TOP > 不動産売却 > 不動産査定 > 不動産査定は匿名で依頼できる!個人情報不要の匿名一括査定サイトを利用する際の注意点

不動産査定は匿名で依頼できる!個人情報不要の匿名一括査定サイトを利用する際の注意点

【更新日】2020-08-06
このエントリーをはてなブックマークに追加
匿名で不動産査定

不動産を売るには、まず売却査定をおこなってみることが大切です。

この、売却査定によって算出されるのは、不動産の「商品価値」であり、居住者が思う評価とは全く異なるものなので、損をしないためにも早めに査定を依頼しておきましょう。

ただ、査定は名前を不動産業者に送る必要があるので、ネガティブな理由で売却を検討している場合は気後れしてしまいがちです。

この記事では、そんな方のために不動産の売却査定を匿名で受ける方法を解説します。

不動産一括査定サイトおすすめランキング!評判・口コミ徹底比較

人気の匿名不動産査定サイトランキング!

1位 ライフルホームズ

ライフルホームズ

ライフルホームズは、SUUMOやアットホームと並ぶ、大手の不動産総合サイトです。

物件情報が1,000万件前後掲載されており、賃貸、売買情報、税金系コラムなどさまざまなコンテンツが提供されているマルチメディアです。

大手サイトでは珍しく匿名査定サービスが提供されており、査定できるエリアの範囲が広く、査定可能な不動産の種類も多いです。

ちなみに、査定可能な不動産の種類は以下の通りです。

  • 土地
  • マンション(一室)
  • 工場・倉庫
  • 投資用(一棟)
  • 投資用(区分所有)
  • その他

大手という安心感があるので、はじめて査定をする方におすすめですよ!

ライフルホームズで不動産売却査定!実際に利用した方の評判・口コミ

2位 マンションナビ

マンションナビ

マンションの匿名査定におすすめなのが、マンションナビです。

マンションナビはGoogleマップから地域のマンション相場が調べられるサービスがあるので、物件情報さえ記入する必要がありません。

周辺のマンション価格も一目瞭然なので、地域の相場を調べたい方にもおすすめです。

マンション名から検索して概算値を知ることもできるので、素早くマンションの価格を知りたい方にはかなり便利なサービスですよ!

マンションナビで不動産売却査定!実際に利用した方の評判・口コミ

3位 HowMA(ハウマ)

HowMA

最近人気の匿名査定サービスがHowMAです。

これは物件の情報を人工知能が評価して査定するサービスで、業者への依頼が不要なので個人情報も入力する必要がありません。

HowMAは現在の金額だけでなく価格の推移もチェックできるので、いつが売り時か見極めやすいです。

ただ、人口知能が算出する金額がどこまで正確かは疑問が残ります。

正確な金額が知りたい方は、やはり業者に査定依頼するのがベストでしょう。

4位 10秒でDo

10秒でDo

10秒でDoはアプリタイプの査定サービスで、物件情報を入力すればたった10秒で査定額が算出されます。

フランチャイズ業者のハウスドゥが運営するサービスで、近年人気・知名度が拡大しています。

HouseDo(ハウスドゥ)で不動産売却・査定をした方の評判・口コミと仲介手数料

スマホからサクッと申し込めるのは、お忙しい方にはかなり嬉しいですね!

匿名査定で金額に納得が行けば、個人情報を開示して訪問査定を依頼することもできます。

不動産査定を匿名でおこなう方法

いくら周囲にばれることを避けたいからといって、査定を受けずに不動産を売却するのはおすすめできません。

不動産売買は通常、売り手よりも買い手が真剣に相場調査などをおこなうので、おかしな価格をつけて売り出しても相手にされません。

匿名で売却査定をおこなえる方法は2通りあるので、不動産売却をしていることを知られたくない人はこうした方法を使っていきましょう。

不動産ポータルサイトを利用する

多くのポータルサイトでは、地域や物件タイプを選択することで、売却に出されている不動産を検索できる機能が付いています。

これを使えば、近隣地域で売り出されている同じようなタイプの物件価格をみることができるので、だいたい同じくらいの価格になるだろうという検討をつけることができます。

何の手続きもせず簡単に相場を知ることができますが、一戸建ては建材などによって価格が異なるので、マンションや土地を売却する人におすすめの方法です。

匿名売却査定サービスを利用する

現在では匿名で売却査定を依頼できるサービスが提供されているので、素直にそれらを利用してもよいでしょう。

これらのサービスの中には、戸建ての査定に対応しているものもあるので、ポータルサイトを使っても上手く相場が算出できなかった人におすすめです。

また、物件情報を記入して査定を依頼するので、近隣物件から予想するよりも、ずっと正確な査定額を算出できますよ。

不動産の匿名査定って何?サービスの仕組みを解説

不動産の匿名査定サービスとは、査定してほしい物件の情報を入力すれば、申込者の氏名や連絡先、住まいを共有しなくても査定してもらえるサービスです。

不動産査定サービスを受ける多くの方が心配しているのが、「連絡先を教えたら不動産屋から営業電話がかかってこないか」ということです。

実際、一括査定に申し込んでから引っ切り無しに営業電話やメールが来て悩んでいるという方は少なからずいます。

不動産の匿名査定では個人情報が外部と共有されないので、こうした営業電話がかかってくる心配は一切ありません。

一括査定サービスが便利というのは皆さん知っているかと思いますが、リスクを考えて中々踏み込めない方も多くいました。

不動産の匿名査定は、こうした不安がない、誰もが使いやすいサービスと言えます。

個人情報・詳しい住所を載せなくても匿名で不動産査定が出来る理由

そもそも、なぜ不動産査定は基本的に個人情報の入力が必要なのでしょうか?

査定サービスが個人情報の入力フォームを設けている理由としては、主にこちらの3点が挙げられます。

  • 各不動産会社が査定に必要な質問を補足でおこなうため
  • 不動産査定の結果を申込者へ共有するため
  • 不動産会社の営業目的のため

上のような内容は、査定額を算出する作業に必ずしも必要なわけではありません。

つまり、もともと不動産会社は匿名でも物件の査定が出来るのです。

築年数・面積・アクセスである程度の査定価格が分かる

不動産会社は細かい物件情報を共有してもらわなくても、以下のような項目が分かればある程度の査定価格を算出することができます。

  • 築年数
  • 面積
  • 構造
  • アクセス

全国の地価は国土交通省によって決められており、不動産会社はそれを確認すれば概算値がわかります。

また、物件には法定耐用年数という、構造ごとに決められた「物件価値が0になるまでの年数」が定められています。

法定耐用年数

物件の残りの耐用年数が分かれば、減価償却をして、購入時からどれくらい価格が下がったのかを調べることができるのです。

木造住宅の耐用年数とは?減価償却・査定への影響をわかりやすく解説!

更に、土地情報総合システムなどのデータベースには、どんな物件が過去にいくらで売れたかの事例をチェックすることができます。

加えて、各不動産会社独自のデータベースも参考にできるため、「この物件はだいたいこれくらいの価格かな?」というのは、プロならすぐに分かってしまうのです。

個人情報を共有したほうが査定価格は正確?

不動産会社から連絡が来るのは営業電話目的だけではありません。

現在、多くの不動産会社がPRも兼ねて一括査定サービスに登録していますが、一括査定サービスを運営しているのはIT企業が多いです。

彼ら(IT企業)がスムーズな申し込みを促進させるため、あるいはシステム上の問題で申し込み内容が簡素になっていますが、査定依頼を受けた不動産会社にしたら、「これっぽっちの情報じゃ査定なんて出来ないよ…」となることもあります。

なので、追加の情報を直接聞き出したり、希望・要望をヒアリングしたりするために連絡をしてくるケースも多いのです。

不動産会社と連絡を取らないことが、必ずしも良い訳ではないのですね。

不動産の匿名査定サービスは大きく分けて2種類

不動産の匿名査定は、大きく分けて以下の2種類があります。

  • AIなどで直接査定をするタイプ
  • 仲介先の不動産会社が匿名査定をするタイプ

最初のタイプは、ハウマなどが当てはまります。

こちらのサービスはサイト内に搭載されたシステムで査定価格を算出するため、手間が全くかかりません。

そのため、査定価格の算出も一瞬で完了します。

次に、ライフルホームズなど不動産会社に匿名査定を依頼するタイプもあります。

こちらは個人情報を隠した状態で情報を不動産会社に共有し、査定を待つシステムです。

こちらは情報を共有する手間がかかるので、時間が多少かかります。

同じ匿名査定サービスでも仕組みが全く違うということは、覚えておいて損はありません。

不動産の匿名査定にかかる時間は10秒~2日程度

不動産の匿名査定にかかる時間は、上記の種類のうちどちらのサービスを利用したかで異なります。

AIが搭載されているハウマなどは、申込内容を送信した瞬間から査定が始まるので非常にスピーディ。申込からだいたい10秒前後で結果が届きます。

一方、ライフルホームズなど業者に仲介するタイプは結果通知まで48時間ほどかかってしまいます。

査定にスピーディさを求めるか、正確さを求めるかによって、サービスを使い分けることが大切です。

不動産の匿名査定は何社から届くの?

不動産の匿名査定で一括依頼できる社数は、サービスによって異なります。

ライフルホームズの匿名査定サービスは最大13社と書かれてはいますが、実際に10社以上が査定に対応しているのは都心一等地にある不動産くらいです。

地方の不動産であれば、査定に対応しているのは平均最大4社くらいでしょう。

ただ、査定を依頼する会社は多ければ良いというものではありません。

それぞれの不動産会社と連絡を取り合うのは予想以上に大変で、混乱してしまいがちです。

最大でも3社ほどに留めることをおすすめします。

不動産の匿名査定は早い段階で依頼しやすい

不動産会社に査定を依頼するのは、売却をするとある程度決めてからおこなうことが多いです。

まだ売却を検討中の方は、不動産会社に査定を依頼するのは中々ハードルが高いですよね。

不動産の匿名査定なら、業者とつながる心配がないので、気軽に査定額を調べることができます。

早めに価格のイメージをつかむことで、スムーズに手続きをすすめることができるのです。

不動産の査定相場は買主のほうが詳しい!売主は初動が大切

不動産の購入希望者は、高いお金を払って購入する訳ですから、絶対に失敗したくない強い覚悟を持っています。

そのため、売主に比べて不動産の勉強をしっかりやっていますし、相場のイメージも正確につかんでいます。

それに対抗するためには、売主も相場のイメージを早めにつかんでおく必要があります。

初動が遅くなれば、その分だけ価格交渉で足元を見られやすくなります。

まずは気軽に匿名査定をおこない、計画をザックリで良いので立てておくことが大切です。

匿名査定で踏ん切りがついたらすべきこと

匿名査定の結果に納得がいき、実際に不動産を売る意思が固まったら、次に何をすれば良いのでしょうか?

目標の金額に達しているかを確認

まずは、匿名査定の価格が自分の目標に達しているかをチェックしましょう。

例えば、今の家を売って住み替え資金にしたい方は、査定額と自己資金を合わせれば希望の物件に住み替えられるか冷静にチェックする必要があります。

もし、金額に少し達していないのであれば、不動産会社の査定を比較した上で、高く売ってもらうように交渉する必要があります。

全く査定額が目標に達していないのであれば、違う方法を考えていきましょう。

不動産会社の実績をチェック

不動産会社に査定依頼をする前に、周辺の業者の実績をチェックしましょう。

例えば一戸建ての査定を依頼しようと思っているのに、マンションを専門に取り扱う業者へ査定依頼をしても意味がありません。

また、保証・検査サービスなど、単純な査定額だけでは測れない実績も考慮する必要があります。

税金・費用がいくらになるか計算をする

査定額がそのまま手元に入る訳ではありません。

不動産売却を行う場合は、様々な税金・費用が発生することになります。

場合によっては、売却益の1割程度がこうした費用で引かれるケースも少なくありません。

不動産売却にかかる費用の計算式は決まっているものがほとんどなので、計算式に査定額をあてはめて、シミュレーションをしてみましょう。

不動産売却時の税金・手数料・費用はいくらかかる?コストを抑えるコツ

どの一括査定サイトを利用するか考える

匿名査定に納得したら、次に一括査定サイトを利用する必要があります。

一括査定サイトのサービスは、どれも複数社への査定依頼の仲立ちをするというものですが、登録業者や依頼できる業者数などに違いがあります。

キャンペーンでギフト券をあげているサイトもあるので、どれを利用するかも考えていきましょう。

不動産一括査定サイト33社を比較!2019年おすすめランキング

不動産の匿名査定でしつこい営業電話をシャットアウト!

匿名で不動産の売却査定をおこなう意義はプライバシーの保護だけではなく、査定後に営業電話がかかってくるのを防止する作用もあります。

不動産業者は、査定を依頼してきた人と何としても媒介契約を結び、仲介手数料をいただきたいと考えています。

そのため、複数業者に頼むほど営業電話がかかってきてしまい面倒ですが、個人情報を共有せず匿名で不動産売却をおこなえば、業者は連絡をとる手段がないので電話はかかってきません。

気になる業者が見つかったら、自分から連絡をとってしまえば良いでしょう。

不動産屋のしつこい営業電話を断りたい!迷惑電話を撃退する意外な方法とは?

不動産査定を匿名でおこなうデメリット

「プライバシーが保護されて、営業電話もかかってこないなんて、匿名の不動産売却査定は良いことずくめじゃないか!」と思った人もいるでしょうが、この方法には通常の査定にはないデメリットもあります。

その1つが、「査定から媒介契約までをスムーズに進めにくい」という点です。

不動産業者によっては、「シークレットサービス」などと呼ばれる、近隣住民に売却を探られたくない、買い手に理由を知られたくないという方専用の売却サービスをおこなっているところがあります。

ただ、よい査定額をつけてくれた業者がこうしたサービスをおこなっているとは限りませんし、理由によっては仲介を拒否される可能性があります。

不動産査定額と実際の売却価格が大きく異なる場合も

一般的に、売却査定額は実際の価格よりも高くなる傾向にあります。

この現象は特にインターネットの査定サービスでおこりやすく、売却理由が深刻な不動産ほど価格の開きが大きくなります。

ネットで査定された金額は簡単な物件データをもとに算出されますが、物件を購入するのは人間なので、理由が深刻であれば嫌がられたり、値下げを要求されたりする可能性は十分にあります。

匿名で不動産売却査定をおこなう場合は特に、こうした金額の開きを想定しておきましょう。

不動産売却が進展しない

不動産売却は、査定額に納得した業者と契約を結ぶという形で進めていきます。

上で紹介した匿名の査定サイトは不動産会社に査定してもらう訳ではないので、金額は算出できても売却手続きは一向に進みません。

すでに1日でも早く不動産売却を進めたいと思っているなら、匿名ではない査定サイトを最初から利用することをおすすめします。

不動産を買うのも結局は人

不動産の査定額は、AIだから正確で、人だから正確じゃないというものではありません。

査定額自体が「売れそうな金額」という、そもそもアバウトな金額となっています。

そのため、むしろ人の判断が加わっていたほうが、買主にとって正確なケースも多々あります。

「眺めが良い」「面積以上に広々としている」といった情報は、AIは読み取ることができません。

人間が納得するような査定額の算出は、まだ人間にしか出来ないのです。

匿名で不動産査定をおこなう流れは3ステップ

匿名で不動産査定をおこなう流れは、こちらの3ステップとなります。

  1. 匿名で査定を依頼する
  2. 査定結果が届く
  3. 不動産会社に連絡をする

それぞれの手続きを見ていきましょう。

【Step1】匿名で査定を依頼する

まずは、査定サイトを使って匿名で査定依頼をすることから始めます。

査定を依頼したい不動産の所在地情報を入力して、送信しましょう。

HowMaなどAIが査定をするサービスなら、この段階ですぐに査定結果を確認することができます。

ライフルホームズの匿名査定サービスなどは、入力したデータをチェックした全ての不動産会社へ送信します。

【Step2】査定結果が届く

データを送信してしばらく経つと、査定結果が送られてきます。

査定結果は概算価格が簡単に記載されているものもあれば、不動産査定書といって、より細かいデータが記載されているものもあります。

不動産査定書とは?内容と注意点・ひな形の無料ダウンロード方法を解説

複数社に査定を依頼した場合、査定価格だけでなく会社情報も比較してみてください。

【Step3】不動産会社に連絡をする

不動産会社へ直接査定を依頼するタイプのサイトなら、業者側は申込者の氏名を確認できなくても、依頼者側は複数社を比較することができます。

査定額を比較した上で良さそうな業者があれば、こちらから直接電話をかけてみましょう。

これで、不要な営業電話をシャットアウトした上、自分の気になる不動産会社1社にだけ相談を持ち掛けることができます。

不動産匿名査定を活用して相場より高く売る方法

一般的な不動産査定サイトだと、際限なく業者に査定依頼を送っても一人で対応するのに限りがあるため、依頼するのは3社前後に落ち着きがちです。

ただし、匿名査定だと連絡を取る心配がなくなるので、何社でも査定依頼をすることができます。

周辺エリアの様々な業者に査定を依頼することでどこが高く売ってくれるか分かりますし、査定相場もつかむことができます。

匿名査定の精度は担当者の訪問調査よりも高くないですが、匿名査定の金額が担当者による査定で大幅に変わることはそこまで多くないので、ある程度絞り込むことができます。

匿名の簡易査定を実施した後に訪問査定を依頼する

匿名の簡易査定を実施すれば、数多くの不動産会社の中からグッと契約候補を絞り込むことができます。

この絞り込みが出来たら、残りの2、3社に訪問査定を依頼して、比較するようにしましょう。

訪問査定の時は担当者が実際に家に来るので、そこで査定額の考え方や売却プランなどを聞くこともできます。

「結局、訪問査定が必要なのか…」と思うかも知れませんが、匿名の簡易査定から訪問査定というフローを踏むことで、あなたの不動産が最高額で売却できる可能性は非常に高くなります。

まず、多数の業者に簡易で匿名査定を依頼することで、知らぬ間に優良業者を逃すことがなくなり、売却スキルの高い業者を確実に絞り込むことができます。

その上で訪問査定を実施するので、どこで比較するかが一目瞭然になり、総合的に高く早く売却することが可能なのです。

匿名の不動産査定サイトは路線価の算出額を表示しているだけ?

匿名の査定サイトは、不動産会社に査定を依頼するのではなく、自社に申込情報が送信されてすぐに査定額を算出しています。

そのため、私見ですが猛スピードで査定額を算出している!…のではなく、恐らく公示地価や路線価を使って概算値を算出・表示していると考えられます。

路線価を使って土地の売買価格を査定しよう!

匿名の査定サイトは業者連絡なしでスピーディに概算値を知れるのはメリットですが、正直なところ、自分でも同じ方法で査定額を調べることができます。こちらにおすすめの方法がまとめてあるので、ぜひご覧ください!

不動産売却相場の調べ方を一挙公開!マンション・家・土地のタイプ別おすすめ方法は?

不動産を売る際は匿名査定はNG!不安なら買取がおすすめ

不動産会社に依頼をするタイプの査定には、以下の2種類があります。

  • 机上査定(簡易査定)
  • 訪問査定

手軽に売却価格を知りたい方は机上査定、訪問調査で詳しく査定してほしい方は訪問査定がおすすめですが、どちらにせよ、不動産会社と契約するときには訪問査定をしなければいけません。

不動産の机上(簡易)査定と訪問査定の違い!売却時はどちらがおすすめ?

当たり前ですが業者が訪問してくるなら個人情報の共有は不可欠なので、どうしても氏名や連絡先を開示しないといけません。

そもそも、不動産を売るときは物件の広告をSUUMOなどのポータルサイトに乗せるので、誰にも知られず売り出すのはほぼ不可能です。

業者買取なら誰にも知られずできる

仲介売却は物件を第三者に向けて売るので、どうしても周囲にバレてしまいます。

ただ、不動産業者に買い取ってもらえば、誰にも知られず代金受け取りが可能です。

買取は仲介売却に比べて価格が落ちる(2~4割ほど低くなる)というデメリットがありますが、買取業者によってはそれ以上の高相場で取引してくれるところもあります。

こちらにおすすめの業者が掲載されているので、ぜひご覧ください!

不動産買取とは?相場と流れ・買取保証対応のおすすめ大手業者ランキング!

離婚やいじめ…不動産のプライベートな売却理由は公開不要!

そもそも、匿名で不動産査定を依頼したいと思った理由は何でしょうか?

電話営業を断つためという方もいるでしょうが、中には人に知られたくない売却理由があるからという方も多いと思います。

実は、不動産売却の理由を伝えるべきかどうかは、その内容によって異なります。

離婚やいじめなど、他人には言いにくいプライベートな理由で不動産を売る場合は、特に伝えなくてもOKです。

ただ、以下のような理由がある場合は、業者や買主へ伝える必要があります。

  • 物理的欠陥
  • 心理的欠陥

物理的欠陥とはいわゆる欠陥住宅のこと

施工段階でミスがあったり、雨漏り、水漏れがするといった物理的な欠陥があって売る場合は、必ず買う人に伝えなければいけません。

これを黙っていると、引き渡し後に瑕疵担保責任に問われ、多額の賠償請求をされてしまいます。

買主の新生活にダイレクトで影響するので、必ず伝えるようにしましょう。

もちろん、隠しておいたほうが成約率は高まるかもしれませんが、「多少デメリットが合っても新築よりこんなに安いなら買う」という方も多くいるので、安心してください。

心理的欠陥も賠償請求を受ける可能性あり

心理的欠陥とは、以前建物内で自殺や他殺が起きたなど、買主の生活に心理的な影響を与えるようなリスクを指します。

抽象的な概念なのでどこまで言うべきか難しいですが、例えば「この土地はむかし墓地だった」というようなケースも、心理的欠陥に当てはまることがあります。

何となく物理的な欠陥よりも軽視されるイメージがありますが、以前、建物内で自殺があったのを隠して売った後に、1億円超の賠償請求命令が裁判所から下ったこともあります。

これも、しっかり開示したら「そんなの全く気にならない」という買主が案外多く集まるので、隠してリスクを高めるくらいならしっかり伝えておきましょう。

査定したいけどバレないか心配な方はまず公共機関・コンサルタントに相談を

不動産は一般の方が持つ資産の中では最大規模です。

そのため、いくら深刻な事情があるにせよ、安易に手放してしまうのは非常に危険です。

査定後に事情を相談してみるという手もありますが、業者はどうしても利益を重視する側面があるので親身になってアドバイスをするのは難しいです。

業者の中には、査定前にコンサルタントに相談し、売却以外の方法も含めて解決策を考えてくれるサービスがあります。

匿名で手続きしたいほど深刻な悩みを抱えているなら、まずはこうしたサービスを利用してみることをおすすめします。

不動産の悩みを相談できる公的機関まとめ

地方で住宅コンサルタントが周りにいないなら、不動産の相談ができる公共機関に相談するのも一つの手です。

不動産関連の悩みは、以下の機関で相談できます。ぜひ参考にしてください!

機関名 相談窓口の連絡先受付時間
公共財団法人 不動産流通推進センター(旧 不動産流通近代化センター) 03-5843-2081 9:30〜16:00(土日祝、年末年始除く)
宅地建物取引業協会 各都道府県ごとに異なる -
公益社団法人 全日本不動産協会 03-5338-0370 13:00〜16:00(土日祝、年末年始除く)
消費生活センター・国民生活センター 0570-064-370 各都道府県ごとに異なる
法テラス(日本司法支援センター) 0570-078374 【平日】9:00〜21:00
【土曜】9:00〜17:00
公益財団法人住宅リフォーム・紛争処理支援センター(住まいるダイヤル) 0570-016-100 10:00~17:00(平日のみ)
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する他の記事

不動産鑑定とは?不動産鑑定士に依頼した際の費用相場と査定との比較
不動産売却では、基本的に鑑定士による不動産鑑定よりも、業者による査定を利用することのほうが多いです…
不動産査定は匿名で依頼できる!個人情報不要の匿名一括査定サイトを利用する際の注意点
深刻な理由があり、周囲に知られず不動産売却をしたいという人は、匿名で売却査定をおこなうことをおすす…
不動産査定ソフトについて解説!無料3ソフトとフリーソフトの仕組み
不動産査定サイトとは違った、不動産査定ソフトというものがあります。両者の違いはどこで、どれを利用す…
不動産一括査定サイトの選び方を解説!評判の高いサイトを賢く見分ける
不動産査定サイトは便利なサービスですが、選び方を間違うと逆に損をすることも多いです。今回は自分に合…

おすすめ・特集記事!

【2021年】大手不動産会社ランキング!売上高・売却仲介件数・評判を比較!信頼できるのはどこ?
不動産会社ランキングの決定版!総合売上、売却仲介実績、過去の利用者の口コミ・評判からおすすめの不動…
不動産一括査定サイトおすすめランキング!33社を比較【2021年最新】
不動産査定サイトのメリットとしては、複数業者に査定依頼できる、無料でネットから申し込める事の他にも…