トイレリフォームに掛かる費用相場はいくら?施工内容別の費用と低コストで依頼するコツ

タンクレストイレ

家を建ててから年数が経つにつれ、家のいたる場所でメンテノンスが必要になってきますが、トレイは家の中でも使用頻度が高く劣化が早いため、リフォームする方も多いです。

また、出産や住んでいる人のライフスタイルの変化に伴いリフォームする方が増えています。

トイレのリフォームには、手すりの設置など簡単なものから新設や移動など大掛かりなものまで幅広くあり、掛かる費用も様々です。

そこで、このページではリフォームの種類ごとに掛かる費用や費用を安く済ませるコツなどを詳しく解説していきます。

リフォーム費用の相場はいくら?全面リフォーム・部位別の費用内訳と安く依頼する方法

塗装工事の見積もりをネットで比較する
※急に電話がかかってくることはございませんのでご安心ください。稀に当サイトより確認のご連絡を差し上げる場合がございます。
流れ

トイレリフォームの費用相場

トイレのリフォーム

トイレのリフォームは施工内容によって規模が大きく異なるため、費用相場も3万円〜100万円と幅広くなっていますが、30万円未満でリフォームされる方が多いです。

しかし、トイレを新設する場合などご希望の施工内容によっては50万円を超える可能性もあります。

ここからは施工内容ごとの具体的なリフォーム費用について、詳しく解説していきます。

洋式便器を交換する際の費用相場

トイレの洋式便器を新しい洋式便器に交換する際の費用相場は4万円から20万円です。

便器の交換では既存の便器を撤去・処分費用を含む基礎工事費に3万円~4万円掛かり、新たに設置する便器の購入費用が掛かります。

洋式便器はウォシュレットと暖房便座の有無によって購入費用の価格帯が異なります。

ウォシュレットと暖房便座のいずれもない洋式便器の購入費用は1万円~4万円で、ウォシュレットと暖房便座のいずれかの機能がある場合は10万円~15万円が相場です。

どちらも備えているものだと15万円~20万円程度の価格になります。

ウォシュレットと暖房便座の他にも排水タイプや壁掛けのリモコンの有無によっても費用が異なるため、費用相場に開きがあります。

タンクレスの場合はさらに費用が上がり、本体購入費で20万円~50万円が相場です。

和式から洋式便器に交換する際の費用相場

和式便器から洋式便器に交換する際の費用相場は15万円~60万円です。

和式便器から洋式便器に交換する場合は先ほど紹介した洋式便器から新たな洋式便器に交換する場合と同様に新たに取り付ける便器の本体購入費用によって異なります。

また、トイレのタイプによっても配管工事の内容が変わるため、費用が変わるケースもあります。

例えば、便器・便座・タンクを好きなものから組み合わせするタイプのトイレの場合は15万円~50万円、便器や便座が一体型になっているタイプの場合は20万円~55万円、タンクがない便器の場合は30万円~60万円が相場です。

トイレの内装リフォームに掛かる費用の相場

トイレの内装

トイレの内装を一式交換する場合の費用は、4万5千円~10万円が相場です。

トイレの内装リフォームでは、主にクロスの張り替えと床の張り替えがあります。

壁や天井クロスの張り替えは1畳程の大きさのトイレで2万5千円~4万円でリフォームできる場合が多く、防カビ機能・吸湿機能など高い性能のものを使用する場合はさらに5千円程度の費用が掛かります。

床の張り替えではクッションフロアを交換する場合は2万円~4万円、フローリングを交換する場合は4万円~6万円が相場です。

フローリングを交換する場合は便器を取り外して工事するため、クッションフロアに比べて費用が高くなる傾向になります。

壁紙のリフォーム後のボコボコは補修が必要?凹凸が出来る原因と対処法を解説

便器交換の費用相場

便座のみ交換する場合は、1万円程度の交換費用の他に便座の購入費用が掛かり総額3万円~10万円が相場です。

便座はウォシュレット付きのシンプルなもので2万円~、脱臭機能・温風機能・オート開閉機能など様々な機能を加えると10万円程度のものまで豊富な種類があります。

一般的にはウォシュレット付きのシンプルなものを購入される方が多いようです。

便座の交換については取扱説明書通りに作業を進めていくと取り付けできるといった比較的簡単な作業であるため、DIYで施工する方も多いです。

独立式手洗い新設の費用相場

独立式手洗いを設置する費用の相場は、手洗いのみ設置する場合は10万円~15万円、カウンターやキャビネットも設置する場合は15万円から20万円です。

トイレの手洗い機の設置に関しては、ご自宅のトイレの状況によって費用が異なりますので、一度業者に相談してみましょう。

トイレの手洗いの設置では配管作業やクロスの張り替え、配線作業など専門的な知識が必要となるため、DIYでの作業はおすすめしません。

また、トイレの広さによってはタライを設置した場合、動線が確保できなくなるため設置できないこともありますので、ご注意ください。

手すり設置の費用相場

トイレに手すりを設置する際の費用相場は、材料費と工事費を含めて3万円~10万円です。

手すりは様々なパーツから組み合わせて構成されているため、ご自身にあった自由な形状で手すりを作れますが、形が複雑になるほど費用が高くなる傾向にあります。

複数箇所に手すりをつける場合は追加で費用が発生しますのでご注意ください。

手すりの設置目的が介護または高齢者による使用の場合は、介護保険や助成金が活用できる場合がありますので、お住まいの自治体に相談してみましょう。

トイレの移動・新設の費用相場

トイレを新設する場合の費用相場は40~100万円で、移動する場合は30~60万円が相場です。

ただし、トイレの配管の状況によっては100万円を超えることもあります。

トイレを新設する場合には0.4~1畳の広さが必要で、既存のスペースで確保できず増設工事が必要な場合は、70~200万円が費用相場です。

配管の状況や設置するスペースの状況によって費用が大きく異なり、住宅の2階にトイレを新設した場合でも50万円で済んだケースもあります。

新設・移動を検討されている方は業者に相談してみましょう。

換気扇の新設の費用相場

トイレに新たに換気扇を取り付ける際の費用相場は、3万円~5万円です。

換気扇の購入費用は人感センサーや一定時間経過すると電源が切れるものなど機能が加わると費用が高くなります。

また、天井に取り付けするタイプの換気扇の場合は天井に穴を開ける作業が必要となるため、追加で1万円前後の費用がかかる場合があります。

換気扇の取り付け工事では基本的に電気工事も必要となるため、専門の資格を持っている方しか作業できませんので、業者によっては対応できないこともありますので事前に確認しましょう。

トイレリフォームの施工内容ごとの工期

トイレをリフォームしている間はトイレが使用できなくなりますので、事前に工期を確認し対策しましょう。

工期の目安は以下のとおりですが、工事業者によって変わる可能性がありますので必ず施工業者にご確認ください。

トイレを使用できない期間は、外出の際に済ませる方が多いようです。

施工内容 工期目安
洋式便器を交換する 半日~1日
和式から洋式便器に交換する 2~3日
トイレの内装リフォーム 1日~2日
便器交換 1~2時間
独立式手洗い新設 1~2日
手すり設置 1時間~半日
トイレの移動・新設 3日~5日
換気扇の新設の費用相場 半日~1日

トイレリフォームの費用を抑えるコツ

トイレのポイント

施工内容によっては異なりますがトイレのリフォームはまとまったお金が必要です。

そのため少しでも費用を安くしたいと考えている方もいるのではないでしょうか。

事前に知っておくと費用が抑えられるコツがありますので紹介していきます。

トイレリフォームの費用を押さえるコツは次の2点です。

  • 大家さんに相談する
  • 複数の業者から見積もりをもらう

一つずつ詳しく解説していきますので、事前に確認しましょう。

大家さんに相談する

賃貸の場合、トイレのパッキンなど消耗品は入居者が負担し、トイレの設備に関わるものは大家さんが負担するケースが一般的です。

入居時の契約内容によっても異なりますが、トイレの交換、消耗品の交換以外のリフォームに関しては大家さんの管理になりますので、リフォームを検討している方は大家さんに相談してみましょう。

賃貸の場合でも便座の交換など、退去時に修復できる程度の簡易的なリフォームについては入居者の負担で行っても問題ない場合もあります。

しかし、退去時にトラブルならないよう事前に大家さんに連絡または、契約書を確認しましょう。

複数の業者から見積もりをもらう

トレイのリフォームは新たに取り付け・使用する物品の購入費用と取り付け工事の費用、そして撤去費用が掛かります。

物品の購入費用と撤去費用に関しては業者ごとでの差は少ないですが、取り付け工事の費用は業者によって様々です。

同じリフォーム内容であっても施工方法が違ったり、業者によっては下請けの業者に施工を依頼したりと、同一の発注内容でも費用が異なるケースがあります。

そのため複数の業者から見積もりをもらい、費用を押さえてリフォームしましょう。

自宅の状況にあったリフォーム費用を知ろう

ご自宅のトイレによっては配線や配管が様々ですので上記で紹介した費用相場と実際に掛かる費用が異なる場合がありますので、早めに業者に相談することをおすすめします。

ご自身で具体的なリフォームをイメージしていても、実際に見積もりをもらうと予算と金額があわない可能性があり、希望どおりにリフォームできない場合もあります。

そこで施工実績が豊富な業者に相談してご自宅にあったリフォーム方法を提案してもらい、見積もりで費用について確認しましょう。

実際に掛かる費用と予算を照らし合わせて、実際に施工する内容を具体的に決めていきましょう。

お風呂(浴室)リフォームの費用相場は?ユニットバス交換の価格や工事費用を徹底解説

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

塗装工事の見積もりをネットで比較する
※急に電話がかかってくることはございませんのでご安心ください。稀に当サイトより確認のご連絡を差し上げる場合がございます。
流れ