鳥取県の外壁塗装・屋根塗装におすすめの業者ランキング!口コミ・評判で選ぶ優良業者7選

鳥取県の外壁塗装・屋根塗装

鳥取県に住んでいる方で、最近壁に触ると白い粉がつくようになってきた・壁や屋根の汚れや傷が目立ち始めた、という方はいませんか。特に粉吹がひどい状況はチョーキングと呼ばれ、外壁が傷んでいる証拠です。

しかし外壁塗装・屋根塗装をどこかの業者に頼もうとしても、どこに頼めば良いのか分からない、という方がほとんどでしょう。

そこでこのページでは鳥取県に本社を置くおすすめの外壁塗装・屋根塗装業者を紹介していきます。

またページの後半では2021年7月現在利用できる鳥取県内の助成金制度についても触れていくので、ぜひ参考にしてください。

【2021年】外壁塗装おすすめ塗料ランキング27選!目的・性能別に人気塗料を比較

鳥取県の外壁塗装・屋根塗装におすすめの業者

一口に練馬県内に本社を置く外壁塗装・屋根塗装業者と言ってもそれぞれ強みは異なるため、なにを重視するかで利用するべき業者は変わってきます。

そこでこのページで業者を紹介する際には、その業者にどういった強みがあるかを中心に解説していきます。

自身のニーズに合っていると感じたものがあればホームページなどをチェックしてみましょう。

人気の外壁塗装業者おすすめランキング!口コミ・評判や料金相場・独自サービスを比較

OKUPEN

OKUPEN

本社所在地 〒680-0921 鳥取県鳥取市古海330-2
電話番号 0857-30-6955
設立年度 2012(平成24)年
許認可 塗装工事業 鳥取県知事許可(般-25)第6926号

過去に担当してきた施工実績や鳥取県内の対応エリアの広さで選ぶのであれば、OKUPENが有力な候補になるでしょう。

OKUPENは鳥取県鳥取市に本社を構える総合リフォーム業者で、外壁塗装・屋根塗装以外にもシーリング工事・防水工事・看板制作・ステッカー制作などを請け負っています。

OKUPENは一般住宅の他に商業施設や公共施設の塗装も多く担当しており、鳥取県内では鳥取大学・ぽかぽか温泉・グレーベルマンションなどが一例として挙げることができます。

また一般的な外壁塗装・屋根塗装業者と違って、鳥取県内全域を施工可能エリアにしているのも嬉しいポイントの1つです。

もりもと塗装

もりもと塗装

本社所在地 〒680-0906 鳥取県鳥取市港町40番地3
電話番号 0857-54-1275
設立年度 2014(平成26)年8月
許認可

きちんと信用できる認可を受けた業者を利用したい・リフォームに際して細かい要望がある、という方はもりもと塗装をおすすめします。

もりもと塗装は2014年設立と比較的若い業者ですが、社内には厚生労働省から認定を受けた「ものづくりマイスター」が在籍しており、高い技術力や信頼度が伺えます。

ものづくりマイスターとは
厚生労働省主催のものづくりマイスター制度に基づいた熟練技能者に与えられる称号のこと。習得には高い技術力・豊富な経験値・後継者育成への意欲・第三者の推薦が必要。

またもりもと塗装は小回りの効きやすさでも高い評価を得ており、外壁や屋根のスポット塗装にも対応していますし、下請け業者を使わないため注文者のニーズが反映されやすいのもおすすめできる理由の1つです。

PAINT WORKS

PAINT WORKS

本社所在地 〒680-0872 鳥取県鳥取市宮長123
電話番号 0120-554-123
設立年度
許認可 鳥取県知事 許可(般-1)第7353号

信頼度や技術力で選ぶのであれば、PAINT WORKSも検討するべき業者の1つと言えるでしょう。

というのも外壁塗装・屋根塗装の施工には特別な資格や建設業許可は原則として不要であり、無資格・無許可で施工する業者も多いです。

しかしその点PAINT WORKSは鳥取県の建設業許可を取得していますし、塗装の最高資格である1級塗装技能士が在籍しています。

無資格・無許可の業者が全く信頼できないわけではありませんが、資格や許可の取得には厳しい条件が課せられていることを考えると、信頼性を判断する基準にはなるでしょう。

まずはPAINT WORKSのホームページにアクセスして、メールフォームから無料見積もりと事前調査を申し込んでみましょう。

マツモト工務店

マツモト工務店

本社所在地 〒680-0911 鳥取県鳥取市千代水3-59
電話番号 0857-31-4288
設立年度 1989(平成元)年10月5日
許認可

扱っている塗料の幅広さや連絡の取りやすさで選ぶのなら、マツモト工務店をおすすめします。

マツモト工務店では「プレミアムペイントプロフェッショナルシリーズ」「スタンドダードペイントシリーズ」の2つのシリーズを提供しており1シリーズにつき、さらに4つのプランに分けられます。

つまり注文者は予算やニーズに合わせて8種類のプランから自由に選ぶことができます。

例えばプレミアムペイントプロフェッショナルシリーズのプレミアムゴールドプラン No.1 ex 2液型無機質ハイブリッド(プロフェッショナル)では、25年以上の耐久年数を誇る無機系塗料が利用できます。

またマツモト工務店は土日祝日も営業しているため、平日忙しい方でも気軽に相談しやすいのは嬉しいポイントの1つと言えるでしょう。

オオヒロ

オオヒロ

本社所在地 〒680-0801 鳥取市松並町1丁目168-24
電話番号 0857-26-1007
設立年度
許認可 鳥取県知事許可(特-30)5680号

費用の分かりやすさ、対応部位の広さで業者を選ぶならオオヒロが魅力的な選択肢になるでしょう。

一般的な外壁塗装・屋根塗装の業者では見積もりを取るまで費用が分からないことが多く、価格の比較しづらさが業界の課題として挙げられていました。

その点オオヒロはホームページ記載のチラシにて、各プランの料金を細かく記載しており、コーキングやシート防水など細かいオプションの価格まで一目で分かるようになっています。

またオオヒロは外壁塗装・屋根塗装以外にもトイレ・浴室・内装・増改築・介護・サッシ・外構・解体など家のあらゆるリフォームに対応しているため、マイホームのことをまとめて依頼できるのは大きな強みと言えるでしょう。

なおオオヒロは土祝日も10〜15時と短めながら営業しているため、まずは気軽に相談してみましょう。

岩崎塗装店

岩崎塗装店

本社所在地 〒683-0052 鳥取県米子市博労町1-8
電話番号 0859-22-2522
設立年度 1959(昭和34)年5月6日
許認可 鳥取県知事(般-29)第281号

施工の歴史や実績で業者を選びたい、他の外壁塗装・屋根塗装業者には最新技術に興味がある、という方は岩崎塗装店を検討しましょう。

岩崎塗装店の設立年度は1959年ですが、創業は1902(明治35)年であり、およそ120年の歴史があります。120年営業を続けている老舗の塗装店は四国ではもちろん全国規模で見ても珍しいです。また岩崎塗装店は汚れにくく燃えにくい、そしてカビや気候にも強い温暖化防止対策塗料「ナノコンポジットW」を使用できる数少ない塗装店でもあります。

岩崎塗装店のホームページでは見積もりシミュレーションが受けられるため、まずは費用の概算だけでもやってみましょう。

ホームデコ

ホームデコ

本社所在地 〒683-0805 鳥取県米子市西福原6丁目19-29
電話番号 0859-33-1073
設立年度 1962(昭和37)年
許認可 鳥取県知事 特28-第103号

サービスやサポートが充実している大手の外壁塗装・屋根塗装業者を利用したい、という方にはホームデコをおすすめします。

ホームデコは鳥取県と島根県に計6つの店舗とショールームを展開する山陰地方最大のリフォームグループで鳥取県では鳥取市・米子市・境港市・倉吉市に店舗があり、気軽に相談しにいけるのが大きな魅力です。

またホームデコは外壁塗装シミュレーション・LINEでの見積もり・オンラインリフォーム相談など、便利なサービスを多く提供している点でも高い評価を得ています。

火曜日以外の9〜18時であれば電話相談を受け付けているため、まずはホームページにアクセスして電話番号やメールアドレスを確認してみましょう。

鳥取県で利用できる独自の助成金

外壁塗装・屋根塗装を業者に依頼する前に、自身の住んでいる市区町村の助成金制度を利用できないか確認しておきましょう。外壁塗装・屋根塗装の助成金制度ではおおよそ10〜50万円程度の給付が受けられるため、自己負担を大きく減らすことができます。

なお助成金制度の利用をするためには、施工前に申請する必要があります。申し込むタイミングには十分注意しましょう。

外壁塗装で助成金・補助金は受給できる?交付条件や申請方法・必要書類を解説

岩美郡岩美町住宅新築・リフォーム資金助成

補助対象の住宅 岩見町内の住宅
補助対象の市民
  • 岩美町内在住で岩美町に住民登録をしている
  • 本人及び同居家族が町税や町の使用料などを滞納していない
補助金額の上限 10万円
補助対象工事
  • 住宅の修繕・補修・増改築
  • 壁紙の張り替え
補助金額 工事費の10%
受付期間 予算がなくなるまで
問合せ先 鳥取県岩美郡岩美町住民生活課住宅係
電話番号:(0857)73-1415

東伯郡湯梨浜町三世代同居世帯等支援事業補助金

補助対象の住宅 東伯郡湯梨浜町内にある三世代が同居している住宅
補助対象の市民
  • 新たに三世代同居世帯として居住しようとしている者など
  • 補助金の交付を受けてから5年以上町に定住しようとする者
  • 町税などを滞納していない
  • 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)第2条第2号から第5号に規定する暴力団の構成員に所属していない
補助金額の上限 50万円
補助対象工事 住宅の機能や性能を維持・向上させるために一部を修繕・補修・模様替え・取替えをする工事
補助金額 補助対象経費に100分の5を乗算した額
受付期間 予算がなくなるまで
問合せ先 鳥取県東伯郡湯梨浜町役場
電話番号:0858-35-3111

日野郡日南町住宅改修助成金

補助対象の住宅 日野郡日南町内の住宅
補助対象の市民 日野郡日南町民
補助金額の上限 40万円
補助対象工事
  • 外壁・屋根塗装
  • 住宅の修繕・改修
補助金額 工事費の5分の1
受付期間 予算がなくなるまで
問合せ先 鳥取県日野郡日南町住民課
電話番号:0859-82-1112

鳥取県のリフォーム費用相場

鳥取県のリフォーム費用は57万2000〜97万9000円です。

上記の価格は税込であり最低金額が60万円を切っているのは、全国で見てもやや低めと言えるでしょう。

うまくキャンペーンなどを利用すれば50万円以下の費用で施工することも十分可能であるため、気になる業者のホームページは定期的にチェックしておくことをおすすめします。

リフォーム費用の相場はいくら?全面リフォーム・部位別の費用内訳と安く依頼する方法

鳥取県の外壁塗装・屋根塗装が必要な戸建て件数

平成30年度における総務省の住宅・土地の統計調査結果は下記の通りです。

世帯数 21万6000件
持ち家率 68.8%
取引件数 143件

鳥取県は世帯数21万6000件に対して持ち家率が68.8%となっています。

決して持ち家率が低いわけではありませんが、鳥取県の世帯数は全国で最も少なく取引件数も最低水準です。

なお鳥取県でのリフォームは島根県の業者も利用できる可能性が高いため、選択肢を増やしたい方は調べてみると良いでしょう。

鳥取県の外壁塗装・屋根塗装の気候条件

鳥取県(鳥取市)の平均気温の年間推移(2020年)

気温(℃)
1月 7.4℃
2月 6.6℃
3月 9.7℃
4月 11.6℃
5月 18.7℃
6月 23.3℃
7月 24.6℃
8月 29.3℃
9月 23.9℃
10月 16.8℃
11月 13.0℃
12月 6.1℃

鳥取県(鳥取市)の降水量の年間推移(2020年)

降水量(mm)
1月 118.0mm
2月 120.0mm
3月 148.5mm
4月 219.5mm
5月 74.5mm
6月 288.0mm
7月 438.5mm
8月 8.5mm
9月 261.5mm
10月 111.0mm
11月 114.5mm
12月 359.5mm

鳥取県(鳥取市)の湿度の年間推移(2020年)

湿度(%)
1月 75%
2月 75%
3月 72%
4月 67%
5月 72%
6月 75%
7月 83%
8月 72%
9月 78%
10月 79%
11月 78%
12月 82%

鳥取県(鳥取市)の日照時間の年間推移(2020年)

日照時間(h)
1月 64.9h
2月 97.7h
3月 156.7h
4月 190.9h
5月 208.8h
6月 194.0h
7月 63.6h
8月 264.0h
9月 131.5h
10月 143.9h
11月 125.3h
12月 85.5h

鳥取県の外壁塗装・屋根塗装におすすめの季節とは?

外壁塗装・屋根塗装をスムーズに終わらせたい、という方は業者に施工を依頼する季節に注意しましょう。というのも塗料は雨に濡れると薄まってしまうため、雨天時は施工を中断することになり、工期が伸びてしまうからです。

以下に2020年の鳥取市の気温・降水量・湿度・日照時間を3ヶ月ごとにまとめました。依頼するタイミングの参考にしてください。

春(3〜5月)

気温 13.3℃
降水量 442.5mm
湿度 70%
日照時間 556.4h

外壁塗装・屋根塗装に最も向いている季節は春(3〜5月)です。気温は15℃以下ですが、日照時間は年間で最も長く、降水量も少なめです。

しかしその分春は業者に依頼が集中する季節でもあるため、小規模の外壁塗装・屋根塗装業者だと依頼を受け付けもらえない可能性があります。

そのため利用したい業者が決まっている場合は、なるべく早く連絡を取ると良いでしょう。

夏(6〜8月)

気温 25.7℃
降水量 569.0mm
湿度 77%
日照時間 521.6h

外壁塗装・屋根塗装に向いている季節としては、夏(6〜8月)が挙げられます。というのも日本の夏は梅雨や台風が多く、雨によって施工が中断してしまう日が多いからです。

そのため外壁塗装・屋根塗装の施工を早く終わらせたい方は、なるべく夏の時期を避けて依頼すると良いでしょう。

なお一般的に四国地方は6月の半ばごろに梅雨入りし、7月の半ば〜後半辺りに梅雨明けすることが多いです。

秋(9〜11月)

気温 17.9℃
降水量 487.0mm
湿度 78%
日照時間 400.7h

外壁塗装・屋根塗装の施工を依頼するのであれば、秋(9〜11月)もおすすめの季節と言えます。

日照時間はやや少なめですが、気温は15℃以上ですし降水量も夏より多いわけではありません。

また春ほど依頼が殺到する季節でもないため、業者に依頼しやすいのは秋ならではのメリットと言えるでしょう。

ただし秋に秋雨前線や台風などはあるため、天気予報は確認しておきましょう。

冬(12〜2月)

気温 7.4℃
降水量 405.0mm
湿度 77%
日照時間 232.4h

外壁塗装・屋根塗装に最も向いていない季節は冬(12〜2月)です。気温は15℃を大きく下回っていますし、日照時間は年間でも最短です。

また壁や床、足場が結露してしまった場合は施工にも影響が出てしまいます。

どうしてもというわけでなければ、なるべく冬に施工を依頼するのは避けた方が良いでしょう。

鳥取県の外壁塗装・屋根塗業者を探す時の注意点

このページでは主に鳥取県の外壁塗装・屋根塗装業者を紹介してきましたが、気になる業者が見つからなかった・複数の候補から1つを決められない、という方もいますよね。

そこでここからは外壁塗装・屋根塗装業者を選ぶ上で必ず抑えておきたいポイントを紹介していいます。

業者選びで後悔したくない人はぜひチェックしておきましょう。

外壁塗装業者の選び方はどうすれば失敗しない?優良塗装会社を見極めて選ぶポイント

複数社の見積もりを比較する

外壁塗装・屋根塗装業者を選ぶ際には、必ず複数社に見積もりを依頼しましょう。相見積もりをすると依頼しない業者に悪いのでは、と考える方もいますが、むしろ最近の業者は相見積もりを推奨しています。

相見積もりを推奨するのは、工事後に「他の業者に依頼すればよかった」というクレームを受けるのを回避するためです。

基本的に見積もりや外壁診断で費用が発生することはないため、気になっている業者があれば片っ端から見積もりを取ると良いでしょう。

資格・建設業許可を保有している

外壁塗装・屋根塗装の業者を選ぶ際には、その業者に在籍しているスタッフや職人がどんな資格を持っているか・業者は建設業許可を取得しているか、はチェックしておくべきでしょう。

なおこのページで紹介した業者の中では、PAINT WORKSやホームデコなどが積極的に資格を取得しており、特にホームデコでは1級塗装技能士を筆頭に1級建築士・防水施工1級技能士・インテリアコーディネーターが在籍していることが分かります。

なお1級塗装技能士や建設業許可を取得するための条件については、PAINT WORKSの業者紹介で触れたのでそちらも確認してみましょう。

複数社の見積もりを詳細までチェックして比較

外壁塗装・屋根塗装の業者を選ぶ上で相見積もりが必須であることは説明したとおりですが、見積書は細部までチェックしておきましょう。使う予定の塗料や数量など細かい部分まで条件を揃えないと正確な価格の比較ができません。

なお多くの外壁塗装・屋根塗装の業者の見積書は、仮設工事(仮設足場費 飛散防止ネット共:18万4000円)塗装工事(屋根 水性シリコン塗 強化シーラー共:12万8000円)など、工程ごとにまとめられています。

外壁塗装・屋根塗装の見積書については、岩崎塗装店のホームページの「屋根・外壁塗装」に詳しく記載されているため、あらかじめチェックしておくと良いでしょう。

実際の塗装現場の様子を確認する

外壁塗装・屋根塗装の業者を選ぶ際には、過去に施工を担当した実際の塗装現場を見にいくのも参考になるでしょう。多くの業者は自社のホームページで施工実績を写真で紹介していますが、やはり直接見た方が仕上がりがイメージしやすくなります。

なお一部の外壁塗装・屋根塗装の業者はショールームや体験会などを開催しているため、そちらで相談するのもおすすめです。

例えばこのページで紹介した業者の中ではオオヒロがリフォーム館という大規模な展示場を開いており、実際の家の形でサンプルが確認できます。

サンプルには直接触れることもできるので、きちんと業者を選びたい方はぜひチェックすることをおすすめします。

保証条件・瑕疵保険への加入の有無をチェック

外壁塗装・屋根塗装の業者を選ぶ際には、保証の条件や加入している保険については確認しておくべきです。

というのも多くの業者は自社による保証サービスを提供していますが、使用する塗料によって保証年数や内容が異なります。

また自社による塗り直し保証は業者が倒産した場合には利用できませんし、地震や台風などの天災は保証の対象外です。

そのためJIOかし保険などに加入している業者を選ぶと万が一の時にも安心して補償が受けられます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

※急に電話がかかってくることはございませんのでご安心ください。稀に当サイトより確認のご連絡を差し上げる場合がございます。