シャワールーム設置リフォームの施工例と費用相場・リフォーム時の注意点を解説

シャワールームの設置リフォームについて解説

家族の多い家庭やゲストを頻繁に呼ぶことのある家の場合、「お風呂場がもう一つほしい」と思う人もいます。

しかし実際に風呂場を新設するのはかなりの費用と場所が必要になるので、シャワールームを増設・新設する人が多いです。

他にも、お風呂の無い物件にシャワールームを設置したい人や3点ユニットバスをトイレとシャワー室に分離したいという人もいます。

今回はシャワールームの設置リフォームに関する情報を詳しく解説します。

リフォーム費用相場や必要サイズ、おすすめのシャワールームメーカーも紹介するので必見です。

これからシャワールーム設置を検討している人や興味のある人は参考にしてください。

シャワールーム設置の費用相場は20~80万円

シャワールームの設置費用相場は?

シャワールームには大きく分けて2つの工事方法があり、方法によって費用も異なります。

シャワールームのタイプ リフォーム費用
ユニット工法 25〜75万円
在来工法 45〜250万円

シャワールームのグレードや給湯器工事・配管工事の必要性によって費用も大きく変わるので、まずは業者に見積を依頼してみましょう。

ちなみにシャワールームのリフォーム方法は大きくわけて3つあります。

シャワールームのリフォーム方法

  • シャワールームを増設する
  • 既存の浴室をシャワールームに変更する
  • 3点ユニットバスをシャワールームとトイレに分離する

各リフォーム内容によって価格が代わり、3点ユニットバスをシャワーとトイレに分離するリフォームは、シャワールームの位置変更を行う為、配管工事代金が加算されます。

一般的に、シャワールーム設置の費用相場は約20~80万円程度です。

シャワールーム設置は置型タイプ・組込型タイプによって価格が違うので、詳細を下記にまとめました。

項目 置型 組込型
シャワールームユニットの価格 約30万円 約30万円
基本工事費用 約10万円 約10万円
壁の設置費用 約10万円

シャワールームは単独で設置するよりも組込型の方が割高費用になるので注意しましょう。

一方でバスルームのリフォーム費用と比較すると安く抑えられるので、入浴設備をとにかく安価でリフォームしたいという人はバスルームの設置も一つの考えとして検討してみてください。

シャワールームの位置を変えると費用が高くなる

浴室からシャワールームにリフォームする場合は、位置を変更する工事が発生する可能性があるので、通常の設置費用より高くなってしまいます。

予算組の際に位置変更の工事を伴うかしっかり確認しておきましょう。

シャワールーム設置リフォームの施工例

シャワールームの施工例

シャワールーム設置リフォームの施工例を紹介します。

シャワールームのメーカーによって価格が異なりますが、100万円以上かかる大規模な工事と比較すると安く済ませられることが分かります。

工事期間も1週間以内に終わるので、手早くバスルームをリフォームしたい人におすすめです。

施工例1.シャワールームを新設

シャワールームを新しく1階に設置した施工例では、費用が40万円以内に収まっており、工事期間も3日で終わっています。

採用したシャワールームメーカーはTOTOで、施工内容の詳細は下記の通りです。

シャワールーム設置の工事内容

  • 設置工事
  • 給排水/ガス管工事
  • 給湯器工事

給湯器が既にある場合は、給湯器工事が必要ないのでより安く抑えられます。

施工例2.3点ユニットバスをシャワーブースに変更

集合住宅にある、トイレ・浴室・洗面室が一体となっている3点ユニットバスをシャワーブースに変更するリフォームでは、費用が約150万円かかっています。

施工期間は21日と長い期間になっていますが、トイレ・洗面所・シャワー室をそれぞれ独立させることに成功しておりオシャレな空間になっています。

位置の変更がある工事はシンプルな設置工事より費用も施工期間もかかってしまうことを把握しておきましょう。

施工例3.ユニットシャワールームを設置

事務所にユニットシャワールームを設置し、費用は35万円となっています。

浴槽に浸かる機会がすくない場所であれば、ユニットバスを設置するよりシャワールーム設置の方がリフォーム費用を安く済ませられます。

ユニットシャワールームメーカーはLIXILを使用しており、工事期間は5日です。

新規設置でも1週間以内に終わるので、内装を大きく変更しない場合は施工期間が短くなります。

シャワールームを設置する方法

シャワールーム設置方法

シャワールームを設置する方法は大きく分けて2通りあります。

シャワールームを設置する方法

  • 従来工法
  • ユニット工法

各工法によって特徴やメリット・デメリットが異なるので、自分に最適な工法でリフォームできるように内容を理解しておきましょう

従来工法はオーダーメイド感覚で設置可能

従来工法は部屋の周囲を防水加工し、壁・床をコンクリートやタイルで作ります

設置したいスペースにシャワールームを設置できるので、リフォームの自由度が増します。

しかしコストがかかるので、リフォーム予算と相談しながら個性を出せる場所にリフォームすることをおすすめします。

ユニット工法は2階以上のフロアに設置する場合採用される

ユニット工法はあらかじめ、設計されている部材をリフォームする場所で組み立てて施工します。

壁や床のつなぎ目に隙間を作ることが無いので防水に優れています。

2階以上のフロアに設置する場合に適しており、1階ではない場所にシャワールームを設置する場合はユニット工法が採用されています

シャワールームとシャワーユニットの設置に必要なサイズ

シャワールームを設置する為に必要なスペースは約0.25~1坪です。

色々なメーカーによってサイズバリエーションが有るので、設置したいスペースに最適の製品を業者に提案してもらうことをおすすめします。

シャワールームを設置する時の注意点

シャワールーム設置に関する注意点

シャワールームを設置する時の注意点を紹介します。

シャワールームは設置する場所によって音がうるさくなってしまったり、漏水してしまったりする危険性があります。

安全面もしっかり気をつけながらリフォームする必要があるので、業者と細かい部分まで相談しましょう。

排水音の防音対策をしっかりおこなう

2階以上の場所にシャワールームを設置する場合は、下の部屋に排水音が響かないか配慮する必要があります。

特に集合住宅・マンションに住んでいる場合は、近所迷惑になってしまいます。

シャワールームの真下に寝室がある場合、近所トラブルの原因に発展する可能性もあるので避けましょう。

防水性を重視しよう

防水性を適当にしてしまうと、部材のつなぎ目や床から水が漏れて漏水してしまう可能性があります。

集合住宅の場合、下の階の人とトラブルになってしまう可能性があります。

業者を選ぶ時は、シャワールームの施工経験が豊富なところに任せましょう。

木材住宅でシャワールームを設置する場合は、防水・防音対策をより強化させる必要があります。

漏水の危険性が不安という人は、業者に事前相談しておくことをおすすめします

国内メーカーを選ぶ

シャワールームの商品自体に問題がある場合もあります。

シャワーユニットは国外メーカー商品もありますが、漏水の危険性を考えると国内メーカーを選んだ方が安全です。

更に国内メーカーは製品保証や修理・アフターサービスも充実しているので、修理費用が加算されることもありません

工事の契約をする前にメンテナンスやアフターサービスもしっかり確認しておくことをおすすめします。

シャワールーム設置に失敗した人たちの体験談

シャワールーム設置リフォームを実際におこなって失敗した人たちの体験談を紹介します。

ユニットバスのリフォームに比べて安く済ませられるシャワールーム設置リフォームですが、数十万以上の費用がかかるので失敗したく無いですよね。

失敗した人たちの経験談を見て同じ過ちをしないように気をつけましょう。

体験談1.設置場所を間違えて漏水

男性 40歳

業者を適当に選んでシャワールームの設置を頼みました。

一応シャワールームの設置経験がある業者だったのですが、設置してから数ヶ月後に漏水が発覚しました。

原因は、工事に欠陥があったらしくメンテナンスサービスがあったので無料で修理してくれました。

費用が加算されたわけではないのですが、業者をもっとしっかり選んでおけば無駄な時間を過ごさなかったなと後悔しています。

体験談2.シャワーの音がうるさい

女性 38歳

一戸建てに住んでいるのですが、2階にシャワールームを設置しようということになりリフォームしました。

業者さんも丁寧にしてくれて、サポートも充実だったのですが、私達が考えていたシャワールームの位置が寝室の上で失敗したなと感じています。

一度業者さんに、寝室の上ですが~とお話を伺っていたのですが、どうしても指定場所にシャワールームを設置したかったのでゴリ押ししてしまいました。

もう少し業者さんの話を聞いておけばよかったと後悔しています。

おすすめのシャワーメーカーを紹介

おすすめのシャワーメーカーを紹介します。

シャワーユニットやシャワーブースを販売している国内メーカーは安心性が高く、機能も充実しています。

メンテナンスや補修もメーカーが保証してくれるところもあるので、国内メーカーの購入を検討してみてください。

TOTO

TOTO

TOTOのシャワールームは、掃除が簡単で「お掃除ラクラク鏡」は白い水垢汚れを防ぐ効果があります。

排水性の高い「カラリ床」が搭載されているので、シャワールームを使用した翌朝には床が乾いています。

シンプルなデザインものもありますが、既存の押入れに収まる「押入れシャワールーム」などもリリースされているので興味のある人は検討してみてください。

LIXIL

リクシル

LIXILのシャワールームは「キレイドア」が人気の秘訣で、カビの発生を防いだりホコリのたまりにくいようにしたりしてくれます。

日々の掃除が楽になる上に、デザインのバリエーションが豊富なので、オシャレにリフォームしたいという人におすすめです。

「サーモフロア」も選ぶことができるので、床にこだわりをもっている人でデザイン性も重視したいという人は検討してみてください。

シャワールーム設置は50万円以下でも可能!国内メーカーでリフォームしてもらおう

シャワールームの設置リフォームは50万円以下でも可能ということが分かりました。

国外メーカーのシャワールーム設置も可能ですが、保証制度が無かったり修理費用が高くなったりするので注意が必要です。

シャワールームの位置を変える場合は費用が高くなるので、安くリフォームしたいという人は位置を変えずにデザイン性を変えてみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

※急に電話がかかってくることはございませんのでご安心ください。稀に当サイトより確認のご連絡を差し上げる場合がございます。