TOP > 家を売る > 北川景子主演ドラマ「家売るオンナ」の内容って本当なの?不動産売買仲介の実情と比較してみた

北川景子主演ドラマ「家売るオンナ」の内容って本当なの?不動産売買仲介の実情と比較してみた

【更新日】2020-06-05
このエントリーをはてなブックマークに追加
家売るオンナ

日テレ系で放送されていた北川景子主演のドラマ「家売るオンナ」シリーズ。

不動産売買仲介業に焦点を当てて、主人公が苦労しながら、最終的にスカッとする内容で根強いファンを獲得しています。

ドラマの中では不動産仲介業の特徴が誇張して描かれているようにも見えますが、実際の不動産業界はどうなのでしょうか?

ドラマの内容と実情の違いを今回は調べてみました。

→→家を売るならどこがいい?高く売ってくれる優良業者を選ぶコツと売却の基礎知識

不動産売買仲介の担当者は顧客についてアレコレ噂をする?

ドラマ「家売るオンナ」には、顧客のステータスについてこっそり噂をする描写も少なくありません。(独身女性を揶揄するなど)

主人公の三軒家万智は逆に顧客の分析に力を発揮して結果を出していますが、そもそもこんなことは実際の不動産会社でも良くあるのでしょうか?だとしたら気分が少し悪いですよね?

これに関しては担当者が噂好きかどうかによっても異なるので一概には言えないものの、近年は「このステータスの顧客はこのやり方があっている」というように、単純化して対応できなくなってきています。

これは近年、人々のライフスタイルや職業、価値観が多様化したことに関係しています。

現在は独り身でマンションを購入する方も珍しくありませんし、こうした方に対して「独身なのに…」と口走って気分を害させてしまったら元も子もありません。

その店舗が扱ってきた顧客がどういう人だったかにもよりますが、偏見の目で顧客と接するのはデメリットしかないことをほとんどの業者が現在は理解しているのではないでしょうか。

不動産売買仲介は供給の方が多い世界

不動産の売買仲介は、他の業界のようにテレアポでガンガン成約を取れる訳ではありません。

まず、店舗があるエリアの周辺で家を売りたいと思っている方の数がそう多い訳ではありません。

近年では都市部を中心に持ち家率がドンドン下がっていますから、より難易度は高くなっています。

不動産仲介業の利益となるのが仲介手数料ですが、こちらを得るにはまず契約を結ばなければいけません。

近年ではネットからのアプローチも可能になっており、ネットに明るい大手業者のシェアが高くなっています。

こうした点を考えると、不動産業者のほうから顧客に高圧的なアプローチをかけられる余地はありません。

不動産売買仲介は同じ会社で顧客を取り合っているの?

劇中で千葉雄大演じるエリート社員 足立の顧客を万智が奪うという描写がありました。

足立はこれに腹を立てますが、実際に同じ会社内で顧客を取り合うケースは不動産・住宅業界では少なくありません。

ただ、営業マンはそれぞれ担当のエリアがあるため、同一エリア内で奪いあっている企業が決して効率的とは言えません。

ただ、不動産会社は登記簿謄本をチェックすればどの家が次に売り出されそうかなどの大体の予測を立てることができます。

同時期に売り出される家の数はそこまで多いとも考えられませんから、営業エリアを明確に区切っていないのであれば自然にこうした奪い合いがおこなわれる可能性も十分あります。

不動産仲介業でのヘッドハンティングは日常茶飯事?

上記の事件がきっかけで、千葉雄大演じる足立がヘッドハンティングを受けて転職すべきかどうか心揺らぐシーンがあります。

実際のところ、不動産仲介売買の営業はヘッドハンティングが少なくない世界です。

営業マンに強い積極性が求められる上、覚えなければいけない専門知識も豊富にあるので、前社で活躍した営業マンは引くて数多なのです。

AIが生身の不動産営業マンに勝つ?

続編「家売るオンナの逆襲」では、ライバル会社のリッチブラスト不動産が急成長したことにより、主人公たちが働くテーコー不動産新宿営業所の売上が伸び悩むという描写もあります。

実際、近年ではAIが不動産査定をしてくれるツールの開発が進んでいますが、まだまだ営業マンに対抗できるフェーズではありません。

まず、AIにデータを打ち込んでも室内の傷・凹みといった劣化具合が全く分からないため、精度のある査定にはなりません。

AI査定の導入が進んだ理由そのものが「人による恣意的な査定に一石を投じるため」ですが、査定額は主に過去の成約事例を参考に決められるので、言い方によれば恣意的な目利きにAIも縛られざるを得ないともいえます。

匿名でAIに査定を依頼し、だいたいの金額を知るには良いツールですが、まだまだ不動産営業マンの生活を脅かすまでにはなっていません。

顧客の人生を考えるのは良いこと!ただしやり過ぎは危険

主人公の三軒家万智は単なる売上だけでなく、顧客の幸せも考えて家を紹介するというような描写が多々あります。

残念なことに、このように顧客の幸せも考えた提案をしてくれる業者はそこまで多い訳ではないと言われています。

これは不動産会社がどこも利益重視だからという訳ではなく、非常にアナログな業界のため手続きにかかる時間・手間が膨大で、顧客のために考えたり相談したりする時間が中々取れないからとも言われています。

近年では不動産テックと呼ばれる、IT企業が不動産業を効率化するサービスを多数リリースしたことで、作業効率は年々アップしています。

これが進めば、いずれドラマで描かれているような営業マンが出てくるかも知れません。

万智は本当に全ての物件を提案している?

万智は購入希望者に対して希望に合った物件を的確に紹介していますが、顧客が興味を抱くのは営業マンが紹介してくれた物件だけとは限らないので、条件に当てはまる物件は複数見せてあげたほうが顧客のためになります。

不動産営業マンが上の立場に立ちすぎているという指摘が日本ではよく起こっており、これが囲い込み(購入希望者に自社の仲介物件しか紹介しない行為)などを引き起こすとも言われています。

万智は革新的な営業マンというような書かれ方をされている部分もありますが、業界全体としてアメリカの不動産業のように情報紹介の側面が強いほうへと変わる動きもあるので、そういった意味では従来の日本の仲介業者の強化版というイメージが強いかも知れません。

閉鎖的な不動産仲介売買にスポットが当たるのは良いこと!

日本の不動産業界は閉鎖的だと言われることも多く、何となく暗い、キツイという印象を持たれていました。

そんな業界がゴールデンのドラマで描かれるのは、業界全体にとって悪いことではないはずです。

今、家の売却に興味を持っている方は、ドラマに一度目を通して見てはいかがでしょうか!

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する他の記事

家を売る時のよくある失敗事例と絶対失敗しないポイント4選
家を売る際は悪徳業者にあたることなども多々あり、実際に体験談も多数寄せられています。こうした体験談…
木造住宅を損せず売るコツ!築20年を超える時は減価償却に注意
木造住宅は条件が悪いので、損せず売るには工夫が必要になります。今回は、木造住宅の売却を成功させるポ…
別荘を売る!高額で売却する方法と注意点・売却できないときの対策
別荘は管理が行き届かず、売却時に値下げされがちです。人気の高い立地ではあるので、売れないときは更地…

おすすめ・特集記事!

【2021年】大手不動産会社ランキング!売上高・売却仲介件数・評判を比較!信頼できるのはどこ?
不動産会社ランキングの決定版!総合売上、売却仲介実績、過去の利用者の口コミ・評判からおすすめの不動…
不動産一括査定サイトおすすめランキング!33社を比較【2021年最新】
不動産査定サイトのメリットとしては、複数業者に査定依頼できる、無料でネットから申し込める事の他にも…