TOP > 不労所得 > 不労所得の作り方とは?簡単に始めるための4ステップと最適な投資方法を選ぶコツ

不労所得の作り方とは?簡単に始めるための4ステップと最適な投資方法を選ぶコツ

【更新日】2021-08-19
このエントリーをはてなブックマークに追加
不労所得の作り方

今後の社会の不安定さなどもあり、給与以外にも不労所得があって金銭的余裕があることを望む方は多いです。

仕事が軌道に乗ってきたり、役職に付いていたりすると不労所得を考える人は多いですが、「不労所得を得よう」と思っただけで得られるものではありません。

不労所得を得るには多数のアプローチがあり、予算や戦略、センスなども結果へ大いに関係してきます。

ここからは、多くの方が望む簡単で安全な不労所得の方法を紹介していきます。

不労所得におすすめの方法とは?初心者でも始められる5つの方法と注意点を徹底解説

不労所得の作り方4ステップ

不労所得の作り方は、以下の4ステップで進めていきましょう。

  1. 十分な貯蓄・収入を確保する
  2. 実践する方法を選ぶ
  3. 目的・期限を決める
  4. 少ない資金から始める

ここからは、一つずつ内容を解説していきます。

【Step1】十分な貯蓄・収入を確保する

不労所得を作るためには、まず十分な元手を確保する必要があります。

不労所得は少額をコツコツ増やしていくイメージが強いですが、まとまった資金を数%の利回りで運用していくというのが実際のイメージに近いです。

今までの所得から投資資金を捻出するなら自然と生活費が削られてしまうので、今までと変わらない生活を確保しつつ、目標達成に必要な資金を用意しておきましょう。

【Step2】実践する方法を選ぶ

十分な資金を確保できたら、どんな方法で不労所得を目指すか決めていきましょう。

以下が、不労所得を得る方法として一般的なものです。

  • 株式投資・FX・仮想通貨
  • 不動産投資
  • 印税収入
  • Webライティング
  • 動画制作など
  • YouTube広告
  • 雑貨などの販売
  • 利子・利息の積み上げ
  • シェアリングビジネス

利益率やリスクがそれぞれ異なるため、十分吟味をして選ぶことをおすすめします。

株式投資やFXなどは市場が活発になる時間帯が異なるので、自身の労働時間との兼ね合いも重要となります。

やり方に慣れると複数の方法を同時に実践する方も多いですが、まずは一つの方法で経験を積みましょう。

【Step3】目的・期限を決める

不労所得と一口に言っても、いくらを目指すかでやり方は大きく変わってきます。

仕事をしながら一定以上の不労所得を確保したいなら、サブリース経営や積立NISAなどを検討しましょう。

少ない準備や労力で始められるのがメリットですが、不労所得のみで生活をするなら不動産の個人経営など、労力と時間がかかる方法を選ぶ必要があります。

不労所得で高収益を得ようとするほど失敗時のリスクは高まります。

リスクを避けるために目標をいつまでに達成するかの期限も最初に定めておくと良いでしょう。

【Step4】少ない資金から始める

やり方が決まったらいよいよ投資を進めていきますが、最初のうちは目標から遠くても少ない資金から取引を始めましょう。

不労所得は直近の収益だけでなく継続的に利益を得られるかも重要となります。

長い間続けて稼げるかどうかは投資家本人のスキルも大きく関わってきます。

いきなりまとまった資金で投資を始めてもビギナーズラックで目標達成できるかも知れませんが、少ない資金で試行錯誤しながら目標を達成したほうが、その後の継続性・安定性は高くなります。

不労所得を作るには労力がかかる

不労所得の目的として、“サラリーマンの大変な仕事をしなくても済むことを目指す“と言う人は多いです。

確かに、不労所得だけで生活出来るようになれば会社に所属する独特なストレスから回避されるので、多くの人が憧れるのもわかります。

しかし、不労所得は何もしなくてもお金が入るものではありません。高いリターンを目指すほど労力は必要になり、サラリーマンとして働く以上の時間と準備が求められることもあります。

中には仕事をしながら不労所得を得ることを目指す方もいますが、勝手に利益が入ってくる訳ではなく、自分で手続きを進めていかなければいけません。

短期で利益を得る方法ほどリスクは高い

労力や時間を比較的かけずに利益を得られる方法には、FXや仮想通貨取引などが挙げられます。

少額から始めてもレバレッジをかけることで高配当を狙えますが、下落時のリスクもその分高くなります。

為替や仮想通貨市場のレートは専門家でも予測が難しく、高利益を一度得られたとしても、同じやり方で継続的に稼げる可能性はかなり低いです。

いきなり高利益を狙うのは安定した不労所得を作る時に最善の方法ではありません。

不労所得で月10万円稼ぐ方法とは?主婦・会社員の副業にもおすすめな4つの投資を紹介

不労所得の目的は今後の備え

不労所得を通じて一攫千金を狙うのは、FXや仮想通貨などの規制が厳しくなっている状況を考えると難しい実状があります。

仕事以外の副業でギャンブル性の高い投資を実施する人は現在少なくなっており、多くの方は将来の備えのために手堅く資金を集めることを目的としています。

不労所得を得るための代表的な方法も、この方針に沿って提供されていることが多いです。

不労所得を始める前に調べる情報

不労所得を始める前に調べる情報

不労所得を始めようと思っても、その人の生活リズムや環境によっては、取れる行動が限定されるケースも多いです。

不労所得を始める際は、まず自分の置かれた状況を整理した上で、適した方法を見つけましょう。

ここからは、不労所得を始めたい人が事前にチェックすべきポイントを紹介します。

自由な時間はどれくらいあるか

不労所得に取り組みたいなら、自分は自由な時間をどれくらい取れるかの把握をしましょう。

フルタイムで働いているのに、日中に稼働が必要な不労所得を選んでも利益は期待できません。

最初のうちは時間を多くかけない方法を実践していく人がほとんどですが、短時間で出来る不労所得でもコアタイムをどこにおくかで結果は大きく変わってきます。

FX、仮想通貨、株式投資など時間帯によって異なる戦略を取らなければいけないケースも多いです。

資金はどれくらいあるか

不労所得を得るには、初期投資が多くの場合で必要となってきます。

2021年現在は投資に対する規制が厳しくなっており、少ない元手で一攫千金を狙えるケースは減ってきました。

現在の投資は、倍率が少ない一方で安全性が高く、まとまった資金を用意できれば順調に利益を増やすことが出来ます。

資金が少ない方ほど無理をして投資を始めなければいけないので、リスクは高まります。

PCなどの投資環境は揃っているか

不労所得を得られる投資の中には、PC環境などが一定水準求められることもあります。

十分な取引環境を用意できないと、取引の途中でフリーズして大損失を被るリスクなども考えられます。

自分が持っているPCやWi-Fi環境を使って十分な投資ができるのかを事前にチェックしましょう。

始める前に学習は必要か

不労所得を得られる投資の中には、やりながら経験学習できるタイプのものと、事前にまとまった時間の学習や資格の取得が必要なタイプのものがあります。

ただ、どんなタイプの投資でも、事前にある程度の基礎知識の学習は必要です。

投資を始める前に十分な時間が取れるかどうかの確認も怠らず実施しましょう。

目的別の不労所得の作り方

目的別の不労所得の作り方

不労所得を成功させるには、目的に合った不労所得のやり方を見つけることが重要になります。

不労所得で得られる利益は、時間をかけるほど、資金が潤沢にあるほど大きくなる傾向があります。

ただ、フルタイムの会社員で現在も十分な給与を得ているなら、会社をやめてまで不労所得を得るのに時間を使うのは逆効果です。

ここからは、目的別に不労所得を作るポイントを解説していきます。

時間がないけど資金はある人におすすめの不労所得

大手企業のサラリーマンのように、仕事以外に割ける時間はなくても資金は十分にあるという方は、投資信託、土地信託、サブリース契約のように委託して収益を得る方法も検討しましょう。

不労所得を得る方法の中には、お金さえあれば専門家に依頼をして運用してもらうやり方もあります。

学習の時間を取るのも難しい場合は、最初から専門家に依頼してしまうのも一つの手です。

時間はあるが資金はない人におすすめの不労所得

専業主婦など、家事の合間の時間は取れても家計の負担を増やしたくないという方は、アフィリエイトブログなどを初めてみるのも手です。

同じ専業主婦の方が共感するコンテンツが実体験を元に作りやすいので、楽しみながら収益化することが可能です。

クリエイト系の不労所得は稼ぐのが難しいですが、成功すれば人生を大きく変えることもできます。

時間も資金もある人におすすめの不労所得

仕事がそこまで忙しくない方や、豊富な貯蓄があるシニアの方などは、不動産投資をしてみるのも一つの手です。

賃料収入は景気の変動に影響されにくいので手堅く稼げる上、いざという時は物件ごと売却することも可能です。

大きな収益を狙いやすい投資なので、ぜひ検討してみましょう。

初心者が不労所得を作るポイント

不労所得を作る時のポイント

不労所得は実際とイメージに大きな違いがあります。

不労所得を作ろうと思った時に抑えておきたいポイントを、一つずつ解説していきます。

最初は少額を目標にする

不労所得を作る時に、いきなりハイリターンを目標にすると失敗のリスクは上がってしまいます。

最初のうちは少額から始めていくことで失敗のリスクを抑えられますし、勉強しながら様々な方法を試せるので本人の成長にも繋がります。

少しずつ目標を上げていく

最初から10万円以上を目指すよりも、まずは1万円を目標に定めて達成したら少しずつ上げていくのがおすすめです。

少額の不労所得を少しずつ育てていく考え方はまとまった利益を得るのに時間がかかりますが、目標額を達成した時に安定した基盤となりやすいです。

ある程度の収益を得られるようになったら独立や不労所得生活も選択肢に入ってきますが、いきなり不労所得生活を目指すのは危険です。

本業との兼ね合いも考える

不労所得に力を入れて本業をおろそかにすると、どちらも失敗する恐れがあるので危険です。

不労所得を始める時は本業に影響がないものを選択するようにしましょう。

例えばFXは平日20時~25時あたりの市場が最も盛り上がると言われており、朝が早い仕事をしている方にはおすすめしません。

また、チャートやニュースを分析しなければいけない投資はPCやスマホに張り付いてしまうようになるので、最初は距離をおいて始められる方法がおすすめです。

不労所得は誰でも作れる可能性がある

不労所得は様々な方法があり、環境や勤務先・収入状況などに関わらず、どんな方でも収益を得られる可能性があります。

ただし、不労所得に挑戦をした方の中には大成功した人もいれば大失敗した人もおり、常に一定以上の結果が得られる訳ではありません。

まとまった不労所得を作れた方はとにかく目標に対して行動した点が多く共通しています。

不労所得を本気で作りたいなら、漠然と夢と思わずに現実的な考えで数値目標をしっかり追っていくことが大切です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する他の記事

おすすめ・特集記事!

【2021年】大手不動産会社ランキング!売上高・売却仲介件数・評判を比較!信頼できるのはどこ?
不動産会社ランキングの決定版!総合売上、売却仲介実績、過去の利用者の口コミ・評判からおすすめの不動…
不動産一括査定サイトおすすめランキング!33社を比較【2021年最新】
不動産査定サイトのメリットとしては、複数業者に査定依頼できる、無料でネットから申し込める事の他にも…