TOP > マンションを高く売る > デザイナーズマンションは売れにくい?高く売るにはPR戦略が重要!

デザイナーズマンションは売れにくい?高く売るにはPR戦略が重要!

【更新日】2018-10-15
このエントリーをはてなブックマークに追加
リビングで話し合う男女

マンションを売却するときには、比較的シンプルな間取りやデザインのほうが売れる傾向がありました。

しかし、近年は少子高齢化による人口減少と反比例して新築数が増加しているので、デザイナーズマンションなどの付加価値がある物件が人気を集めています。

デザイナーズマンションの中には通常のマンションと変わらない値段でおしゃれなものも多いので、買い手からすれば嬉しい物件ですよね。

この記事では、デザイナーズマンションを売却するコツを解説します。

※マンションの査定・売却の基本情報・高額売却のコツはこちらに詳しくまとめてあるので、合わせてお読みください!

マンション売却の流れと失敗せず売るコツ!方法・注意点・税金を解説

マンション査定の方法・ポイント・注意点と都道府県ごとの相場を解説

デザイナーズマンションは個別性に強みあり

不動産売買において重要なキーワードに個別性というものがあります。

不動産は構造と地域を組み合わせて考えると、すべて唯一無二のものです。

そのため、物件の特徴がどれくらい高需要かが売却結果を左右します。

こうした個別性が求められる比率は、家(戸建て)に比べてマンションは一般的に低くなっています。

リーズナブルに魅力的な物件を買える

しかし、近年では特に首都圏を中心にライフスタイルが変化しており、わざわざ高額を出してマイホームを購入するということにこだわらない人が増えてきました。

こうした現象は不動産に限らず消費行動全般にいえることですが、その一方でおしゃれなものへの訴求が高いのも若者の特徴です。

こうした背景から、マイホームほど高額ではなくおしゃれにすめるデザイナーズマンションの需要が非常に高まっているといえるでしょう。

付加価値次第で超高額売却も

通常、不動産業者はデザインなどは加味せずに査定額を算出します。

売却予定のマンションを査定する方法

しかし、たとえば有名デザイナーが手掛けたデザイナーズマンションとなれば、物件の状態に関わらず超高額で売れる可能性もあります。

査定額はプロの業者が客観的に算出するものですが、最終的な代金は買い手が主観で決める部分も大きいので、人気物件であれば査定額を大幅に超えた額で売れる可能性も十分ありますよ。

デザイナーズマンションの個性はデメリット?

現在需要が増加しているデザイナーズマンションですが、その個性の強さがデメリットになることも良くあります。

基本的に住まい目的で購入される不動産は、地域と面積をもとに選別されます。

そのため、買い手からすれば普通に住まいを探していたのに、あまりに個性的な物件が出てきてがっかりされる可能性も十分あります。

デザイナーズマンションによってはシンプルに利用できるものも多いですが、特に年配の方だと忌避されることが多いので注意しましょう。

売り込み方を考えよう

上記のようなデメリットが発生する原因としては、売り出し方が適切でなかったという理由が挙げられます。

デザイナーズマンションは個性が売りなのに、通常のマンションと同じような宣伝をしてしまうと、買い手は勘違いすることが多いです。

業者の中では、おしゃれなWebページを使ってデザイナーズマンションを若者向けに宣伝しているところもあります。

老舗業者に依頼してビラで宣伝するよりは、こうした宣伝方法のほうがデザイナーズマンションには適しています。

売買契約前に、それぞれの業者がどのような売り込み方をしているのかは確認しておきましょう。

デザイナーズマンションは大手に依頼すべき?

不動産業者は得意・不得意な販売活動というものがあります。

たとえば、大手のフランチャイズ系業者はネットを使った大規模宣伝に定評がありますが、地方の物件売却は不得手としています。

一方、地方の老舗業者は土地情報に詳しく、丁寧なフォローに強みがありますが、紙媒体の宣伝を中心にしているところもあったりと、宣伝力に難があります。

特に地方のデザイナーズマンションを売却するときは悩みそうですが、宣伝力のある業者に依頼するのがおすすめです。

他地域からも買い手が付きやすい

「自分にあった空間で、日々の生活を楽しみたい」「かっこいい部屋に住んで友達に自慢したい」というような願望を持った人がデザイナーズマンションを選びやすい傾向にあります。

ほかの不動産と比較すると、立地や築年数といった条件が理由になりにくいので、他地域からも買い手が付きやすいです。

そのため、たとえ地方にある物件だったとしても、大手業者に依頼して全国的な宣伝をしてもらうほうが利益になりやすいでしょう。

物件の価値をPRしよう

不動産売却は個別性のPRが大切ですが、デザイナーズマンションの場合は特にこれが重要になります。

普通のマンションに比べてどこが違うのかをしっかりと言えるようにするだけでなく、実際に住んだ経験から強みを言えるようにしましょう。

また、あまりに早く売り出すと、「おしゃれではあるけど住みにくいのでは?」という懸念を持たれかねないので注意しましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する他の記事

岐阜のマンションを売る!売却相場と高く売るポイント
岐阜のマンションを売るとだいたいいくらになるでしょうか?高く売るにはどうすれば良いのでしょうか?徹…
築10年のマンションを売却するコツ!築年数別の売却ノウハウと2021年が売り時の理由
築10年のマンションは、売却しても需要が高く、短期で売れやすいです。ただ、競合の数も多いので、希少性…
山形のマンションを売る!売却相場と高く売るポイント
山形のマンションを売るといくらになるのでしょうか?高く売るには何をすれば良いのでしょうか?徹底解説…
共有名義のマンション売却の流れ・注意点徹底解説!持ち分だけ売るのもアリ?
マンションは居住目的以外で購入することも多く、共有名義人が揉める要素も家の売却に比べると少ないです…

おすすめ・特集記事!

不動産一括査定サイトおすすめランキング!33社を比較【2021年最新】
不動産査定サイトのメリットとしては、複数業者に査定依頼できる、無料でネットから申し込める事の他にも…
【2021年】大手不動産会社ランキング!売上高・売却仲介件数・評判を比較!信頼できるのはどこ?
不動産会社ランキングの決定版!総合売上、売却仲介実績、過去の利用者の口コミ・評判からおすすめの不動…