屋根塗装の注意点とは?失敗して後悔しないためのポイントを解説

屋根塗装の注意点

屋根は自分にも他の人にも見えにくいものなので、塗装工事を後回しにしてしまいがちです。

しかし、屋根塗装は見た目を保つだけでなく、屋根の保護や室温の維持にも大きく影響しています。

今回は屋根塗装が必要な理由と、工事を依頼する際の注意点を解説していきます。

屋根塗装工事を放置した時に起こる問題

中には「屋根塗装は必要ない」と言う方もいますが、伝統的な日本瓦以外は総じて定期的な屋根塗装が必要です。

屋根塗装は見栄えを保つ役割もありますが、屋根の保護や太陽光を防ぐ役割もあります。

問題①屋根の腐食

屋根は建築材の上に塗膜があり、雨風を防いでいます。

屋根そのものも防水加工がされていますが、常に雨にさらされるので、それだけでは十分に腐食を回避することはできません。

家の状態を保つために屋根塗装は必要です。

問題②雨漏りの発生

前述の通り、塗装をしないと屋根は雨風にさらされて腐食していきます。

この状態を放置し続けていれば、雨漏りが発生して雨水が内部まで侵入してしまいます。

雨漏りが深刻になり住宅を建て直すことになれば、塗装の10倍以上のリフォーム費用がかかってしまい、大きな損失を被ります。

問題③強風による破損

屋根塗装をせず劣化を放置していると、台風などによって破損しやすくなります。

雨水の浸食で屋根全体が腐食した上で強風を受けると、屋根ごと吹き飛んでしまうリスクもあります。

問題④室温の上昇

屋根塗装に使う塗料は遮熱・断熱性能があるものもあり、太陽光の熱を通しにくくします。

こうした塗料を利用することで室温の上昇を抑え、夏でも快適に暮らすことができます。

屋根塗装をおこなうことでエアコン代の節約にもつながり、家計改善が可能です。

逆に屋根塗装をいていないと直射日光と屋根が通してそのまま室内に入ってくるので、非常に高温多湿になってしまいます。

屋根塗装の注意点

屋根塗装はただ依頼をすれば良い訳ではありません。

屋根塗装業者の実績はピンキリな上、優良な業者を見つけても自身の状況に合った最適な業者である確証はありません。

ここからは、屋根塗装を成功させるため、特に抑えておきたいポイントを紹介します。

複数社の見積もり価格をチェック

屋根塗装には定価がなく、業者によって見積もり価格は変わります。

屋根の状態をどう評価するか、どんな工事が適切と考えるかによって金額は変わるので、良く比較する必要があります。

安い費用で良質な屋根塗装をおこなってくれると評判の業者も、あなたの屋根に対しておこなった見積もりがお得かどうかは、他社の見積もりと比較しなければ本当のところは分かりません。

懇意にしている業者や、関係性のあるハウスメーカー・工務店が斡旋する業者にそのまま依頼するのではなく、複数社を比較した上で依頼するようにしましょう。

塗料の効果と費用の違いをチェック

屋根塗装は塗料の種類によってもたらす効果と費用が異なります。

塗料 メリット デメリット 塗装費用
ウレタン塗料 価格が安い 耐用年数が短い 45~75万円
シリコン塗料 コスパに優れている 50~80万円
フッ素塗料 耐用年数が長い 費用が高額 55~90万円

以前はウレタン塗料が主流でしたが、現在はシリコン塗料が最も多く利用されています。

強いこだわりがない場合は、シリコン塗料を選ぶのが無難です。

フッ素塗料は耐久性に優れ、公共建造物にも利用されますが予算がかかるので、選ぶ際は注意が必要です。

見積もり書は端から端まで読む

屋根塗装の見積もりを依頼すると、見積書の形で結果が送られてきます。

金額しか見ない方も多いですが、費用の内訳や利用する塗料名などが細かく書かれているので、隅から隅までチェックしないと足元を見られる恐れがあります。

塗装回数が2度塗りの見積もりは危険

屋根塗装は下塗り・中塗り・上塗りの3回に分けるのが基本です。

ただ、中には2度塗りで済ませようとする悪徳業者もいます。

これは2度塗りを3度塗りに見せることで、実際よりも高い料金を請求する魂胆になります。

見積もり書に3度塗りをすると明記していれば、必要以上に疑うことは無いかと思います。

何回塗りか見積もり書に明記されていない場合は、契約前に必ず質問するようにしましょう。

見積もり書に3度塗りと書かれているのに、実際は2度塗りをしようとする可能性もあります。

これは、塗る色を1回ごとに変えれば、素人でも目視でチェックできるようになります。

商品・メーカー名の有無をチェック

見積もり書には、塗料の種類・メーカー名・商品名まで具体的に記載しているのが普通です。

しかし中には、具体的な名前を見積もり書に記載しないケースもあります。

この場合、薄めすぎた塗料や安く輸入した質の低い塗料を利用しようとしている恐れがあるので、必ずチェックしましょう。

費用や塗料を「一式」と表記する業者は危険

塗料一式・費用一式・面積一式というように、見積もり書に細かい内訳を書かないケースがあります。

こうした見積もり書を作成する業者は依頼者をごまかして安い施工に高い費用を請求してくる可能性があるので、契約を回避しましょう。

複数社の見積もり費用を比較する際も細かい内訳は必要なので、必ず記載をしてもらいましょう。

付帯部まで塗装してくれるかチェック

軒天井・破風板・雨樋などの屋根の付帯部まで塗装をしないと、屋根塗装の効果を十分に得ることはできません。

屋根本体の塗装は同じ塗料で大きく伸ばして塗れば良いのですが、付帯部は細かい作業が必要なので業者にとって面倒な作業ではあります。

ただし、普通の優良業者なら屋根塗装に付帯部の塗装まで入っているのが当たり前なので、見積もり書の中身をしっかりチェックしましょう。

無料保証してくれない業者は危険

屋根塗装工事の後に施工不良が発覚した時、無料で修繕をしてくれるのが塗装業者として普通の態度です。

ただ、中には修繕にお金がかかったり、保証内容が曖昧だったりするケースもあります。

施工ミスの防止だけでなく、十分なアフターケアを受けるためにも保証内容をチェックしましょう。

書面での契約をおこなう

屋根塗装は電話で依頼すると見積もりを提出してそのまま工事に移るケースがあります。

これではどのタイミングでどのような契約を結んだか分からないので、施工後に大きなトラブルが起こるリスクがあります。

口頭ではなく、必ず書面で契約書をもらった上で、正当な契約を結ぶようにしましょう。

屋根塗装は注意して依頼しよう

屋根は状況が見えにくい部分でもあるので、悪質の塗装業者からしても顧客を騙しやすい部位となります。

屋根塗装を依頼する際は、十分に注意して契約を結ぶようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

※急に電話がかかってくることはございませんのでご安心ください。稀に当サイトより確認のご連絡を差し上げる場合がございます。