TOP > 土地活用 > 100坪の土地ってどれくらい大きい?広さのイメージとおすすめの活用方法

100坪の土地ってどれくらい大きい?広さのイメージとおすすめの活用方法

【更新日】2021-01-26
このエントリーをはてなブックマークに追加
100坪の土地

突然ですが、100坪の土地ってどれくらいの大きさなのかイメージできますか?

すぐにイメージできる人はあまりいないのではないかなと思います。

実際、100坪の土地というと家を建てるには非常に大きい土地です。

しかしそのような土地を活用せずに、持ったままの状態の人も少なくないのではないでしょうか?

結論としては土地を放置しておくのは経済的ではなく、活用していくことが重要になります。

この記事では、100坪の土地はどれくらいの大きさなのかを解説し、土地活用の方法や進める際の注意点を説明します。

土地の購入を考えている人や土地活用を考えている人は、この記事を参考にしてみてください。

100坪の土地の大きさ・広さ

100坪という土地はどれくらいの大きさなのか知っていますか?

それを理解するためにまず、坪という単位について説明しましょう。

1坪=2畳=約3.24㎡

上記のように1坪は畳2枚分、変換するとおよそ3.24㎡です。

これを踏まえて100坪の場合はおよそ330㎡ということになります。

個人の感覚でばらつきはあると思いますが、100坪の土地は比較的大きな土地であることが分かるかと思います。

100坪のものの例

100坪の土地の大きさをより具体的にわかりやすくイメージできるように、ここでは具体的に100坪の大きさのものを紹介します。

まずイメージしてもらいたいのは、25mプールです。

小学生の時に利用した人も多いと思う25mプールが、約100坪の大きさになります。

またバレーコートは約50坪のため、バレーコート2面分と表現することも可能です。

このように100坪の土地というのは、大きな土地であることが理解できますね。

100坪の土地は放置せず活用すべき理由

100坪の土地の大きさがイメージできたところで、続いてその大きな土地は活用していくべきである理由について解説します。

実際に100坪の土地を放置した状態を続けていると、あらゆるデメリットを背負うことになります。

また100坪という大きさの土地だと、それに比例してデメリットも大きくなってしまいます。

以下で説明する理由を見てみて、自分はどうすればいいか判断してみましょう。

固定資産税・維持費がかかる

日本では土地を持っている限り、固定資産税という税金が必ずかかってきます。

固定資産税は土地の所有者に課税される税金で、以下の計算式によって求めることができます。

固定資産税=固定資産税評価額×1.4%

固定資産税は固定資産税評価額という基準に基づき決定し、毎年課税されることになります。

土地のまま所有するのと建物を建てるのでは、建物を建てる方が税金を軽減することができるためお得です。

また土地のまま所有することによって維持費もかかってきます。

具体的に放置しっぱなしの土地には雑草が生えるためその除草代や、土地の整備代など様々です。

このように土地として放置しておくと出費が続いてしまうため、土地活用することが必要になります。

近隣トラブル・クレームの原因になる

土地を放置したまま所有している場合、近隣トラブルやクレームの原因になることがあります。

空き地というのは、通行人や子供たちが自由に使ってしまいがちです。

通行人がごみをポイ捨てしたり、子供たちが遊びながら騒いだりと近隣住民の人に迷惑をかけてしまうことが多くあります。

また雑草が生い茂って夏場に虫が大量発生することもあるので、定期的な草刈りなどが必要になってきます。

これらが原因で近隣トラブルやクレームが発生することも少なくなく、やはり土地活用をして土地を放置しておかないことが必要になります。

土地100坪のおすすめ活用方法

100坪という大きな土地は土地活用をすることによって、有効的に土地を利用することができます。

しかし土地活用とはいってもその種類は多く、その土地がある周辺環境や立地に応じて適切な活用方法も様々です。

ここからはどのような方法で土地活用するのが良いか、またその土地活用の具体的な内容に関しても解説していきましょう。

賃貸住宅として活用する

まずはアパートやマンションなどの賃貸住宅経営が考えられます。

賃貸住宅経営は入居者さえ決まれば、毎月コンスタントに何万~何十万の収益が入ってくる非常に経済的な土地活用の方法です。

しかし賃貸住宅の経営にもリスクはあります。

それは空室リスクと初期コストです。

賃貸住宅は常に満室で利用されている保証がないため、収益の見込みを立てることが難しく突然の退去などの考え置かなければなりません。

またアパートやマンションを建築するとなると非常に大きな費用が掛かり、家計的にはかなりの大ダメージになります。

そのためこれらのリスクを想定しながら、その土地が入居が多く見込まれる立地であるという前提がなければ厳しい状況に陥る可能性があります。

高齢者介護施設として活用する

続いて高齢者介護施設としての土地活用方法です。

ご存じの通り、現在日本は高齢社会であり高齢者の数が急激に増加しています。

それに伴い、高齢者施設や介護施設などの需要が高まっている状況です。

「高齢者・介護施設の運営なんて無理!」という人もいるかもしれませんが、ここで言っているのは施設を経営することではありません。

あくまで土地を企業に貸し出し、運営自体は企業に任せてしまって大丈夫です。

社会のニーズに応えながら収益を見込める土地活用方法なので、高齢者が多い地域には非常にオススメの土地活用方法になっております。

駐車場として活用する

駐車場としての土地活用方法は、比較的収益性の高い方法となっています。

100坪の土地であれば20台前後の駐車スペースを確保することができ、初期費用も比較的低額に抑えることができるため経済的です。

またランニングコストもかかりにくいので、長期間の活用も実現することができますね。

都市部や観光地の近隣など、駐車場があまり足りていないエリアに効果的な土地活用方法となっています。

それ以外の土地でも月極駐車場として活用することによって、収益を得ることができるため比較的融通が利きやすい活用方法でもあります。

コインランドリーとして活用する

コインランドリーとしての土地活用方法もあります。

コインランドリーは初期費用がかかってしまうものの、その後の人件費が発生しないため長期での土地活用に向いている印象です。

一定数のユーザが必ずいるニッチな市場になりますので、競合がいないエリアに出店することによって高い収益性が見込めます。

エリアとしては学生街やマンション・アパートが多いエリアを狙うのが良いでしょう。

太陽光発電事業をする

近年注目を浴び始めているのが、太陽光発電です。

太陽光から発電した電気は電力会社などに販売することができ、太陽が出ている限り持続した収益が見込めます。

しかし自然による太陽光パネルの破損リスクがあったり、日当たりが悪いところに設置したりする可能性もあるので設置する前の下調べが必ず必要になってきます。

ただ地球にも優しいエコな土地活用方法なので、筆者としてもオススメです。

土地100坪を活用する際の注意点

土地活用について様々な方法があることは理解できましたか?

すぐに土地活用に移りたいところですが、ここで土地活用を進める際の注意点について解説します。

これらを理解していないと法律違反に該当してしまうこともあるため、土地活用を進める前に必ずチェックしておきましょう。

➀建ぺい率の制限

建ぺい率、少し難しそうな言葉ですね。

建ぺい率とは土地の面積に対する建築面積の割合のことを意味します。

建築面積というのは建物を真上から見た面積(水平投影面積)を表し、建ぺい率を簡単に言うとその土地のどれぐらいの割合を使って建物が建っているかということになります。

建ぺい率は以下の計算式を用いることによって求めることができます。

建ぺい率=建築面積÷土地面積

法律によって建ぺい率が制限されているエリアがあるので、建物を建てる際には必ず注意して確認しておかなければなりません。

②容積率の制限

次に容積率に関しても注意が必要です。

容積率とはその土地に対する建物の延床面積の割合のことをいいます。

延床面積とは2階建てなら1、2階の面積の合計、3階建てなら3階部分の面積も含めた面積の合計のことです。

容積率は以下の計算式によって求めることができます。

容積率=延床面積÷土地面積

容積率も建ぺい率と同じく法律で制限されているエリアがあるため、注意が必要です。

③用途地域の制限

日本の土地には都市計画法と言われる法律に基づいて、このエリアでは何を建ててよくて何を建ててはだめなのが決められているエリアがあります。

用途地域は住居系・商業系・工業系の3つの区分に分けられていて、その中でもさらに細かく分類されます。

その都市計画に反する形で建物を建築してしまった場合は法律違反となってしまうため、土地活用を進める事前の段階で都市計画を確認しておきましょう。

土地の売却も1つの手段

ここまで土地活用の方法について解説してきましたが、土地を売却するというのも1つの手段としてオススメできます。

例えば収益が見込めない土地で土地活用を進めても、コストだけがかかってしまう可能性があります。

そのため早く売却して土地を手放すという選択肢も考えておくべきです。

「自分の持っている土地が売れるかわからない」と考えている人はプロに相談するのもオススメですよ。

土地の大きさを理解して有効的に活用していこう

100坪という土地の大きさとその土地活用方法について理解できましたでしょうか?

せっかくの大きな土地も適切な使い方がされていないと宝の持ち腐れになってしまいます。

どのような土地でもその土地について理解することで、適切な土地活用を実現することが可能です。

この記事を参考に有効的な土地活用をしていきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する他の記事

駐車場経営の利回りは平均どれくらい?都市別相場と計算方法・収益拡大のコツ
土地の月極駐車場利用は初期投資が少なく、アクセスの良い土地ならすぐ費用回収ができるのが魅力です。し…
土地活用による太陽光発電のメリットとデメリット・リスクとは?田舎の土地でも安定収入を得られる?
土地の太陽光発電利用は、エコの観点からも注目されている活用法です。立地が悪くても収益が見込めるのが…

おすすめ・特集記事!

【2021年】大手不動産会社ランキング!売上高・売却仲介件数・評判を比較!信頼できるのはどこ?
不動産会社ランキングの決定版!総合売上、売却仲介実績、過去の利用者の口コミ・評判からおすすめの不動…
不動産一括査定サイトおすすめランキング!33社を比較【2021年最新】
不動産査定サイトのメリットとしては、複数業者に査定依頼できる、無料でネットから申し込める事の他にも…