TOP > 暮らし > 物件プラットフォームcowcamo(カウカモ)はリノベ済み物件の購入におすすめ!評判・特徴を徹底解説

物件プラットフォームcowcamo(カウカモ)はリノベ済み物件の購入におすすめ!評判・特徴を徹底解説

【更新日】2021-10-21
このエントリーをはてなブックマークに追加
cowcamo(カウカモ)

リノベーション済みの物件や古い家を探す際に、どのような探し方をすれば良いか分からない方も多いでしょう。

そんな時には、cowcamo(カウカモ)というサービスの利用をおすすめします。

cowcamoは東証マザーズ上場の株式会社ツクルバが提供しているサービスで、中古・リノベ済み物件専門の流通プラットフォームになります。

専用メディアなのでマッチングがはかりやすく、ヴィンテージ感など独自の魅力も価値と見なして査定してくれるので、売り手からの評判も良いです。

隠れた優良物件が続々と集まってくるので、買い手目線から見ても利用すべきサービスと言えます。

今回は、cowcamo(カウカモ)のサービスの特徴を紹介していきます。

cowcamo(カウカモ)の特徴

cowcamo(カウカモ)の特徴

cowcamo(カウカモ)は、中古マンション・リノベーション物件の中でも、質が高くて独自の魅力を持った物件を提供しています。

また、cowcamoは単なる物件情報を掲載しているサイトというだけでなく、購入、リノベーション、退去や売却など、物件に関わる上で起こる全てのプロセスをサポートしてくれます。

リノベーションやリノベ済み物件の購入を考えている方なら、優先的に使用したいサービスです。

メディアからの注目度も高い

cowcamoは始まって間もないサービスでありながら、大手メディアなどにも多数取り上げられています。

近年では地価の高騰により新築物件の購入が難しく、安価に購入できる中古物件の注目度が高まっています。

特に都市部では新築物件を建てられる土地が少なくなっていることや、空き家の増加が社会問題化しているように古い家の処分が厳しくなっている現状があります。

こうした状況を踏まえてリノベーション自体の人気が高まっており、なかでもリノベーションに特化したサービスのcowcamoの利用者が増加しています。

cowcamo(カウカモ)のサービス

cowcamo(カウカモ)のサービス

cowcamoのサービスは、物件紹介の他にも以下のようなものがあります。

  • コンシェル
  • セミナー
  • エージェント
  • リノベコーディネート

カウカモコンシェル

cowcamoには専門的なコンシェルが在籍しており、プロ目線で質問に回答してくれます。

リノベーション物件を購入する方は、耐久性など様々な悩みがあるものです。

こうした悩みに対して適切なアドバイスを貰うことが出来ます。

カウカモセミナー

cowcamoは家族構成やライフステージに合わせたセミナーを実施しています。

個別の悩み相談とは違った方針で住まいについて学習することができるのが大きな魅力。

様々なテーマのセミナーを実施しているので、あなたにあったものを見つけることが出来ます。

エージェント

個別の専門性を持ったカウカモエージェントに相談をすることが出来ます。

コーディネートやインテリアなど、普通の不動産屋では相談しにくい分野のアドバイスをもらうことも出来ます。

cowcamo MAGAZINEでオシャレ物件や耳より情報を要チェック

cowcamo MAGAZINE

cowcamo MAGAZINEは「街と暮らしの先輩マガジン」をテーマに情報発信しているWebメディアで、自分らしい暮らしをしている方を多く取り上げています。

cowcamo MAGAZINEのページ例

東京都内を中心に、理想の生活を実現している30代~40代の夫婦や家族世帯をテーマに、生活を写真付きで紹介しています。

実際にリノベ済み物件を活用した事例なども掲載されており、新生活を検討している方に向けて耳よりな情報も多数載っています。

リノベーションとリフォームの違い

リノベーションは、既存の建物に新たな機能・価値を付加した改装工事のことを指します。

キッチンなどの機能の改良や、間取りを今風に変更する工事などを伴う改良をリノベーションと言います。

リフォームは基本的に、劣化した状態を新築と同じような状態にする工事なので、リノベーションとは意味が異なります。

追加する機能や価値は持主が決められる

リノベーションによってどんな機能や価値を付加するかについては、施工業者が決定することもありますが、中古住宅を相続・購入した持主が自由に決めるケースが多いです。

もともとの立地や構造などの縛りはありますが、基本的には新築で家を建てる時と同じように希望を叶えることが出来ます。

中古住宅を購入してリノベーションをする時の総費用は、新築物件を1から建てた時の費用よりも安いので、お得に希望の住まいが手に入ります。

リノベーションのメリット

近年流行りのリノベーションですが、どのようなメリットがあるか具体的にわかる方は少ないのではないでしょうか?

リノベーションを検討する方に向けて、知っておきたいメリットを紹介していきます。

希望の立地で理想の住まいが建てられる

最近では人気の住宅街に物件が集中し、余った土地を探すのは非常に難しくなっています。

ただし、空き家問題が社会問題化しているように、なかなか売れない中古の家の数が増えているのも事実です。

人気の立地にある不人気な売り物件を購入してリノベーションすれば、希望の立地に理想の住まいを建てることが出来ます。

幅広い候補から家を選べる

新居や築浅の中古物件だけを探していても、理想の住まいはなかなか見つかりにくいでしょう。

ここにリノベーションという選択肢を追加すると、家選びの幅はグッと広がります。

リノベーションには中古住宅を一部改修するものから、丸ごとリフォームするものまで様々です。

予算に余裕があるなら、物件の状況を気にせず立地を見て購入できるので非常にスムーズです。

新築より20~30%価格を抑えられる

新築住宅を購入する場合に比べて、中古住宅の購入・リノベーションは20~30%ほど安く抑えることが出来ます。

劣化がそこまで進行していない質の高い中古住宅なら内装や設備のリノベーションにお金をかけられるので、新築よりも中身にこだわった住まいを手に入れられる可能性が高いです。

新築物件は価格帯そのものが高く、お金をかけたいところにかけられないケースも良くあります。

こうした状態もリノベーションを上手く活用すれば、回避することが出来ます。

リノベ済み物件を購入する際の注意点

耐久性の不安が残る

リノベーション物件は、見た目は綺麗でも中身は中古住宅なので、耐久性に不安があるケースが多いです。

特に1981年6月以前の旧耐震基準で建てられた物件は、リノベーション後もリスクが残るので注意が必要です。

最低でも現行の耐震基準で建築されていること、近年に耐震性の見直しがおこなわれていることが購入の条件になります。

欠陥工事のリスクがある

多少古くても法律に則って建てられた物件なら、大きな問題は起こらないと考える方は多いです。

ただし、古い物件は当時の法律や新築時の概要を見ただけでは分からないリスクがあるので、注意が必要です。

建築業界は設定されている法律・ルールを厳密に守らなくても、慣習上すぐ罪に問われなかった時代が長くありました。

そのため、公式には問題ないと言われている住宅でも築年数が古いだけでリスクの可能性はあります。

安全性に強くこだわる方には、リノベーション物件はおすすめできません。

ローン金利が割高になりやすい

リノベーション物件は住宅ローンが使えず、リフォームローンを使うケースがほとんどです。

リフォームローンは住宅ローンよりも金利が高めに設定されており、購入時はお得に見えても、その後の負担が大きい可能性が高いです。

トータルコストで見て新築より損失が大きいリスクもあるので、全体のコストを事前に確認しておきましょう。

cowcamo(カウカモ)はリノベ済み物件を買いたい方なら要チェック

cowcamo(カウカモ)はリノベ済み物件を買いたい方なら要チェック

cowcamoは、リノベーションを検討している方なら要チェックのサービスです。

物件の紹介だけでなく、相談サポートなど様々な側面から支援してくれるので、一貫したワンストップサポートを得られます。

気になる方は、サービスを活用してみましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する他の記事

おすすめ・特集記事!

【2021年】大手不動産会社ランキング!売上高・売却仲介件数・評判を比較!信頼できるのはどこ?
不動産会社ランキングの決定版!総合売上、売却仲介実績、過去の利用者の口コミ・評判からおすすめの不動…
不動産一括査定サイトおすすめランキング!33社を比較【2021年最新】
不動産査定サイトのメリットとしては、複数業者に査定依頼できる、無料でネットから申し込める事の他にも…