外壁塗装は雨でもできる?雨天時の注意点を徹底解説

雨の中の外壁塗装工事は、日程也仕上がりにどのような影響があるのでしょうか。

そのような疑問を解決するために、今回は、雨での外壁塗装工事はどんな影響があるのか、雨天時の注意点を紹介していきます。

これから外壁塗装工事をしようと検討している方は是非参考にしてください!

人気の外壁塗装業者おすすめランキング!口コミ・評判や料金相場・独自サービスを比較

雨が降ったら作業は延期になる

雨が降っている場合に工事委をしてしまうと、塗装が長持ちしなくなってしまい早期に補修工事が必要になってしまうので、工事は延期になります。

理由は簡単で、雨が降っていると塗料が乾きにくくなってしまい下塗り、中塗り、上塗りがきれいにできないということがあるからです。

塗料は、防水効果や、紫外線から外壁を守る呼応化があるので、ここがしっかりすることが最も重要なのです。

しっかり乾かしてから上塗りしていかないと、何回も重ねて塗料を塗る意味がなくなってしまいます。

家を、塗料の効果を長持ちさせるために雨のときは工事をしてはいけないのです。

塗装以外の作業は中断されない

雨で塗料が乾かないといっても、雨が塗装の仕上がりに関係しない作業はありますよね。

そのような作業は天気が悪くもおこなうことができます。

雨が降ったらどんな作業でも延期になってしまうわけではないので安心してください。

基本的に塗装関係以外の作業は中断されることはないです。

具体的に、足場の設置や養生を張る作業は雨でもできるといえます。これらの作業に乾燥は必要ないですので、雨でも作業を進めることが可能なのです。

外壁塗装の足場にかかる費用・単価の相場はいくら?足場工事の費用目安と安く済ませる方法

雨天時でも外壁塗装を依頼できるケースはある?

雨が降ってきたら、基本的に外壁塗装工事は中止になります。

ただ、場合によっては雨天時でも塗装工事を決行できることがあります。

  • 気温が5℃超
  • 湿度が85%未満
  • 雨が外壁に当たらない

上記の条件を満たしていれば、理論上は塗装工事をおこなうことが可能です。

ただし、気温や湿度の変化は完璧に予想できませんし、万が一のことも考えると危険です。

少しでも雨が降った段階で、作業を一旦中断するのが賢いやり方だと考えられます。

雨が塗装工事に及ぼす影響

雨が塗装工事に及ぼす影響

雨が降ってしまうと工事の進み具合に影響してしまいます。

一般的に外壁塗装工事は雨季は避けられるのですが、どうしても「その時期じゃないと都合が合わない!」ということもあると思います。

雨が多い時期は工事が絶対にできないというわけではないのですが、不都合になってしまうことが多いです。

では、雨が降ってしまうと具体的にどのような影響があるのでしょうか。

スケジュールが読みにくくなる

雨はいつ降るかわかりませんよね。

そういう意味でスケジュールが読みにくくなってしまうと考えておきましょう。

外壁塗装工事には約10日ほど日にちが必要で、ただでさえスケジュール管理が難しいので、雨の影響はできるだけ避けたいというのが本音です。

さらに、雨季が多い時期に外壁塗装をしてしまうと工事が全く進まないこともありますから注意してください!

時間に余裕のある方はいいかもしれませんが、雨の多い時期は工事をオススメできません。特に6~7月は雨が多いです。

塗料が乾かなくなる

はじめにも言ったことですが、塗料が乾かないのでうまく塗装ができないということが考えられます。

外壁塗装は家を長持ちさせるためのものですので、塗装が一番大切な工程なのです。

ここをうまく仕上げないといけないので、雨で空気が湿っているときはなかなか難しい工事になってしまいます。

湿度が高まる

外壁塗装では、湿度が85%を超えると施工できないと言われています。

湿度があまりに高すぎる場合、塗装後の乾燥に時間がかかり、上手く密着しないケースがあります。

この状況で無理に塗装をしても、後で後悔するケースが多いです。

気温が下がる

気温が5℃を下回った場合、寒さで塗料の成分が変化する恐れがあります。

特に気温が低い場合は塗料が凍ってしまい、塗装できないケースもあります。

雨が降ったら追加料金が発生する?

外壁塗装の工期が雨で延長された場合、追加料金が発生する恐れがあります。

追加料金が発生するのは、雨が何度も降って工期が延長されるケースです。

予想よりも工期が長くなる場合は、足場の設置や高圧洗浄などを再度やらなければいけなくなるため、料金が高くなりがちです。

雨が降ったからといって必ずしも追加料金が発生する訳ではありませんが、工期は延長されるので注意が必要です。

【2021年最新】外壁塗装の費用相場はいくら?坪数ごとの平均価格や見積もり依頼時の注意点を解説

雨が降ってきた場合の塗装業者の正しい対応

雨が降ってきた場合の塗装業者の正しい対応

雨天時でも塗装業者が柔軟に対応してくれるケースがあります。

ただし、外壁塗装に使う塗料は性質が決まっているので、無理に雨天時に対応しようとすると、大失敗してしまう恐れがあります。

雨天時に塗装業者がすべき正しい対応とは、どのようなものなのでしょうか。

雨が降ったら作業をやめる

どんなに防水性の高い塗料を使っていても、雨の中では高いパフォーマンスを発揮できません。

塗料の速乾性や防水性は壁に密着した時の性能を指しており、作業中に雨が降れば、密着する前に流されてしまいます。

また、濡れた足場の上で作業をしても、良い結果には繋がりません。

雨天時はどんなに対策をしても通常通りの塗装はできないので、業者が作業を続けている場合は中断させましょう。

すぐに今後の対応を相談・共有する

雨で工期が1日でも伸びてしまったなら、すでに契約内容とのズレが生じているため、本来は顧客へすぐに相談をして対応を共有するのが理想的です。

もし業者のほうから共有がない場合は、依頼主の方から積極的に連絡をしましょう。

工期の日程はどのようになるのか、依頼主のほうで必要な対応はあるのかなどを、詳しく共有してもらいましょう。

雨が多い時期に外壁塗装を依頼するポイント

雨が多い時期に外壁塗装を依頼するポイント

雨が多くても工事をうまくいかせるために、押さえておくべきポイントがあるので紹介します。

依頼者も天候をチェックしておく

本来10日程度で終わる工事が1ヶ月かかってしまったなんてこともあります。

そのような結果にならないために天気には気を使いましょう。先の天気まで把握、予測できるのが理想です。

いまでは年間天気などもネットで見れますので、晴れの多い日を狙って工事を依頼しましょう。

優良業者を見つける

雨が降っても塗装を続けてしまう業者って結構多いのです。

このような業者は間違いなく悪徳業者ですので注意しましょう。

数ある業者の中から優良業者を見極めるのは簡単なことじゃないですが、できるだけ多くの業者をみてみることで優良業者に巡り会うことができますので実践してみてください。

業者の選び方についてはこちらの記事で詳しく説明していますので参考にしてください。

外壁塗装業者の選び方はどうすれば失敗しない?優良塗装会社を見極めて選ぶポイント

地域密着の業者に依頼する

地域密着業者の強みとして、すぐに駆け付けることができるという点があります。

雨の影響を受けて工事を中断していたとしても、病んだらすぐに工事再開できるのは大きなメリットですよね。

なるべくスケジュール通りにがいへき塗装工事を終わらせたいのであれば、地域密着の優良業者に依頼できるといいですよ。

雨が多い時期の塗装工事はおすすめしない

雨が多い時期に外壁塗装を依頼するのは、基本的におすすめしません。

そもそも外壁塗装は急いで依頼しなければならないものではないので、雨の時期をずらして確実に依頼しましょう。

もし、雨漏りや台風前に住宅を補強するために塗装を依頼したいなら、業者としっかり相談することをおすすめします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

※急に電話がかかってくることはございませんのでご安心ください。稀に当サイトより確認のご連絡を差し上げる場合がございます。