プライマー塗装とは?工事の役割と塗料の種類・注意点を徹底解説

プライマー塗装

一般的に塗装では、下塗り・中塗り・上塗りの3層に分けて行い、それぞれの用途で特徴の異なる塗料を使い分けることによって、強度や定着性を高めています。

下塗りでは下地を整え、中塗り・上塗りの重ね塗りで耐久性を高めてムラのない均一な塗膜を作ります。

基本的に3層ある塗装の工程で最初に行う塗装が、プライマー塗装です。

ご自宅の外壁や屋根の塗装を検討している方は、よく見かける「プライマー塗装」という言葉ですが、「なぜプライマーを塗装するか」知らない方も多くいます。

このページではプライマー塗装について紹介していきますので、しっかりと基礎知識を抑えて、安心して塗装工事を迎えましょう。

【2021年最新】外壁塗装の費用相場はいくら?坪数ごとの平均価格や見積もり依頼時の注意点を解説

塗装工事の見積もりをネットで比較する
※急に電話がかかってくることはございませんのでご安心ください。稀に当サイトより確認のご連絡を差し上げる場合がございます。
流れ

プライマー塗装とは?


塗装する際に、下塗りをせずに下地にそのまま本塗装をしてしまうと、下地の凹凸が完成後の塗膜にも現れ、綺麗な仕上がりにはなりません。

また、下地と塗料の定着性が低く強度が落ちてしまい、短期間で塗り直しの作業が必要となります。

そのため、塗装の行程では下地作りのプライマー塗装と中塗り・上塗りといった本塗りの工程で行います。

下塗りは塗装の基礎となる工程ですので、重要な役割を持ち丈夫な塗膜を作る上で欠かせない作業です。

業者に塗装を依頼する際は、プライマー塗装が行われるか確認しましょう。

プライマーの由来

プライマーは「最初の」「はじめての」という意味を持つ「primary」という言葉が由来で、塗装で最初の行程となる下塗り作業もプライマー塗装と呼ばれるようになりました。

下塗りの工程で使われる塗料はプライマーの他にもシーラーやフィーラーなどありますが、下塗りの工程を総称してプライマー塗装と言われています。

用途や下地の材質によって使用する塗料は異なりますが、基本的には下地を整え中塗りの塗料の定着性を高めるものです。

下塗りで使用する塗料に関わらず、塗装の工程で最初に行う塗装という意味で捉えておくと良いでしょう。

プライマー塗料の用途

プライマー塗装は外壁や屋根の塗装、プラモデルなど、塗装する工程で全般的に行う作業です。

プラモデルでは主に塗装の仕上がりの質を高めるためプライマー塗装を行いますが、外壁や屋根は綺麗な仕上がりに加えて、塗膜の強度を上げることも目的としています。

日差しや雨など様々な自然環境にさらされる外壁や屋根では、頑丈な塗膜が必要なためプライマー塗装は欠かせない作業です。

DIYで塗装する方も費用と時間がかかって大変ではありますが、必ずプライマー塗装を行いましょう。

プライマー塗装の役割

プライマー塗装は主に「仕上がりの質を高める」「塗膜の強度を高める」ために行う作業と紹介してきましたが、具体的にはどのような役割があるのでしょうか。

プライマー塗装は大きく分けて次の4つの役割があります。

  • 下地を整える
  • 上塗り塗料との密着性を高める
  • 塗料の吸い込みすぎを抑える
  • 上塗り塗料の発色を高める<

プライマー塗装が持つ役割を一つずつチェックしていきましょう。

下地を整える

塗装前の外壁や屋根は、老朽化や物が衝突したことが原因で傷やヒビなど凹凸があります。

どれほど大切に扱っていても、長時間自然環境にふれている影響で必ず凹凸はあります。

凹凸がある状態では塗料を均一に塗ることは極めて難しいため、目に見えるヒビや傷がない場合でも必ず下地を整えましょう。

塗装の工程では最初に大きなヒビや穴、金属部分の腐食などの修復作業を行い、次にプライマー塗装で小さな凹凸を整えます。

大きなヒビや穴、金属部分の腐食がない場合は修復作業を行わない場合がありますが、プライマー塗装は必ず必要です。

外壁塗装工事成功のために下地処理が一番重要?

上塗り塗料との密着性を高める

プライマー塗料には接着剤としての役割があります。

上塗り塗料を下地にそのまま塗ることもできますが、密着性が低く剥がれやすく塗膜が脆くなってしまいます。

そこで下地と上塗り塗料の密着性を高めるために行うのがプライマー塗料です。

プライマー塗料が上塗り塗料と下地を繋ぎ丈夫な塗膜を作り、外壁の持ちをよくします。

長期的な費用対効果を考えると、外壁塗装の回数を減らすことが大切です。

一見不要に思われる工程ですが、長い目で見ると欠かせない作業です。

塗料の吸い込みすぎを抑える

木材やコンクリート、鉄など下地の材料によって異なりますが下地は塗料を吸い込み、特に傷やヒビなど凹凸がある場所はスポンジのように塗料を吸い込んでしまいます。

下地が塗料を吸い込みすぎてしまうと厚みのある塗膜を作れません。

その結果、上塗り塗料の機能を十分に発揮できず、塗装が薄くなった箇所に不具合が発生してしまうこともあります。

プライマー塗料は粘着性が高いため下地に吸収されすぎず、下地の表面に膜を作ることで上塗り塗料が下地に吸収されることを防ぎます。

上塗り塗料の発色を高める

プライマー塗料は耐久性を高めるだけではなく、仕上がりの質を高めるためにも必要な工程です。

綺麗な仕上がりのためには、「下地の色が見えないこと」「塗料を均一の厚さで塗ること」が重要です。

例えば濃い色の下地の上に淡い色の塗料を塗ると淡い色が透けてしまいます。

プライマー塗料で下地の色を覆い隠し、上塗り塗料を均一に塗ることで塗料本来の発色を高め、色ムラのない塗膜が作れます。

プライマー塗装で綺麗な仕上がりを実現しましょう。

外壁塗装で人気の色ランキング!色選びのポイント・失敗しないコツ

プライマー塗料を使用する前に抑えるべきポイント

プライマー塗装のポイント

昨今のDIYブームもあって一般家庭で塗装をする機会も増えており、プライマー塗装もご自身で行えます。

プライマー塗装を行う場面は外壁や屋根の他にも、ベランダの手すりや自作のテーブルなど用途は様々です。

ただ塗装を行うのではなく、プライマー塗料本来の役割を発揮させるために2つのポイントを抑えて作業しましょう。

塗料はできる限り薄く塗る

プライマー塗装は上塗り塗料と下地の接着剤として、また、下地を整えるために行う作業です。

そのため厚塗りする必要はなく、できる限り薄く塗りましょう。

反対に厚く塗ってしまうとムラができてしまうので、塗っていて垂れない程度を目安に塗装します。

塗り方は刷毛を使用する場合もありますが、小物であればスプレー缶のプライマーが使用しやすく、おすすめです。

ただしスプレー缶タイプの方が、コストが高くなりますので注意しましょう。

粘着性に注意する

前述したとおりプライマー塗装は接着剤としての役割もありますので、とても粘着性が高いです。

そのため作業しているときに誤って塗りたくない場所に塗料がついてしまうとプライマー塗料を落とすのに苦労します。

また、プライマー塗料を塗った面にゴミやホコリがついてしまうと塗膜に凹凸ができしてしまいます。

塗装をする際は風のない日に屋外で行い塗装面の周りにマスキングをするなど、しっかりと対策をしましょう。

また、屋内で行い際は十分に換気をしながら行いましょう。

プライマー塗料は水性・油性を使い分ける

ペンキ塗料に水性と油性があるようにプライマー塗料にも水性と油性の2種類があります。

一般的には水性のプライマーは浸透性が低く下地の劣化が少ない場面に向いており、反対に油性は浸透性が高く下地の劣化が高い場面で使用します。

他にも水性と油性のプライマーでは異なる特徴をもっており使用する場面によって、適した塗料が異なります。

それぞれが持つ特徴について解説していきますのでチェックしましょう。

水性プライマーの特徴

水性のプライマーは浸透性の他にも扱いやすさが特徴です。

油性に比べるとサラサラしているため均一の厚さに塗りやすく、水性のため後始末が簡単で刷毛などの道具類の洗浄が楽に行えます。

また、塗料特有の匂いも比較的少ないため近隣住宅への影響が少ないでしょう。

水性のプライマーは扱いやすく塗りやすいため、初めてプライマー塗装を行う方やDIYで作業される方におすすめです。

ただし、金属へ塗装する際は錆びの原因となってしまうため使用できませんのでご注意ください。

油性プライマーの特徴

油性のプライマーは水性に比べて浸透性が高いので劣化が激しいものでも使用でき、比較的に長持ちします。

また、乾きやすいのも特徴で早いもので30分程度、遅くても1時間程度で乾くので作業効率を上げることができます。

しかし、高性能の反面、水性プライマーに比較すると価格が高く、粘土が高いため扱いが難しいのがデメリットです。

作業効率や取扱いの難しさから見て、DIYに慣れている方や塗装業者向きの塗料ともいえるでしょう。

用途ごとにプライマー塗料の性質をを使い分ける

プライマー塗料は、水性と油性の他にも優れた性質をもった種類があります。

最近では静電気の発生を抑える性質があるものなど種類は多様にありますので、使用場所や下地の材質によって使い分けると良いでしょう。

このページでは、代表的な特性として挙げられる「防錆用プライマー」「浸透性プライマー」の2つについて解説します。

ご自身の用途にあった最適な塗料を使用して長持ちする塗膜を作りましょう。

鉄には防錆用プライマーがおすすめ

防錆用プライマーは鉄部の下塗りに使用する塗料です。

主に鉄が錆びてしまうことを目的としている塗料ですので、すでに錆びてしまっている部分はサウンドペーパーなどで錆落としをしてから塗装することが必要です。

しかし最近は錆びの上から塗装することで、すでにある錆の上に保護膜をつくり錆の進行を食い止め、塗装後の錆びの進行も抑える塗料が開発されています。

やはり錆落としをしなくても使える塗料は単価が高いですが、作業を減らすことができるので、初めて塗装を行う方には作業のハードルを下げることができるでしょう。

コンクリートには浸透性プライマーがおすすめ

浸透性プライマーは一般的な油性プライマーより浸透性が高く、劣化した下地の奥深くまで浸透し補強します。

特にコンクリートやセメントなど塗料が浸透しにくい下地に向いている塗料です。

下地自体を補強するため、塗膜というよりは外壁など下地そのものを補強します。

補強材としての強みはありますが、もちろんプライマー塗装が持つ性能も兼ねているため1度の塗装で補強と下塗りが行える塗料です。

コンクリートにプライマー塗装を行う際は、おすすめの塗料です。

プライマー塗装を失敗せず依頼するコツ

プライマー塗装を失敗せず依頼するコツ

これまでプライマー塗装に関することを紹介してきましたが、実際に業者に依頼する際に具体的にどういったところを注意するべきでしょうか。

業者にプライマー塗装を依頼する前に抑えておくべきことポイントについて、以下の3点について解説します。

  • プライマー塗装の相場
  • 塗装業者の選び方
  • 費用を抑えるポイント

発注前に事前に確認し、基礎知識を抑えて工事を迎えましょう。

プライマー塗装の相場を事前に知っておく

プライマー塗装の依頼は主に外壁や屋根の塗装を依頼する方が多いです。

どちらも相場は平方メートルの単位で表し、相場は次のとおりです。

外壁塗装の場合プライマー塗装に掛かる費用の相場は、約600〜900円/平方メートル。

屋根の場合は、約600〜1,200円/平方メートルが相場です。

もちろん使用するプライマー塗料によって単価が異なりますので、あくまで目安の金額です。

プライマー塗装に関する見積もりでは「下塗り」と書かれていることや、中塗り・上塗りと併せて「塗装作業」とひとくくりに表示されていることもありますので、見積もりを依頼した際は内訳を確認しましょう。

【2021年最新】外壁塗装の費用相場はいくら?坪数ごとの平均価格や見積もり依頼時の注意点を解説

塗装業者は実績・資格で選ぶ

プライマー塗装に関して優良な業者を選ぶため、「施工実績を開示している」「資格を保有している」の2点に注意しましょう。

施工実績はこれまでの会社の活動経歴ですので、施工実績から会社が持つスキルや経験を知ることができます。

そのため、施工実績を公開している業者は工事の失敗やトラブルが少ない業者と言えるでしょう。

塗装の資格については特に保有していなくても開業できますが、資格を保有している業者は技術に関して一定のスキルを証明されているため、評価できるポイントです。

業者を選ぶ際は塗装技能士や外壁塗装劣化診断士などの資格を保有しているかチェックしましょう。

外壁塗装業者の選び方とは?どこに頼むのが正解?優良塗装会社を失敗せず選ぶコツ

費用は見積もり額の比較と相見積もりで抑える

プライマー塗装は業者や使用する塗料によって費用が異なります。

素人ではどのような塗料を使用すべきか判断が難しいため、複数の会社に相談してみるとよいでしょう。

複数の会社から聞いた意見をもとに最適な塗料を選択し、その内容で相見積もりを行いましょう。

工事の内容や費用を複数の会社で比較できると悪徳業者を避けることもできます。

あまりにも見積りが安すぎる業者は信頼性に欠けるため、前述した施工実績をもとに判断しましょう。

外壁塗装の見積もりの注意点とは?見積もりの安さだけで業者を選ぶのが危険な理由

プライマー塗装で長持ちする塗膜の生成が出来る

プライマー塗装は、綺麗な仕上がりと長持ちする塗膜を作るためには欠かせない工程です。

外壁や屋根ではプライマー塗装を行うかどうかで、数年後の発色や塗装の汚れが変わります。

また、専用の塗料を使用することで外壁や屋根自体の強度を高めることもできます。

塗装を業者に依頼する方はもちろん、DIYで作業される方も費用も時間も掛かりますが、頑丈な家づくりのために必ずプライマー塗装を行いましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

塗装工事の見積もりをネットで比較する
※急に電話がかかってくることはございませんのでご安心ください。稀に当サイトより確認のご連絡を差し上げる場合がございます。
流れ