TOP > 外壁塗装 > 屋根修理・屋根リフォームにかかる費用相場は平均いくら?工事別・屋根材別に価格例を紹介

屋根修理・屋根リフォームにかかる費用相場は平均いくら?工事別・屋根材別に価格例を紹介

【更新日】2021-10-29
このエントリーをはてなブックマークに追加
屋根修理・屋根リフォームにかかる費用

屋根は家にとって重要な部分を担っっており、台風や大雨・紫外線などから守ってくれます。

しかし屋根のメンテナンスを怠ると、家全体の劣化が進み最悪の場合、家を買い替える必要がでてきます。

屋根リフォームは最悪の事態にならないためにも、定期的におこなう必要がります。

しかし実際屋根がどのようになっているのか自分で確認するのは困難です。

業者にリフォームを頼むにしても「費用がいくらかかるの?」「どんな工事が必要なの?」と不安要素が出てきます。

屋根リフォームといっても工事の種類によって費用が異なるので、今回は各工事ごとにかかる費用相場を詳しく解説します。

補修工事や瓦の単価も紹介するので必見です。

「屋根リフォーム全体の相場を知りたい!」「工事の内訳を見てみたい」という人は参考にしてください。

屋根リフォーム工事は大きく分けて8種類

屋根リフォームで実施する工事は、大きく分けて8つに分かれます。

  • 屋根塗装工事
  • 屋根重ね葺き工事
  • 屋根葺き替え工事
  • 漆喰補修工事
  • 瓦屋根補修工事
  • コーキング補修工事
  • 棟板金交換工事
  • 雨樋工事

ここからは、それぞれの工事の内容を見ていきます。

屋根塗装工事

屋根材の傷みが少ない場合は、屋根の表面の汚れを落とした上で、屋根材にあった塗料を選んで塗装をします。

屋根塗装は、単に屋根の美観を向上させるだけでなく、塗料に含まれる成分によって遮熱・断熱効果や防汚効果など、機能性を追加させる目的もあります。

一般的な大きさの一戸建て住宅なら、かかる料金は総額で25~40万円ほどが相場となります。

屋根重ね葺き工事(カバー工法)

現在の屋根はそのままにしておき、上から新しい屋根材を被せる工事を指します。

古い屋根材を撤去する手間がなくなるので、比較的スムーズで安く工事をすることが出来ます。

屋根リフォームとしては大規模な部類に入る上、カバー用の商品は一部の大手しか販売がないので注意が必要です。

また、新しい屋根と古い屋根の間に湿気がたまって劣化する可能性があるため、劣化を食い止めるための換気口も必要となります。

カバー工法を利用した場合の費用は、50~120万円ほどとなります。

屋根葺き替え工事

既存の屋根材を取り外して、新しく屋根材を設置する方法です。

屋根材はスレート、ガルバリウム鋼板、日本瓦(粘土瓦)などがあり、状況に合わせて選ぶことが出来ます。

費用相場は70万円~140万円ほどで、屋根の下の防水シートまで交換が必要な大規模工事となります。

屋根の葺き替えは、より軽い屋根材を使用して住宅の耐震性を向上させるためにおこなわれることが多いです。

漆喰補修工事

屋根では、屋根瓦の一番上の棟という部分の台土を守るために、漆喰を塗り込んでいます。

漆喰は屋根の棟と瓦の隙間を埋めて、屋根の葺き土を風雨から守り、瓦の接着性を維持する目的で使用されます。

漆喰の寿命は15年~20年と言われており、風雨や直射日光、寒暖の差などによって劣化が進みます。

劣化した漆喰をそのままにすると、瓦が屋根に接着せず、ズレが生じてしまいます。

瓦のズレが生じないように、業者に頼んで補修工事を依頼することをおすすめします。

この場合、かかる費用は足場代を含んで30万円~80万円となります。

瓦屋根補修工事

瓦屋根にひび割れ、ズレ、劣化などが見られた場合、劣化した瓦を交換して補修する必要があります。

瓦の補修は、10坪~30坪の屋根面積の一般的な家屋なら、足場代を含んで30万円~100万円ほどが相場となります。

瓦の劣化を放置していると雨漏りなどを引き起こすので、早めに対応しましょう。

コーキング補修工事

コーキングとは、屋根のつなぎ目などに流し込んで固めるゴムのように伸縮性のある素材のことです。

コーキングは直射日光に弱く、放置していると切れたり縮小したりして、屋根材の劣化や雨漏りを引き起こします。

コーキングの劣化箇所の補修費用の相場は、打ち替え(新しいコーキングに交換)が900円~1,500円/m、打ち増し(コーキングの設置箇所の増設)が500円~1,000円/mとなります。

棟板金交換工事

板金とは、一般的にスレート計の屋根を留める金属の部位のことを指します。

屋根と屋根の面を板金が接合することで屋根材のズレと、雨漏りの侵入を防いでいます。

棟板金の腐食・劣化や浮き上がりなどの状態が起こっている場合、補修をして自己が起こるのを防ぎます。

棟板金の交換は足場代を含めて30万円~100万円が相場となります。棟板金は台風などによって損傷することも多いので、火災保険の利用を検討しましょう。

雨樋工事

雨樋とは、家屋の外部に設置されている、屋根から家の下部に伸びている排水設備のことです。

屋根の上に溜まった雨水などを下に流し、排水することを目的としています。

雨樋はひび割れや詰まりを起こしやすく、そのまま放置していると雨漏りの原因になるので、早めに対応をする必要があります。

雨樋の修理にかかる費用は、1mにつき3,000円ほどです。

屋根リフォームにかかる費用相場は25万円~130万円ほど

屋根リフォームにかかる費用相場

屋根リフォームにかかる費用を各工事ごとにまとめてみました。

屋根塗装の費用相場 25~30万円
屋根の重ね葺き工事の費用相場 50~120万円
屋根葺き替え工事の費用相場 70~130万円

屋根のリフォームは大きく分けて3種類あり、屋根の劣化状態によって採用される施工内容が異なります。

屋根の劣化状況が悪ければ悪い程、リフォーム費用も高くなるので、費用を抑えたい人は定期的に業者に点検してもらいましょう。

重ね葺き工事や葺き替え工事は瓦を使用するので、既存の瓦に塗装する工事より値段が高くなっています。

業者に見積もり依頼した時に適正価格で提示されているか確認する指標になるので、参考にしてください。

屋根塗装の費用相場は25~30万円

屋根塗装は屋根材の劣化がまだ浅い場合に使用される工法で、塗料を塗って屋根の劣化を防ぎます。

工事内容 費用相場
屋根塗装 25~30万円

屋根塗装の工事の内訳は下記の通りです。

工事内容 単価
足場設置 700~900円
高圧洗浄 200円
ケレン作業 200~500円
錆び止め 400~600円
養生 100円
屋根塗装 600円~4500円
付帯部塗装 300~500円

屋根塗装の費用相場は、使用する塗装によって値段が異なります。

塗料の価格が高い物は耐久性に優れている為、メンテナンス期間を長く開けても問題ありません。

しかし予算の兼ね合いで、安価の塗料を使用する場合は定期的に塗装してもらう必要があるので注意しましょう。

外壁塗装の見積もりの注意点とは?見積もりの安さだけで業者を選ぶのが危険な理由

塗料の費用相場と耐久性

屋根塗装に使用する塗料と耐用年数をまとめました。

塗料 費用(1缶あたり) 耐久年数
アクリル 5,000~10,000円 約3年未満
ウレタン 5,000~15,000円 約3~5年
シリコン 15,000~40,000円 約5~7年
フッ素 40,000~80,000円 約7~10年
無機 50,000~120,000円 約10~15年
光触媒 50,000~100,000円 約10~15年

費用だけを重視して考えて塗料を決めると、1回の工事費用を安くすることは可能です。

しかし安い塗料は塗り替え頻度が多くなるので、結果的に屋根リフォームの費用が高くなってしまいます。

価格が低く耐用年数も低いアクリル塗料は紫外線に弱いので、屋根塗装に採用されることはほぼありません。

上記の塗料以外に太陽熱を軽減する遮熱塗料や断熱塗料など特殊機能をもった塗料も存在します。

屋根の重ね葺き工事の費用相場は50~120万円

屋根の重ね葺き工事の費用相場
工事内容 費用相場
重ね葺き 50~120万円

葺き替え工事より工事費用がかからず、屋根全体のリフォームが可能です。

重ね葺き工事が可能な屋根はストレート・金属屋根・アスファルトシングルの屋根材を使用している屋根です。

葺き替え工事は使用する屋根材によって費用が異なります。

採用される屋根材の適正価格を把握して、見積もりと見比べてみましょう。

重ね葺き替え工事の内訳は下記の通りです。

新しい屋根材の施工 5,000〜11,000円/㎡
ケラバ・軒・雪止め金具取り付け・棟板金…etc 3,000~11,000円/㎡
コンパネ・野地板…etc 1,500~2,500円/㎡
防水シート 500~1,500円/㎡
足場費用 600~1,500円/㎡
工事管理費・諸経費 業者によって異なる

屋根の劣化状況によっては下地から変更しなければならない場合があり、下地の変更も必要な場合は葺き替え工事が採用されます。

粘土瓦で重ね葺き工事した費用は8000円/㎡

粘度計の瓦で葺き替え工事した場合の費用目安と、瓦の性質をまとめました。

重量 40~50kg/㎡
1棟分の重さ 4~5t(100㎡あたり
厚さ 20mm(表面材)
施工可能勾配 3~5寸以上
本体工事価格目安 8,000円~/㎡

粘土系の瓦は、他の屋根材に比べて重く費用も高めになります。

粘土を使って焼き上げる瓦は和瓦と呼ばれており、現在の重ね葺き替え工事ではあまり使用されていません

セメント瓦で重ね葺き工事した費用は9000円/㎡

セメント・樹脂系の瓦で重ね葺き工事した場合の費用と基本情報をまとめました。

重量 20kg/㎡
1棟分の重さ 2t(100㎡あたり)
厚さ 25mm
施工可能勾配 3寸以上
本体工事価格目安 9,000円~/㎡

セメント・樹脂系の瓦は粘土瓦より軽いのですが、他の屋根材より重いです。

セメント瓦は、吸水性が高い為塗装工事でのメンテナンスが可能で、メンテナンスしやすい理由から一時期主流になっていましたが、瓦の重さが他の屋根材に比べて重く現在では殆ど生産されていません

雨漏りなどが発生している場合は、葺き替え工事で新しい屋根材を取り付けることをおすすめします。

コロニアルで重ね葺き工事した費用は5000円/㎡

コロニアルの重ね葺き工事の費用と基本情報をまとめました。

重量 20kg/㎡
1棟分の重さ 2t(100㎡あたり)
厚さ 25mm
施工可能勾配 2.5~4寸以上
本体工事価格目安 5,000円~/㎡

コロニアル屋根はケイミュー株式会社が販売しているストレート材で、価格が安く耐震性に優れている特徴をもっています。

しかし、耐久性が低いので定期的にメンテナンスしてもらうひつようがあります。

定期的にメンテンナンスが必要となりますが、コスパが良いので現在でも使用されている屋根材です。

屋根葺き替え工事の費用相場は70~130万円

屋根葺き替え工事の費用相場

屋根の葺き替え工事は、既存の屋根材を撤去して新しい屋根材を取り付けます。

カバー工法と違って廃材処分が出るので、工事費用が高くなりますが、下地もメンテナンスできるので家を長持ちさせることができます

工事内容 費用相場
屋根葺き替え 70~130万円

屋根の葺き替え工事は既存の屋根材と新しく変える屋根材によって費用目安がことなります。

また、古いストレート屋根材を使用している家の場合アスベストを含んでいる可能性があり、アスベストを含んだ屋根材をリフォームする場合は処理費用もかかるので注意しましょう。

既存の屋根材 施工内容 総額費用(目安)
瓦の交換 100〜266万円
瓦からスレート 70〜200万円
瓦からガルバリウム 80〜210万円
スレート
カラーベスト
コロニアル
スレート交換 70〜200万円
スレートからガルバリウム 90〜200万円
セメント瓦 セメント瓦から瓦 100〜250万円
セメント瓦からスレート 98〜260万円
セメント瓦からガルバリウム 80〜200万円

屋根材はすトレード材が最も安く、瓦の交換は費用が高くなります。

既存の屋根材が瓦の人は、葺き替え工事でストレート材に変えるのも一つの手段です。

今後費用を抑えつつメンテナンスをしたいと考える人におすすめです。

葺き替え工事の内訳

葺き替え工事の内訳は下記の通りです。

工事内容 費用相場(㎡あたり)
新しい屋根材の施工費
  • 日本瓦・洋瓦/8,000~15,000円/㎡
  • ストレート材/5,000~7,000円/㎡
  • ガルバリウム銅板/6,500~8000円/㎡
廃材の撤去費 1,500~3,000円/㎡
下地補修費 2,000~3,500円/㎡
防水シート 500~1,500円/㎡
足場費用 600~1,500円/㎡
アスベスト処理費 20,000~85,000円/㎡

屋根の広さや種類によって、費用が高くなったり安くなったりします。

また、住んでいる地域によっても費用がことなるのであくまで目安として参考にしてください。

業者によっては管理費や諸経費を加算してくる所もあるので、業者に依頼する際は見積もりを依頼して何に費用がかかっているかしっかり確認しましょう。

屋根の雨漏り工事の費用相場

調査 費用相場(約30坪)
発光液調査 5万円~25万円
ガス調査 18万円~
内側確認 5万円~15万円
散水調査 3万円~15万円
赤外線サーモグラフィー調査 18万円~30万円

小規模な屋根修理で多いのが、雨漏り調査・雨漏り工事です。

雨漏りを防ぐためには特別な器具が必要になるので、追加で費用が発生します。

「雨漏り修理なんて、大した工事ではない」という認識の方が、見積もりを見て割高過ぎると文句を言うケースも多いです。

ただし、雨漏りは住民が見えている箇所だけで起こっている訳ではありません。雨漏りが発生しているところが1箇所見つかったら、見えない欠陥が高確率であると考えられます。

雨漏りの再発を今後も防ぐなら、一定額以上の費用を支払ってプロに依頼することをおすすめします。

屋根修理にかかる塗料・屋根材以外の費用相場

内容 費用相場(約30坪)
足場 20万円
高圧洗浄 2万円
ケレン 5.5~10万円
錆止め 7.5~10万円
漆喰 8~15万円
コンパネ(野地板) 7.5~10.5万円
ルーフィング(防水シート) 8~10万円
屋根材撤去 20~40万円
屋根材処分 1~2万円/㎡

屋根修理には、塗料や材料費以外にも様々な費用がかかります。

特に屋根修理は高所の作業なので、安全な工事のために足場の組立は必須となります。

軽微な修理でも足場を組み立てれば費用は高く付くので、思い切って大規模なリフォームに移行するのもおすすめです。

リフォーム前に確認しておきたい屋根材の特徴

屋根リフォームと一口にいっても、住宅によって使用する屋根材が異なるため、やり方もそれぞれ違います。

一般住宅で用いられることの多い屋根材の特徴を、整理していきましょう。

スレート瓦

費用相場 5,000円~7,000円/㎡
耐久年数 20年~25年

薄い板状の瓦で、天然の形の天然スレートと、平板、厚型、波型などに特殊加工をした化粧スレートの大きく2種類に分かれます。

更に、化粧スレートはアスベストを含むものを石綿スレート、含まないものを無石綿スレートと呼びます。

このようにスレート屋根には様々な種類があるため、リフォームの際は種類の違いを把握できる専門業者への依頼をおすすめします。

ガルバリウム鋼板

費用相場 6,000円~8,000円/㎡
耐久年数 50年~

ガルバリウム鋼板は、アルミニウム、亜鉛、シリコンなどを合成して作った合金メッキ鋼板です。

さびにくさ、耐久性の長さに定評があり、直射日光を反射しやすいため室内の温度を快適に保つことが可能です。

ガルバリウム鋼板は開発から比較的新しい屋根材なので、老舗の修理業者などは取扱いがないこともあります。取扱いの有無は事前にしっかりチェックしておきましょう。

日本瓦(粘土瓦)

費用相場 8,000円~10,000円/㎡
耐久年数 50年~

日本の伝統的な屋根材で、粘土材を原料としています。

日本瓦は、表面の処理方法によって3つの種類に分かれます。

  • 釉薬瓦:釉薬をかけて焼き上げる一般的なタイプ
  • 無釉薬瓦:釉薬を使用しないタイプ
  • いぶし瓦:土の焼き締め後に蒸す作業が加わる

日本瓦は防水性、耐久性に優れており、頑丈なものなら100年も長持ちします。

瓦を高温で焼くことでしっかり固まり、強度が高く防水性に優れたものになります。

屋根修理にかかる費用の注意点

屋根修理にかかる費用は、いくつか注意すべきポイントがあります。

ここからは、修理を依頼する前に知っておきたいポイントを紹介します。

屋根修理に定価は存在しない

屋根修理は症状や屋根材、周辺環境などによってやり方や人員の数が異なります。

そのため、定価というものが存在せず、必ず現地を確認した上で見積もりをとってもらう必要があります。

比較的安く済むといわれる修理工事でも、いざ見積もりを依頼すると予想以上に高くつくケースもあるので注意しましょう。

屋根修理の見積もり額は業者ごとに違う

屋根修理の見積もり価格はリフォーム会社によってバラバラです。

これは実績や設定している人件費、スタッフの人数、取り揃えている器具などが関係しています。

安くリフォームを依頼したいなら、複数社の見積もり価格を比較して業者を選ぶ必要があります。

被害が軽くても高くつくケースがある

小規模な被害の補修でも、人が通りにくくて作業しにくい箇所だと大きな足場の設置が必要になります。

足場の設置・撤去費用は工事費の2~3割を占めるほどの高額なもので、足場の費用が高額になると、それだけで工事全体の費用が上がってしまいます。

火災保険や助成金・補助金の申請はリフォーム前

省エネや耐震性アップを目的とした屋根修理の場合、火災保険や自治体の助成金・補助金を利用できるケースもあります。

しかし、これらの制度を利用する場合は必ず申請後に通過したことが分かってからリフォームを始めましょう。

特に助成金・補助金は先着順か抽選順で決まることが多いので、条件を満たしていたとしても支給される保証はありません。

支給ありきで高額なリフォームを依頼するのはやめておきましょう。

見積もりが安すぎる業者に注意

リフォーム業界の中には、破格の安さで屋根修理を実施している業者も存在します。

相場を大幅に下回るほどリーズナブルな業者の場合、詐欺前提で契約を取るために嘘の価格を提示していたり、実績のない外国人スタッフなどを使っていたりすることがあります。

ある程度の費用は安心してリフォームを依頼するために必要なものだと認識しておきましょう。

屋根修理にかかる費用を安く抑えるコツ

屋根修理にかかる費用を安く抑えるコツ

屋根修理にかかる費用は非常に高額なので、出来るだけ安く依頼をしましょう。

ここからは、費用を安く抑えるポイントを紹介します。

複数社の見積もりを比較する

前述の通り、屋根修理の見積もり費用は業者によって異なるため、出来るだけ複数社を比較して安く依頼するのがおすすめです。

効率良く見積もりを比較したいなら、Web一括見積もりサービスの利用を推奨します。

1社ごとに連絡をして来店相談をすると時間がかかりすぎてしまいますし、何度も同じ話や書類の記入をしなければいけないのは苦痛です。

Webの一括見積もりなら、依頼後にまず見積もり書が届き、そこからめぼしい業者に連絡を取って相談するというフローが取れるので、業者探しの時間を大幅に短縮できます。

リフォーム工事はまとめて依頼する

屋根修理や他のリフォーム工事を別々に依頼すると、足場代や人件費、ゴミの運搬費などがその度にかかってしまいます。

例えば屋根修理と外壁修理でそれぞれに足場や運送が必要な場合、まとめて依頼することで費用を2分の1に抑えることが出来ます。

費用を抑えて細かくリフォームを依頼していくほうが最終的には損をする点は把握しておきましょう。

屋根修理を安く依頼する工夫が必要

屋根修理の相場は高めですが、工夫次第ではコストを安く抑えることが出来ます。

助成金や火災保険の利用はもちろんのこと、まとめてリフォームを依頼して費用を削減する工夫も大切です。

リフォーム会社がそれぞれ提供しているキャンペーン・特典を利用するのも良いでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する他の記事

おすすめ・特集記事!

不動産一括査定サイトおすすめランキング!33社を比較【2021年最新】
不動産査定サイトのメリットとしては、複数業者に査定依頼できる、無料でネットから申し込める事の他にも…
【2021年】大手不動産会社ランキング!売上高・売却仲介件数・評判を比較!信頼できるのはどこ?
不動産会社ランキングの決定版!総合売上、売却仲介実績、過去の利用者の口コミ・評判からおすすめの不動…