ポーチリフォームの相場はいくら?費用とリフォームが必要なタイミング徹底解説

ポーチリフォームの相場はいくら?費用とリフォームが必要なタイミング徹底解説

玄関ポーチは家の印象を決定づける要素の1つです。

決して広い空間ではないですが、家と外を繋ぐ一本の道なのでデザイン性と機能性を兼ね備えたポーチリフォームを行いましょう。

玄関ポーチはこだわりすぎてもいいぐらいです!範囲も広くないのでこだわっても費用を抑えることが出来ます。

塗装工事の見積もりをネットで比較する
※急に電話がかかってくることはございませんのでご安心ください。稀に当サイトより確認のご連絡を差し上げる場合がございます。
流れ

玄関ポーチは家のイメージを決める

玄関ポーチとは玄関前の空間

家の玄関前で庇に覆われた部分を玄関ポーチと言います。

家の外観部でも外壁と同じくらい目立つ部分なので、玄関ポーチのデザインが家のイメージを決めるといっても過言ではありません。

そのため、生活スタイルに合わせて玄関ポーチを作りましょう。

玄関ポーチのリフォームにかかる費用は5万円~80万円

玄関ポーチのリフォームにかかる費用は5万円~80万円

玄関ポーチのリフォームにかかる費用は工事の内容によって大きく変わります。

費用毎に出来る工事を解説していきます。

使う材料や依頼する工事業者によっては費用が異なりますので、参考にしてください。

10万円未満で出来るポーチリフォーム

玄関ポーチのタイル部分を張り替えることが出来ます。

タイルではなく天然石やデザイン性が高いもの機能面が優れているものを選べば費用は10万円を超す場合も珍しくありません。

基本的には、汚れが目立ちにくく汚れにくい素材を選びましょう。

10万円~20万円で出来るポーチリフォーム

手すりやスロープを設置することが出来ます。

若いころは気にならなかった玄関ポーチの階段が年齢を重ねていって辛さを感じ始めて、設置する人が多くいます。

家の中をバリアフリー化する際は家への出入りである玄関もバリアフリー化する必要があります。

20万円~50万円で出来るポーチリフォーム

庇のリフォームをすることが出来ます。

風雨や雪などの自然に常にさらされているため玄関ポーチのなかでもっとも損傷が激しく、補修や交換が最初に必要になる場合が多いです。

庇と一言で言っても、デザイン性が高い物からシンプルだか機能面が高い物まで多種多様なものがあります。

50万円以上で出来るポーチリフォーム

ここまで紹介してきた玄関リフォームに加えて軒先の交換をすることが出来ます。

古くなっている個所を部分的に補修するか、腐食やカビなどで全て交換をしなければいけないのかによって、費用は大きく変わります。

DIYなどですることが出来ないので、まずはプロの工事業者に相談をして見積もりを出してもらいましょう。

ポーチリフォームが必要なタイミング4パターン

ポーチリフォームが必要なタイミング4パターン

ポーチリフォームが必要なタイミングについて解説をしていきます。

利便性を求めてリフォームをしようと考えたときには、すでに腐食やカビが繁殖してしまい想像していたよりも、費用が高額になってしまうケースが多くあります。

そうならないためにもこれから紹介する4パターンをしっかりと確認して、当てはまる箇所があったならば、ポーチリフォームをしましょう。

玄関ポーチが腐食している時

玄関ポーチの中でも最も目立つ支柱は経年劣化や、太陽光に含まれる紫外線の影響で塗装が剥がれてしまいます。

塗装が剥がれた箇所から薄いが侵入することでカビやコケの繁殖・腐食の原因となります。

掃除をしてもカビやコケガ取れなくなってしまっている場合もポーチリフォームを検討しましょう。

庇の軒天が腐食している時

庇は玄関を風雨から守ってくれている部分で屋根と同じように長時間、太陽光にあたるため腐食しやすいです。

特に、木造住宅や古い家屋の場合の庇はベニヤ板に塗装をしたものを代用している可能性があるため、部分的にでも腐食してしまっていたら新品にする必要があるため、費用が一気に高額になります。

ケレン作業とは?4つの種類と必要な道具・費用相場について分かりやすく解説

タイルが割れる・欠けている時

長期間利用しているとタイルが割れたり部分的に欠けてしまいます。

ひび割れや小さな欠けでも雨は侵入することが出来るので、基礎部分に雨が侵入することでポーチ全体がもろくなってしまいます。

また、足を引っかけてしまったりバランスを崩すことで転倒事故につながる恐れがあります。

タイルが摩耗している時

玄関ポーチは家の中でも人の出入りが頻繁に行われるため、タイルが摩耗しやすいです。

摩耗したタイルは滑りやすくなってしまうので、ひび割れ・欠け同様に転倒事故につながる恐れがあります。

ポーチリフォームの種類

ポーチリフォームの種類

ここまで、費用毎に出来る玄関ポーチリフォームを紹介してきました。

ここでは玄関ポーチリフォームの種類について紹介します。

耐用年数に近くなってきたからリフォームを考えているのか、見た目をよくするためにリフォームを考えているのか、機能面を向上させたくてリフォームを考えているのか、それぞれの考え方の参考にしてください。

タイル張替えリフォーム

玄関ポーチのタイル部分だけのリフォームです。

玄関の雰囲気を変えることも、滑りにくい機能を追加することも出来ます。

タイル部分だけのリフォームでも家の印象を大きく変えることが可能です。

外壁はタイル張りがおすすめ?モルタル・サイディングなどの外壁材と比較したメリット・デメリット

庇交換リフォーム

玄関ポーチリフォームの中で、庇交換リフォームが最も人気のリフォームです。

庇は劣化が激しく必要に迫られてリフォームするだけでなく、家の外観を変えることを目的としてリフォームをする人が多くいます。

庇交換リフォームの場合は足場の設置が必要なため、庇だけのリフォームではなく外壁や屋根の工事をする際にまとめてすることで費用を抑えることが出来ます。

バリアフリーリフォーム

20代や30代で新築で買ったときは全く気にならなくても、加齢とともに玄関の位置が少し高いだけで負担になります。

親の介護などが必要になった時に玄関の位置が少し高いのはお年寄りにとってとても危険です。

階段に手すりを付けるのではなく、スロープを新設して手すりを付けるリフォームがおすすめです。

ポーチリフォームで費用を抑える方法

ポーチリフォームで費用を抑える方法

玄関ポーチの費用を抑えるには、安価なタイルや材料費を抑えることで合計でかかる費用を安くすることが出来ますが、費用が安くても満足のいかないリフォームになってしまっては元も子もないです。

そのため、予算と目的に合わせたリフォームを行うようにしましょう。

満足がいかなくて、再度リフォームをして余計に出費が増えてしまうことがよくあります。

リフォーム業者選びに力を入れる

同じ工事を依頼しても、工事業者によって工事費用は大きく変わります。

特に誰もが知っているような大手のリフォーム業者は費用が高く、地元に根付いているような小規模な会社では費用が安くなる傾向があります。

しかし、小規模な会社の場合は職人の技術力に差があるためリフォームを運任せに依頼するような形になってしまう恐れがあります。

複数の業者から見積もりを貰って相見積もりをするか、見積もり一括サイトを利用して費用が安い業者の中から信頼できる業者に依頼をするようにしましょう。

外壁修理は業者に頼むべき?部位別の修理方法やかかる費用・業者選びのポイントを解説

DIYで対応する

タイルのひび割れや欠けをDIYで補償することで、寿命を延ばすことが出来ます。

対応できるひび割れは1㎝以内までで割れが浅いものだけです。

これ以上の広範囲のひび割れや割れが深いものは、下地の確認が必要なので、DIYではなくプロの業者に依頼をするようにしましょう。

外壁修理・補修をDIYで行うメリット・デメリットと補修工事の方法を徹底解説

準備しておくもの

DIYするのに必要なものは次の6点です。

工具は高いため必要最低限だけに準備するようにしましょう。

費用を抑えるためにDIYをするのに、工具の購入でかえって費用が高くなってしまいます。

  • 洗剤
  • ブラシ
  • 養生テープ
  • タイル補修キット
  • ブルーシート
  • ゴム手袋
  • サンドペーパー

補修の流れ

補修の流れを説明します、以下の8ステップで補修することが出来ます。

タイルの補修をする際は、周りが汚れやすいので注意しながら作業をするようにしましょう。

成功を左右するのはしっかりと乾燥をさせたかどうかです。

  1. タイルを洗剤とブラシを使って汚れを落とし、しっかりと乾燥させる
  2. 汚れを防ぐために、修理する部分以外にブルーシートを敷く
  3. タイル補修する場所以外に養生テープを貼り付ける
  4. パテを混ぜて補修するタイルと同じ色にする
  5. ひび部分にパテを塗り込む
  6. パテを乾燥さえる(1時間を目安に)
  7. サンドペーパーで平らに整える

他の工事をまとめてする

玄関ポーチのリフォームだけでなく、玄関ドアのリフォームや外壁塗装などを一緒にすることで結果的に合計でかかる費用を抑えることが出来ます。

庇の交換・外壁塗装で共通するのはどちらも足場の設置が必要な点です、足場の設置には10万円~20万円という高額な費用がかかるので、一致足場を設置し同時に工事をすることで、結果としてかかる費用を抑えることが出来ます。

また、同じ業者に全ての工事を依頼することで、値引きをしてくれる業者もいます。

玄関ドアの塗装は業者へ依頼するのがおすすめ!費用相場と工期・塗装の流れを分かりやすく解説

ポーチリフォームをして家の外観を綺麗にしよう

その家のイメージを決定づける要素の一つである玄関ポーチ。

玄関ポーチをリフォームして綺麗にすることで、「帰りたくなる」「誰かを招きたくなる」そんな家を作ることが出来ます。

ここまで読んだあなたなら玄関ポーチリフォームのほとんど理解することが出来ています!

見積もりを取って玄関ポーチのリフォームをしましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

塗装工事の見積もりをネットで比較する
※急に電話がかかってくることはございませんのでご安心ください。稀に当サイトより確認のご連絡を差し上げる場合がございます。
流れ