台風で屋根が飛ばされてしまう理由と具体的な台風対策を紹介

台風被害の様子

台風が多い9~10月のシーズンに掛けては、様々な場所で台風被害が発生しています。

中でも屋根が飛んでしまう被害が多く、自宅の屋根が飛ばないか心配にされている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

このページでは、台風に強い屋根や飛ばされやすい屋根の特徴、対策など紹介していきます。

屋根に関して理解を深めて、台風シーズンを迎える前にしっかりと対策をしましょう。

屋根修理におすすめの業者ランキング!優良業者の紹介と失敗しない選び方

塗装工事の見積もりをネットで比較する
※急に電話がかかってくることはございませんのでご安心ください。稀に当サイトより確認のご連絡を差し上げる場合がございます。
流れ

台風で屋根が飛ばされる理由

季節の変わり目は天候が不安定になりやすく中でも夏から秋の変わり目である8~9月は多くの台風が発生し、様々な被害をもたらします。

特に屋根が飛ばされたというニュースを見かけることが多いのではないでしょうか。

屋根は設置年数の経過だけではなく使用している屋根材や破損状況によっても、台風の被害の受けやすさが異なります。

当ページでは台風に強い・弱い屋根の特徴や対策について紹介していきます。

対策をしっかり行って台風に備えましょう。

屋根材と下地の隙間に風が吹きこむ

しっかり固定されている屋根や点検後の屋根が飛んでしまうことは滅多にありませんが、使用年数が経過し老朽化が進んでいる屋根は飛ばされてしまう可能性があります。

では、なぜ台風で屋根が飛ばされるのでしょうか。

屋根は使用年数が経つにつれて屋根材を固定している釘が抜けたり浮いてしまったりと固定が甘くなり屋根材と屋根の間に隙間が生じます。

浮いた屋根材の隙間に風が吹き込むと、簡単に屋根が飛ばされてしまいます。

特に板金屋根は軽く一つ一つの部品の面積が広いことから風を受け止めてしまいやすく、飛ばされてしまう可能性が高いです。

大量の風が屋内に入り込み屋根が吹き上げられる

屋根が飛ぶ理由

屋根材の老朽化が原因となる他にも、窓や玄関から大量の風が入り込み屋根が吹き上げられるケースもあります。

こちらは屋根の状態に関わらずどの家でも起こりうる現象ですが、吹き抜けがある家では風の通り道に障害物がなく風の力をそのまま屋根に伝えてしまうため、特に注意が必要です。

台風の際は強風で風が割れ、さらに割れた窓から風が入り込み屋根が飛んでしまう可能性があります。

強風が吹いている場合は、窓が割れたら段ボールやテープを使用して速やかに塞ぎましょう。

飛ばされやすい屋根の特徴

風速10m/sの風が吹くと傘をさして歩くのが難しくなるといわれていますが、台風の際は倍の風速20m/sの風が吹くことも珍しくありません。

風速20m/sの風が吹くと屋根の損傷や飛ばされてしまうなど被害が増える傾向にありますが、風向きや屋根の状態によって風速20m/s以下の風で屋根が飛んでしまうこともあります。

では、どのような屋根が飛ばされやすいのでしょうか。

飛ばされやすい屋根の特徴にについて次の2つを紹介していきます。

  • 屋根材の固定が浮いている
  • 屋根材と屋根材の間に隙間がある

屋根材の固定が浮いている

屋根材は基本的に釘で固定されていますが老朽化するとどうしても浮いてきてしまい、目安としては屋根材の設置から7~8年ほど経過すると少しずつ抜けていきます。

固定している釘が浮くと屋根材が浮いてしまい、隙間に風が吹き込むことで屋根が飛ばされやすくなります。

屋根が飛ばなくても隙間から雨水が侵入し建物の腐食・雨漏りが発生し、さらに釘が抜けやすくなり風で飛ばされやすくなりますので、早めの対処が必要です。

建物を安全に管理するためにも定期的に屋根材の固定状況について確認しましょう

屋根材と屋根材の間に隙間がある

屋根材は新設や修理の際は隙間なく設置されていますが、一年中自然環境にさらされているため紫外線や熱など様々な理由で反り返えってしまいます

瓦を屋根に使用している場合は漆喰で固定していますが、漆喰は雨水や風の影響に加えて時間の経過とともに痩せてしまうため、放置し続けると剥がれてしまいます。

どのような屋根材でも時間の経過とともに隙間ができてしまうため、風で飛ばされやすくなりますので、定期的なメンテナンスが必要です。

実際の被害例

前述では屋根が飛んでしまう理由と飛びやすい屋根について紹介してきました。

では実際に屋根が飛んでしまうと、どのような被害が生じるのでしょうか。

過去の被害例を紹介していきますので、確認しましょう。

紹介する事例は以下の2件です。

  • 2019年の台風15号の被害例(静岡県)
  • 2018年の台風24号の被害例(栃木県)

2019年の台風15号の被害例(静岡県)

2019年に発生した台風15号では、伊津市で観測史上1位の降水量の1時間あたり109mmの雨が降り、また、瞬間最大風速48.3メートルの風が吹き大きな被害をもたらしました。

特に被害が大きかった静岡県東部では屋根が飛ぶなど被害が相次ぎ、県内で7人のけが人が出ました。

写真の物件は物置小屋の屋根が突風で飛ばされた様子です。

写真の物件が適切に管理されていたかなど詳細は不明ですが、被害を防ぐためにも事前の対策を行いましょう。

台風被害の様子1

2018年の台風24号の被害例(栃木県)

2018年に発生した台風24号では、最大瞬間風速35m/s、降水量が最大で1時間あたり80/mmと上記の例と比較すると激しくなかったものの、10本以上の木が倒れ栃木各所で停電、通行止めが発生するほどの被害がりました。

写真の様子は近場の資材置き場にあった小屋が飛んできて、被害を受けた民家の様子です。

写真のように屋根が飛んでしまうと近隣住宅に被害を及ぼす可能性がありますので、事前の対策は行いましょう。

台風被害の様子2

屋根の台風対策

屋根が飛ばされてしまうと車や外壁、近隣住宅に衝突する被害が生じてしまい、飛ばされた屋根が人や物に当たってしまうと非常に危険です。

また、屋根が飛ばされてしまうと大きな工事が必要になり、手間も費用も掛かってしまいます。

事前に対策することで大きな被害防ぐことができます。

台風対策として3つの対策について紹介していきますので確認していきましょう。

  • 屋根材の固定を強化する
  • 破損箇所を修復する
  • 窓を保護する
  • 風に強い屋根材に交換する

屋根材の固定を強化する

台風が来る前に、固定している釘が抜けていないか確認しましょう。

抜けている場合はしっかりと打ち込み、打ち込んでも抜けやすくなっている場合は固定する木材が腐食している可能性がありますので、釘を打つ場所を変えるとよいでしょう。

釘の打つ場所を変えた場合は、元の釘穴から雨水が侵入してしまうためコーキングで釘穴を塞ぎましょう。

屋根材は設置から7年経つと少しずつ抜けてきますので、7年以上経過している場合は必ず確認してください。

破損箇所を修復する

屋根材は熱による膨張や紫外性の影響で形が変わってしまったり破損したりしてしまいます。

また、瓦は先述したとおり老朽化の影響でずれてしまうこともあります。

屋根材がひび割れしている場合はコーキングで補強し、瓦がずれている場合は正しい場所に戻しましょう。

サビや破損が目立つときは、部分的な交換も検討してみてください。

屋根の修復は屋根に登る必要がありますので、ちょっとした作業でも業者に依頼するのがおすすめです。

窓を保護する

台風が発生すると屋根が飛ぶ被害の次に、発生しやすい被害は窓の損傷です。

強風で飛散した物が窓に衝突し割れてしまい、風速30m/sを超えると風の強さで窓が割れてしまう可能性があります。

割れた窓から屋内に大量の風が入り込むと屋根を吹き上げてしまいますので、勢力の強い台風が来るときは窓を保護しましょう。

窓の補強には強化ガラスに交換やシャッターの設置がありますが、すぐに対策することが難しい場合は防犯フィルムを貼ると補強するとよいでしょう。

簡単に対策したい場合は補強にはなりませんが、テープや段ボールで窓ガラスを覆うと、万が一割れてしまった場合にガラスが飛散してしまうことを防止できます。

ヒビが入っている窓や割れている窓がある場合は、台風シーズンの前に交換することをおすすめします。

風に強い屋根材に交換する

最も屋根材に強い屋根材は瓦です。

瓦屋根は一つずつ固定されておらず下地の木材に引っ掛けられているため従来は風に弱い素材でしたが、近年は飛散や落下を防ぐため新築の家では全ての瓦を固定されることが義務付けられているため最も風に強い素材です。

古くからで瓦を使用している建物でも、全ての瓦を固定するだけで、防災性を高めることができますので、業者に依頼してみるのもよいでしょう。

屋根が飛んでしまった場合の対応

対策としていても風の強さや吹く方向など様々な条件が重なると屋根が飛んでいってしまう場合もあります。

万が一、屋根が飛んでしまった場合はどのように対応するとよいのでしょうか。

屋根が飛んでしまった場合に必要な3つの対応について紹介していきます。

  • 消防や警察に連絡
  • 修理業者に連絡
  • 保険会社に連絡

一つずつ詳しく紹介していきますので事前に確認し、万が一被害にあった場合に備えましょう。

消防や警察に連絡

屋根が飛んだ場合は、まずは屋根の回収が必要です。

しかし、建物に固定していた屋根が飛ぶほどの強風が吹いているということなので、ご自身で回収されるのは大変危険です。

そのため消防や警察に連絡して回収の補助を依頼しましょう。

役割としては消防が回収の補助、警察が2次被害を防止するための注意喚起や交通整備です。

屋根が飛んでしまうくらいで消防や警察に連絡してもいいのかなと不安に思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、被害を最小限に抑えるためには早めの対応が必要です。

修理業者に連絡

屋根が飛んでしまった場合は、建物内に雨や風が浸入しやすくなっており、そのまま放置してしまうと木材や鉄筋が浸食してしまい劣化が進んでしまいます。

そのため、屋根が飛んでしまった場合はブルーシートで屋根を覆うなど応急処置が必要です。

建物の2次被害を防ぐためにも早急に連絡しましょう。

場合によっては消防隊員が対応してくれる場合がありますが、その後の修理のことも考えると業者に依頼した方がスムーズですので、業者の連絡することがおすすめです。

保険会社に連絡

加入している保険の種類によりますが台風で屋根が飛んでしまった場合は、火災保険が適用される場合があります。

被害が発生したら保険会社に連絡して事故にあった旨を伝えて次の対応を聞きましょう。

保険が適用されるまでの流れは、被害状況を写真に収める→修理業者に見積書を発行してもらう→保険の申請書を記入する→写真・見積書・申請書を保険会社に提出→修繕工事→火災保険の費用が振り込まれる。

業者によって流れが変わる場合がありますので、連絡して聞いてみましょう。

飛んだ屋根が被害を与えた時の損害賠償額

屋根に掛かる費用

屋根が飛んでしまった場合、自宅の修理は火災保険の申請や修繕工事を行いますが、万が一、飛んで行った屋根が近隣住宅の外壁や車を傷つけてしまった場合の対処はどのようになるのでしょうか。

損害賠償が発生するか不安に思われている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

実際に起こりうるケースですので、事前に確認しておきましょう。

リフォーム費用の相場はいくら?全面リフォーム・部位別の費用内訳と安く依頼する方法

損害賠償が発生しないケース

基本的には台風による被害が発生しても自然災害による不可抗力のため、損害賠償は発生しません。

根拠となる法律の民法717条では「土地の工作物の設置または保存に『瑕疵』があることによって他人に損害を生じたときその工作物の占有者は被害者に対してその責任を負う」と明文しており、建物の管理人に重大な落ち度や欠陥がある場合は責任を負うとうたっています。

台風による屋根の損傷は重大な落ち度に該当しないため、自宅の屋根が飛んでしまい近隣の住宅や車などを傷つけてしまっても、賠償金を支払う義務がありません。

損害賠償が発生するケース

一方で民法717条に明文されているように建物の管理人に重大な落ち度があった場合は損害賠償の責任が発生します。

例えば、屋根が損傷しているのにも放置していた場合や数十年もの間、屋根のメンテナンスをしなかった場合は、管理責任が問われ損害賠償の支払いが必要となる可能性があります。

定期的なメンテナンスは被害を抑えることだけではなく、万が一の台風で屋根が飛んでしまった際の損害を最小限に食い止めるためにも必要です。

特に屋根材の設置から7年以上経過している場合は老朽化が進んでいますので、点検しましょう。

台風シーズンの前に屋根を点検・補修しよう

屋根材を固定している釘が抜けてしまっている場合や錆など腐食が目立つ場合は、台風で屋根が飛んでしまう危険性が高いです。

特に設置から7年経過すると固定が緩くなりやすいため、7年を目安に定期的なメンテナンスをしましょう。

まずは点検を行い対策が必要な場合は早急に補修しましょう。

台風は屋根を飛ばすほど強風が吹きますので、台風シーズンの前に点検することをおすすめします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

塗装工事の見積もりをネットで比較する
※急に電話がかかってくることはございませんのでご安心ください。稀に当サイトより確認のご連絡を差し上げる場合がございます。
流れ