和歌山県の外壁塗装・屋根塗装におすすめの業者ランキング!口コミ・評判で選ぶ優良業者7選

和歌山県の外壁塗装・屋根塗装

和歌山県にある住宅で、外壁塗装・屋根塗装のリフォームを検討している方はいませんか。

ピカピカだったマイホームも年月が経てば少しずつ汚れていきますし、壁に触った時に白い粉が付く場合はなるべく早めに外壁塗装をおこなった方が良いでしょう。

しかし初めてマイホームをリフォームする方などは、どの業者に頼めば良いのか分からないですよね。

また公益財団法人 住宅リフォーム・紛争処理センターが公開している情報によれば、年々リフォームに関するトラブルの相談件数は増えており、きちんとした業者を選ぶコツは抑えておきたいところです。

そこでこのページでは、和歌山県に本社を構えるおすすめの外壁塗装・屋根塗装業者を7つ紹介していきます。

【2021年】外壁塗装おすすめ塗料ランキング27選!目的・性能別に人気塗料を比較

和歌山県の外壁塗装・屋根塗装におすすめの業者

まずは和歌山県でおすすめの外壁塗装・屋根塗装業者を見ていきます。しかし外壁塗装・屋根塗装の業者に何を求めるかで選ぶべき業者は異なるため、その業者の強みと自身のニーズが合っているかは確認しておきましょう。

また掲載されている情報は2021年7月時点のものであるため、業者へ依頼する際には必ず自身でもホームページを確認しておくことをおすすめします。

人気の外壁塗装業者おすすめランキング!口コミ・評判や料金相場・独自サービスを比較

片山塗装店

片山塗装店

本社所在地 〒640-0103 和歌山県和歌山市加太2201-111
電話番号 0120-090-718
設立年度 2002(平成14)年
許認可 和歌山県知事許可(般-22)第15977号

完全自社施工にこだわるリーズナブルな外壁塗装・屋根塗装業者を利用したい、という方は片山塗装店の利用を検討しましょう。

片山塗装店は代表である片山勲氏自らが外壁診断・見積もり・施工までおこなう職人直営型の外壁塗装・屋根塗装専門店であり、下請け業者を使わないことから中間マージンを抑えた良心的な価格設定が魅力的なポイントです。

例えば耐久性の高いラジカル塗料であっても片山塗装店であれば50万円から施工が可能ですし、屋根塗装の最も安いプランでは15万円を切っています。そのため外壁塗装・屋根塗装の費用は抑えたいけれど品質は落としたくない、という方にはまずおすすめできる業者と言えるでしょう。

ただし片山塗装店の施工地域は和歌山市を中心とする紀ノ川・橋本・田辺辺りまでであり、和歌山県全域に及んでいるわけではありません。施工を依頼する際には施工可能エリアに注意しましょう。

ネクストリノベーション

ネクストリノベーション

本社所在地 〒649-6234 和歌山県岩出市高瀬84-2岩出NDビル 401
電話番号 0736-60-4734
設立年度
許認可

取り扱っている塗料の多さや施工可能エリアの広さで選ぶのであれば、ネクストリノベーションも魅力的な選択肢になります。

ネスストリノベーションは和歌山県岩出市に本社を構える総合リフォーム業者で、外壁塗装・屋根塗装以外にも太陽光発電工事・防水工事・クロス張り替え工事・配管工事などにも対応しており、住宅で困っていることがあればまとめて頼むことができます。

またネクストリノベーションではアクリルやウレタンなどのポピュラーな塗料に加えて、耐久年数の長いフッ素や塗りたてのピカピカな状態が長く続くシリコン樹脂なども取り扱っているため、ニーズに合った塗料を選びやすいのも嬉しいポイントです。

さらにネクストリノベーションは幅広い地域を営業エリアに指定しており、対応エリアの広さは和歌山県でもトップクラスでしょう。

大橋塗装

大橋塗装

本社所在地 〒640-8390 和歌山県和歌山市有本205-14
電話番号 090-3622-0761
設立年度
許認可 和歌山県知事許可(般-1)第16508号

窯業系サイディングは安価でデザイン性も高いため、マイホームの外壁に取り入れている方も多いでしょう。

しかし窯業系サイディングをそのまま塗装してしまうと、凹凸部分が全く同じ色になってしまうため、どうしてものっぺりとした印象になってしまいます。

そこでマイホールの外壁で窯業系サイディングを採用している方は、大橋塗装を検討しましょう。

大橋塗装はWB(ウォールバリア)アート多彩仕上げ工法が選べる数少ない業者の1つで、特殊なローラーで窯業系サイディングをキレイに塗り替えてくれます。

またWBアート多彩仕上げの見積もりも無料であるためまずは相談してみると良いでしょう。

日乃出建装

日乃出建装

本社所在地 〒646-0036 和歌山県田辺市上屋敷1-10-30
電話番号 0739-22-4992
設立年度 1972(昭和47)年
許認可

いくら冷房を付けても全然冷えない・冬の寒さが辛い、という方は日乃出建装による外壁塗装リフォームを検討してみましょう。

室温を快適に保つためには空調設備を整えるよりも、外の暑さや寒さをしっかりと遮断する断熱性が重要になります。その点日出建装は以前から断熱性を向上させる施工・工法を得意としており、2020年に義務化された改正省エネ基準のなど級4を超える、など級5相当の施工が可能です。

住宅の断熱性を上げることは快適性の向上はもちろん、省エネや節約にもつながります。永くこの家に住み続けたい、という方はぜひ日出建装の利用をおすすめしまあす。

みどり産業

みどり産業

本社所在地 〒642-0021 和歌山県海南市井田153番地3
電話番号 073-483-2212
設立年度 1974(昭和49)年11月1日
許認可 和歌山県知事(般-28)第9039号

和歌山県における施工実績で選ぶのであれば、みどり産業が有力候補になるでしょう。みどり産業の創業は1974年でありおよそ50年近い歴史と実績があります。

またみどり産業は過去の施工実績を詳しく公表しているのも特徴の一つであり、ホームページではビフォーアフターの写真を細部まで見比べることができます。トタン屋根や屋根瓦など伝統的な建材を使った住宅のリフォームにも対応しているため、まずは「0120-82-1357」へ電話を掛けてみましょう。

ただしみどり産業の主な施工エリアは和歌山市・海南市・紀美野町・岩出市・紀の川市・有田市・有田川町・湯浅町・広川町などに限られるため、注意が必要です。

亀井

亀井

本社所在地 〒649-0314 和歌山県有田市野419-3
電話番号 0737-83-1116
設立年度 1948年
許認可

実際の仕上がりとイメージ違いによるギャップをなるべく避けたい、という方には亀井という外壁塗装・屋根塗装専門店をおすすめします。

亀井は倉庫にショールームを展開しており、実際の塗料や塗板を見ながら色合いなどについて相談することができます。

また住宅の写真を持っていけばカラーシミュレーションを受けることもできるため、一通り色を試してから塗料を決めるのも良いでしょう。

なお亀井は外壁塗装・屋根塗装以外にも、室内塗装・ベランダ防水・雨樋の交換なども請け負っているため、家の気になる部分があればまとめて依頼してしまうのも一手と言えます。

岸本建設

岸本建設

本社所在地 〒599-0301 大阪府泉南郡岬町淡輪4642
電話番号 0120-435-055
設立年度 1983(昭和58)年
許認可

アフターサービスの手厚さで業者を選ぶのであれば、岸本建設をおすすめします。

岸本建設では保証期間内であれば、何度でも修理が可能であり一切費用は掛かりません。

また施工した年に関わらず専用窓口が利用できるため、電話が全く繋がらないといったストレスを感じることはないでしょう。

また岸本建装は創業から38年近くの実績ある総合リフォーム業者であり、1件1件に担当リフォームアドバイザーがつくため、家の美観だけではなく機能性などさまざまな観点から詳しいアドバイスが受けられます。

まずは岸本建装のホームページにアクセスして、来店予約や問い合わせをすることから初めてみましょう。

和歌山県で利用できる独自の助成金

外壁塗装・屋根塗装の業者を選ぶ前に、自身が住民票を置いている地域で助成金制度がないか確認してみましょう。一般的にリフォームの助成金制度は県ではなく市区町村が設けていることが多いため誰でも利用できるわけではありませんが、活用すれば自己負担を大きく抑えることができます。

以下からは2021年7月現在利用できる和歌山県内の助成金制度を3つ紹介していきます。利用できるものがあればチェックしてみましょう。

外壁塗装で助成金・補助金は受給できる?交付条件や申請方法・必要書類を解説

有田市住宅リフォーム工事費補助事業

補助対象の住宅 有田市内の住宅
補助対象の市民
  • 市民税・固定資産税・軽自動車税・国民健康保険税を完納している
  • 家族を含め暴力団員などではない
  • 持ち家住宅の場合、所有者またはその親族
  • 借家などの場合、賃借を受けているまたはその親族
補助金額の上限 20万円
補助対象工事
  • 瓦の修理、屋根の葺替、屋根塗装、防水、雨どい修理
  • 外壁材張り替え、タイル、外壁塗装、左官、大工工事
  • 床張替え、壁クロス貼替え、手すり、段差解消
  • システムキッチン、洋式便器、ウォシュレット、洗面化粧台の工事
  • 天井、壁、床の断熱、防音工事
補助金額 助成対象工事費の20%
受付期間 2020(令和2)年6月7日~予算がなくなるまで
問合せ先 和歌山県有田市 経済建設部建設課

新宮市住宅リフォーム助成事業助成金

補助対象の住宅 新宮市内の住宅
補助対象の市民
  • 自らが居住するまたは居住しようとする市内の住宅のリフォーム工事を行う者
  • 本人およびその同一世帯員が市税の滞納をしていない
補助金額の上限 20万円
補助対象工事
  • 同一棟の住宅の増築
  • 部屋の新設・間仕切りの変更
  • 屋根の葺き替え・塗装・防水
  • 外壁の張り替え・塗装・防水
  • 壁紙や床の張り替えなどの内装工事
  • 室内の建具、造り付け収納家具の取り替え・新設
補助金額 工事費の20%(新宮商工会議所発行商品券による支給)
受付期間 2021(令和3)年5月10日~予算がなくなるまで
問合せ先 和歌山県新宮市商工観光課
電話番号:0735-23-3357

日高郡日高川町住宅リフォーム事業

補助対象の住宅 日高郡日高川町内の住宅
補助対象の市民 日高郡日高川町に住民票を置いている者
補助金額の上限 10万円
補助対象工事
  • 屋根の修繕
  • 浴室・トイレ・キッチンの改修
  • 建具・窓などの新設など
補助金額 助成対象工事費の10%
受付期間 予算がなくなるまで
問合せ先 和歌山県日高郡日高川町住民課
電話番号:0738-22-1701

和歌山県のリフォーム費用相場

和歌山県のリフォーム費用は50〜97万円です。全国的にも平均的な額と言えるでしょう。

しかしキャンペーンなどをうまく使えば40万円台で外壁塗装を依頼することも可能です。

外壁塗装・屋根塗装のキャンペーンは期間限定のものも多いため、気になる業者があればこまめにホームページをチェックしてみることをおすすめします。

リフォーム費用の相場はいくら?全面リフォーム・部位別の費用内訳と安く依頼する方法

和歌山県の外壁塗装・屋根塗装が必要な戸建て件数

平成30年度における総務省の住宅・土地の統計調査結果は下記の通りです。

世帯数 38万4000件
持ち家率 73.0%
取引件数 423件

和歌山県は世帯数38万4000件に対して持ち家率が73.0%となっています。

持ち家率が73.0%というのは全国的にも高い水準ですが、和歌山県では近畿地方(京都府・大阪府。兵庫県・奈良県・和歌山県)の中でも特に世帯数が少なく、必然的に取引件数も少なめです。

和歌山県の外壁塗装・屋根塗装の気候条件

和歌山県(和歌山市)の平均気温の年間推移(2020年)

気温(℃)
1月 8.6℃
2月 8.3℃
3月 11.3℃
4月 13.7℃
5月 20.5℃
6月 24.6℃
7月 26.2℃
8月 30.0℃
9月 25.3℃
10月 18.5℃
11月 14.7℃
12月 8.5℃

和歌山県(和歌山市)の降水量の年間推移(2020年)

降水量(mm)
1月 78.5mm
2月 62.0mm
3月 89.0mm
4月 99.5mm
5月 113.5mm
6月 211.5mm
7月 438.5mm
8月 13.0mm
9月 135.5mm
10月 309.0mm
11月 62.5mm
12月 27.0mm

和歌山県(和歌山市)の湿度の年間推移(2020年)

湿度(%)
1月 68%
2月 62%
3月 65%
4月 58%
5月 67%
6月 73%
7月 80%
8月 71%
9月 74%
10月 69%
11月 68%
12月 65%

和歌山県(和歌山市)の日照時間の年間推移(2020年)

日照時間(h)
1月 124.8h
2月 134.3h
3月 185.4h
4月 238.0h
5月 222.8h
6月 181.6h
7月 100.4h
8月 323.0h
9月 136.7h
10月 193.3h
11月 183.4h
12月 154.8h

和歌山県の外壁塗装・屋根塗装におすすめの季節とは?

外壁塗装・屋根塗装の施工は1年中依頼することができますが、施工をスムーズに終わらせるためには季節を選ぶことが重要です。というのも外壁塗装・屋根塗装はその性質上、悪天候時には工事を中断しなければなりません。

今すぐ外壁塗装・屋根塗装をする必要がないのであれば、これから紹介するおすすめの季節に施工を依頼しましょう。

外壁塗装のベストなタイミング・時期はいつ?塗り替えに最適な季節・周期と抑えておきたいポイント

春(3〜5月)

気温 15.2℃
降水量 302.0mm
湿度 63%
日照時間 646.2h

外壁塗装・屋根塗装に最も向いている季節としてはまず春(3〜5月)が挙げられます。外壁塗装・屋根塗装の天敵である雨は少なめですし、日照時間は1年の中で最長であり塗料も素早く乾いていきます。

ただし外壁塗装・屋根塗装に向いているからこそ、大小含めて多くの業者に依頼が殺到するため小規模の業者などは早い段階から予約が埋まってしまいます。利用したい業者が決まっている場合はなるべく早く依頼しましょう。

夏(6〜8月)

気温 26.9℃
降水量 663.0mm
湿度 75%
日照時間 605.0h

外壁塗装・屋根塗装でまず避けるべき季節としては夏(6〜8月)が挙げられます。というのも日本の夏は台風や梅雨の影響で特に雨が多く1週間から2週間単位で工期が伸びてしまうケースも多いからです。

また気温が30度を超える日は屋外での長時間作業にも支障がでるため、作業時間自体が他の季節よりも短くなってしまいます。夏の外壁塗装・屋根塗装の依頼はなるべく避けた方が良いでしょう。

秋(9〜11月)

気温 19.5℃
降水量 525.0mm
湿度 70%
日照時間 513.4h

外壁塗装・屋根塗装に向いている季節の1つとしては、秋(9〜11月)も挙げることができます。

降水量は春より多めですが夏ほどではありませんし、屋外での作業にも適している気候です。

また春より依頼が殺到することも少ないため、外壁塗装・屋根塗装の業者へ依頼しやすいのは秋ならではのメリットと言えるでしょう。

冬(12〜2月)

気温 8.8℃
降水量 233.5mm
湿度 66%
日照時間 388.1h

できるだけ冬(12〜2月)に外壁塗装・屋根塗装を依頼するのは避けた方が良いでしょう。

たしかに降水量自体は少なめですが、上記の数値には降雪が含まれていないため、結局は夏以上に施工が中断してしまう日が多いからです。

また氷点下付近まで冷え込んでしまうと、塗料の塗膜が割れてしまい、施工自体ができなくなってしまいます。なるべく春まで待ってから施工を依頼しましょう。

和歌山県の外壁塗装・屋根塗業者を探す時の注意点

このページでは主に和歌山県でおすすめできる外壁塗装・屋根塗装業者を紹介してきましたが、気になる業者がなかった・複数の業者から選ぶのに困っている、という方もいるでしょう。

そこでここからは、外壁塗装・屋根塗装業者を選ぶ上で抑えておきたいポイントを紹介していきます。料金面やサービス面、保証などで後悔したくない人はぜひ参考にしてください。

外壁塗装業者の選び方はどうすれば失敗しない?優良塗装会社を見極めて選ぶポイント

複数社の見積もりを比較する

外壁塗装・屋根塗装業者を選ぶ前に必ずやっておくべきことの1つとして、複数の業者に同じ条件で見積もりを依頼する相見積もりが挙げられます。相見積もりを取らないと業者が提示してくる料金が相場に合っているかどうかが分かりません。

相見積もりを取るということは見積もりだけ取って依頼しない業者が出てくるという意味であり、抵抗を覚える方もいるでしょう。

しかし外壁塗装・屋根塗装の業者側も相見積もりは推奨しており、例えばこのページで紹介した業者の中ではみどり産業がホームページにて「即決しないで相見積りを取ることをおすすめします。」と明確に記載しています。

10年後20年後の住宅と資産を守るためにも、必ず相見積もりを取ってから業者を決めましょう。

資格・建設業許可を保有している

外壁塗装・屋根塗装の業者を選ぶ際には、業者に在籍している職人の資格や、業者が取得している許可を確認しておきましょう。

例えば塗装施工の国家資格である1級塗装技能士を取得するためには最低7年の実務経験と、学科実技の両方の試験をパスする必要があり、1級塗装技能士が多い業者=技術力がある業者と考えて良いでしょう。

また建設業許可を取得するためには、財政面や人材配置など厳しい条件をクリアしなければならないため、許可を取得している業者の方が倒産のリスクは少ないです。

資格や許可はホームページの会社概要・会社案内から確認できるため、依頼する前にチェックすることをおすすめします。

複数社の見積もりを詳細までチェックして比較

外壁塗装・屋根塗装の業者を選ぶ際には相見積もりが重要であることは説明したとおりですが、見積書は合計金額だけではなく細部まできちんと目を通すべきです。

というのも外壁塗装・屋根塗装の見積書の書き方は統一されておらず、例えばこのページで紹介した大橋塗装などではシーリング(防水)工事は別紙記載になっています。

契約した後に後悔しないためにも、見積書は最初から最後まで1つずつていねいに見比べていきましょう。

実際の塗装現場の様子を確認する

外壁塗装・屋根塗装の業者を選ぶ際には、実際に施工をおこなった現場を見に行くのも参考になるでしょう。多くの業者は自社のホームページで施工実績を紹介していますが、やはり直接見に行った方が劣化具合も含めて確認できますし、色合いのイメージも掴みやすいでしょう。

また一部の外壁塗装・屋根塗装の業者はショールームを展開しており、実際に使われている塗料や塗板(外壁や屋根の素材に塗料を塗ったサンプル)を見ることができるため、ぜひ来店してみることをおすすめします。

このページで紹介してきた業者の中では、特に岸本建設が立派なショールームを開いており、ホームページから店内の様子を確認できるほか、来店予約をすると500円分のQUOカードがもらえます。

岸本建設のショールームから徒歩1分のところには提携している駐車場もあるため、時間に余裕がある方はチェックしてみましょう。

保証条件・瑕疵保険への加入の有無をチェック

外壁塗装・屋根塗装の業者を選ぶ際には、提供している保証サービスの内容や、瑕疵保険などに加入しているかどうかもチェックしておきましょう。

というのも多くの外壁塗装・屋根塗装の業者が自社による塗り替え保証サービスを提供していますが耐久性の低い塗料は保証年数が短く設定されているため、注意が必要です。また自社保証は業者が倒産すると使えなくなるというリスクがあります。

そのため第三者による補償が受けられる保険に加入している業者を選ぶと良いでしょう。例えばこのページで紹介した業者の中では、片山塗装店がJIO住宅かし保険に加盟しており万一の不具合にも対応してくれます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

※急に電話がかかってくることはございませんのでご安心ください。稀に当サイトより確認のご連絡を差し上げる場合がございます。