TOP > 土地を高く売る > 土地買取 > 土地買取価格の相場は市場価格より20%~30%安い?買取相場の調べ方と高く買い取ってもらうコツを紹介

土地買取価格の相場は市場価格より20%~30%安い?買取相場の調べ方と高く買い取ってもらうコツを紹介

【更新日】2020-10-20
このエントリーをはてなブックマークに追加
土地買取相場

土地を売りたい場合、主に以下の2種類の方法からどちらかを選ぶようになります。

  • 仲介売却:販売を仲介業者に依頼する
  • 買取:買取業者に直接買い取ってもらう

仲介売却は不特定多数に向けてチラシやWebでPR活動をしていくので、購入希望者が見つかるまで時間がかかる他、土地を売り出していることを多くの方に認知されてしまいます。

一方で買取は募集している業者に直接買い取ってもらうので、引き取る相手を探す労力・時間がかかりません。

情報も第三者に漏れないので、プライバシーは徹底保護できます。

ただ、土地買取相場は仲介売却に比べて、価格が大きく下がるというデメリットがあります。

なぜこのようなことが起きるのか、高く買い取ってもらうにはどうすれば良いのか、この記事で詳しく解説していきます。

土地買取業者おすすめランキング!条件の悪い空き地も高価買取

土地買取相場は市場価格より20~30%安いのが一般的

土地を仲介売却で売る場合、その価格は時価(実勢価格)とほぼイコールとなります。

時価とはその土地の状態や周辺環境、金融情勢なども鑑みた上で付けられる金額のことです。

業者に土地の買取を直接依頼する場合、買取価格は時価から20~30%引いた金額になるのが一般的です。

つまり、時価が2,000万円の土地の買取価格は、1,400万円~1,600万円になり、最大で約400万円もの損失が発生していることになります。

不動産は一般人が持つ資産の中で最も高額であり、売却で得られる不労所得の金額は人生で二度とないほど高額になります。

このチャンスを逃してしまうことで、その後の人生計画にも大きな影響を及ぼしかねません。

土地買取相場が低くなってしまう理由

土地買取相場が時価より低くなる理由はいくつかあり、これといった明確な理由はありませんが、複数の要因が複合的に合わさった結果だと考えられます。

買取相場が低くなる主な理由をここから紹介していきます。

理由➀再販にかかる費用を差し引いているから

不動産会社が不動産の買取をおこなう理由は、再販をして利益を得るためです。

国土には限りがある分、不動産の数は有限なので、不動産会社は中古のものを買い取る形で仕入れているのです。

買い取った後に再販をするためには、土地の整備や設備の設置、修繕などの作業が必要になります。

こうした手続きにかかる費用は自社負担ということを考えると、再販価格>買取価格+再販にかかる費用にならなければ赤字が発生してしまいます。

このバランスを保つために、買取価格は時価の2~3割ほど下げておく必要がある訳です。

理由②不動産会社が厳しく目利きをするから

仲介売却の場合、仲介業者は成約時、売り上げに比例して仲介手数料という報酬を得るようになります。

業者にとって利益があるために高額の取引もどんどん後押ししている面が業界全体であるため、仲介売却市場もそれにおされて高い相場を維持していると言えます。

一方、買取の場合は業者が高値で買い取るメリットは皆無です。

質の高い土地も安く仕入れられるに越したことはないので、その土地が他社から高値買取を打診されているといったケースでなければ、基本的に2~3割差し引かれてしまいます。

個人間の仲介売買と違い、買取は業者がビジネスとしておこなっているので、目利きがどうしても厳しくなるのです。

理由③依頼者側が低値で満足してしまっているから

土地を買取に出す方の多くは、仲介売却で売れ残り、他に活用できる可能性も思いつかず、泣く泣く最後の手段で買い取って欲しいと依頼しているケースが多いです。

彼らがまず優先したいのが土地の処分であって、とにかく高値で買い取ってもらうために何か行動をするケースは少ないです。

もし業者側が買取相場を低めに設定したとしても、多くの依頼者が「もっと高値で買い取って欲しい」と打診し続ければ、買取価格が上がっていく可能性も十分あります。

しかし多くの方は「タダでも処分できれば良い」と考えているので、業者に言われる金額で納得してしまっているのです。

太陽光発電用地として土地を買い取ってもらう場合の相場はいくら?

太陽光発電用の土地買取相場

土地活用で最近注目されているのが、不要な空き地を太陽光発電用地として利用する方法です。

通常、土地の買取価格は立地条件が大きく関わります。

先祖代々相続してきた土地やバブル期の原野商法で購入した土地は田舎にあることが多いので、買取に出してもほとんど価格が付きません。

一方、不要な空き地に太陽光発電パネルを設置し、その売電収入を得る方法は都市・駅に近いかどうかは関係ありません。

むしろ、日当たりが良くて近くに高い建物のない田舎のほうが効率よく発電できるので、需要は大きいです。

この方法は近年話題になり、太陽光発電用地を買い取る業者も増えてきましたが、この場合の買取相場はいくらになるのでしょうか?

太陽光発電用地の買取相場は坪単価5,000円~1万円ほど

太陽光発電用地の買取価格は、やはり都市部の土地に比べて低くなります。

この場合の買取相場は坪単価5,000円~1万円ほどです。

100坪以上の大きな土地を買取に出したとしても、数百万円にしかなりません。

一般的な買取再販に比べて価格はやはり下がってしまいます。

太陽光発電用地として買い取ってもらうのは、最終手段と考えておいたほうが良いでしょう。

3大都市圏の土地買取相場の最新データ

土地の買取相場の最新データを紹介していきます。(2020年10月)

実際にどれくらいの買取価格になるのか、チェックしていきましょう。

ここからは首都圏、関西圏、東海圏(名古屋圏)の3大エリアの土地買取相場を紹介していきます。

首都圏(1都3県)の土地買取相場

2020年10月時点の土地買取相場は、以下の通りです。

都道府県 土地売却相場(平均)50㎡換算 100㎡換算 150㎡換算
東京都 3,416万円1,484万円2,968万円4,452万円
神奈川県 1,946万円666.4万円1,332.8万円1,999.2万円
千葉県 1,505 万円331.1万円662.2万円993.3万円
埼玉県 1,386万円501.9万円1,003.8万円1,505.7万円

首都圏の土地買取相場は、2,000~1,500万円くらいが平均価格帯となります。

その中でも東京がやはりずば抜けており、他県の2倍ほどの相場となっています。

関西圏の土地買取相場

次に、関西圏(近畿圏)2府5県の土地買取相場を見ていきます。

都道府県 土地売却相場(平均)50㎡換算 100㎡換算 150㎡換算
大阪府 1,596万円604.45万円1,208.9万円1,813.35万円
兵庫県 1,208.9万円359.73万円719.46万円1,079.19万円
京都府 1,799万円675.5万円1,351万円2,026.5万円
滋賀県 896万円229.6万円459.2万円688.8万円
奈良県 560万円134.4万円268.8万円403.2万円
和歌山県 560万円146.65万円293.3万円439.95万円
三重県 519.4万円107.45万円214.9万円322.35万円

関西圏の土地買取相場は1000万円前後が平均値となります。

その中でも大阪府、京都府、兵庫県の3エリアは比較的高めとなっています。

東海圏(名古屋圏)の土地買取相場

都道府県 土地売却相場(平均)50㎡換算 100㎡換算 150㎡換算
愛知県 805万円120.75万円241.5万円362.25万円
静岡県 896万円214.2万円428.4万円642.6万円
岐阜県 686万円140.35万円280.7万円421.05万円
三重県 519.4万円107.45万円214.9万円322.35万円

東海圏となると土地買取相場はまた下がり、平均1,000万円を下回ります。

愛知県、静岡県がその中でも高相場となっています。

最新の土地買取相場を自分で調べる方法

土地買取の相場は時期によって変化するので、買取を検討している方は最新の相場をチェックする必要があります。

土地買取相場は不動産業者しか分からないと思う方も多いですが、やり方が分かれば初心者でも相場を調べることが出来ます。

ここからは、初心者が自分で土地の買取相場を調べる方法を紹介します。

土地総合情報システムを利用する

土地総合情報システム

国土交通省が運営しているデータベース「土地総合情報システム」では、直近5年間の成約事例をチェックすることができます。

TOPページを開いたら【不動産取引価格情報検索】をチェックして、取引時期と不動産の種類(宅地)の選択をおこない、地域を設定してデータをチェックします。

データ上の価格は成約価格ですが、アンケートに基づいた金額なので100%成約価格とイコールではないことを留意しておく必要があります。

不動産ポータルサイトを利用する

不動産ポータルサイト

スーモやアットホームといった不動産ポータルサイトは、賃貸物件だけでなく売り出し地の情報なども掲載されています。

同一エリアで似たような面積の土地の価格を見れば、だいたいの相場が分かります。

ただ、こうしたポータルサイトに掲載されている価格はあくまで売り出し価格であり、成約時には違った金額になる可能性があるという点に注意しましょう。

土地を買取に出す際は相場より高く買い取ってもらうことを目指すべし

土地買取価格が時価より20~30%低いのは、再販にかかる費用を差し引いているからと言われています。

しかし、本当に時価の2、3割も再販費用に使われているかどうかというのは、なかなか調査のしようがありません。

※大手業者の中には、再販価格が良そうを下回った場合に還元されるケースもあります。

つまり、買取価格が低値になる正当性は全くない可能性だってあるのです。

前述の通り買取業者は買取価格が低ければ低いほど得なので、依頼者のほうが高値買取のために行動しなければ、高く売れる可能性は低いのです。

どんなに条件の悪い土地でも、高く買い取ってもらえる可能性はないのか、考えていきましょう。

土地を買取相場より高く買い取ってもらう方法

土地を買取相場より高く買い取ってくれるにはどうすれば良いのでしょうか?

ここからは高額買取の主なポイントを紹介していきます。

複数社の買取査定額を比較する

買取査定額は仲介売却と異なり、実際に買い取る業者が「ウチはこれくらいの金額で買い取る」ということを明言しているので、比較して高値で査定してくれた業者に依頼をすればその分だけお得になります。

複数社の査定額をスムーズに比較できるツールが一括査定サイトです。

土地の簡単な情報を入力するだけで、複数社への査定を一括で依頼することが可能。

査定結果を比較すれば、どこが一番高値で買い取ってくれるか一目瞭然です。

利用料は完全無料なので、まだ買取に出すのを検討中の方にもおすすめです。

リノベーション・再販実績をチェックする

土地の買取価格は再販費用を差し引いているから時価より低くなると言いますが、再販費用がどれだけかかるかに関しては、業者ごとのリノベ力や営業力によって変わります。

条件の悪い不動産の特徴を生かして上手く再販をすれば、コストを抑えながら高額売却をすることもできます。

こうした業者は再販費用が低い上に再販ルートも整備されているので、高く買い取ってくれる傾向にあります。

逆に実績のない業者だと再販に自信のない土地は買取を断ったり、より安値で仕入れたりすることになり、買主にとっては損です。

買取の種類・方法をチェックする

即時買取と呼ばれる一般的な買取方法の他に、買取保証という制度を提供している業者もあります。

これは、一定期間内は仲介売却で土地を売り出し、期限が過ぎたら仲介業者が直接土地を買い取るという仕組みです。

高額売却を目指すことができ、かつ売れ残りの心配もないので一石二鳥です。

このように、単に買取といっても、業者によってサービスの内容が異なるケースがあるので、かならず内容を比較しましょう。

土地を買取相場より高く買い取ってもらうには依頼者自身の努力も重要

土地を買取相場より高く買い取ってもらうためには、業者選びに力を入れる、自身で相場を事前に調べておき交渉するといった行動が大切になります。

依頼者自身の努力も必要になってくるので、業者に任せきりにせず、自発的な行動を心がけましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する他の記事

農地買取におすすめの業者ランキング!買い手のいない田畑をスピード処分・換金
農地買取におすすめの業者を7社紹介!それぞれの特徴を比較しているので、買取業者選びに役立ててくださ…
土地買取で損しないコツ!失敗しない買取業者の選び方
土地買取の方法を徹底解説!買取の流れから注意点、買取業者の注意点まで分かりやすく紹介しています。
土地買取業者おすすめランキング!条件の悪い空き地も高価買取
土地買取におすすめの業者10社を厳選紹介!それぞれの特徴の違いに着目して紹介しています。比較をして、…

おすすめ・特集記事!

不動産一括査定サイト33社を比較!2020年おすすめランキング
不動産査定サイトのメリットとしては、複数業者に査定依頼できる、無料でネットから申し込める事の他にも…
【2020年】大手不動産会社ランキング!売上高・売却仲介件数・評判を比較!信頼できるのはどこ?
不動産会社ランキングの決定版!総合売上、売却仲介実績、過去の利用者の口コミ・評判からおすすめの不動…