TOP > 不動産売却 > 横浜市の不動産を高額で売却するコツ!2020年までに売るのがおすすめ

横浜市の不動産を高額で売却するコツ!2020年までに売るのがおすすめ

【更新日】2018-06-22
このエントリーをはてなブックマークに追加
横浜の不動産と観覧車

首都圏の中でも1、2を争う高ブランド力の都市が横浜です。

市という単位では東京を除けば全国1位の人口を誇り、大阪市や名古屋市よりも上です。

海が一望でき、街のイメージの良いことから非常に人気があり、取引も頻繁におこなわれていますが、人気が高いゆえに注意しておきたいこともいくつかあります。

この記事では、横浜の不動産を売却するコツ・注意点を解説します。

神奈川県の不動産査定・売却相場|おすすめ不動産会社ランキング

横浜は売却される不動産も多い大ベッドタウン

同じ東京以外の大規模都市でも福岡は転勤によって移住してくる人が多く、持ち家比率が低いのが特徴です。

福岡の不動産を高額・短期で売却するコツ!

一方、横浜は市内に構える企業も多いですが、勤務先が東京にある方が多く住むベッドタウンとしての性格が強いです。

マイホームを構える人の数も多く、幅広いタイプが取引されているのが特徴として挙げられます。

横浜の不動産はアクセスにより売却価格が変化

どの地域にも言えることですが、特に横浜の不動産は東京都心へのアクセスが良いものほど価値が高くなりがちです。

東京のベッドタウンとしては他にも千葉市、さいたま市が挙げられますが、渋谷や新宿へのアクセスの良さを考慮すると横浜が最も便利です。

そのため、他の地域よりもアクセスの良さが売却時には求められるようになります。

高人気ゆえに不動産の新築規制も?

住宅地として非常に高い人気の横浜ですが、これ以上住宅地が拡大しないようにマンション開発に規制をかけています。

そのため、みなとみらい周辺などにはところどころ空き地がありますが、ここは購入できない仕組みになっています。

こうした規制がかかる理由としては、観光資源を守ることや、既存の住民の生活を保護することなどが挙げられます。

こうした規制があるので、新築の売却は多くありません。

大規模マンションの数が少ない

新築規制されていることも一因となり、市の中心にタワーマンションが密集しているということもありません。

ただこれは、人口が多数の物件に分散しているということで、その分競合が多いという意味でもあります。

つまり、市内で売り出される不動産は数が多く、かつほとんどが中古物件であるということです。

横浜の不動産売却は築年数に着目すべし

中古の売却が多い横浜ですが、こうした傾向のある地域では、売り出す物件の築年数に着目することが大切です。

売却価値は周辺環境、方角、高さといった様々な要素を考慮して決定しますが、その中でも最も影響力が高いのが築年数です。

周囲も中古の不動産ばかりだということは、逆にいえば少しでも築浅で売却をすれば競合を出し抜けるということです。

2017.05.26
家を相場よりも高く売るには、まず築年数・アクセスに注目する必要があります。特に築年数が過ぎると価格は急落するので、もし売り出しを検討しているのであれば、早めに行動しましょう。この記事では「家を売ると大体いくら?」というよくある疑問を解決していきます!

中古不動産の売却は今がチャンス!

新築が規制されていることもあり、中古物件の人気は非常に高まっています。

特に、リーズナブルに購入することのできる中古マンションの人気は極めて高く、横浜の中でも、みなとみらい線の元町・中華街駅周辺はかなり価格が高騰しており、なんと首都圏の中で最も上がり幅が大きいというほどです。

では、元町・中華街駅周辺でなければ売却が上手くいかないかといえば全くそんなことはなく、もともとこの地域を希望していた買い手が周辺に流れてくるわけですから、市全体の不動産需要が底上げされているのです。

このような背景を考えると、不動産売却は今がかなり良いタイミングであることは間違いありません。

不動産売却は2020年をめどに考えるべき?

ただ、こうした好況がいつまでも続くとは考えにくいです。

なぜなら、今の横浜の人気は、2020年に東京でオリンピックの開催が決まったことと密接に関係しているからです。

開催決定を機に都市開発の需要が増してきた首都圏に更に人が集まるようになり、その受け皿に最大のベッドタウンである横浜がなっているのです。

そのため、不動産売却は2020年をめどにおこなうべきです。

不動産業者選びにも最新の注意を払おう

横浜は東京へ転勤する人達から高い人気があります。

当然ですが、東京に転居する人は日本全国にバラバラに住んでいるので、なるべく広告にお金をかけて大々的に宣伝するのが効果的です。

こうした販売戦略にたけているのが、いま急成長中のフランチャイズ系を中心とする大手業者です。

ポータルサイトと連携してインターネットに広告を出すことで買い手が見つかりやすくなりますし、全国にある支店との情報ネットワークが構成されているので、県外の人に売りやすいという特徴があります。

地元業者も質が高い

ただ、市の周辺には質の高いサービスを提供している京急不動産などの地元業者もいます。

こうした業者は長年利用することで得られる特典なども用意しているので、定住する予定の方にはぴったりです。

大手と地元。どちらの業者に依頼するか迷ったときは、一括査定サイトを使って比較すると自分にあった方がわかるのでおすすめですよ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する他の記事

浦安の不動産を売る!浦安の不動産を査定する方法と売買におすすめの会社を紹介!
娯楽だけでなく住宅エリアとしても人気をあつめる浦安。今回は浦安の不動産情報や査定の方法、売買仲介を…
不動産売却に住民票は必須?異動タイミングと住所変更の方法・かかる費用を解説
不動産の売却に伴う書類や手続きがたくさんありますね。今回は住民票に焦点を当てて説明します。「いつ住…

おすすめ・特集記事!

【2021年】大手不動産会社ランキング!売上高・売却仲介件数・評判を比較!信頼できるのはどこ?
不動産会社ランキングの決定版!総合売上、売却仲介実績、過去の利用者の口コミ・評判からおすすめの不動…
不動産一括査定サイトおすすめランキング!33社を比較【2021年最新】
不動産査定サイトのメリットとしては、複数業者に査定依頼できる、無料でネットから申し込める事の他にも…