外壁塗装の足場にかかる費用・単価の相場はいくら?足場工事の費用目安と安く済ませる方法

外壁塗装の足場

外壁塗装における足場の費用は意外と大きいです。これを「必要ない」「安くできないのかな」と考えている方は多いと思います。

しかし、安い足場を選んでしまうと工事が失敗に終わってしまうかもしれないのです。

今回は、足場の相場や役割について紹介していきます。足場について悩んでいる方は参考にしてください。

足場の相場は500~1500円/㎡

外壁塗装は足場がないとできませんよね。中には、足場がなくても工事ができるという業者がいますが、作業効率や完成度に影響があるので信じないでくださいね。

さて、足場の値段ですが、種類別に値段をまとめてみましたので参考にしてください。

足場の種類 相場/㎡
丸太足場 500~800円
単管足場 600~800円
単管ブランケット足場 700~1000円
くさび式足場 1000~1200円
枠組み足場 1000~1500円

500円/㎡で利用できるものから1500円/㎡するものまでさまざまであることがわかりますね。足場は良いものであればそれほど足元が安定していますの、完成度に関わる部分の一つです。あなたにとって一番いいと思う足場を選びましょう。

足場費用の計算方法

足場の費用は計算で求めることができます。

①足場をかける面積(足場架面積)を計算で出します。

足場架面積=(家の外周+8m)×高さ

足場は、外壁から離して設置するため、塗装面積より大きな数値が計算で出されるはずです。8mは外壁から足場までの数値になります。

②先に出した足場をかける面積(足場架面積)を使って足場費用を計算します。

足場費用=足場架面積×足場の㎡単価

これだけで足場にかかる費用を計算することができます。しかし、あくまで簡易的な計算方法なので、詳しく値段が知りたいという方は業者への問い合わせをおすすめします。

なお、足場代にはシートの値段が含まれていることが多いです。

安すぎる足場には注意

先に紹介したような相場より足場代が安いことがあるかもしれません。消費者にとって、値段が安いのはとてもうれしいことですが、価格が安すぎる足場には注意が必要です。

足場を組むのには1日、解体には半日という時間がかかります。時間を詰めることはできるのですが、安全性や、近隣への迷惑を考えると慎重に時間をかけて組むべきなのです。

ほかにも足場を組む際に、お隣との距離が近い場合は、急いで足場を組もうすると隣の壁を擦ってしまったりということがあるのです。こうなるとお隣の人とトラブルになってしまいますよね。

足場の価格が安い場合は、人件費や作業時間を削減して費用を安くしていることがあるので、一般的な足場組みの作業より、スケジュールが過密になっていて、簡単にいえば雑に作業が行われてしまうことがあるのです。こうなると、先に説明したようなトラブルが起きてしまう可能性が高くなってしまいますよね。もしトラブルが起きてしまった場合に、イヤな気持ちになるのはあなたですので、安すぎる足場にはなにか裏があると疑うようにしましょう。

足場費用が安い見積もりを送る悪徳業者の手口

また、足場費用が明らかに破格の安さの場合、その業者は質の良い業者とは言えないことが多いです。そのような業者は、先に言ったように、時間や人を削減することで安い価格設定をしていることが多いです。そうなると、もちろんすべての作業の質は良く鋳物であると予想することができますよね。

また、塗料などの材料自体もかなり安いものを使用している可能性のあります。もし、このような業者に外壁塗装工事をやってもらっても長持ちする塗装にはなりませんので注意しましょう。

適正価格を提示してくれる業者に外壁塗装工事を依頼しましょう。

足場の役割

足場には、職人さんを支えるという以外にも役割がいくつかあるので紹介していきます。

作業効率・完成度のアップ

まず、足場は作用効率を上げるという役割があります。足元が安定していることで、職人さんが無駄に作業する必用がなくなるということができ、足場があることでスムーズに塗装面の移動をおこなうことができます。

以上のことから、作業効率が上がり、質の高い外壁塗装こう維持をおこなうことができるようになるのです。

作業する職人さんの安全確保

足場は安全の確保という意味も持っています。一般的な戸建て住宅であれば屋根の高さが7~9mほどになります。この高さでも安定している足場があればひとまず安全と言えますよね。

足場がなく、万が一職人さんが落下してしまったら大変なことです。工事もストップしてしまいますよね。足場は職人さんの安全を確保しているのです。

近所トラブルを防ぐ

足場を組むことで、家の周りに塗料の飛散を防止するネットを張ることができます。塗料がまわりへ飛ぶことを防ぐことができるので、隣の壁に塗料がついてしまうということを避けることができます。

塗料の飛び散りは近隣トラブルの原因となりますので、これが防げるのは大きなことなのではないでしょうか。

足場の4つの種類

外壁塗装などのリフォーム工事で組む足場は、クサビ足場・枠組足場・パイプ足場・単管ブラケット足場の4種類に分かれます。

クサビ(ビケ)足場

クサビ足場は、一定間隔に支柱となる鋼管を立て、緊結部にくさびで緊結することで安定させて利用する足場で、クサビ緊結式足場とも呼ばれます。

部材さえあれば簡単に組み立てることができ、解体も簡単にできるのが特徴で、コンパクトに収納して持ち運べるので運送コストを安く抑えられます。

クサビ足場は、以下の部材を素早く連結させて組み立てをおこないます。

  • ジャッキ
  • 支柱
  • 手摺
  • 踏板
  • ブラケット
  • 筋交
  • 鋼製階段
  • 先行手摺
  • 壁当てジャッキ

他の足場工事と比べると組み立てに要する時間を20%ほど短縮できるので、外壁塗装をスムーズに完了させることができます。

枠組足場

枠組足場は、鋼管を門型に溶接した建枠を利用して組む足場です。

完成された堅固な枠組みを使用するので強度が高く、施工ミスが起こるリスクも少ないです。

枠組足場は建枠に、以下の部材を設置して利用します。

  • ジャッキ
  • 筋交
  • 手摺
  • ジョイント・ピン
  • アームロック
  • 布板
  • 壁つなぎ

枠組足場は昭和27年(1952年)にアメリカのビティスキャホード社から最初に輸入したため、ビティ足場と呼ばれることもあります。

パイプ(単管)足場

単管パイプと呼ばれる、直径48.6mmの鉄パイプを組み立てて足場を作ります。

単管パイプは普通管と、同じ直径でも厚さと重量が異なるライト管の2種類があります。

単管ジョイントでパイプを直線につなぎ、クランプと呼ばれる部材で単管パイプ同士をつないで固定して足場を組みます。

パイプ(単管)足場は一側足場、ブラケット足場、二側足場の3種類に分かれます。

一側足場は地面と垂直に単管パイプを立てて、それを挟むように2本の単管パイプをを並行に設置して足場を作るタイプです。

二側足場の場合は地面と垂直に立てる単管パイプが2本になるので安定性は増します。

単管ブラケット足場

プラケット(角形括弧)と呼ばれる金具を一側足場に取り付けて、その上に踏板を渡します。

一側足場に比べて安定性が確保できるのが大きな特徴です。

足場組立にかかる期間

足場の組み立てにかかる期間は家の大きさによっても変わりますが、30~40坪の一戸建て住宅を工事する場合は、6~8時間ほどで足場は組み終わります。

足場の組み立ては作業員の安全を確保するために必要な作業なので、朝早くから行われることが多いです。これは、夜暗くなって見えにくくなり、ミスをするのを避けるためです。

塗装工事が完了したら足場を解体しますが、これはトータル3~4時間ほどで完了します。

平均時間より大幅に短い時間で足場を組む業者や、夜に足場を組み立てる業者は塗装工事の質も低い可能性が高いので注意しましょう。

足場工事で起こりやすいトラブル

足場の組立工事には、起こりやすいトラブルがいくつかあります。

搬入車が交通の妨げになる

足場の搬入にはトラックが用いられますが、荷卸しのために待機しているトラックが家の入口を数時間塞いでしまうこともあります。

近くの駐車場にトラックが停まって、他の車が入れないなどのトラブルには十分注意しましょう。

資材搬入なども含めて塗装工事が周囲の迷惑になってしまうかも知れない場合、業者は道路使用許可を警察署に申請する、近隣住民へ挨拶をするなどの対応を事前にしなければいけません。

資材搬入・仮設時に騒音がする

足場は金属製の部材を組み立てるので、材料同士が衝突する際に大きな音が発生します。

ドライバーやハンマーを使って組み立てる場合も、やはり騒音が発生するので近隣が迷惑に思うことも多いです。

組立作業で発生する騒音は抑えられない部分もあるので、事前に近隣住民へ挨拶をしておく必要があります。

足場が敷地をはみ出てしまう

足場を組む際に、一部が敷地をはみ出してしまうことがあります。

作業員が無断ではみ出した足場に回って工事をすると、「無断で侵入された」と近隣住民が怒ってトラブルに発展する可能性があります。

足場の組立で隣の敷地も利用する場合は、必ず事前に許可を取らなければいけません。

庭木・建物の破損

足場用のスペースが十分でないまま、無理に組み立てようとすると樹木が折れるなどのトラブルに繋がりかねません。

場合によっては足場を組むために樹木の伐採が必要なこともありますが、必ず許可を取ってから対応する必要があるので、無断に伐採されたら賠償を請求しましょう。

近隣の樹木を伐採したり、資材をどかしたりしないと足場が組めない場合は業者が住民の説得をおこないますが、なかなか許可が得られない可能性もあるので注意が必要です。

足場の倒壊

急な突風で足場が倒壊したニュースは、春先などに良く報道されます。

自然災害が原因なので仕方がない部分もありますが、台風の進路などは事前にある程度予想できる分、リスクを考えずに足場を組んだ業者には責任の一端があります。

特に足場組立の工事で作業現場を防音シートで被う場合は、風の影響を受けやすくなり、倒壊の危険性が高まります。

突風に襲われた時はシートを速やかに外して作業を中断すべきであり、シートをそのままにした結果として足場が倒壊したのであれば、業者の過失と考えても良いでしょう。

足場をDIYで組むのはおすすめしない

外壁塗装工事を業者に依頼せず、DIYでおこなうケースもあります。

ただ、DIYで塗装をおこなった事例のほとんどは足場を組まずに作業できる範囲であり、足場の組立が必要なほど大規模な工事を自分ひとりでおこなうのは非常に危険です。

高所の作業を足場無しでおこなうと塗りムラや剥がれに繋がりますし、転落して死に至るリスクもあります。

外壁塗装をDIYでおこなうなら、安全に作業できる範囲にとどめておきましょう。

塗装業者が請負業者賠償責任保険に加入しているかチェックする

足場の設置・解体は、どれだけ経験豊富な業者が注意して作業をしても、失敗するリスクがあります。

ただし、リフォーム業者は開業に特別な許可や免許が必要ないので、トラブルが起こった時に全ての業者が補償できる保証はありません。

足場の倒壊などで被害が出た場合、塗装業者が請負業者賠償責任保険に加入していれば、損害賠償が保険で適用されます。

外壁塗装で起こるトラブルが心配な方は、依頼する業者が保険に加入しているかどうかを事前にチェックしておきましょう。

足場の組立工事にかかる見積もりも必ずチェックしよう

足場には決まった費用がかかるので、高いと感じてしまうかもしれません。しかし、そのような心理を利用して、格安の値段で言い寄ってくる悪徳業者に気を付けなければなりません。

悪徳業者を避け、優良業者を探すには、一括見積りサービスの炉用がおすすめです。1度の請求で複数の業者から外壁塗装工事の見積もりを受け取ることができるので、業者の比較をおこなうことができます。ここで、外壁塗装工事にかかる適正価格を見極めましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

※急に電話がかかってくることはございませんのでご安心ください。稀に当サイトより確認のご連絡を差し上げる場合がございます。