換気扇の交換目安はどのタイミング?交換方法や費用を徹底解説

換気扇の交換

キッチンでは火や油、水を多く使用するため家の中でも汚れやすく、機械が損傷しやすい場所の一つです。

中でも換気扇は、湿気や油を含んだ空気を屋外に排出するため特に損傷がしやすい機械です。

損傷した換気扇を使用し続けると火災に繋がる可能性もあります。

安全に使用するためには、どのタイミングで交換するべきなのでしょうか。

本記事では、換気扇の交換するタイミングや交換に掛かる費用を紹介します。

リフォーム費用の相場はいくら?全面リフォーム・部位別の費用内訳と安く依頼する方法

塗装工事の見積もりをネットで比較する
※急に電話がかかってくることはございませんのでご安心ください。稀に当サイトより確認のご連絡を差し上げる場合がございます。
流れ

換気扇の交換目安

換気扇は交換のタイミングがわかりにくい機械の一つです。

換気扇が回らない、プロペラが折れたなど明確に故障すると交換されるケースも多いです。

しかし、ハッキリと故障がわかる場合以外で交換する人は多くありません。

中には数十年使用し続けている方もいます。

適切に管理できていると長期的に使用できる場合もあります。

しかし、安全に使用するためには適度なタイミングで交換が必要です。

適切な交換タイミングについて、4つの目安を紹介していきます。

外壁塗装のベストなタイミング・時期はいつ?塗り替えに最適な季節・周期と抑えておきたいポイント

使用年数が10年を超えたとき

最もわかりやすい交換目安が使用年数です。

お手入れの状況や使用頻度によって変わりますが、換気扇の寿命はおおよそ10年だといわれています。

実際に多くの製品では設計上の使用年数を10年です。

また、10年以上使用していると経年劣化による発火の恐れがあると警告しています。

目立った損傷がなくても、内部で故障しているかもしれません。

お使いの製品や使用状況によりますが、使用年数が10年を超えている方は交換することをおすすめします。

異音がするとき

換気扇は、油汚れや損傷など様々な要因で異音が発生します。

原因ごとの異音については、以下のとおりです。

  • 「ゴー」や「ボー」は油汚れが原因
  • 「キュキュキュ」や「チチチ」といった乾いた音はオイルが不足している
  • 「ジー」は内部が錆びている
  • 「カカカ」や「カラカラカラ」は軸が外れている

他にも経年劣化やプロペラの破損が原因で異音が発生します。

油汚れやオイル不足などは、掃除や調整で解消できることもあります。

清掃や調整を行っても異音が解消しない場合は、交換しましょう。

吸い込みが悪くなったとき

経年劣化や損傷が原因で吸い込みが悪くなる場合があります。

プロペラが損傷していたりモーターが劣化してしまったりと原因は様々です。

使用年数といった交換目安はありますが使用方法や環境によって、寿命よりも前に損傷してしまうこともあります。

吸い込みが悪くなると空気の換気量が減り、キッチンに料理の匂いが残る原因にもなります。

また、調理中に発生した熱も屋外に排出されません。

快適に過ごすためにも、適切なタイミングでの交換は必要です。

汚れが目立つとき

換気扇は油がこびりつきやすく、その上にホコリが付着します。

一度汚れてしまうと、掃除するのが大変で放置してしまっている方も多くいるようです。

油とホコリの組み合わせは非常に燃えやすく、静電気やモーターの実際に換気扇の汚れが原因で火災に繋がる可能性があります。

汚れ対策としてフィルターで換気扇を覆う方法がおすすめです。

すでに汚れてしまっている方は、一度取り外し油用の洗剤で掃除しましょう。

なかなか汚れが落ちない場合は、換気扇やプロペラの交換が必要です。

おすすめの換気扇

豊富な種類から最適な換気扇を選ぶのは大変です。そのため既存の換気扇と同じものに交換される方が多いです。

ただ、最近は新たな機能が備わった新商品も登場しています。換気扇を交換する機会に検討してみてもよいでしょう。

換気扇の設置場所に十分なスペースがある場合は、既存の換気扇をことなるタイプの換気扇を設置できます。

性能面だけではなく、スタイリッシュな換気扇も登場しています。

換気扇一つ変えるだけでもキッチンの印象が大きく変わります。ぜひご検討ください。

LIXIL『SKRタイプ』

LIXILのレンジフード

運転音が静かなLIXILのレンジフード『SKRタイプ』はスリム型(薄型)です。

スタイリッシュな見た目から、インテリアとしても人気が高い商品です。

動作音が40dbと図書館の館内と同等の静かさです。動作音が小さくても排気量は従来の製品と変わりません。

ワンタッチでファンが脱着でき、また、凹凸が少ないため掃除がしやすいです。

さらに、ファンの表面は油をはじく加工が施されているため、衛生面に優れた換気扇です。

価格は商品代金のみで10万円~です。

パナソニック『スマートスクエアフード』

パナソニック『スマートスクエアフード』

薄型でスタイリッシュなデザインが特徴な『スマートスクエアフード』でスリム型(薄型)のレンジフードです。

手元を照らすライトにLEDを使用しているため、従来よりも87%の消費電力を削減できます。

また、フードの内部がフラットな形状のため、掃除がしやすいのもメリットです。

サイズも横幅が60cmと2口のガスコンロの幅より少し大きい程度です。大きすぎないため設置できる家庭も多いのではないでしょうか。

価格は商品代のみで3万円~です。

三菱電機『EX-20LP6』

三菱電機『EX-20LP6』

やっぱりスタンダードが一番という方におすすめの製品は、三菱『EX-20LP6』のです。

壁掛けのプロペラファンで紐を引くとスイッチが入る最も普及しているタイプです。

スイッチに連動してシャッターも開閉するため、使用していない時に風が入ってくる心配がありません。

羽根の脱着もワンタッチで行えるため定期的な掃除もしやすいです。

また、オイルキャッチもありますので、油汚れが滴る心配もありません。

価格帯が4,000円~と、上記で紹介した2つの製品に比べると圧倒的に低価格です。

換気扇はDIYでも交換できる

換気扇の交換作業は、DIYに慣れている方なら簡単に交換できます。

上記で紹介した三菱の『EX-20LP6』は特に簡単で、作業が2時間以内に終わっている方も多いようです。

ただし、換気扇はレンジフードがあるもの、ダクト付きのものなど種類が豊富にありますので、交換作業の方法も様々です。

基本的にはご自身でも取り付け作業が行えますが、自信のない方は業者に発注することをおすすめします。

また、換気扇の内部で配線を扱う作業が必要な場合は、専門の資格を持っている人しか作業できませんので、業者に発注しましょう。

自分で交換する前に確認したいこと

はじめに、既存の換気扇と新たに購入する換気扇を比較しましょう。

既存の換気扇と別の製品を購入する場合は、換気扇の取り付けスペースが十分に確保できるか確認が必要です。

特にレンジフードを新設する場合は、既存のものより広いスペースが必要になりますので、事前にご確認ください。

次に作業全体の内容を把握しましょう。

作業工程を洗い出し、自身でできる作業内容化か確認します。

作業の途中から業者に発注すると、取り付け費用が高くなる場合もありますので、ご注意ください。

最後に必要な工具があるか確認しましょう。電源コードの長さ調整や壁に穴を開ける作業では電動ドリルなど特別な工具が必要になる場合があります。

一から道具を揃えると業者に発注するより費用が高くなってしまうこともあります。

DIYで交換する手順

施工手順は、主にドライバーなどの工具を使い既存の換気扇を外し、説明書の手順に沿って新しい換気扇を設置する流れです。

既存の換気扇のタイプと新設するタイプが異なる場合は、調整作業が必要になりますので詳細は取扱い説明書を確認しながら進めましょう。

壁掛けのプロペラファンタイプの換気扇については比較的作業が簡単で、具体的な作業内容は以下のとおりです。

  1. 換気扇のコンセントを抜く
  2. カバーを外す
  3. プロペラを外す
  4. 換気扇本体を外す
  5. 新しい換気扇を取り付ける
  6. 本体にプロペラをつける
  7. 電源を入れて動作確認をする
  8. カバーを付ける

業者に換気扇交換を依頼する時の費用相場

業者に換気扇交換を依頼する時の費用相場

換気扇の交換に掛かる費用は業者に依頼する場合、本体代金と基本工事費用、オプション料が掛かります。

基本工事費用の内訳は、出張費・取付工事費・既存の換気扇の処分費用です。

オプション料はフードレンジを新設する場合やファンのタイプを変える場合などに費用が発生します。

また、ダクトの清掃を一緒に行ってもらう場合も清掃費用がオプションとして掛かります。

もちろん業者ごとによって項目ごとの費用が異なるので詳細は業者にお問合せください。

リフォーム会社おすすめランキング!人気業者の種類・特徴の違いと失敗しない選び方

排気ファンのみ交換するケース

排気ファンのみの交換作業は10,000円~20,000円が相場です。

業者に発注しても1時間程度で作業が終わります。

発注金額も高額ではないですが、作業内容も簡単なためDIYでやる方も多いようです。

インターネット上にも作業例がたくさんありますので、一度検索してみてから業者に発注するかご検討してみても良いでしょう。

交換作業と併せてクリーニングしたい場合は、業者に発注するのがおすすめです。

業者は強力な洗剤を持っており取扱い方法も熟知しています。

レンジフードのみ新設・交換するケース

レンジフードのみに関する作業は、15,000円~60,000円が相場です。

レンジフードのタイプと設置場所の構造によっては、取り付け時に幕板を用いて調整が必要な場合があります。

延長の幕板が必要な場合は、さらに1枚当たり8,000円程度が掛かります。

また、レンジフードはどうしてもさびやすい箇所がありますので、防錆や塗装の作業が必要です。

上記のようにレンジフードの設置には細かな調整が必要ですので、業者に発注することをおすすめします。

排気ファン・レンジフードの両方を交換するケース

換気扇全体を交換する場合の費用は、20,000円~80,000円が相場です。

換気扇全体を交換する際も既存と同じものを設置する場合と異なるタイプの換気扇を新設する場合とで費用が異なります。

そのため、上記のように相場も広いです。

また、既存と異なるタイプの換気扇を設置する中でも、既存の排気管がそのまま使える場合と調整工事が必要な場合とで費用が異なります。

既存と異なるタイプの換気扇を設置する場合は、ホームセンターや専門業者に一度お問合せしてみるとよいでしょう。

換気扇の交換にかかる費用を抑えるポイント

換気扇の交換は依頼すると、どうしても費用が掛かってしまいます。

前述のとおりレンジフードに関する作業は特に費用が高額です。

そのため製品だけ購入しDIYで取り付けされる方もいます。

しかし、換気扇の種類によっては自身で取り付けすることが大変なもがあります。

そこで、交換費用を少しでも安く抑える3つのポイントについて紹介していきます。

ぜひ参考にしてください。

一括見積もり請求

複数社の見積もり価格を比較

換気扇の交換は同じ作業でも業者ごとで大きく費用が違う場合があります。

少しでも費用を抑えたい方は、複数の業者から見積もりを取り寄せて比較してみましょう。

比較するときは価格だけではなく、サービスの内容も比べておくと、より良いサービスを選択できます。

また、業者を選ぶ際は保障や実績など充実している会社を選択すると安心です。

無料で見積もりを請求できる業者が多数ありますので、まずはお見積もりを請求してみましょう。

故障部品のみ交換

換気扇の交換の他に、点検やメンテナンスを行っている業者もいます。

換気扇自体を交換するのではなく、故障部品のみ交換することで費用を抑えることができます。

換気扇も適切に管理することで長く使用することができますので、交換ではなく点検・メンテナンスすることも良いでしょう。

もちろん新しい換気扇に交換する方がより安全に使用できますが、費用を抑えたいなら点検の依頼もおすすめです。

ただし、点検の結果によって新たな換気扇に交換する必要があると判断される場合もありますので、ご注意ください。

賃貸物件はまず大家に相談する

賃貸物件では、消耗品は賃借人が、設備に関するものは大家さんが負担するケースが多いです。

換気扇も設備に含まれますので大家さんが負担してくれることが多いようです。

ただし、賃借人の不注意や無理な使い方をしていて壊した場合は賃借人が負担します。

実際にどちらが費用を負担するかは賃貸によって異なり、詳細は賃貸契約書などに記されています。

換気扇が壊れた・様子がおかしいなど症状がある場合は、大家さんや管理会社に相談してみましょう。

無料の見積もり請求を試してみよう

換気扇の交換は、種類によって費用や方法が大きく変わります。

まずは使用期間や症状から交換するべきか見極めましょう。

ご自身だけでの判断が難しい場合は、専門の業者に一度相談すると安心です。

DIYでの交換を検討している方も、一度見積もりをもらい発注した際の費用を見てから検討してみるのもよいでしょう。

安全に換気扇を使用できるよう、点検・交換をご検討してみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

塗装工事の見積もりをネットで比較する
※急に電話がかかってくることはございませんのでご安心ください。稀に当サイトより確認のご連絡を差し上げる場合がございます。
流れ