火災保険を使って屋根修理する方法を解説!申請方法なども詳しく紹介

屋根を修理する職人

「台風や大雪などで屋根が破壊してしまった…」

そんなときに火災保険を使って屋根修理を行えるのを知っていますか?

「でも保険の申請って面倒くさい」そう思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、申請は簡単にできます。

火災保険の申請方法、その際に注意するべきことについて紹介します。

塗装工事の見積もりをネットで比較する
※急に電話がかかってくることはございませんのでご安心ください。稀に当サイトより確認のご連絡を差し上げる場合がございます。
流れ

火災保険は屋根修理にも適用される

火災保険とは自分のお家にかける損害保険です。

「火災」とついているので、火災のみが対象だと思っている方も多いようです。

しかし、台風や突風、大雪などの自然災害全般にも対応しています。

火災保険は、総合的な保障の「住宅総合保険」と基本的な保障の「住宅火災保険」があります。

このプランによっても保証内容が異なってきます。

まずはご自分のお家の火災保険のプランを確認してみましょう。

外壁修理で火災保険を申請する流れ

具体的な流れをみてみましょう。

保険会社によって手順が多少異なる場合があります。

STEP1 保険会社・保険代理店に問い合わせる

まずはじめに保険会社化保険代理店に問い合わせます。

被災した内容を伝えてください。

「台風で屋根が数枚落ちた」「大雪で雨どいが変形してしまった」このように具体的に報告しましょう。

そして、保険申請の方法や申請に必要な書類について確認してください。

STEP2 屋根修理の会社に見積書の作成をしてもらう

屋根修理の見積書の作成を依頼します。

この時にできるだけ火災保険の手続きに詳しい業者を選ぶようにしましょう。

また、一つの業者だけでなく複数の業者に見積書の作成を依頼すると良いです。

STEP3 申請書類を保険会社に送る

保険の申請に必要な書類は以下の4点です。

  1. 保険金請求書
  2. 事故状況説明書
  3. 修理見積書
  4. 被害物の写真

最初の2つ①②は保険契約者が書き、後ろの③④は屋根修理業者に作成してもらってください。

STEP4 保険会社に調査してもらう

保険会社に依頼された保険鑑定人が、屋根の被害状況を確認しに来ます。

保険会社に送付した被害物の写真で判断が難しい場合や見積書が高額の場合に調査が入ることが多いです。

また、保険会社から屋根修理業者に確認の電話で連絡することもあります。見積書が正しいのか、被害について確認をします。

STEP5 保険金の確定

保険会社から保険金支払い内容の連絡があります。

一般的に一週間から10日程度で連絡がきます。

大規模な災害があったときには数ヶ月かかってしまう場合もあり、対応が遅れます。

屋根修理の保険申請時に注意するべきこと

保険の期限は3年

屋根修理が可能といっても、いつまでも放置していてはいけません。

火災保険の請求の期限は法律で決められています。

また、保険会社によって期限は2年と決めているところもあるので、加入している保険会社に問い合わせてください。

とにかく「なるべく早く申請を行う」ことが一番です。

他にも修理費用の下限が会社によって違います。こちらも保険会社に確認してみましょう。

経年劣化は対象外

経年劣化とは長い年月の間に自然と古くなったということです。

経年劣化による痛みにもかかわらず、自然災害のせいにしてしまうということがあります。

屋根修理の保険と調べると、トラブルということが出てきますが、その発端はここにあります。

申請は自分でおこなう

保険申請の手続きを代行する業者があります。

代行料金を後から請求してきたり、見積書を勝手に修正したりというトラブルがあるようです。

申請はそれほど複雑でなく、自分でできる範囲のことです。

保険申請の手続きを代行してくれる会社を利用する必要はありません。

優良業者を探して屋根修理をしよう

火災保険は火災以外の自然災害にも適用され、屋根修理が行えることを分かっていただけたでしょうか?

申請もそれほど難しくありません。

万が一台風や突風で屋根修理が必要な際には、ぜひ利用してみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

塗装工事の見積もりをネットで比較する
※急に電話がかかってくることはございませんのでご安心ください。稀に当サイトより確認のご連絡を差し上げる場合がございます。
流れ