滋賀県の外壁塗装・屋根塗装におすすめの業者ランキング!口コミ・評判で選ぶ優良業者6選

滋賀県の外壁塗装

滋賀県にお住まいの方で外壁や屋根のリフォームを検討している方はいませんか。実は住宅の外壁や屋根はおよそ10年前後で修繕・メンテナンスが必要になり、放置していると雨漏りやカビの原因にもなります。

しかし初めてマイホームをリフォームする方などは、どの業者の頼めば良いのか分からないですよね。そこでこのページでは滋賀県に本社を構えるおすすめの外壁塗装・屋根塗装業者を紹介していきます。

またページの後半では2021年7月現在利用できる滋賀県の助成金制度や、外壁塗装・屋根塗装の業者を選ぶ際に必ず抑えておきたいポイントなどを紹介していくため、リフォームを検討している方はぜひそちらも参考にしてください。

【2021年】外壁塗装おすすめ塗料ランキング27選!目的・性能別に人気塗料を比較

滋賀県の外壁塗装・屋根塗装におすすめの業者

まずは滋賀県内のおすすめの外壁塗装・屋根塗装の業者を見ていきましょう。しかし一口に滋賀県にある外壁塗装・屋根塗装業者と言っても何を重視するかで選ぶべき業者は異なります。

そこで業者を紹介する際にはその業者ならではの強みを解説していくので、自身のニーズに合っていると感じたら、より詳しく調べてみると良いでしょう。

人気の外壁塗装業者おすすめランキング!口コミ・評判や料金相場・独自サービスを比較

片山

片山

本社所在地 〒521-1235 滋賀県東近江市伊庭町204-32
電話番号 0748-42-5039
設立年度 1975年
許認可 滋賀県知事一般(般-29)第41257号

塗装工事業(外壁塗装・外壁リフォーム・屋根塗装)防水工事業(シーリング・屋上防水など)

しっかりとした実績のある塗装業者を利用したい、今すぐ外壁を塗装してもらいたいけれど手持ちの資金に余裕がない、という方には片山という塗装店も検討しましょう。

片山は滋賀県の大津市・野洲市・東近江市で施工をおこなっている壁・屋根塗装のリフォーム専門店で創業からは47年以上経っている老舗の一つです。

片山の特徴としては豊富な受賞実績が挙げられ、国内有名塗料メーカーであるプレマテックス社からは近畿3位滋賀1位の受賞歴があり、認定アンバサダーショップに選ばれたのは滋賀県内では片山のみです。

また2021年6月現在、片山では家計応援企画として金利無料0%キャンペーンを実施しており、最長60回払いまで手数料を片山が負担してくれます。

まずはホームページからLINEの友だち登録をしてみましょう。

おかけんリフォーム

おかけんリフォーム

本社所在地 〒522-0222 彦根市南川瀬町1400-11
電話番号 0749-25-0506
設立年度 1996(平成8)年
許認可

環境に配慮した地域に根ざした外壁塗装業者を利用したい、という方であればおかけんリフォームを検討しましょう。

というのも外壁塗装をおこなう前には注文者の家庭の水道を使って壁を洗浄する必要があるのですが、大抵の業者は節水や環境に対する意識が低く、蛇口を捻りっぱなしの場合も少なくありません。

しかしその点おかけんリフォームは上水道過剰使用防止装置「エコびわこマシーン」を導入しており、余分な水道利用を防いでくれます。加えてエコびわマシーンによる洗浄では植物性の洗剤水を利用しているため排水に流しても環境への負荷が小さいのです。

またおかけんリフォームは平成8年(1996年)創業以来、滋賀県に密着して施工をおこなっており、施工実績件数は2021年6月時点で1324件を超えています。

見積もりも無料であるため、まずはホームページにアクセスして気軽に相談してみましょう。

よつば塗装店

よつば塗装店

本社所在地 〒527-0091 滋賀県東近江市小脇町1288-8
電話番号 0120-300-428
設立年度
許認可

なるべく外壁塗装にかかる費用を抑えたい、きちんと資格のある人に施工を担当して欲しい、という方であればよつば塗装店を検討しましょう。

よつば塗装店では下請け業者を利用しない完全自社施工を採用することで徹底的なコストカットを図っており、耐久性の高いシリコン塗装を屋根・外壁込みで60万円で依頼することができます。

大手リフォーム業者に外壁塗装を依頼すると、70〜100万円程度かかってしまうケースも多く、屋根込みで60万円というのは非常にリーズナブルな価格設定と言えるでしょう。

さらにシリコン塗料から遮熱塗料やフッ素塗料に変更した場合にかかる追加料金も材料費だけであり、60万円プラス3〜9万円程度で施工が可能です。

またよつば塗装店で施工を担当するのは、塗装における最高資格である一級塗装技能士です。一級塗装技能士を取得するためには最低でも7年以上の実務経験が必要であり、ベテランに頼みたいという方にもおすすめできます。

トリプルウィン

トリプルウィン

本社所在地 〒528-0014 滋賀県甲賀市水口町鹿深1−30
電話番号 0120-086-124
設立年度
許認可

料金形態のわかりやすさで業者を選びたい、という方であれば、トリプルウィンを検討しましょう。

トリプルウィンは近江の商人が掲げていた「売り手によし、書いてによし、世間によし」の三方よしから来ており、主に滋賀県の甲賀市で住宅のリフォームを担当しています。

トリプルウィンの特筆するべきポイントとしては、料金形態のわかりやすさが挙げられます。一般的な外壁塗装の業者は費用を確認しようとしても「まずは外壁診断を受けて見積もりを取ってください」としている場合が多く、価格を簡単にチェックすることができません。

しかしトリプルウィンのホームページでは塗料と延床面積(塗る面積)ごとに足場代などもコミコミの料金が明確に公開されており、外壁診断や見積もりを取る前からおおまかな費用が分かります。

また施工料金に含まれる工事(足場・高圧洗浄・塗装など)と施工料金に含まれない工事(重度のクラック補修・サイディングのコーキング打ち替え)の区別もしっかりと紹介されているため、後から高額な追加費用を請求される心配がないのも嬉しいポイントと言えるでしょう。

北野

北野

本社所在地 〒520-1231 滋賀県高島市安曇川町川島959-1
電話番号 0740-34-1105
設立年度 2013年5月20日
許認可 塗装工事業 滋賀県知事許可/第80805号

取り扱っている塗料の幅広さで選ぶのであれば、北野という塗装・防水施工店も検討するべきでしょう。

北野は有名塗料メーカーから多くの塗料を仕入れており、ニーズや外壁の状態に合った最適な塗料を使ってもらえます。

また北野は元々の風合いを生かした自然な塗装から、雰囲気をガラッとおしゃれに変える塗り替えまで幅広く対応しており、公式ホームページの「WORKS」からは過去に手がけた施工実績が確認できます。

施工実績ではモダンなデザインの一軒家住宅のリフォームが多く、気になった方は一度チェックしてみると良いでしょう。

塗装工房ツカサ

塗装工房ツカサ

本社所在地 〒529-1633 滋賀県蒲生郡日野町下駒月1043番地
電話番号 0748-43-1999
設立年度 2005(平成17)年
許認可

住宅の遮熱や大気汚染が気になるのであれば、塗装工房ツカサもおすすめです。

塗装工房ツカサは機能性の高い塗料による施工を得意にしており、例えば微弾性を持つ下塗り層と遮熱性・低汚染性を持つ上塗り層で構成されるクールテク工法は住宅の遮熱性能を高め、室内の快適度を上げるとともに住宅の熱劣化を防ぐ役割があります。

また塗装工房ツカサではTOTOが開発した光触媒によって汚れや空気をキレイにする「ハイドロテクト」を提供しており、クリーンな住宅を目指している方にもぴったりと言えるでしょう。

なお塗装工房ツカサは元々オフィス向けにガラス用遮熱コーティングの工事を多く請け負ってきた会社であり2021年6月現在、10㎡以上の窓ガラスの遮熱コーティングを依頼した人を対象に10%オフのキャンペーンを提供しています。

他にも塗装工房ツカサを利用した感想を寄せると記念品がもらえるなど、さまざまなキャンペーンを実施しているため、気になる方は一度調べてみると良いでしょう。

滋賀県で利用できる独自の助成金

外壁塗装・屋根塗装のリフォームをする際にぜひ利用しておきたいのが、県や市区町村の助成金制度です。特に遮熱塗料を使った塗装は環境保護の観点から助成金制度が下りやすく、一度チェックしてみるべき事項と言えるでしょう。

以下に2021年7月時点で利用できる滋賀県の助成金制度の一部をまとめました。外壁塗装・屋根塗装のリフォームを検討している方は確認してみましょう。

外壁塗装で助成金・補助金は受給できる?交付条件や申請方法・必要書類を解説

大津市定住促進リフォーム補助金

補助対象の住宅 大津市内の住宅
補助対象の市民
  • 大津市税を滞納していない
  • 過去にこの補助金の交付を受けていない
  • 対象のリフォーム工事に関して大津市の他の補助や助成を受けていない
補助金額の上限 20万円
補助対象工事
  • 住宅の修繕
  • 一部改築
  • 増築
  • 模様替え
  • 住宅の機能向上のために行う補修、改造、設備改善などの工事
補助金額 助成対象工事費の10%
受付期間 2021年4月20日~2021年12月28日(先着順)
問合せ先 滋賀県大津市都市計画部空家対策推進室
電話番号:077-528-2899

東近江市定住住宅リフォーム事業(住まいる事業補助金)

補助対象の住宅 東近江市内の住宅
補助対象の市民
  • 東近江市内に住民票を有し現に居住している
  • 市税および市の各種融資に滞納がない
  • 過去に実施した住宅リフォームに関する助成金または住宅取得に関する補助金を受けていない
補助金額の上限 15万円
補助対象工事
  • 居室・玄関・廊下・階段などの改修
  • 台所・浴室・トイレ・洗面所の改修
  • 床・壁・天井などの張替え
  • 手すりの設置や段差解消工事
  • 屋根・瓦の改修工事
  • 外壁の塗装工事
  • 網戸・窓サッシの取付け工事
  • 給排水設備工事(下水道工事含む)
  • 電気設備工事
補助金額 助成対象工事費の10% ※ 商品券(三方よし商品券)での支給
受付期間 2020年4月27日~予算がなくなるまで ※2021年分は7月頃に公表
問合せ先 滋賀県東近江市東近江市都市整備部住宅課
電話番号:0748-24-5669

彦根市経済対策リフォーム事業

補助対象の住宅 彦根市内の住宅
補助対象の市民
  • 助成金の交付の対象となる住宅に居住し、当該居住地に住民登録がある
  • 市税を滞納していない
補助金額の上限 10万円
補助対象工事
  • 彦根市内施工業者を利用して行う交付対象住宅に係るリフォーム
  • 住宅の安全性・耐久性・居住性を向上させるために行う修繕、補修、模様替えなどの工事
補助金額 助成対象工事費の10%
受付期間
  • 第1回:2021年4月1日~2021年5月31日
  • 第2回:2021年9月1日~2021年10月29日
問合せ先 滋賀県彦根市都市建設部建築指導課
電話番号:0749-30-6125

滋賀県のリフォーム費用相場

滋賀県のリフォーム費用は63〜110万円です。

全国的にもやや高めの水準であるため、より安く外壁塗装・屋根塗装を済ませたい、という方は県外の業者の利用も検討すると良いでしょう。

【2021年最新】外壁塗装の費用相場はいくら?坪数ごとの平均価格や見積もり依頼時の注意点を解説

滋賀県の外壁塗装・屋根塗装が必要な戸建て件数

平成30年度における総務省の住宅・土地の統計調査結果は下記の通りです。

世帯数 54万3000件
持ち家率 71.6%
取引件数 666件

滋賀県は世帯数54万3000件に対して持ち家率が71.6%となっています。つまり滋賀県では約38万8788世帯の方がマイホームを所持している計算になります。

なお滋賀県の持ち家率自体は高めですが、世帯数自体はやや少ないため、取引件数も比例して低い水準と言えます。

滋賀県の外壁塗装・屋根塗装の気候条件

滋賀県(彦根市)の平均気温の年間推移(2020年)

滋賀県(彦根市)の平均気温の年間推移

気温(℃)
1月 7.0℃
2月 5.8℃
3月 9.1℃
4月 11.2℃
5月 18.3℃
6月 23.4℃
7月 24.6℃
8月 29.3℃
9月 24.8℃
10月 17.3℃
11月 12.8℃
12月 6.5℃

滋賀県(彦根市)の降水量の年間推移(2020年)

滋賀県(彦根市)の降水量の年間推移(2020年)

降水量(mm)
1月 86.0mm
2月 108.0mm
3月 109.5mm
4月 171.0mm
5月 135.0mm
6月 265.0mm
7月 405.0mm
8月 54.0mm
9月 150.0mm
10月 196.0mm
11月 36.5mm
12月 146.5mm

滋賀県(彦根市)の湿度の年間推移(2020年)

滋賀県(彦根市)の湿度の年間推移(2020年)

湿度(%)
1月 75%
2月 77%
3月 72%
4月 70%
5月 74%
6月 77%
7月 86%
8月 73%
9月 76%
10月 75%
11月 76%
12月 81%

滋賀県(彦根市)の日照時間の年間推移(2020年)

滋賀県(彦根市)の日照時間の年間推移(2020年)

日照時間(h)
1月 83.3h
2月 112.9h
3月 182.8h
4月 216.5h
5月 184.9h
6月 179.6h
7月 80.1h
8月 271.2h
9月 141.3h
10月 168.3h
11月 164.8h
12月 120.2h

滋賀県の外壁塗装・屋根塗装におすすめの季節とは?

外壁塗装・屋根塗装は1年中施工を依頼できますが、予定どおり工事を終わらせたい場合はきちんと季節を選んだ方が良いでしょう。というのも外壁塗装・屋根塗装は屋外での工事になるため、雨や雪が振ってしまうと工事が中断してしまい、工期が伸びてしまいます。

以下に滋賀県彦根市の3ヶ月ごとの気温・降水量・湿度・日照時間の平均値をまとめたので、工事を頼む際の参考にしてください。

春(3〜5月)

気温 12.9℃
降水量 415.5mm
湿度 72%
日照時間 584.2h

滋賀県彦根市に限った話ではありませんが、外壁塗装・屋根塗装に最も向いている時期としては春(3〜5月)が挙げられます。降水量は雪が降る冬を除いては最も少ないですし、日照時間の長さは年間でも最長です。

ただしその分多くの業者に依頼が殺到しやすいシーズンであるため、3月に業者へ依頼すると6月以降の施工になってしまうケースも珍しくありません。そのため使いたい業者が決まっている場合はなるべく早く依頼することをおすすめします。

夏(6〜8月)

気温 25.8℃
降水量 724mm
湿度 79%
日照時間 530.9h

外壁塗装・屋根塗装に向いていない季節としては、夏(6〜8月)が挙げられます。最も大きな理由は梅雨や台風によって降水量が多いためですが、夏の猛暑日などは屋外での長時間作業に不向きであり、施工が進みづらいのも原因の1つです。

そのため工期に余裕がある場合は別ですが、なるべく依頼を避けた方が良い季節と言えるでしょう。

秋(9〜11月)

気温 18.3℃
降水量 382.5mm
湿度 76%
日照時間 474.4h

外壁塗装・屋根塗装に向いている季節としては、秋(9〜11月)も挙げることができます。日照時間は春より少ないですが、降水量が多いというわけではなく、天候によって工期が伸びてしまう可能性は低いです。

そのため6〜8月に施工を依頼するよりは、9〜11月に施工してもらった方がスムーズに工事が終わるでしょう。

冬(12〜2月)

気温 8.0℃
降水量 267mm
湿度 77%
日照時間 301.6h

外壁塗装・屋根塗装の施工を依頼するにあたって、まず避けるべき季節が冬(12〜2月)です。たしかに降水量自体は少ないのですが、上記のデータでは降水量と降雪量が別になっており、晴れている日が多いわけではないのです。

その証拠に日照時間は300時間前後と非常に短く、塗料が乾く時間の確保が難しいことが分かります。また雪が降るほど冷え込むと塗料の塗膜が割れてしまうため、施工自体がやり直しになってしまい工事に1ヶ月以上かかることも珍しくありません。

そのため今すぐに塗装しなければならない特別の事情を除いては、なるべく施工を避けるべき季節と言えるでしょう。

滋賀県の外壁塗装・屋根塗業者を探す時の注意点

このページでは主に滋賀県のおすすめの外壁塗装・屋根塗装業者を紹介してきましたが、もっと自分でも業者を探したい、気になっている業者が複数ある、という方もいるでしょう。

そこでここからは、外壁塗装・屋根塗装業者を選ぶ上で必ず抑えておきたいポイントを紹介していきます。

料金面・サービス面・保証面などで後悔したくない人は、ぜひチェックしておきましょう。

外壁塗装業者の選び方はどうすれば失敗しない?優良塗装会社を見極めて選ぶポイント

複数社の見積もりを比較する

外壁塗装・屋根塗装の業者を選ぶ際に必ずやっておきたいのは、複数の業者から同じ条件で見積もりを取る相見積もりです。

相見積もりは業者に嫌がられるのでは、と考えている方もいますが外壁塗装・屋根塗装の業者は相見積もりは消費者の当然の権利と捉えています。例えば例えばこのページで紹介した業者の中ではみやび建装が相見積もりついて触れており、最低でも3社から見積もりを取ることを推奨しています。

こっちの業者に頼めば数十万円安くできた、といった後悔を避けるためにも必ず複数社から見積もりを取って検討しましょう。

資格・建設業許可を保有している

外壁塗装・屋根塗装の業者を選ぶ上では、保有している資格や許可も判断基準になります。

例えば塗装の最高資格である1級塗装技能士が多く所属している業者であれば、高品質な施工が期待できますし、建設業許可を取得していれば県から一定の評価を受けていることが分かります。

基本的に資格や許可の有無はホームページの会社概要などに記載されているため、気になる業者があればチェックしておくことをおすすめします。

複数社の見積もりを詳細までチェックして比較

外壁塗装・屋根塗装の業者を選ぶ際には相見積もりを取ることが重要であると説明しましたが、見積書は細部までしっかりとチェックして比較しましょう。というのも外壁塗装・屋根塗装の業者によって見積書の記載方法や内容は異なりますし、延床面積や使用する塗料などの条件が違う場合は単純な比較ができないからです。

といっても大抵の外壁塗装・屋根塗装の見積もりは「高圧洗浄(品名)160(数量)m(単位)150(単価)24000(金額)といった形で、工事ごとに記載されている場合がほとんどであり、例えばこのページで紹介した業者の中ではよつば塗装店などが見積書のサンプルをホームページに掲載しています。

見積書の比較や見方を確認しておくためにも、一度チェックしてみると良いでしょう。

実際の塗装現場の様子を確認する

外壁塗装・屋根塗装の業者を選ぶ際には、過去にその業者が施工を担当した物件を見にいくのも参考になるでしょう。多くの業者は自社のホームページの施工実績などで施工の様子を写真つきで掲載していますが、やはり直接見たほうが正確な色合いを把握できますし、経年や天候による劣化具合もチェックできます。

なお一部の外壁塗装・屋根塗装の業者は物件紹介ツアーなどをおこなっていますが、個人住宅の場合は個人情報保護の観点から詳しい場所を教えてもらえないケースも多いです。

そこで外壁塗装・屋根塗装の業者についてきちんと知りたい場合はショールームへの来店をおすすめします。例えばこのページで紹介した業者の中では片山などが大規模なショールームを展開しており、塗板(実際の塗料を使ったサンプル)や模型などを確認しつつ専門家と一緒にカラーシミュレーションができます。

また2021年7月現在片山では見積もり依頼をおこなうと1000円分のQUOカードがもらえるキャンペーンを提供しているため、利用を検討している方はぜひチェックしてみましょう。

保証条件・瑕疵保険への加入の有無をチェック

外壁塗装・屋根塗装の業者を選ぶ際には、提供している保証サービスや瑕疵保険に加入しているかどうかも確認しておきたいところです。多くの外壁塗装・屋根塗装業者では施工後5〜10年程度の保証を提供していますが、具体的な保証年数は塗料によって異なりますし、どこまで保証でカバーしてくれるか(自然災害の場合や注文者が傷つけてしまった場合など)は業者によって違うからです。

また自社による保証サービスは業者が倒産すると使えなくなるというリスクがあります。そのため業者の経済状況に関係なく利用できる保険に加入している業者を選ぶと安心でしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

※急に電話がかかってくることはございませんのでご安心ください。稀に当サイトより確認のご連絡を差し上げる場合がございます。