TOP > 暮らし > 40代におすすめの保険とは?男女別の賢い選び方やおすすめの商品を紹介

40代におすすめの保険とは?男女別の賢い選び方やおすすめの商品を紹介

【更新日】2021-04-08
このエントリーをはてなブックマークに追加
40代におすすめの保険

40代は人生の中でもお金に余裕が出てきて一番充実しているという方もいるほどですが、若いとは言えない年齢であることも確かです。

様々なライフステージの人がいる40代は、年を重ねると同時に保険についても真面目に考え始めなければならない年代でもあります。

この記事では40代の保険について考えている人や、保険についての知識がなくどうすればよいかわからない人の為に、40代の保険について徹底的に解説していますのでしっかりと理解した上で保険について考えてみてください。

40代男女が保険に入るべき理由

40代は金銭的にも安定しており充実した生活を送っている人多い年代ですが、仕事や家庭での責任やストレスが多くなる年代でもあります。

ストレスがないという方も、自覚がないだけで無意識のうちにストレスを抱えていて突然病気になってしまったというケースは珍しいものではありません。

このような事態に陥ったとき保険に入っていれば家族の生活費を保証できるほか、普段の心の支えにもなってくれるためマ40代で保険のことを考えていない方は早めに検討してください。

40代男性の保険は終身型を選ぶ

40代男性は終身型の保険に入っておくべきでしょう。

医療保険は定期型と終身型に分かれており、定期型は加入時に保険期間を定めるもので、終身型は保証期間が一生涯です。

定期型保険に入っている場合は、保険期間の満了ごとに年齢に合わせて内容を見直してくれるというメリットがありますが、同じ内容でも病気などのリスクが高まるため保険料が上がっていきます。

保険の料金を下げることで解決できますが、病気のリスクが高まる年齢で保険内容を薄くすることはナンセンスでしょう。

40代からはもちろん、若いころから終身型の保険に入っていれば保険料も障害続くうえ保険期間のことも考える必要なないです。

病気になってからではよい保険に入ることが難しいため、男性は保険の種類に迷ったら終身型を選ぶべきでしょう。

40代女性の保険は特典で選ぶ

女性の場合は男性と違い女性しかかからないがんや病気があるため、保険会社では女性の為の保険を用意しています。

女性保険について解説

女性保険は一般的な怪我や病気のさいの医療費を保証するうえ、女性しかかからない子宮の病気や乳がんなどに対して入院給付金や手術給付金がプラスで支払われます。

そのため、女性用保険は女性だけにリスクがある病気に対してのリスクヘッジとして加入したい方におすすめです。

女性用保険は女性だけが加入できる「女性保険」、医療保障の契約時に特約としてつける「女性疾病特約」、乳がんや子宮がんに対応する「がん保険」などがあります。

このような保険に入っておけば、もしもの時に普通の保険よりも手厚い援助を受けることができるためリスクの上がってくる40代女性はぜひ検討してください。

40代女性がかかりやすい病気を紹介

40代の女性がかかりやすい病気に脳梗塞がありますが、この病気は平成29年患者調査によると40代女性の入院理由の中で最も目立つ病気です。

さらに女性特有の病気では子宮筋腫が多くなっており、30代から患者が増え40代になると患者数はより多くなっていきます。

また女性は乳がんや子宮がんといった病気にかかる可能性があるため、30歳から59歳までではがん患者数が男性より多いです。

上記のように女性は男性に比べ病気のリスクが高いため、すこしでも早く病気に備えておいた方がいいでしょう。

40代女性は早めに準備するべき

先ほどのデータからもわかりますが、女性は早めにリスクに備えることが必要です。

近年は共働きの時代ともいわれているように、子供が手から離れていくと仕事に励みそれなりのポストについているような女性も多いかと思います。

家計を共働きで切り盛りしているという場合も多いため、女性にもしものことがあり家族の生活が保障されないような事態を考え、定期的に健康診断を受け医療保険や女性保険も一緒に活用して、少しでも安心して働ける環境を整えておきましょう。

生命保険文化センターの「生活保障に関する調査」では40代女性の生命保険払い込み保険料は年間平均15.6万円でした。

全世代の年間平均額は16.8万円であり、年を重ねるにつれ増加しています。

自分はもちろん家族にためにも早めの対策を考えましょう。

保険を見直すべき人の特徴

保険にすでに加入している人は下記のような条件に当てはまった場合、保険を見直しましょう。

昔に入った保険を長期間放置している場合

昔は入った保険にそのまま加入しているような場合は保険の見直しが必要です。

保険の商品は、各社が次々に新しいものを出しているため、昔に入った保険をそのまま放置している場合はよりお得なプランが見つかる可能性が高いです。

今の保険が何年も前に加入したものだという人はすぐに見直しをしましょう。

人生で大きな変化があった場合

人生において結婚・離婚などの大きな変化があった方は保険を見直しましょう。

独身の場合と家族がいる場合には加入するべき保険も変わってきますので、何か大きな変化を迎えた方は保険会社に相談してみましょう。

人生で保険を直すべきポイントは下記です。

  • 結婚
  • 妊娠前
  • 妊娠中
  • 子育て中
  • 住宅時購入
  • 結婚
  • 自営業を始める
  • 子供が独立・離婚

健康診断で何も問題がないほど健康な場合

健康診断でなにも問題がない程健康な方は保険を見直しましょう。

保険会社に進められるがまま加入した場合、健康な方にとってはいろいろな商品に加入しすぎている時もあります。

ほとんどリスクがないにもかかわらず保険に加入していると保険料が無駄になってしまう恐れがありますので、是非見直しを検討してください。

40代男女が死亡保険を選ぶ際のポイント

年代によって保険を選ぶ際のポイントは変わってきます。

ここからは、40代の方が保険を選ぶ際のポイントを項目別にまとめたものです。

誰のための保険かを考える

亡くなったときの為に用意しておくべきお金は死亡整理資金と家族の為のお金がありますが、死亡整理金は自分の為の葬儀や身の回りの整理に使われるお金で、家族の為のお金は家族がいる人が亡くなった場合にその後も問題なく残された家族が暮らしていけるように準備しておくお金です。

上記のお金を十分に残すため、貯金額や遺族年金で足りない部分を保険でカバーするというのが基本です。

保険を検討する場合は、このようなことに焦点を当てて計画的に加入しましょう。

保険期間を決める

定期保険と終身保険どちらにするかは重要なポイントで基本的には定期保険の方が安くなっているので、亡くなった後に少しでも大きな金額を残したい場合は定期保険で準備しておきましょう。

また、独身で亡くなった後に用意したいのが死亡整理資金のみの場合には、定期保険では年々保険料が上がるため終身保険で準備しておく方もいます。

冒頭でも解説したように男性には基本的に終身保険がおすすめですが上記のように特別なパターンの時は状況をみて判断してください。

子育て世代の必要保証額を知るべき

40代には様々なライフステージの人がいるため一概には言えませんが、子育てをしている世代の必要保証額には注意が必要です。

必要保証額とは亡くなった後に遺族が支払う支出から自分で残すことができる遺族の収入を引いた差額ですが、子育て世代の方々は子供のライフステージによって金額が変わります。

子供が生まれたばかりの場合と高校に通っている場合では独立するまでに必要な金額が大きく違います。

亡くなった後遺族が負担することになる学費の目安を子供のライフステージごとにまとめた表です。

子供のライフステージ 金額の目安
幼稚園(公立) 23万円
幼稚園(私立) 48万円
小学校(公立) 32万円
小学校(私立) 150万円
中学校(公立) 47万円
中学校(私立) 130万円
高校(公立) 45万円
高校(私立) 100万円
国立大学(4年間) 242万円
公立大学(4年間) 254万円
私立大学文系(4年間) 460万円
私立大学理系(4年間) 530万円
私立大学医歯系(6年間) 2369万円

子育て世代の方は上記の表を参考に必要保証額を計算してみてください。

死亡整理資金の必要性を知る

家族や子育ての有無に関わらず死亡整理資金はすべての人に必要です。

日本消費者協会の「第11回葬儀についてのアンケート調査」によれば、葬儀に係る費用の平均額は195.7万円でした。

これに住んでいるお部屋の家賃やお墓代などの細かな費用を加えた金額を準備できていれば問題ありませんが、そうでない人は保険に入って準備しておくべきでしょう。

40代男女が医療保険を選ぶ際のポイント

病気やけがの時に助けてくれるのが医療保険ですが実際入院となった場合どれくらいの保険に入っておけば安心なのでしょうか。

下記では、入院した場合の費用などについて詳しく解説しています。

平均入院日数は変化している

昔に比べて40代の年間平均入院日数は大幅に減っており、平成11年の厚生労働省の調査では40代前半の年間入院日数は平均33.8日で40代後半になると平均40.5日です。

しかし、平成28年の生命保険文化センター調査によると40代の平均入院日数は男性で17.4日、女性で13.1日でした。

上記の調査結果から17年ほどで40代の入院日数は大幅に減ってきていることが分かりますが、これに伴って入るべき保険も変わってきています。

これまで主流だった入院日数に応じて保険料が変わるタイプの保険よりは通院にも対応できる保険に入っておいた方が安心でしょう。

入院費用を考える

入院費の自己負担額は40代が最も高額なので、医療保険に入る際は実際に入院した場合の金額を大まかに計算してプランを選びましょう。

平成28年に生命保険文化センターが公表した調査によると、直近の40代の入院費用自己負担額は男性で26.3万円、女性で25.1万円です。

これに対して、18歳から60代までの入院費用自己負担額は男性で22万円、女性で22.3万円でした。

さらに平均額だけでなく40代の入院費用自己負担額は全年代で最も高額であることが判明しました。

40代は金銭的に余裕のある年代ですが、けがや病気による入院は突然のため入院費の自己負担を意識した保険選びをしましょう。

入院給付金を考える

入院給付金とは入院した際、1日ごとに受け取ることができる給付金です。

1日5,000や10,000のプランがありますが、契約時に細かく設定出来たりする場合もあるので貯金額などを考慮して加入しましょう。

保険期間を確認

先ほども出てきましたが保険期間には終身保険と定期保険があり、終身保険は生涯保険が続き保険料が一定であるのに対して、定額保険は保険期間が来たら契約更新が必要で年齢に応じで保険料が上がっていきます。

同じ内容の場合だと定額保険の方が安いですが、契約者の状況に応じて適した保険は違いますので、しっかりと吟味して加入しましょう。

保証が入院何日目から始まるかを確認する

近年では入院当日からや日帰りの入院でも保証を受けられる商品が多くありますが、昔の保険では短期の入院では保証を受けられないものもありますので、過去に入った保険を放置しているような場合は確認しましょう。

入院何日目まで保証が受けられるかを確認する

一般的には保証が出る期間が定められているプランがほとんどですが、長期の入院でも保証を受けられる無限性のプランを用意している会社もあります。

長期の入院でも対応できる状態にしておきたい方は、支払限度日数が長いプランも検討してみてください。

特約をどこまで手厚くするべきか考える

医療保険は基本的に入院と手術を対象としていますが、女性特有の病気やがんと診断された場合に通常の保険に上乗せして保証を受けることができる特約があります。

他に例外的な事態に備えた特約が数多くありますので、どこまで手厚くサポートを受けたいかを考えて加入しましょう。

40代男女ががん保険を選ぶ際のポイント

がん保険とはがんにかかった際に手厚く保証を受けることができる保険です。

がん保険は非常に重要です。

2014年に行われた国立がん研究センターの調査では、がんの発症確立は50代以降急激に上がっており特に男性の発症確立は女性の倍近い数値になっていきます。

一度がんと診断されるとがん保険に加入することは非常に難しくなってきますので、40代で新規の加入を考えている人は早めに動いた方がいいでしょう。

40代男性ががん保険を選ぶ際のポイント

がんは発見される部位やステージによって治療方法や治療期間が一人ひとり異なりますので、一家の生活費を一人で稼いでいるような男性の場合は高額な治療費にも対応できるようがん診断給付金やがん治療給付金を受け取れるようにしておくといいでしょう。

がん診断給付金やがん治療給付金はそれぞれがんと診断された場合、50万や100万などのまとまったお金を受け取れたり、治療内容に応じて給付金を受け取ることができます。

入院後の過程が心配な男性の方は、家族の生活を考慮して選びましょう。

40代女性ががん保険を選ぶ際のポイント

40代に限定すれば女性のがん発症確立は男性を上回っており、その中には女性特有のがんである乳がんや子宮がんなども含まれているため、ここを考慮して保険を選びましょう。

女性特有のがんになった場合、保証内容が手厚くなる保険や手術で乳房を切除した後の再建手術をサポートしてくれる保険もあります。

女性特有のがんは20代からでも発症確立が高いため、40代女性であれば早めに検討した方がいいでしょう。

40代男女の保険について気になるポイントを項目別で解説

40代の人達がどのような保険に加入しているのかを見ていきましょう。

40代の生命保険加入率

平成28年に行われた生命保険文化センターの調査では40代の生命保険加入率は男性で88.1%、女性で87.1%でした。

このデータから40代男女ともに9割近い人数がもしもの時のことを考えて生命保険に加入していることが分かります。

40代の保険金額

平成28年に行われた生命保険文化センターの調査では、病気や事故で亡くなった場合の保証である普通死亡保険金額は40代平均で男性が2,396万円で女性が849万円でした。

これほど差額が生まれるのは基本的に男性が一家の生活費を賄っているため、多くの世帯が男性に何かあったときの保険を手厚くしているからです。

40代の疾病入院給付金

平成28年に行われた生命保険文化センターの調査では、病気で入院した場合1日おきに受け取ることができる給付金である疾病入院給付金の平均日割り金額が男性で11,655円、女性で9,429円でした。

こちらは男女で大きな差はなく、男女ともに入院した際の保証について考えているという事が分かります。

40代の平均払込保険料

平成28年に行われた生命保険文化センターの調査では、40代の平均払い込み保険料は男性で25.7万円、女性で17.9万円でした。

上記のデータから、やはり一家の大黒柱であることが多い男性の方が保険に対して敏感であることが分かります。

公的医療保険制度の高額療養費制度と医療費控除について解説

日本は国民皆保険といってすべての国民が何らかの保険に入る事が義務付けられています。

この制度のおかげで40代の方は病院などの窓口で支払う金額が3割になっていますが、入院時の費用は心配だという方のための制度を紹介します。

高額療養費制度

高額療養費制度とは入院などによる1か月分の医療費が、年齢・年収に応じてさだめられた自己負担限度額を超えた場合の超過分を保証してくれる制度です。

長期の入院になることがあらかじめ分っているような場合には、先に申告しておいて窓口での支払いを自己負担限度額にとどめることも可能です。

医療費控除

医療費控除とは1年間の医療費自己負担額が10万円を超えた場合に、金額に応じて所得税と住民税を軽減してくれる制度です。

この10万円には自分と生計をともにしている配偶者や親族の為に支払った医療費も加えることができるため、合計で10万円以上の医療費を負担した場合には確定申告で税金を軽減させましょう。

また、医療費には病院までの交通費などを含めることもできますが、保険で受け取った金額は差し引いて申告しなければなりません。

保険を探している方におすすめの無料相談窓口

この記事では保険について解説していますが、実際加入するときは無料相談などを活用してあなたにおすすめの保険プランを教えてもらいましょう。

下記ではおすすめの保険無料相談窓口を紹介します。

ほけんのぜんぶ

ほけんのぜんぶは取扱い保険会社が34社で、相談員は100%がFPの資格を保有しているため安心して相談できます。

また、離島以外の全国で相談に対応しており、オンライン面談も可能なため手軽に相談できる事もおすすめポイントです。

手軽に保険のプロに相談したい方はほけんのぜんぶに相談してみましょう。

保険市場

保険市場は業界の中でもトップクラスの老舗で取扱い保険会社も業界最多数の84社です。

また、東証一部上場企業で圧倒的安定感があることに加えてオンライン面談にも対応できるという手軽さがおすすめです。

安定して老舗企業でしっかりと相談したい方は保険市場に相談しましょう。

保険無料相談ドットコム

保険無料相談ドットコムはなんといっても相談時にもらえるプレゼントが魅力です。

また親切な対応でお客様満足度は驚異の97.6%を誇っています。

電話だけの相談も可能な為、知識がなく親切に1から教えてほしい人はまず保険相談ドットコムに相談してみましょう。

40代の方は保険の知識を身に着けてもしもの時に備えよう

この記事では40代の保険について詳しく解説しました。

様々なライフステージの方がいる40代ですが、人生はいつ何が起きるかわからないため、どんな方にも何らかの形で保険に入っておくことがおすすめです。

これから保険について検討しようとしている方は、この記事の内容を参考に安心して50代を迎えられるよう準備しておきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する他の記事

おすすめ・特集記事!

【2021年】大手不動産会社ランキング!売上高・売却仲介件数・評判を比較!信頼できるのはどこ?
不動産会社ランキングの決定版!総合売上、売却仲介実績、過去の利用者の口コミ・評判からおすすめの不動…
不動産一括査定サイトおすすめランキング!33社を比較【2021年最新】
不動産査定サイトのメリットとしては、複数業者に査定依頼できる、無料でネットから申し込める事の他にも…