TOP > 引越し > 【2021年版】引っ越しの繁忙期はいつ?引っ越し費用が高い時期・安い時期まとめ!引っ越しに最適なタイミングをチェック

【2021年版】引っ越しの繁忙期はいつ?引っ越し費用が高い時期・安い時期まとめ!引っ越しに最適なタイミングをチェック

【更新日】2021-04-26
このエントリーをはてなブックマークに追加
引っ越しの繁忙期

引っ越しには高い費用がかかるので、出来るだけ安く引っ越しを済ませたいというのが多くの方の意見だと思います。

引っ越し料金は業者の繁忙期か閑散期かでも変わってくるため、業界の動きも理解しておく必要があります。

引越し業者の繁忙期の動向や引っ越し時期を選ぶ時のポイント、繁忙期でも費用を安く抑えるコツをここからは解説していきます。

引っ越し費用相場は平均いくら?単身・家族・繁忙期などケース別の総額料金の目安と安く抑えるコツ

引っ越し業者の繁忙期は3~4月

引っ越し業者の繁忙期は、転勤・転職・進学が多い3~4月です。

就職や入学が春なのは周知の事実ですが、企業も3月年度末の決算期の関係で、人事異動がおこなわれるタイミングでもあります。

引っ越し業者への依頼が同じタイミングで集中するとトラクターや作業員の稼働率が上がります。

1日当たりの作業量が増えると1日に支払われる人件費やガソリンなどの諸費用が増えるので、引っ越し料金が割高になってしまう仕組みです。

9月も引っ越し料金が高くなりがち

3~4月ほどではありませんが、9月も引っ越し料金が高くなりがちです。

9月は秋入学に秋入社、秋の転勤が増える時期でもあります。

まだまだ国内では3~4月に人が動くという認識がありますが、海外では9月前後に入学や就職をおこなうのが普通です。

日本でもグローバル化が進んできており、東京大学が秋入試を解禁するなどの変化が増えています。

今後は秋も春に並ぶ繁忙期になる可能性があります。

繁忙期に引っ越し料金が高くなる理由

引っ越し業者の出費の上昇

引っ越し件数が増えると、本部から現場への往復だけでなく、現場から現場への移動も増えてきます。

移動にかかる費用や段ボールやガソリンなどの諸費用がかかる他、レギュラーの担当者で作業が回らない場合は人員を追加で雇う必要があるので、自然に出費が増えてしまいます。

「月当たりの引っ越しの申込数が減ったら売上が減るので、1件あたりの料金が上がるのでは?」と考える方もいますが、閑散期は引っ越し業者の支出も減るので、繁忙期レベルの売上がなくても利益は確保できるのです。

需要と供給のバランス

繁忙期に料金を高く設定するのは、引っ越し業者が需要の高さを見越しているケースもあります。

進学・転勤で引っ越しが必要な人は、何がなんでも新期が始まる前に引っ越さなければいけません。

料金を高く設定しても契約してくれる人が多いため、引っ越し業者側も強気の料金設定をしやすいのです。

繁忙期の引っ越し料金は通常の約2倍

繁忙期の引っ越し料金は、通常期の約2倍になることもあります。

これは前述の通り、どれだけ高い引っ越し料金でも業者を使わざるを得ない人が多いのが主な理由です。

また、高い引っ越し料金を設定しても依頼がドンドン来るので、業者からすると黙っていても高利益を得られる訳ではなく、目の前の作業をこなすので精一杯な面もあります。

1件あたりの価格交渉に時間を使うより、その場の依頼をこなすのに時間を使ったほうが利益は上がるので、「正直、1件の相談や値段の悩みに時間を使えない」というのが業者側の本音でもあります。

繁忙期は料金相場が高いだけでなく、値下げ交渉も通りにくいという、依頼側にとってはかなり不利なタイミングになります。

引っ越しの閑散期は1月・6月・11月

引っ越しの閑散期は1月・6月・11月の3つの時期だと言われます。

春・秋の大きな人の移動が無くなるタイミングである他、梅雨や雪など天気の悪いタイミングが重なるので、引っ越し料金は比較的安くなってくるのです。

引っ越し業者によって異なる繁忙期・閑散期の考え方

引っ越し業者によって繁忙期・閑散期の考え方は異なり、価格設定も考えに応じて変わってきます。

繁忙期が春なのは、ほぼ全ての業者の共通認識ですが、閑散期をどう捉えるのかは業者によって差があります。

業者による認識の差は、以下の3パターンに分かれます。

  • 3・4月以外は全て閑散期(通常期)
  • 3・4月=最繁忙期、9月=春に次ぐ繁忙期で、それ以外は閑散期(通常期)
  • 人の移動の増減によって、月ごとに細かく費用を設定

繁忙期に料金が高くなる傾向は多くの業者で見られますが、通常期と閑散期の料金設定をどの業者も変えている訳ではありません。

閑散期に引っ越しをしても大幅に費用が安くなる訳ではないことを理解しておきましょう。

繁忙期は月だけでなく日によっても変わる

引っ越しの繁忙期・通常期・閑散期の考え方は業者によって異なりますが、閑散月でも大安や連休など、引っ越しが多い日の料金が高まる傾向は多くの業者で共通しています。

繁忙期かどうかは月ごとで大まかに見ることができますが、日によっても料金が変わるので注意が必要です。

繁忙期でも引っ越し料金を下げるポイント

仏滅の午後に引っ越す

繁忙期・閑散期に関わらず、仏滅の午後に引っ越すと料金は安くなります。

仏滅にイベントごとを敬遠する傾向は若い人にもまだまだ根強いので、引っ越し業者の負担が減って料金が安くなる傾向にあります。

また、多くの方は大事をとって午前中に引っ越すことが多く、午後の引っ越しは人気がありません。

仏滅の午後に引っ越しを依頼すると、繁忙期でも費用が安くなりやすいです。

荷物の量を最大限減らす

荷物の量に応じて人件費やトラックのサイズが変わってくるので、荷物が多いほど引っ越し料金は高くなります。

荷物の量を最大限減らしておくことで、引っ越し料金を安く抑えることができます。

引っ越しの直前に不用品を捨てる方もいますが、引っ越し料金は見積もりの結果で決まるので、見積もり前に処分するようにしましょう。

早めに見積もりを依頼する

引っ越し業者に見積もりを依頼する際は、実際に引っ越すタイミングよりも出来るだけ早い段階で依頼する必要があります。

早くに引っ越し見積もりをおこない、引っ越し時期を設定することで業者も融通が利きやすくなり、更に「これくらいの荷物なら〇日~△日に引っ越せば安くなる」などの業者からの提案もしやすいのです。

引っ越し見積もりを早めにおこなうことで、引っ越しまで万が一のことが起こっても柔軟に変更しやすいのです。

複数の引っ越し業者の見積もりを比較する

同じ時期でも引っ越し料金の見積もりは業者によって異なるため、複数社の見積もりを比較するのが安く依頼するためには必要です。

1社ごとに見積もりを依頼するのは時間がかかりますし、あまりにも見積もりが安い業者に依頼すると作業がずさんだったり、段ボールを高額で買わせたりする悪徳業者の可能性があります。

ネットの一括見積もりサイトを利用すれば、登録審査へ通った優良見積もり業者へ一括で依頼することができ、スムーズに金額を比較できるのでおすすめです。

繁忙期に引っ越さざるを得ない場合は見積もりを出来るだけ下げよう

繁忙期に引っ越しをするのは料金の関係から出来るだけ避けたいところです。

ただ、事情によっては春先に引っ越さざるを得ないことも多くあるでしょう。

この場合は荷物を減らす、複数の業者見積もりを比較するといった対応をおこなって、できるだけ費用を下げるよう努力しましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する他の記事

おすすめ・特集記事!

不動産一括査定サイトおすすめランキング!33社を比較【2021年最新】
不動産査定サイトのメリットとしては、複数業者に査定依頼できる、無料でネットから申し込める事の他にも…
【2021年】大手不動産会社ランキング!売上高・売却仲介件数・評判を比較!信頼できるのはどこ?
不動産会社ランキングの決定版!総合売上、売却仲介実績、過去の利用者の口コミ・評判からおすすめの不動…