TOP > 引越し > 引っ越し見積もりサイト徹底比較!無料で見積もり比較できる厳選13サイトの特徴を紹介

引っ越し見積もりサイト徹底比較!無料で見積もり比較できる厳選13サイトの特徴を紹介

【更新日】2021-04-08
このエントリーをはてなブックマークに追加
引っ越し見積もりサイト

引っ越し業者を選ぶ際は、見積もりサイトを使って金額を比較することが重要です。

ただ、引っ越し見積もりサイトは多数リリースされており、一体どれが良いのか分からない方も多いでしょう。

そこで今回は、おすすめの引っ越し見積もりサイトを厳選紹介!それぞれの特徴・サービスを徹底比較していきます。

【2021年最新】引越し業者おすすめ比較ランキング!人気業者の口コミ・評判や見積もりを徹底検証

引っ越し見積もりサイト比較ランキング

引越し侍

引越し侍は取り扱っている引っ越し業者の数が、300以上と今回紹介するサイトのなかでは多くの引っ越し業者を扱っているサイトとなっています。

引越し侍が扱っている引っ越し業者の中には、テレビのCMなどによく見る大手の引越し会社である、アート引越しセンター・サカイ引越センター・日本通運・ハート引っ越しセンターがあります。

また、色々な条件の中からどの引っ越し業者を使うかを自分でき希望することが出来ます。

引っ越し見積もりサイトの中には、業者の希望が出来なサイトもあるので注意をしましょう。

さらに、シミュレーション機能を使って細かい条件を指定して相場ではなく「自分の場合」は、いくら費用がかかるのかを確認することが出来ます。

引越し価格ガイド

引っ越し価格ガイドも引っ越し侍と同じくらいの引っ越し業者を扱っています。

そのため初めて聞いた引っ越し会社だけでなく、誰しもが知っている引っ越し業者からの見積もりを出してもらうので、安心できますね。

Pマーク取得会社が運営している、Pマークという個人情報の取扱いについてルールを守ってやっている会社のみ取得することが出来る、マークを取得しています。

そのため個人情報の漏洩などの心配をしないで扱うことが出来るサイトです。

キャンペーンが定期的に行われています、引っ越し価格ガイドを利用して引っ越しを実際にした場合に、最大で10万円の引っ越し料金キャッシュバック・新生活で役立つ家電のプレゼント等のキャンペーンを定期的に行っています。

キャンペーンをやっている時期を狙って引っ越し価格ガイドを使ってみることでお得に引っ越しをすることが出来ます。

ズバット引越し比較

ズバッと引越し比較の取り扱っている引っ越し業者の数は約220社です。

先に紹介した引越し見積もりサイトと比べると取り扱っている引越業者の数は少し少なくなってしまいますが、数ある引越見積もりサイトの中では比較的取り扱っている引越業者の数は多いので、提携業者数だけで判断はする必要ありません。

ズバッと引越し比較は、引越の見積もりを出すために入力する項目が少ないのが魅力です。

必要最低限の必須項目だけ入力することで、引越にかかる費用相場をすぐに確認することが出来ます。

見積もりを出してからの提携業者の対応が早いため引越を今すぐしたい人にはありがたいサービスですね。

引越し見積もりEX

引越見積もりEXは取り扱い引越業者数210件と記載されていますが、同ページ内の提携引越業者の一覧では18社しか紹介されていないため、疑問が残ります。

また、口コミや評判の数が少なく引越見積もりEXを使って引越を実際にした人の声を聴くことがあまりできませんでした。

LIFULL引越し

ここから紹介する引越見積もりサイトは引越の提携業者数が200件を切ってしまいますので、取り扱っている引越業者の数で判断する場合はここより上で紹介している見積もりサイトを使って引っ越しの見積もりを出すようにしましょう。

LIFULL引越しが扱っている引越し業者数の数は約130社です。

最初に紹介した引越侍と比べると取り扱っている業者の数が半分を切ってしまいますね。

大手の引越業者は取り扱っていますが中小企業の引越業者を扱っているかどうかでこんなにも数が変わってしまいます。

引越の見積もりをする際にほかの利用者がどの引越業者に引越を依頼して、その評価がどうだったかを☆の5段階で確認することが出来ます。

実際にその業者を使った人の生の声を聴くことが出来るので、その業者を使うかどうかを多角的にみることが出来ますね。

SUUMO引越し

SUUMO 引越の取り扱い引越し業者数の数は約120社です。

SUUMO 引越の一番の魅力は、荷物情報が任意である点です。

最初に紹介した引越侍やほかのサイトの場合は、荷物の量を入力しなければ見積もりを出すことが出来ません。

また、情報登録の際にメールアドレスは必須項目となっていますが、電話番号は必須項目ではなく任意項目になっているので、引越業者からいきなり電話が来ることはなく営業があるとしてもメールだけです。

メールだけなら自分が興味あるところに返信して、興味のない業者のメールは無視すればいいだけなので便利です。

価格.com引越し

価格.com引越しの取り扱い引越し業者数の数は約100社です。

ここまでくると一番多く引越業者を扱っているサイトの3分の1程度になってしまいます。

取り扱っている引越し業者が多ければ多いほど、引越業者間の価格競争が起きやすいため取り扱っている引っ越し業者の数が少ない場合は見積もりを出してもらっても価格が高いことがありますので注意をしてください。

また他のサイトでは引越にかかる費用相場やほかの人が実際にその業者を使ってどう評価をしてかを確認することが出来ますが、価格.com引越しでは確認することが出来ません。

価格.com引越しはどんな引越業者がいるかを確認する時には利用しやすいですが、「どの業者を選ぼうか」と迷ったときに選択する判断材料が少ないです。

引越しラクっとNAVI

引越しラクっとNAVIの取り扱っている引越し業者の数は約60社です。

ここから紹介する6つのサイトはいずれも取り扱っている引越業者の数が100社を切っているので使う際は選択肢が少ないということを知って利用をしてください。

引越しラクっとNAVIはサイト内で見積もりを出すサイトではなく、1度引越しラクっとNAVIのコールセンターに連絡して見積もりを出すのに必要な情報を伝えることで利用することが出来ます。

サイトに文字で入力するのが面倒な人は電話で一度伝えれば必要な登録をコールセンターの人がしてくれるので簡単に利用できますね。

しかし、1度の連絡で見積もりを出してもらえるので値引きなどの交渉はしづらいです。

引越しネット

引越しネットの取り扱っている引越し業者の数は約30社です。

2004年から運営をされているサイトで利用者実績が660万人以上なので取り扱っている引越し業者は少ないです実際に使っている人は多いです。

引越し達人.セレクト

引越し達人.セレクトの取り扱っている引越し業者の数は約10社です。

取り扱っている業者の数が少ないため、登録をしてもほかのサイトよりも電話が来る件数は少なく済みます。

引越し達人.セレクトも荷物の入力をしなくても見積もりをだすことが出来ます。

見積もりを出す際に個人情報を入力する必要がありますが、引越し達人.セレクトはPマークを取得していません、そのため個人情報を適切に扱っていないことが原因で個人情報が流出する恐れがあります。

個人情報が一度流出してしまうと、それを完全に消すことは出来ません。

そのためインターネット上で個人情報を登録する際はそのサイトが本当に安全なサイトかどうかを確認して実施するよう心がける必要があります。

アットホーム引越し

アットホーム引越の取り扱っている引越し業者の数は約10社です。

アットホームと聞くと賃貸を思い浮かべる人が多いと思いますが、実は引越しも対応しています。

アットホーム賃貸で部屋を借りる人はそのままアットホーム引越しに引越し依頼をすることが出来るので、物件探しと引越業者を探すのを分割するのではなく1度に両方済ませることが出来ます。

楽天引越し

楽天引越しの取り扱っている引越し業者の数は約5社です。

楽天も引越の見積もりサイトを持っています。

楽天引越の一番の魅力は引越で楽天ポイントを貯められる点です。

ポイントの還元率が特別良いというわけではなく、普通の買い物と同じ1パーセントとなっています、引越ならば費用が万単位となるのでポイントを稼ぐことが出来るチャンスですね。

比較.com

比較.comの取り扱っている引越し業者の数は約4社です。

比較.comと言ったら家電商品などを扱っているイメージだと思いますが、家電だけでなく引越業者も扱っています。

取り扱っている業者の数も少ないですが、海外の引越しにも対応しているので海外の引越しを考えている方にはオススメです。

引越し見積もりサイトの仕組み

引越し見積もりサイトの仕組みについて解説します。

引越し見積もりサイトはただで複数の業者から引越しの見積もりを一度に出してもらうことが出来る便利なサイトです。

無料で引越しの見積もりを出してもらえる理由は、引越業者側がサイトの運営会社に対して利用料金を払っているためです。

そのため、引越し見積もりサイトの利用者は自分で一切の負担をすることなく無料で利用することが出来ます。

引越し見積もりサイトの見極めポイント

引越し見積もりサイトが良いサイトか悪いサイトかの見分けるポイントを紹介します。

見極めるポイントが分かれば自分にあった引越し業者に引越しを依頼しやすくなりますのでしっかりと確認しましょう。

安く引越しができるか

引越しをする際に一番気になるのが引越しをいくらで出来るのかですね。

引越しの料金は荷物の量と引越の距離から料金が算定され、4人暮らしの家族が県内で移動すればかかる引越しの費用は約12万円です。

引っ越し見積もりサイトを使うことで一度に複数の業者から同時に同条件で引越しにかかる費用を確認することが出来ます。

必ず引越しにかかる費用が記載されているかどうかを確認しましょう。

見積もりを簡単に出すことができるか

見積もりサイトによっては、見積もりを出す際に氏名や住所・連絡などの個人情報の登録を求められますが、個人情報を登録した後にも引っ越しの内容を詳細に記載しないと見積もりを出してもらうことが出来ない場合もあります。

せっかく面倒くさい個人情報を登録したのに見積もりを出すのにも沢山入力をしないといけないのかよと思う人もいますよね。

必要な項目が少なく簡単に見積もりを出してもらえるかどうかも判断基準の一つです。

条件にあった業者を見つけられるか

次に条件にあった業者を見つけることが出来るかですが。

引越し業者は沢山ありそれぞれの業者によりサービス内容や補償内容などのサービスの差があります。

高額な商品を運んでもらったり、割れたり壊れやすい物がある場合は、引越しをする際にそれがもし壊れてしまった場合はどう責任を取ってくれるかが明確になっていることで安心して引越しを依頼することが出来ますね。

そのため引越し業者に求めるレベルが納得できるかを確認しましょう。

個人情報を守れるか

引越し見積もりサイトは必ずと言っていいほど会員登録を求められます、インターネット上に個人情報を登録するのには、不安が付きまといますよね。

そのために各会社で個人情報の取り扱い要領をガイドラインとして決めている場合や、第三者に個人情報をしっかりと扱っているかどうかを確認してもらいPマークを取得している企業が増えてきました。

引越し見積もりサイトは会社がやっている一つの経営媒体の場合がほとんどです。

そのため、引越し見積もりサイトを使う場合はそのサイトを運営している会社を調べて個人情報をどのように扱っているかを確認しましょう。

インターネット上には星の数ほどの様々な情報があり、一度でもその中に自分の情報を登録してしまったら、それを取り除くことは絶対にできません。

そのため個人情報の保護に努めていない会社が運営しているサイトは使わないようにしましょう。

ネット完結で見積もりをすることができるか

引越しの見積もりをする際にはインターネット上で見積もりを出してもらい完結できるタイプと実際に家に来て引越しの荷物などを見て見積もりの金額を出してもらう2つのパターンがあります。

普段からインターネットを利用している方ならばインターネットですべてが完結出来るのが便利だと思う人もいますが、あまりインターネットでやり取りをしない方は実際に家に来てもらって見積もりを出してもらいましょう。

見積もりサイトに登録した荷物量と実際に引越しの際にする荷物の量に違いがあり、見積もりよりも高額な料金を請求されないようにするためです。

自分が求めているものがどっちかをしっかりと把握しておきましょう。

シミュレーション機能があるか

費用相場の金額だけでなく、以下の条件を入力して、自分の場合にかかる引越しの料金を具体的に算出できるかを確認しましょう。

  1. 引越し日
  2. 引越し人数
  3. 引越しの距離
  4. 荷物の種類

費用相場はあくまでも費用の平均なので自分の条件で費用を出してもらえると引っ越しにかかる費用が具体的にわかるので安心できますね。

引っ越し見積もりサイトを使う際の注意点

引越し見積もりサイトのメリットを紹介しましたが、引越し見積もりサイトを利用する際は気を付けるべき4点があります。

せっかく引越し見積もりサイトを利用したのにそれが原因で、引越しがスムーズに行えない場合や、引越しが終わった後にも引越し業者から連絡が何度も繰り返されてしまうことがあるので注意しましょう。

色々な引越し業者から連絡がくる恐れがある

引越し見積もりサイトに登録する際に登録した電話番号に引越し業者から直接連絡がある場合があります。

1件や2件なら各引越し業者からの連絡に対して対応することは出来るかもしれませんが、サイトによっては取り扱っている業者は100件以上です。

各見積もりサイトに登録をした後に、いきなり知らない電話番号から電話がかかってきた場合は、引越し見積もりサイトの情報をもとに電話をかけている可能性があります。

電話をかけられるのが嫌な人は、電話番号を登録しないでも見積もりを出してもらうことが出来るサイトを利用して、引越の見積もりを出してもらうようにしましょう。

もしすでに登録してしまっていて、営業電話に悩んでいるならば、無視をしているだけでは電話は続いてしまうので、一度電話に出てしっかりともう電話をしてほしくないことを伝えましょう。

見積もりを出してもらえる会社を選べるか

引越し見積もりサイトには引越し見積もりを出してもらう会社をこちらで指定できる場合と指定できない場合があります。

指定が出来る企業ならば大手の引越し業者だけや中小企業の引越し業者だけの、特定の修理業者だけと指定することが出来ます。

すでに目星をつけている引越し業者があり、その業者に頼んだ場合にいくらくらい費用が掛かるのかを確認したい場合は、見積もりを出してもらえる会社が選択できるのかどうかを確認しましょう。

そうすることで、不必要な引越し業者からの電話に対応する必要やメールが来ることを少なくすることが出来ます。

引越しが終わっても連絡がくることがある

見積もりサイトを利用して引越し業者を選んだ場合、一つの会社と実際に引越しをする契約をしたとしても、ほかの会社にはそれが分かりません。

引越しがすでに終わっているのに前の情報をもとに「引越しを内の会社でしませんか?」のような営業電が絶えず続いてしまうことがあります。

引越しが完了したらそのサイトの個人情報を削除することができるかどうかを確認しましょう。

削除することが出来れば解決しますが、削除できない場合は電話が継続して続いてしまいます。

サービスの範囲を確認しよう

一言に引越し作業と言っても業者によっては引越しのサービス範囲が異なります、荷物を運んでくれるだけなのか、梱包・荷解きも一緒にしてくれるのか、冷蔵庫などの大型の家電の廃棄も一緒にしてくるかなどです。

その業者に頼んだ場合の引越しの範囲をしっかりと確認し後からトラブルにならないように注意をしましょう。

特に気をつけて確認をするべきところを紹介します。

梱包材はなにを使うか

大手の引越し業者の場合は、会社独自での梱包材があります。

例えば、アート引越しセンターの場合布団専用の袋・衣類専用のハンガーボックス・本や小物専用のリリーフボックスなどがあります。

荷物が多い人は段ボールなどの梱包材が沢山必要になってしまいます。

物事に専用の種類の梱包材があれば効率よく荷造りをすることが出来るので、段ボールの個数を少なくすることが出来るかもしれません。

破損してしまった場合の補償範囲

人間がやっているので引越しをしている時にアクシデントで大切なものを落としてしまうことや、壁にぶつけて破損させてしまう場合があります。

引越し業者と契約を結ぶときには、標準引越運送約款というものに詳細が記載されていますので契約を結ぶ前に確認をしましょう。

ほとんどの業者が賠償をしてくれますが、中には賠償をすぐにしてくれずごねられてしまう場合がありますので、注意をしましょう。

大手の引越し業者ならば逃げられてしまうことはありますが、中小規模の引越し業者の場合は連絡がつかなくなってしまうこともあるので気をつけましょう。

引っ越し安全マークの有無

全日本トラック協会によると、引越し安全マークとは全日本トラック協会が安全・安心な引越しサービスを提供することが出来る引越し業者を、引越し優良事業者として認定するもので、優良事業者の証として引越安心マークを交付すると定まっています。

この認定を取っている業者は、以下の証明となっています。

  • 引越しにおける約款を遵守していること
  • 苦情等に対する対応体制及び責任の所在の明確化を図っていること
  • 従業員教育をしっかりとしていること
  • 各種引越し関連法令を遵守していること
  • 廃棄遺物処理を適正にしていること
  • 個人情報を適切に扱っていること
  • 制度の信用を損なう又は信用を損なう恐れのある行為がないこと
  • 反社会的勢力に属していないこと又は反社会的勢力との関連がないこと

国土交通省にも推奨されているため、国にも認められている安心できる制度です、引越し業者を選ぶ際は以下の表を参考にしてみてください。

引越し会社大手15社の引越し安心マーク取得状況
取得している引越会社
  • アート引越センター
  • サカイ引越センター
  • 日本通運
  • アリさんマークの引越社
  • ハトのマークの引越センター
  • ハート引越センター
  • SGムービング
  • 西濃運輸
  • 福山通運
取得していない引越会社
  • ファミリー引越センター
  • ベスト引越サービス
  • アップル引越センター
  • アーク引越センター
  • 人力引越社
  • クロネコヤマト

引越しの費用をもっと安くするためのテクニック

引越し見積もりサイトと併用してもっと引越しの費用を安くするテクニックを紹介します。

どれでも簡単にちょっとしたことで出来るテクニックとなっているので引越しをする際は実践してみてください。

引越しの予算は最後まで言わない

引越しの予算を引越し業者に伝えるのは最後です、引越し業者からは最初に「引越しにかけられる予算はいくらくらいですか?」と聞かれますが、ここで予算を伝えてはいけません。

予算を伝えてしまうと、引越し業者はこっち側がいくらまで払えるかを把握してしまい予算ギリギリの金額で費用を請求されてしまう恐れがあります。

引越し業差も仕事としてやっているので少しでも利益を稼ぎたいためです、出来るだけ予算を言わずに業者に先に見積書を出してもらい、そこから値段の交渉をするようにしましょう、最初に予算を言ってしまうと武器を一つ捨ててしまうのと同じことです。

すぐに業者を決定しない

引越し見積もりサイトをみて見積書の値段だけで業者をきめてはダメです。

引越しの内容や補償を確認してから業者と契約をしましょう。

電話やメールだけではなく実際にその業者を使ってほかの人がどう評価をしているかを見ることでその業者と本当に契約をしていいのかが分かります。

この業者にしようと思ったら、一息ついてそれがあっているかもう一度再確認すること大切です。

他社との比較をしてみよう

見積もりサイトを使うと料金がほぼ同じ企業が数社出てきます、そんな場合はそれぞれの業者のどこが違うのかをしっかりと比較しましょう。

表面上の値段は同じだけど、引越しの中身を見てみると雲泥の差ということもあります、料金以外の面でもしっかりと確認をすることで本当にその業者に依頼していいのかが判断できます。

引越しの日時に融通を利かしてあげよう

引越し費用を抑えたい人は土日祝日ではなく平日に引越しを依頼しましょう。

曜日は引越しにかかる料金に大きな影響を与えますので引越しをする際は有休を使って平日にするというのもオススメです。

週のはじめは料金が安く後半の金曜日が平日の中では高額になっています。

料金をとことんまで安くしたい人は、週初めの月曜日の午後や夕方に引越しを依頼してみましょう。

その他のサービスをなくしてみよう

引越し業者との契約の中には契約をする必要のないものまで契約に含まれていることがあります。

オプションを削って無駄な費用を省きましょう。

荷物の一時預かりや、梱包材の費用等があります、自分で準備出来るものは自分で準備することで引越し業者の無駄何オプションを削って引越しにかかる費用を削減できます。

繁忙期は避けて引っ越しをしよう

2月や3月は大学への進学や新社会人を切掛けに引越しが多くなる時期です。

この時期は、料金が高額でも引越しを頼む人が後を絶たないため引越し業者も料金設定を強気に設定しているため、引越しの費用が高くなる傾向があります。

そのため引越しのオフシーズンを狙って引っ越しにかかる費用を抑えましょう。

引越しをするのにオススメの時期は夏の7月・8月と秋の11月です、この時期に引越しをするだけで繁忙期と比べて料金を半分に抑えることが出来ます。

引っ越し見積もりサイトを使って安く引っ越しをしよう

引越し見積もりサイトにも色々な種類があるので自分に合った引越し見積もりサイトを使って引っ越しをしましょう。

今回の記事の中でオススメは引越し侍です、数多くの引越し業者を取り扱っていて、個人情報を登録しても無駄な営業電話を防ぐことが出来るからです。

今回紹介した引っ越し見積もりサイトから自分に合った引越し見積もりサイトを見つけてあなたがちゃんと引越し出来ることを心から祈っています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する他の記事

おすすめ・特集記事!

不動産一括査定サイトおすすめランキング!33社を比較【2021年最新】
不動産査定サイトのメリットとしては、複数業者に査定依頼できる、無料でネットから申し込める事の他にも…
【2021年】大手不動産会社ランキング!売上高・売却仲介件数・評判を比較!信頼できるのはどこ?
不動産会社ランキングの決定版!総合売上、売却仲介実績、過去の利用者の口コミ・評判からおすすめの不動…