級塗装技能士が施工を担当しており、最大10年間の長期保証を受けることができます。

さらに料金は月々1万円からの分割払いに対応しているためまとまったお金がない、という方には特におすすめの塗装会社と言えるでしょう。

マイペイント宮城

マイペイント宮城

住所 宮城県名取市本郷二間橋117
電話番号 0120-1020-17
設立 1999年2月
許認可

宮城県内でおすすめの塗装会社としては、マイペイント宮城も挙げられます。

マイペイント宮城はコストパフォーマンスの良さが魅力の一つであり、診断・見積もり・相談に一才の料金が掛かりません。

また公式ホームページには今まで手がけてきた物件の写真と料金が記載されているため、おおよその料金が簡単にチェックできるのも嬉しいポイントと言えます。

トップテクサービス

トップテクサービス

住所 〒983-0821宮城県仙台市宮城野区岩切字余目南83-2
電話番号 022-396-7116
設立 1999年2月
許認可

安心安全で丁寧な仕事をしてもらいたい、と考えている方にはトップテクサービスも良いでしょう。

トップテクサービスは安全運転管理者制度を導入しており、運転管理実務経験を2年以上積んだ担当者が各ドライバーへ徹底的な安全運転の指導をおこなっています。

また施工前と施工後には必ず近所への挨拶をおこなうなど、近隣住民への配慮がしっかりしているのも見逃せないポイントと言えるでしょう。

なおトップテクサービスは定期的にキャンペーンをおこなっており、現在(2021年5月)では、3万円分のカタログギフトがもらえます。

街のリフォーム屋さん

街のリフォーム屋さん

住所 〒981-3124 宮城県仙台市泉区野村字新平山1-2 M-FACTORY 2F
電話番号 0120-341-853
設立 平成31年1月
許認可 ・宮城県知事 許可(般-1)第22016号
・二級建築士事務所… 登録申請中

屋根や外壁以外にも直したいところがあれば、街のリフォーム屋さんにまとめて頼むのもおすすめです。

街のリフォーム屋さんは外壁・屋根以外にも内装・水回り・断熱など、家全体のトータルリフォームに対応しており一括で依頼することができます。

なお街のリフォーム屋さんの主な対応エリアは仙台市(泉・青葉・太白・若林・宮城野)区・富谷市・塩釜市・多賀城市・利府町・大和町・色麻町・大崎市・古川ですが、エリア外であっても気軽に相談してみましょう。

多賀城塗装工業株式会社

多賀城塗装工業株式会社

住所 〒985-0852
宮城県多賀城市山王字西町浦62-4
電話番号 022-393-7726
設立 平成24年4月
許認可 宮城県知事 許可(般一29)第21438号

外壁塗装で絶対に後悔したくない、という方には多賀城塗装も良いでしょう。

というのも多賀城塗装は下塗りと1回目の上塗りをおこなった段階で注文者にチェックしてもらい、サインを受け取った後で2回目の上塗りに入ります

そのため仕上がりがイメージと全く違った…といったトラブルが起こらないのです。

ただし2021年5月現在、ホームページのよくある質問が全て「回答準備中です」となっており、見積もり費用・支払い方法・工期などの情報が確認できません。

多賀城塗装を利用する場合は、きちんと問い合わせることをおすすめします。

宮城県で利用できる独自の助成金

外壁塗装・屋根塗装にかける予算に関して不安があるという人は、自治体が実施している助成金制度を利用しましょう。

これから宮城県で実施されている助成金制度を紹介します。

紹介している助成金制度の中で受付期限が変更されていたり、条件が変更されたりする可能性もあるので、詳しい内容を知りたいという人は各自治体に直接お問い合わせしてください。

岩沼市住宅リフォーム助成事業

補助対象の住宅 岩沼市内の住宅
補助対象の市民
  • 岩沼市に住民登録をしている
  • 対象住宅に居住している
  • 市民税などを滞納していない
  • 過去に岩沼市住宅リフォーム助成事業を受けていない
補助金額の上限 1件につき10万円
補助対象工事
  • く体※1の改修
  • 建具やサッシ工事
  • 間取りの変更や増改築工事
  • 内装工事(畳の入れ替え・断熱工事など)
  • 外装工事(屋根及び外壁塗装工事・断熱工事など)
  • 断熱材や断熱サッシの導入に伴う工事
  • 災害対策工事(風雪に伴う雪止め・雨どいの施工など)
  • ※1 建物の構造体のこと。基礎・壁・柱・床材など

加美町住宅リフォーム助成事業助成金

補助対象の住宅 加美町内の住宅
補助対象の市民
  • 加美町に住民登録がある
  • 町税を滞納していない
補助金額の上限 5万円
補助対象工事
  • 住宅の修繕
  • 改修
  • 模様替
  • バリアフリー化の工事
  • ※工事費用の10分の1

黒川郡大郷町住宅リフォーム助成

補助対象の住宅 黒川郡大郷町内の住宅
補助対象の市民
  • 大郷町内に住宅を所有し、引き続き居住するためにリフォームをする
  • 大郷町内の空き家等を購入または賃借して居住のためにリフォームをする
  • 大郷町内への転居を予定しており、5年以上居住する意思を持ってリフォームをする
補助金額の上限
  • 大郷町内の持ち家や賃借物件をリフォームする場合 10万円
  • 18歳未満の扶養家族が同居する場合 30万円
  • 町外居住者が大郷町内への転居を予定している場合 50万円
補助対象工事 基礎・土台・修繕・補強・外壁・屋根・内壁・天井・床・庇・樋・修繕工事・給排水・換気・電気・ガス・通信・間取り・増築・玄関・居室・台所・洗面所・浴室・便所・建具

宮城県のリフォーム費用相場

宮城県のリフォーム費用相場は70万円~100万円になっています。

青森や岩手件に比べて、リフォーム費用が高くなっています。

しかし住宅の購入する平均価格は東京の10分の1となっているので、全国クラスで考えると比較的住宅を購入しやすい地域です。

宮城県の住宅は面積が広い所もあるので、一括リフォームしているケースも多いので単純に費用が高いとは言えません。

宮城県の外壁塗装・屋根塗装が必要な戸建て件数

総務省が調査した住宅・土地統計調査のまとめが下記の通りです。

世帯数 108万9000
持ち家率 58.10%
取引件数 1175件

宮城県の持ち家率が約5割となっており、隣の青森県に比べて持ち家率が低くなっています。

しかし世帯数は108万件と多く、賃貸契約している人が多いことがわかります。

取引件数が1175件になっているので、今後外壁塗装・屋根塗装が必要な物件がでてくると予想できます。

宮城県の外壁塗装・屋根塗装の気候条件

外壁塗装には適切な気候条件が決まっており、地域によって塗装に適している時期が若干異なります。

温度 15~30℃
湿度 85%未満

宮城は東北なので、積雪量が多くなる時期もあり塗装を行えない季節もあります。

塗装の時期によって費用をなるべく安く抑えることもできるので、適切な時期を知る為にもしっかりみていきましょう。

宮城県の平均気温の年間推移(2020年)

気温(℃)
1月 4.0℃
2月 4.4℃
3月 7.5℃
4月 10.1℃
5月 16.8℃
6月 21.2℃
7月 21.3℃
8月 26.6℃
9月 22.5℃
10月 15.6℃
11月 10.8℃
12月 3.9℃

宮城県の降水量の年間推移(2020年)

降水量(mm)
1月 126.5mm
2月 19.5mm
3月 45.5mm
4月 153.5mm
5月 105.5mm
6月 43.5mm
7月 397.5mm
8月 72.5mm
9月 191.5mm
10月 63.0mm
11月 7.0mm
12月 21.5mm

宮城県の湿度の年間推移(2020年)

湿度(%)
1月 69%
2月 67%
3月 64%
4月 64%
5月 71%
6月 77%
7月 92%
8月 81%
9月 82%
10月 74%
11月 68%
12月 74%

宮城県の日照時間の年間推移(2020年)

日照時間(h)
1月 134.0h
2月 140.3h
3月 183.5h
4月 206.8h
5月 190.4h
6月 179.4h
7月 49.5h
8月 207.4h
9月 91.9h
10月 125.8h
11月 166.4h
12月 121.8h

宮城県の外壁塗装・屋根塗装におすすめの季節とは?

宮城県の気温・湿度・降水量の年間推移を紹介しましたが「実際におすすめの季節はいつなの?」と疑問に思いますよね。

これから、季節ごとに外壁塗装が最適であるのか説明します。

最適の時期も紹介するので参考にしてください。

春(3~5月)

3月~5月の平均値
気温 11.5℃
降水量 304.5mm
湿度 66%
日照時間 580.7h

宮城の春は東北地域ですが、気温が北海道程低くないので塗装を依頼することが可能です。

湿度も66%とちょうど良くなっているので、塗装依頼するのにおすすめのタイミングです。

夏(6月~8月)

6月~8月の平均値
気温 23.0℃
降水量 513.5mm
湿度 83%
日照時間 436.3h

夏の時期は湿度が高く、降水量も多いので塗装のベストタイミングではありません。

湿度が高いと塗装が上手く塗れないケースも出てくるので注意が必要です。

また降水量が513.5mmと多いので、雨などで作業が中断する可能性もあります。

秋(9月~11月)

9月~11月の平均値
気温 16.3℃
降水量 261.5mm
湿度 75%
日照時間 384.1h

宮城県の秋の季節は塗装のベストタイミングです。

気温が16℃と適温で湿度もさほど高くなく、降水量も少ないので作業の中断をさほど心配する必要がありません。

ただし11月になると積雪の問題が出てくるので、秋の季節といっても9月~10月が最適と把握しておきましょう。

冬(12月~2月)

12月~2月の平均値
気温 4.6℃
降水量 173.0mm
湿度 68%
日照時間 430.4h

冬は気温が低く東北地方なので積雪の問題が出てる為、塗装依頼することは難しいです。

冬になる前にメンテナンスしてもらうか、春の時期まで待って依頼することをおすすめします。

緊急性の高いケースは、地域密着型の業者に相談して対応してもらえるか相談してみましょう。

宮城県の外壁塗装業者を探す時の注意点

これまで宮城県のおすすめの外壁塗装業者を紹介してきましたが、もっと自分で探したい・紹介した業者の中で迷っているという方もいるでしょう。

そこで次からは外壁塗装業者を選ぶ際に抑えておきたいポイントや、業者選びで後悔しないためのコツを解説していきます。

すぐにチェックできるものから、高い効果があるものまで幅広く解説していくので、ぜひ参考にしてください。

複数社の見積もりを比較する

外壁塗装業者で後悔しやすいポイントの一つは、価格が挙げられます。

特に外壁塗装は業者によって価格が大きく異なるため、こっちの業者にすれば10万円以上お得だった…というケースも多いのです。

価格で後悔しないためにも、契約する前に必ず複数の業者で相見積もりを取りましょう

最近はメールやLINEで見積もりが取れる業者も増えているため、気になる業者があれば片っ端から見積もりを取っておくことをおすすめします。

資格・建設業許可を保有している

いくつか気になる外壁塗装業者をピックアップしたら、ホームページをチェックしましょう。

大抵のホームページでは受注実績・対応エリア・施工の流れなどが紹介されていますが、特に確認しておきたいのは会社案内にある資格・建設業許可です。

例えばこのページで紹介した業者の中ではトップテクサービスが資格・建設業許可について詳しく記載しており、社内に1級塗装技能士・有機溶剤作業主任者・足場の組み立て等作業主任者がいることが分かります。

資格・建設業許可の記載がない塗装業者=悪い塗装業者という訳ではありませんが、品質を推し量る基準の一つにはなるでしょう。

複数社の見積もりを詳細までチェックして比較

契約する前に相見積もりを取るべきであることは説明したとおりですが、見積書の比較にもコツがあります。

見積書の総計だけを見る人も多いのですが、必ず細部の詳細までチェックしてください。

なぜなら見積書の書き方は塗装業者によって違うため、項目まできちんと合わせないと正確な値段を比較できないからです。

特に現場までの交通費や駐車場代などは見積書に含まれていないケースも多いため、入念な確認が必要と言えるでしょう。

実際の塗装現場の様子を確認する

塗装業者を決めかねている場合は、実際に塗装している現場を見せてもらうのも一手です。

塗装現場を見れば作業の内容がよく分かりますし、仕上がりのイメージも掴みやすくなるでしょう。

しかし塗装の現場は他人の敷地内ですし、不躾に見ていると作業の邪魔になってしまいます。

そのため可能であれば見せて欲しい、というスタンスで頼むことをおすすめします。

保証条件・瑕疵保険への加入の有無をチェック

塗装業者を選ぶ際には、保険や保証の条件もチェックしておきましょう。

例えば鬼澤塗装店や街のリフォーム屋さんなどは、10年間の品質保証が付いているため、何かトラブルがあった際にも安心です。

他にも独自の保険に加入している業者もあるため、契約前に聞いておくと良いでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

※急に電話がかかってくることはございませんのでご安心ください。稀に当サイトより確認のご連絡を差し上げる場合がございます。