畳の上にフローリングマットを敷くとカビ・ダニが発生する?リフォームで発生を防ぐ方法や費用を解説

部屋を和室から洋室に変更する時、フローリングマットを利用して洋室にリフォームする人が多く存在します。

フローリングマットはホームセンター等で手軽に入手可能で、業者に頼む必要が無いので費用も抑えられます。

しかしフローリングマットを敷くと「畳からカビが生える」・「ダニが発生した」という問題を抱えてしまう場合もあります。

今回は綺麗に畳からフローリングマットに変更する方法を紹介します。

費用を抑えて綺麗にリフォームしたい人やカビ・ダニの発生を抑えたいという人は必見です。

フローリングにリフォームする費用・日数も詳しく説明するので、これからリフォームを考えている人は参考にしてください。

畳の上にフローリングマットを敷いてカビ・ダニが発生する原因

フローリングマットは低価格で床のイメージチェンジが可能で、賃貸でも利用できる為幅広い層から高い人気を得ています。

カラーバリエーションも豊富なので、部屋のスタイルを低価格で変えたいという人に最適のアイテムです。

しかし畳の上にフローリングマットを敷いて洋室にリフォームして、「畳からカビ・ダニが発生して大変なことになった」と困ってしまうケースがあります。

カビやダニが発生すると、好みの部屋に変えたのに気分が台無しになってしまいます。

これからカビ・ダニが発生してしまう原因を紹介するので、ダニ・カビが発生してしまった人はまず発生原因を把握しましょう。

畳を掃除しないままフローリングマットを敷く

畳を掃除していない状態でフローリングマットを敷くと、ダニにとって最高の生息場所になってしまいます。

畳は一見綺麗に見えますが、掃除せずに放置しているとホコリが溜まって汚くなります

畳の上にフローリングマットを敷く時は、綺麗に掃除した状態で敷くことをおすすめします。

部屋の湿度調整をおこなっていない状態

畳は調湿素材なので、湿気を吸収・放出して部屋の湿度を一定に保っています。

しかし、フローリングマットを敷くと湿気が逃げにくくなってしまうのでカビが生えてしまう原因になります

フローリングマットを定期的に取って通気性をよくすると、湿気を逃してカビの発生を回避できます。

マットのサイズが合わず隙間にゴミが溜まる

フローリングマットにはサイズ表記があり、自分の部屋に収まるか確認できますが目安なのでピッタリはまらない場合があります。

実際に畳の上に敷くとマットが足りなくなり、部屋の隅に段差が出てしまったり微妙に追加したフローリングマットがダサく見えてしまったりします

更に追加したフローリングマットとの間に隙間ができて、ゴミがたまりダニの発生原因にもなります。

サイズぴったりのフローリングマットを見つけるのは至難の業で、間取りピッタリにリフォームしたい場合は業者に相談することをおすすめします。

綺麗に畳からフローリングに変更する方法

畳からフローリングに変更する場合、フローリングマットを敷く方法が一番手軽でコストを抑えられますが、「カビ」・「ダニ」が発生する可能性を考えると結果的に大きな労力がかかってしまいます。

畳からフローリングに変更する方法はフローリングマットだけではありません

費用はフローリングマットの購入費に比べて高くなってしまいますが、カビやダニを容易に防ぐことができます。

とにかく綺麗に畳をフローリングに変更したいという人は参考にしてください。

フローリングマットではなくフローリングにリフォームする

カビやダニの発生を防いでフローリングにしたいという人は、業者に頼むもしくはDIYで畳からフローリングにリフォームしましょう。

フローリングマットのように畳の上からフローリングマットを敷くことが無いので、カビ・ダニの発生を未然に防げます。

定期的に敷いているフローリングマットを取って通気性を良くする必要も無いので、リフォーム後も手間が掛かりません。

業者に頼むので、フローリングマットにかかる費用と比べて高くなってしまいますが、綺麗に部屋をリフォームできるのでおすすめです。

フローリングに張り替えるとダニやカビが発生しにくい

フローリングに張り替えるとダニやカビの発生率が低くなり、水分をこぼしてもシミになりません

フローリングマットのように通気性の心配もいらないので掃除が楽になります。

カビやダニを心配しながら過ごす必要が無いので、気持ちよくリフォーム後の部屋を堪能できます。

畳からフローリングにリフォームする時にかかる費用と日数

フローリングに張り替える場合、フローリングマットと違い業者に頼むかDIYで張り替える必要があります。

フローリングマットはマットの費用のみで済みますが、DIYや業者に頼む場合フローリング材以外にも必要経費が生まれます

「カビ・ダニの発生は抑えたいけど費用がかかるのでは?」・「コストがかかるなら迷う」と困っている人は、まずフローリング張替えにかかる費用と日数を把握して検討してみてください。

DIYの場合10万円前後で1週間かかる

DIYの場合10万円前後でフローリングに張替えることができます

DIYに必須ののこぎりやハンマーを既に所持している人はフローリングに必要な材料のみの費用になるので安く済みます。

リフォームしたいフローリングデザインによって費用が変わるので、値段のコントロールをしたいという人はリーズナブルに抑えられるフローリング材を見つけましょう。

プロに張替えてもらう場合約15万円~30万円で半日~数日かかる

リフォーム業者を利用して張替えて貰う場合は、15万円~30万円以上かかります。

部屋の大きさによって費用が異なるので、リフォームを考えている人は業者の料金表を見て確認しましょう。

下記にフローリングリフォームの張替え工法にかかる費用を紹介します。

フローリングリフォームの張替え工法にかかる費用
1畳 3~6万円
4畳 7~14万円
6畳 9~18万円
8畳 10~20万円

部屋の状態によって費用が上下するので、細かく費用が知りたいという人は業者に直接お問い合わせしてみましょう。

業者に張替えて貰う場合、半日から数日で張替えが完了します。

DIYと比べると労力も少なく短期間でリフォームが終わるので、効率よくリフォームしたい人におすすめです。

費用を抑えたい人はカビ・ダニが発生しにくい状態でフローリングマットを敷こう

「フローリングにリフォームしたいけど費用が高すぎて無理!」という人は、なるべくカビ・ダニを発生させない状態でフローリングマットを敷きましょう

フローリングマットと畳の間にシートを入れたり、掃除を徹底したりすることによってある程度カビ・ダニの発生を抑えることが可能です。

賃貸でリフォームできないという人や費用をとにかく抑えて部屋の雰囲気を変えたい人は参考にしてください。

畳の掃除を徹底しよう

基本ですが、畳の掃除を徹底してやっていない人はカビ・ダニの発生を許してしまいます。

畳掃除の仕方は、畳の目に沿って掃除機をかけて取り切れていないホコリを雑巾で乾拭きするのがベストです。

掃除機に畳モードがある人は、畳が傷みにくく掃除することができるので必ず畳モードにしておきましょう。

畳のホコリを取るには掃除機をゆっくりかけるのがコツで、畳1枚に付き40~60秒程時間をかけましょう。

水分を含んだ雑巾で拭き取るとカビの発生原因になるので、乾拭きのみおこなうようにしてください。

ダニ避けシート・防カビシートを敷く

畳とフローリングシートの間にダニ避けシートや防カビシートを敷くと、カビ・ダニの発生を防ぎやすくなります。

オンラインショップなどで売っているので、フローリングシートと共に購入しておきましょう。

シートの種類によって値段が異なりますが、だいたい8畳分10000円で購入できます

費用がかかってしまいますが、カビ・ダニの発生を未然に防げるのでおすすめです。

畳に軽度のカビが生えている場合タオルでしっかり拭き取ろう

畳を掃除する際、既に軽度のカビがはせてしまっている場合はカビを除去する必要があります。

カビの生えている箇所に酢を10倍に薄めたものを付けたタオルで拭き取り、拭き取った後乾拭きします

乾拭きした後はエタノールで除菌し、日陰で畳を3~4日程乾燥させて下さい。

重度のカビが発生している場合、畳の交換が必要になる事もあるので注意しましょう。

畳からフローリングに変更した人の口コミ

実際に畳からフローリングに変更した人達の口コミをまとめました。

変更する事によって得たメリットや費用面に関してコメントしている人たちが居るので参考にしてください。

口コミ1.プライベートサロンの為にフローリングに変更

プライベートサロンのために畳からフローリングに変更したようです。

見た目も格段にオシャレになっており、古臭い印象からモダンでキレイな印象になっています。

口コミ2.DIYで畳からフローリングに変更

本格的なDIYで畳からフローリングに変更したようです。

DIYでのフローリング変更は費用を安く抑えられるので、低予算で変更したい人におすすめです。

口コミ3.DIYで変更したものの隙間が出来てしまった

DIYで畳からフローリングに変更したものの、少し隙間が開いてしまったようです。

自分で変更するデメリットとして、失敗してしまう可能性が挙げられます。

今回の隙間は気にならない程度に収まっていますが、技術面で不安のある人は業者に相談することをおすすめします。

畳からフローリングに変更したい人はプロに相談するのがおすすめ

畳からフローリングに変更する方法を紹介しましたが、一番綺麗にリフォームできるのは「プロに頼む」方法です。

フローリングマットが一番費用を抑えられますが、カビやダニが発生すると掃除する必要があります。

防カビシートやダニ除去シートで未然に防ぐ方法もありますが、心配事なく綺麗にリフォームしたい人は業者に相談してみましょう。

費用がどうしても心配という人は、業者に費用面の相談をするのも一つの手段です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

※急に電話がかかってくることはございませんのでご安心ください。稀に当サイトより確認のご連絡を差し上げる場合がございます。