和室にあうカーテンの選び方を伝授!おすすめのカーテンメーカーや付ける時の注意点を解説

和室カーテンの選び方

「和室の窓にカーテンを取り付けたいけど、和テイストから外れてしまいそうで怖い」と不安に思う人いますよね。

和室は障子で光を遮断している場合が多く、「和室=カーテン」と想像する人はあまり居ません。

イメージが付きにくい和室カーテンですが、取り付けることは可能で和風テイストに合った商品も発売されているのでおすすめです。

今回は、和室カーテンの選び方や注意点を詳しく解説します。

「和室カーテンの選び方を知りたい」「和室カーテンに興味がある」という人は必見です。

和室の雰囲気に合った色合いや素材の選び方を、わかりやすく説明するので参考にしてください。

和室カーテンの選び方

和室カーテンを選ぶポイント

和室と言えば、床が畳で窓は障子というイメージがあります。

「そもそも和室にカーテンって合うの?」と疑問に思う人も多いですが、デザインが和室に合っているとカーテンでもオシャレな雰囲気を出すことができます。

「和室は障子!」と考える人もいますが、障子だと破れる度に張り替える必要があるので、ペットやお子さんの居る家庭だと管理が大変になってしまいます。

カラー・素材の選び方を抑えていれば、カーテンを取り付けてもオシャレな空間を作りだすことができるので選ぶポイントをしっかり抑えていきましょう。

和室に合う色合いで探す

和室に合う色合いは下記の通りです。

和室に合う色合い

  • アースカラー
  • 淡い暖色
  • モノトーン
  • レトロ
  • 北欧柄

和室に合うカーテンカラーは思ったよりも多く、自分の理想の雰囲気に合わせてカラーをチョイスできます。

和室ならではの「和テイスト」を残したい人はアースカラー系でコーディネートするとまとまりますし、ピンク・紫のようなはっきりした色合いでも淡めのものを選べば和室に馴染みます。

柄入りデザインの場合、和室と相性の良い北欧柄や植物柄などがおすすめです。

和室に合うカーテンカラー・デザインは思っているより多く存在するので、まずは自分が良いと思うカーテンデザインを選んでみましょう。

自分で選んだカーテンデザインが和室とうまくマッチするか心配な人は、カーテン専門店の店員さんなどに相談してみましょう。

アースカラーや淡い暖色系がおすすめ

カーテンカラーに特別こだわりが特にないという人は、アースカラーや淡い暖色系を選びましょう。

特にアースカラーは和室に馴染み易いので、和室に取り付けても自然に馴染みます。

デザインにこだわりが無く、とにかく無難に和室の雰囲気を整えたいという人は自然色に近い色合いのカーテンカラーを選ぶことをおすすめします。

自然素材の生地を選ぶ

カーテンは色も重要ですが、生地も大事です。

和室は自然素材のカーテンが適しています。

しかし自然素材のカーテンはお手入れが大変だったり、伸縮がきになったりしてしまう人もいます。

「自然素材のカーテンはちょっと……。」と悩んでしまう人は、自然素材風のカーテンをおすすめします。

自然素材風のカーテンは、見た目がコットンのような感じでも素材はポリエステルと「お手入れ簡単で自然素材の生地に見える」ことが実現できます。

お手入れ簡単な自然素材風カーテンは豊富なカラーデザインから選ぶことも可能なので、購入を検討してみてください。

遮光・非遮光カーテン選びは部屋環境によって合わせる

カーテンには遮光・非遮光カーテンがあります。

非遮光カーテンは、遮光カーテンと比べて断熱効果が低くなります。

よって非遮光カーテンは冬場の部屋が寒くなりやすく、断熱効果を求めている人は遮光カーテンをおすすめします。

しかし窓ガラスが高機能なものであれば非遮光カーテンでも断熱できるので、カーテンを取り付ける部屋環境をチェックしましょう。

カーテンは遮光・非遮光以外にもUVカット機能など高機能なカーテンもあるので、カーテンを取り付ける事によるプラス効果を求めているひとは、機能性もチェックしましょう。

和室におすすめのカーテンブランド・メーカーを紹介

和室のカーテンブランドは、低価格だったり高機能付きだったりするものがあります。

カーテンの購入は実際に店舗に行って確認する方法もありますが、ネットショップで購入することも可能です。

これから和室におすすめのカーテンブランドを紹介するので参考にして下さい。

ニトリ

ニトリ

引用元:ニトリ

ニトリはカーテンの種類やサイズ・色が豊富にそろっているメーカで、カーテン選びに失敗しにくいメリットがあります。

オーダーカーテンも購入可能で、リーズナブル価格で充実したサポートを受けられます。

インテリア初心者は、ニトリのように商品を詳しく説明してくれる店舗で購入することをおすすめします。

CURTAIN×CURTAIN(カーテンカーテン)

カーテンカーテン

引用元:CURTAIN×CURTAIN

CURTAIN×CURTAINは創業100以上続くカーテン専門店です。

種類・デザイン・機能すべて充実している店で、使う場所によって最適のカーテンを揃えてくれるので、和室のカーテン選びに困っている人におすすめです。

「こだわりが無いけど、和室を良い雰囲気にしたい」という人はカーテンカーテンに選んでもらい、購入を検討してみてください。

INN’S(インズ)

インズ

引用元:INN’S

INN’S(インズ)は女性向けのかわいいデザインが豊富のカーテン専門店です。

インテリアコーディネーターが流行をしっかり取り入れたデザインを紹介してくれるので、オシャレな雰囲気の和室を求めている人は相談してみましょう。

インズは通販のカーテン専門店となっています。

実店舗に行って商品をチェックするのが面倒くさいという人にもおすすめです。

和室カーテンを選ぶ時に注意するポイント

カーテンを選ぶ時の注意点

和室カーテンは色々な色・デザインから選ぶことが可能ですが、的外れなデザインを選ぶと部屋全体がダサくなってしまいます。

上記で説明した選び方でカーテンを選んでも、不向きな素材で「カーテンの効果を活かせてない」事態に発展してしまう場合もあるので注意しましょう。

ビビットカラーは控える

和室のカーテンにビビットカラーは適していません。

目立つ色のカーテンを和室に取り付けると、和風のテイストを壊してしまう可能性があるので注意しましょう。

ピンクや赤といった協調される色は、ビビットではなく淡い色・レトロな色に変換して和風の雰囲気を崩さないようにしましょう。

ドレープカーテンは似合わない

カーテンには色々な種類があり、中でも「ドレープカーテン」は和室に似合いません。

ドレープカーテンはカーテンの中でも定番で、厚手の生地で仕立てているカーテンです。

カーテン販売店でよく見る種類ですが、和室との相性がよくありません。

ドープカーテンは装飾性が高いので優雅な雰囲気を持たせますが、和室は簡素な作りになっているのでイメージが対照的になってしまいます。

和室のカーテンを選ぶ際は、ドープカーテンではなく簡素なイメージに合うカーテンを選びましょう。

不安な人はカーテン専門店に直接相談しよう

カーテン選びがどうしても不安という人は、カーテン専門店などの店員さんに直接相談することをおすすめします。

リーズナブルな価格で購入できる「ニトリ」でも丁重にデザイン性を説明してくれるので、失敗したくないけど不安という人は店員さんと相談してカーテンを購入しましょう。

和室カーテンは自然素材を選ぶのがおすすめ!落ち着いた雰囲気を作ろう

和室カーテンは、自然素材で簡素なものを選ぶと相性が良いです。

和室と対照的なデザインを選ぶと、イメージが喧嘩し合って落ち着かない雰囲気の部屋になるので注意しましょう。

カーテンの購入はネットでも可能なので、「とりあえずどんなものがあるのか見てみたい」という人はネットでカーテンデザインを見ることからはじめてみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

※急に電話がかかってくることはございませんのでご安心ください。稀に当サイトより確認のご連絡を差し上げる場合がございます。