セラMシリコン3の評判はどう?口コミ・利用者の声から徹底調査

セラMシリコン3の評判はどう?口コミ・利用者の声から徹底調査

外壁に塗る塗料は多種多様なため、自分に合った塗料を見つけるのはとても大変です。

塗料を選ぶ際は、周りの人の声やインターネット上の評判を参考にすることで、塗料選びを失敗しないですることができます。

今回この記事では、そんな中のセラMシリコン3に的を絞って口コミ・利用者の声から評判を徹底調査してきました。

ぜひ、塗料選びの際の参考にしてみてください。

【2021年】外壁塗装おすすめ塗料ランキング27選!目的・性能別に人気塗料を比較

セラMシリコン3の良い評判

セラMシリコン3の良い評判

セラMシリコン3の良い評判を紹介します。

塗料選びをする際は、実際の利用者の声を参考にすることがとても大切です。

良い口コミは、全体的に遮熱効果の高さが多かったです。

口コミ・利用者の声をみて自分が求めているものかどうか確認しましょう。

初めての外壁工事で抑えておくべきポイントとは?工事の種類・費用・タイミングや工事の流れを解説

良い評判①価格に対する耐久性が優れている

・35歳 男性 工務店勤務

コストパフォーマンスがとても高いです。

1㎡当たりの費用は2,300円~3000円程で、他の塗料と比較しても高いわけではないですが、10年以上の耐用年数があります。

ウチに外壁塗装を依頼してきた人にも、なるべく安く等の相談を受けたらセラMシリコン3をおすすめしています。

良い評判②光沢のある高級感が感じられる仕上がり

・52歳 女性 匿名希望

塗料に艶があり、肉厚でとても満足のある仕上がりにすることができました。

遠くから見ても高級感があり、毎日家に帰るのが楽しみです。

次に塗り直しをする際もセラMシリコン3を利用しようと思います。

艶あり・艶なし塗料の違いを徹底比較!外壁塗装ではどちらを選ぶのが正解?

良い評判③信頼できる関西ペイントの最高級ランク塗料

・50歳 男性 匿名希望

初めての外壁塗装で、業者の方からおすすめの塗料を色々紹介されましたが数が多くどれを使えばいいかが分かりませんでした。

そこで、大手の塗料メーカーが出している最高級ランクの塗料なら信頼できるだろうと考えてセラMシリコン3を利用することを決めました。

工事が終わり、仕上がりを見るとイメージ通りの仕上がりでとても満足することができました。

大手の塗料メーカーになるにはそれだけの理由があることを改めて理解することができました。

セラMシリコン3の悪い評判

セラMシリコン3の良い評判を見たら、次は悪い評判を見ていきましょう。

悪い口コミは、塗料の汚れや匂いに関するものが目立ちます。

自分の家に塗装するのを参考にしてみてください。

悪い評判①3年しかたっていないのに汚れている

・48歳 女性 B.T

「雨で外壁の汚れが流れ落ちて、長期間綺麗な状態にすることができます。」と言われたので、それならと思ってセラMシリコン3を利用しましたが、工事をしてから3年で汚れが落ちなくなってしまいました。

カビや藻は生えておらず、見た目も満足していますが、自浄機能が聞いていたものより弱かったです。

ホースで水をかけることで汚れを洗い流すことはできますが、自分の手で毎回やるのは面倒です。

その他のところはとても評価していたので残念です。

悪い評判②シンナーの匂いがすごい

・44歳 女性 S.K

犬を飼っていたので、匂いの少ない塗料を利用して外壁塗装をする必要がありました。

工事業者に相談するとセラMシリコン3をおすすめされたので、特に何も考えず利用することに決めました。

工事をする前に一度匂いをかがせてもらいましらが、確かに匂いが少なくこれなら大丈夫だと安心をしましたが、いざ工事が始まると匂いがとても気になりました。

原因は希釈材に使っているシンナーでした。

塗料だけでなく希釈材を含めた匂いを少ない塗料にすればよかったです。

幸い、我が家の犬は大丈夫でした。

外壁塗装の際のニオイが気になる…健康被害や対策についてご紹介

セラMシリコン3の基本情報

セラMシリコン3の基本情報

分類 2液弱溶剤アクリルシリコン樹脂塗料
機能 低汚染性・防カビ・防藻・耐候性
7分艶・5分艶・3分艶・艶なし
用途 長期にわたる美観維持
希釈材 シンナー
匂い 少ない
乾燥時間 4時間以上
適用下地 コンクリート・モルタル・スレート・PC版・ブロック・めっき等
施工方法 ハケ・ローラー
塗料価格 22,550円/16㎏

セラMシリコン3は、関西ペイントが販売している塗料です。

関西ペイントは世界のトップ塗料メーカーランキングで8位にもなっている大手の塗料メーカーです。

国内でもシェア率3位と国内外から信頼を集めている企業です。

セラMシリコン3は数ある塗料の中でも機能や耐用年数が高く、とても評価されている塗料です。

人気の外壁塗装業者おすすめランキング!口コミ・評判や料金相場・独自サービスを比較

低汚染性で汚れが定着しにくい

塗膜表面が、高い親水性のため付着した汚れが塗膜に定着し辛く、雨水によって汚れを洗い流すことができます。

親水性が高くない塗料の場合は、表面に汚れが定着してしまうと、塗料の機能を充分にはっきできなくなり、耐用年数も短くなってしまうので、定期的に掃除をする必要があります。

セラMシリコン3ならば、雨が降った際に、自分で自分自身を洗い流し綺麗にすることが可能です。

耐用年数10年以上の高い耐候性

セラMシリコン3は10年以上の耐用年数があります。

建築用耐用性上塗り塗料2級に合格しており、太陽光に含まれている紫外線に対してとても強い耐候性を持っています。

そのため、長期間建物を守ることが可能です。

4種類の艶と35色のカラーバリエーション

セラMシリコン3は、基本色35色とカラーバリエーションが複数あるので、自分の家の雰囲気にピッタリの色をみつけだすことができます。

複数の色を利用することで、一色で外壁すべてを塗るのだけでなく複数の色を利用することで、特徴のある外壁にすることができます。

また、艶も4種類あるので35色と4種類の艶で140パターンの中から選択をすることが可能です。

クリーム色などの無難の色から紫色などの個性的な色まで品揃えがとても豊富です。

外壁のカラーシミュレーションにおすすめのサイト4選と使用する際の注意点を徹底解説

高い防カビ・防藻効果

セラMシリコン3の塗料の中には、特殊な防カビ・防藻剤が配合されているため高い防カビ・防藻効果があります。

カビや藻は見た目を損なうだけでなく、本来塗料が持っている機能を充分に発揮できず、塗料にとって悪影響です。

塗料自体が自分に悪影響を及ぼすものを防ぐことで人間におけるワクチンの様な働きをします。

肉厚感のある仕上がり

セラMシリコン3は、塗膜が厚く肉厚感のある仕上がりにすることができます。

また、外壁だけでなく内壁にも塗布することが可能な塗料です。

様々な下地に利用することができ、密着性が高く剝がれにくい塗膜ということが可能です。

子供・ペットがいても安心して利用できる

匂いが少ない、塗料のため小さい子供や犬猫などの匂いに敏感なペットがいる、ご家庭でも利用することができます。

外壁塗装をする際は、匂いが原因で近隣トラブルになるケースも珍しくないので可能であれば匂いが少ない塗料を選ぶようにしましょう。

塗料選びの際に気を付けることで、その後の余計なトラブルを事前に防ぐことができます。

セラMシリコン3の利用に向いている人

セラMシリコン3の利用に向いている人を紹介します。

数ある塗料の中でもどんな人がセラMシリコン3の利用に向いているか紹介するので、自分が当てはまるかどうかしっかり確認してください。

当てはまらない場合は、違う塗料を利用することをおすすめします。

外壁の艶・色にこだわりたい人

外壁の艶・色にこだわりたい人にはセラMシリコン3は特におすすめです。

4種類の艶・35種類のカラーバリエーションのため家にピッタリの色を見つけることができます。

また、調色が可能なためオリジナルの色で塗装をすることが可能です。

コストパフォーマンスの良い塗料を利用したい人

耐用年数・機能・費用のバランスが良く費用対効果がとても高い塗料です。

安くて良い塗料を利用したいという、コストパフォーマンスの面からどの塗料を利用するか考えている人に、おすすめです。

また、初期費用を抑えて外壁塗装をすることがも可能です。

セラMシリコン3の利用に向いていない人

ここでは、セラMシリコン3の利用に向いていない人を紹介します。

自分が以下の要件に当てはまっている場合は、セラMシリコン3を利用するのは避け別の塗料を利用するようにしましょう。

外壁塗装は費用が高いため失敗をしないことに焦点を置くことがとても大切です。

道路沿いや振動が多い立地に住んでいる人

セラMシリコン3はシリコン製塗料のため、他の種類の塗料と比較すると塗膜が厚いため、ひび割れが起きやすいです。

下地が温度や水分で伸縮しやすい材料を使っている場合は、特にひび割れが発生する可能性が高いです。

また、住居が道路沿いなどにある場合は、車が走る際に振動が発生するのでひび割れを発生させてしまうケースが多々あります。

そのため、立地と下地を確認した上で塗装するかどうかを判断するようにしましょう。

DIYで塗装をしたい人

DIYで塗装をしたい人

DIYで工事にかかる費用を抑えようとする人にもセラMシリコン3はおすすめできません。

セラMシリコン3はシリコン系塗料です。

シリコン系塗料は、素人が扱うには向いておらず、塗装をする際は経験や知識に優れているプロの施工業者に依頼が必要なプロのための塗料です。

DIYで塗装に失敗して、その後プロに依頼をすると何もない状態から依頼するよりも施工費用が高額になってしまう可能性が高いので、技術力や自信がない場合は行わないようにしましょう。

外壁塗装はDIYで出来る?自分で美しく仕上げる塗装方法と費用・注意点を解説

セラMシリコン3を利用する際の注意点

コストパフォーマンスに優れ、初期費用を安くすることができる塗料ですが、セラMシリコン3も経年劣化で自身が持つ機能が次第に衰えていきます。

塗料が劣化した場合は、その都度塗り直しが必要です。

そのため長期的な視点で見ると、耐用年数がもっと長い塗料を利用した方が、結果として合計でかかる費用を抑えることができます。

その家にどれくらいの期間住むかによって、セラMシリコン3を利用するかどうか判断しましょう。

シリコン塗料とは?他の塗料との特徴比較と使用時のメリット・デメリットを解説

塗料選びは慎重に行おう

世界的大手の関西ペイントが販売している塗料のため、信頼性が高く安心して利用することができます。

しかし、その家その家に合わせた正しい塗料を選ばなければ、塗料の持つ機能を充分に発揮することができないので、自分の家の状況に合わせた塗料選びをすることが大切です。

もちろん、評判や口コミを参考に塗料を選ぶのも良いですが、あくまで参考程度にし自分の目でしっかりと判断することで、塗料選びを失敗することなくすることができます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

※急に電話がかかってくることはございませんのでご安心ください。稀に当サイトより確認のご連絡を差し上げる場合がございます。