梅雨も外壁塗装はできる?塗装できるケースと注意点を解説

大雨の様子

梅雨の時期は雨が続き一年の中で最も雨漏りが発見しやすい時期です。

そのため早急に外壁塗装したくなる時期でもありますが、雨がふりやすい時期のため塗装工事をする方が少ない時期でもあります。

しかし、雨漏りを放置しておくと外壁の耐久性が悪くなるだけではなく、鉄骨や木材など骨組みの部分にも浸食し、建物の老朽化が進んでしまいます。

そこで梅雨時期に塗装するメリット・デメリットなど、梅雨時期の塗装事情について紹介していきます。

人気の外壁塗装業者おすすめランキング!口コミ・評判や料金相場・独自サービスを比較

塗装工事の見積もりをネットで比較する
※急に電話がかかってくることはございませんのでご安心ください。稀に当サイトより確認のご連絡を差し上げる場合がございます。
流れ

梅雨にも外壁塗装はできる

北海道など降雪地帯の場合は冬の塗装は難しいですが、条件が整うと塗料は乾燥するため外壁塗装は1年中できます

塗料が乾く条件は以下のとおりです。

温度 85%未満
気温 5℃以上
天候 晴れまたは曇り

雨が降ると塗装できませんが梅雨の時期も毎日雨が降るわけではありません。

気象庁のデータによると東京で梅雨時期に晴れた日は2~3日に1回と、雨が降らない日もあります。

また、1日の中でも数時間程度、条件が整う時間がある場合は塗装の作業を進められますので、結論としては梅雨時期でも塗装はできます。

外壁塗装のベストなタイミング・時期はいつ?塗り替えに最適な季節・周期と抑えておきたいポイント

梅雨と外壁塗装の相性

塗料は水分の影響を受けやすく、特に水性塗料は水を含みすぎると仕上がりが悪くなってしまいます。

一度塗った塗料に雨が当たると垂れてしまう原因にもなります。

そのため、雨と塗装の相性はよくありません。

梅雨の時期以外にも雨が降った場合は塗装作業をやめ、天候が良くなったら再開します。

梅雨時期も同様で気象条件が整ったタイミングのみ作業を行いますので、特段、梅雨と塗装は相性が悪いわけではありません

天気予報をこまめに確認していると問題なく塗装できるでしょう。

梅雨に外壁塗装できる理由

塗装できる理由とは

塗装と梅雨は相性が悪くなく、梅雨の時期でも塗装できると紹介していきました。

しかし、梅雨=雨の印象が強いため、「本当に梅雨の時期でも塗装できるの?」と不安に思われている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

梅雨の時期でも外壁塗装ができる具体的な理由について紹介していますので、確認して不安を払拭しましょう。

梅雨の時期でも塗装できる理由は以下の2点です。

  • 梅雨の時期に合わせた塗料をつくる
  • 梅雨の時期にあった作業工程を組む

湿気に強い塗料を使う

業者の使用する塗料は、基本的に着色料や塗装場所に適した成分が配合されている塗料と塗料を固める硬化剤を混ぜ合わせてオリジナルの塗料を作ります。

もちろん使用する塗料によって硬化剤の配合目安は決まっていますが、梅雨の時期は硬化剤を増やして、より固まりやすく調整します。

梅雨時期は塗装に適した気象条件が整う時間が少ないので、短い時間でも作業がすすめられるように塗料を配合しますので、梅雨でも塗装はできます。

【2021年】外壁塗装おすすめ塗料ランキング27選!目的・性能別に人気塗料を比較

雨が降っても対応できるスケジュールを組む

塗装の工程は、はじめに足場の設置や塗装しない部分を保護する養生作業など事前準備を行い、完了し次第、塗装作業へと移りますが、梅雨の時期は天候を見ながら作業内容を組み立てます。

例えば、先に外壁の一面だけ足場を立てて晴れたタイミングで塗装できる用意をしておくなど、梅雨の時期に合わせた工程で進めますので、雨の多い時期でも塗装が行えます。

普段は効率重視で一つの作業が完了したら次の作業へと移りますが、梅雨の時期は短い時間で塗装する必要があるため、工程を組み替えることもあります。

梅雨に外壁塗装するメリット

梅雨時期の塗装を避ける方もいますが、実は梅雨に塗装するならではメリットがあります。

梅雨時期は真夏や真冬に比べると作業しやすい気温であるため、業者にとっては作業しやすいシーズンです。

晴れているときは1年の中でも最も塗装に適した気温であるため、塗装の仕上がりにも期待できる季節でもあります。

他にも梅雨時期ならではの特典など利用者にとってのメリットがありますので、紹介していていきます。

梅雨時期に外壁塗装を行うメリットは以下の3点です。

  • 予約が取りやすい
  • キャンペーンを実施している<
  • 雨で工期が伸びてしまっても追加料金が掛からない

予約が取りやすい

塗装のハイシーズンは気温と湿度がともに安定している春と秋です。

梅雨時期に塗装ができるといっても一番良い気象条件で塗装したいと思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

実際に春や秋は塗装の受注が多く業者は大忙しです。

なかなか予約が取れず2~3年待ちになることもあるようです。

梅雨の時期は塗装できないと思っている方が多いため業者の予約が取りやすい時期ですので、雨漏りが原因でお困りの方など早急に塗装したい方におすすめの時期です。

キャンペーンを実施している

梅雨時期は塗装できないと思われている方も多く塗装の受注が減るシーズンです。

そのため塗装業界内で受注の取り合いになる季節でもあるため、お得なキャンペーンを実施している業者もいます。

キャンペーンの内容は料金の10%OFFやお米券など業者によって様々です。

外壁など広い面積の塗装を業者へ依頼すると、一般的な30坪住宅で60~90万円程度掛かりますので10%のキャンペーンがあると目安として6~9万円の費用が削減できます。

梅雨に外壁塗装するデメリット

雨が多い梅雨時期に塗装を避ける方が多いように、雨の影響で塗装仕上がり影響がてしまう可能性がある以外にもデメリットがあります。

業者に発注後、後悔しないように事前にチェックしましょう。

梅雨時期に外壁塗装を行うデメリットは以下の2点です。

  • 雨で工期が伸びる可能性がある
  • 塗料の臭いが残りやすい

雨で工期が伸びる可能性がある

前述のとおり雨の日は塗装作業ができないため工期が伸びてしまう可能性があります。

他のシーズンでは2週間で終わる作業も3週間掛かってしまう場合もあります。

万が一工期が伸びてしまっても基本的には塗装費用があがることはありませんが、不安な方は事前に業者に確認しておくとよいでしょう。

足場を設置している期間が長くなるため景観が損なわれてしまいますので、気になる方は人を招く行事をなるべく控えましょう。

塗料の臭いが残りやすい

塗料の臭いは乾燥することで気化するため、乾燥に時間が掛かってしまう梅雨時期は臭いがなかなか抜けきれないこともあります。

塗料は独特のにおいがするため苦手な方は、臭いが少ない塗料もありますので業者を決める前に扱っている塗料について質問してみるとよいでしょう。

また、臭いがもとで近隣住宅とトラブルになってしまうのではと心配に思われている方も多くいますが、基本的に工事の前に業者が挨拶に周ってくれますので、ご安心ください。

梅雨に外壁塗装を行う際の注意ポイント

窓枠周辺の塗装作業

雨と塗装の相性はよくありませんが、中には雨が降っているのに、強引に塗装しようとする業者も中にはいるようです。

雨が降っている中塗装すると耐用年数や仕上がりに影響しますので、業者選びは慎重に行いましょう。

外壁塗装業者の選び方とは?どこに頼むのが正解?優良塗装会社を失敗せず選ぶコツ

窓の養生の取り外しをする前に業者に確認しよう

塗装作業では塗装箇所以外に塗料が付かないおうテープやシートで覆い、窓も養生する場所の一つです。

一度覆うと基本的には塗装が完了するまで剥がしませんので、ジメジメした梅雨の季節に窓が開けられないのは大変ですが、勝手に養生を外してしまうと、塗装を再開する際に改めて養生する必要があるため、作業工程に遅れが生じたり追加の使用が掛ったりする場合があります。

養生を剥がす前に一同業者に確認しましょう。

業者とこまめに連絡を取ろう

塗装業者が作業中は、家を空けたくない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

梅雨以外のシーズンは基本的に毎日作業するため在宅するか判断しやすいですが、梅雨のシーズンは天候によって急遽塗装したり、作業を中止にしたりしますので困り方も多くいます。

作業予定ではない日に外から帰宅すると家に業者がいた場合は驚いてしまう方も多いのではないでしょうか。

作業の進捗も含めてこまめに業者と連絡を取ると安心できます。

アフタ―フォローが充実している業者を選ぼう

梅雨時期の塗装では、天気予報をみて作業計画を入念にたてますが、思わぬ雨が降ることもあります。

塗装が塗っている最中などタイミングが悪く、塗装の仕上がりに影響がでてしまう可能性があります。

塗装直後は目立った影響がなくても後から塗装がひび割れしていたり剥がれてしまったりしてしまうことも。

急な雨は止む負えないことですが、アフターフォローがある業者だと安心して塗装工事を依頼できるのではないでしょうか。

梅雨時期に外壁塗装をする際は作業期間にゆとりを持とう

梅雨時期はお得に施工が行えますが一方で作業期間が延びてしまう可能性など、塗装するべきか判断にまよってしまう方も多いでしょう。

作業期間にゆとりをもてる状況なら、雨が降る可能性があるときに無理に塗装作業しなくて済みますので、より安心して塗装作業を終えられるのではないでしょうか。

そのため梅雨時期の塗装作業は、お急ぎで作業される方はもちろん、余裕ある作業期間を設定できる方におすすめです。

判断に迷っている方は業者に一度お問合せしてみるのもよいでしょう。

外壁塗装業者の選び方とは?どこに頼むのが正解?優良塗装会社を失敗せず選ぶコツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

塗装工事の見積もりをネットで比較する
※急に電話がかかってくることはございませんのでご安心ください。稀に当サイトより確認のご連絡を差し上げる場合がございます。
流れ