TOP > 不動産売却業者一覧 > 住友不動産販売詳細

住友不動産販売の評判・口コミは?不動産売却・査定を依頼するメリットとかかる費用について徹底解説

このエントリーをはてなブックマークに追加
住友不動産販売
戸建
マンション
土地
住友不動産販売
特徴
1.地域密着の丁寧なサービス
2.担当者の顔が見えて選びやすい!
3.外部の有名情報サイトと提携
口コミ評価 評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星 (4.0)
口コミの吹き出し 口コミ 3件

住友不動産販売(通称:すみふの仲介 ステップ)は、全国の直営店舗数250店舗以上と、年間取扱件数35,000件以上の大手不動産仲介業者です。※2020年度実績

地方ごとに店舗同士が強いネットワーク力を持ち、頻繁に情報共有をおこなっているので、適した購入希望者へ適切な物件を提案することが可能です。

豊富な仲介実績は各店舗に蓄積されているので、それらを参考にした正確な査定・販売活動も魅力です。

住友不動産販売にピッタリな方はこちら!
おすすめタイプ
戸建、マンション、土地、その他
対応地域
全国(北陸、四国を除く)

住友不動産販売の評判・口コミ

ぶよんさん (男性/57歳)
2017/12/17 満足度  評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
都内の一軒家に20年くらい住んでいましたが、定年したので田舎の方でまったりのんびり暮らすことにしたので今の家を売却することにしました。一度リフォームしたことがありますが、それでも築年数はそれなりに経っ…
メタボ防止さん (男性/49歳)
2017/11/29 満足度  評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
広島県中区にある土地を相続しました。使いみちが特に無いので、ずっと持ってても固定資産税がかかってしまうので思い切って売却するとこにしました。私は都内に住んでいるのでなかなか広島に行けず、すべては担当…

住友不動産販売の特徴

住友不動産販売の魅力は、何といっても圧倒的な実績と住友不動産というブランド力でしょう。

売り手からすると、「対応地域には良さそうな不動産会社がいくつかあるけど、とりあえず住友不動産販売にしておこう」という発想が働きますし、買い手も信頼して来店・相談をすることができます。

サービスを利用する前段階で、こうしたネームバリューを利用することができるのは大きな魅力でしょう。

担当者の顔が見える!

住友不動産販売は、店舗で働く担当者の顔をホームページ上で公開しています。

顔写真と簡単なプロフィールのみですが、全く知らないで来店するのとは大きな違いでしょう。

初心者にありがちなのが、受動的に不動産会社選びをしたり、担当者の言われるままに動いてしまうことです。

無難な方法ではありますが、万が一失敗してしまったときに悔いが残ってしまいます。

住友不動産販売は自発的に担当者選びができるので、どんどん積極的に動いていきましょう。

口コミ➀無難で成功率が高い

男性アイコン
Tさん
売却物件マンション
築年数16年
売却理由住み替えのため
お住い宮城県仙台市

近所に3つほど不動産会社があり、どこに家の売却を任せるか悩んだのですが、やはり信頼度の高い住友不動産販売に依頼しました。

大手と地域の中小企業はそれぞれ違った良さがあると言いますが、私としては間違いなく大手に依頼するのが得だと思います。

特に住友不動産販売はサービスがかなり多くついてくるので、トータルで費用をかなり削減することができました。

高く売るだけに目がいきがちでしたが、こうした部分でも不動産会社を選んでいくのが良いですね。

口コミ②信頼できる担当者が多い

女性アイコン
Hさん
売却物件
築年数24年
売却理由相続したが使い道がないため
お住い愛知県名古屋市

親から譲り受けた物件を売り出していましたが、1度目の不動産会社のときは、なかなか成約に至ることができませんでした。

一度売り出しと中止してから、今度はしっかりと不動産会社を選ぼうと思い、見つけたのが住友不動産販売でした。

担当者の顔写真が掲載されていたので、フィーリングが合いそうな人に相談を持ちかけながら、「この人は信頼できる!」と心から思う方が担当についてくれました。

査定額とほぼ変わらない額で売却することができ、目標額もなんとか達成できましたよ!

住友不動産販売の実力を4項目から検証

住友不動産販売が選ばれる理由

住友不動産販売は言わずと知れた日本を代表する大手不動産会社ですが、本当の実力はどのようなものなのでしょうか?

ここからは、以下の4つの検証内容から、住友不動産販売の評価を見ていきます。

  • 担当者の専門知識
  • 電話・メールの対応
  • 進捗連絡・質問への回答
  • 担当者の印象・態度

実際に住友不動産販売のサービスを利用した方のアンケートから、実際の評価を見ていきましょう。

※紹介する満足度は、2020年度の住友不動産販売のお客様対象に実施したアンケートの回答を出典としています。

検証➀担当者の専門知識【92.4%】

住友不動産販売は広告戦略からアフターフォローまでマンツーマンで営業マンが対応することを徹底しており、求められる知識のハードルも高いものとなっています。

実際に、社内でも独自の試験であるマンションエキスパート・戸建エキスパート試験をおこなっており、合格できた営業マンの名刺に記載されるようになっています。

担当者の専門知識は、安心して不動産取引を依頼する上で欠かせない要素です。

特に不動産は契約や決済で専門用語が飛び交う業界なので、素人が手続きを安全に進めるなら、仲介業者の高い知識は不可欠です。

物件や居住者、その親族がおかれている状況は1つとして同じものがないので、状況に合わせた適切な対応が重要になってきます。

不動産売却を検討している方は相続関係や金銭面などで問題を抱えていることも多く、単純な売買を超えた課題を解決しなければいけません。

こうした場合も、住友不動産販売のスタッフは非常に頼りになります。

検証②電話・メールの対応【91.3%】

仲介業者との密接なやり取りは売買をミスなくスムーズに終わらせるために必要なものですが、連絡の頻度やどこまで詳しく伝えてくれるかについては業者によって差があります。

住友不動産販売の営業マンは、売主の生活を煩わせない頻度の連絡が高評価です。

不動産の売却は人生で何度も経験するものではありません。初めて不動産を売却するという方も多い中、そうした方からの評価が高いというのは魅力的です。

検証③進捗連絡・質問への回答【91.0%】

販売活動の期間中は仲介業者が広告作成や営業などの販売活動を独自に進めていくので、本当に売却が進んでいるか心配になる人も多いです。

販売活動中の意思疎通がうまく行かないと売主も身動きがとりにくいので注意しましょう。

検証④担当者の印象・態度【92.2%】

住宅はほとんどの場合、一般の方が所有する資産の中で最も高価なものです。

そんな資産の売却を依頼する場合は会社の実績だけでなく、担当者が信頼に値する人かどうかも重要なポイントです。

かけがえのない資産を預けるなら実績だけでなく人柄や相性もしっかり比較するのが理想的です。

住友不動産販売で不動産査定・売却をするポイント

住友不動産販売の評判

住友不動産販売は日本を代表する不動産会社で、特に以下のような強みがあります。

  • マンツーマン形式の相談が丁寧
  • 高い担当知識を持つ営業マンが多い
  • 丁寧な対応・態度が好評

住友不動産販売は直営店舗数250店舗以上の不動産会社で、比較的都市部に出店しています。

宣伝力を強みとする業者なので、早期に結果を出したい人にもおすすめできます。

まずは自分の地域に対応しているかをしっかりチェックしましょう。

大手企業の支社が近い物件がおすすめ

住友不動産販売は、SUUMO、アットホーム、オウチーノなど、多くのポータルサイトと連動しています。

売り出し物件の広告はこうしたサイトに掲載され、広い範囲に情報を発信します。

大手企業や支社が立ち並ぶ地域の周辺に物件がある地域だと、こうした宣伝力を活かして大規模に宣伝するほうが、転居者の目にとまりやすいです。

このように、物件の地域によって仲介先を変えていくのもおすすめですよ。

住友不動産販売の査定から売却までの流れ

住友不動産販売に不動産査定を依頼してから売却までは、以下のような流れで進んでいきます。

  1. 査定・調査
  2. 媒介契約締結
  3. 販売活動開始
  4. 購入予定者の案内
  5. 経過報告
  6. 売買契約
  7. 売却の準備
  8. 物件引き渡し

査定は物件情報を担当営業マンに伝えれば無料で調査してくれます。安心して利用をおすすめします。

媒介契約締結~売買契約

査定の内容に納得したら、住友不動産販売と媒介契約を締結して、販売活動を開始します。

販売活動では、自社HP等を使ってネットでの宣伝をおこないつつ、他店舗とも情報を共有して購入希望者を探していきます。

希望者が見つかると、物件に案内し、見学してもらいます。

相手が気に入ってくれたなら、いよいよ売買契約を締結します。

売却準備~物件引き渡し

売買契約を締結すると、抵当権抹消や残ったローンの完済などの売却準備をおこないます。

手続きにどんな書類が必要かといった情報も住友不動産販売のスタッフが教えてくれるので、安心です!

物件引き渡しのときも、住友不動産販売スタッフが全ての手続きに立ち会ってくれるなど、安心サポートをしてくれるので、大きな手続きミスの心配がありません!

住友不動産販売のトラブル対応・保証

住友不動産販売のトラブル対応・保証は、他の不動産会社に比べてもトップクラスの多さです。

検討中、依頼中、成約後の3段階で利用できるサービスは異なるので、それぞれの特徴をチェックしつつ、場面に応じて利用していきましょう。

それでは、これらのサービスをわかりやすく紹介していきます。

①検討中に利用できるサービス

まだ、売却をするかどうか決めかねている段階では、以下のようなサービスを利用することができます。

  1. 無料査定サービス
  2. 売却相談
  3. 税務・法律相談

これらの初期サービスはトラブル対応とは言えないかも知れませんが、この段階で専門家に物件の状況をしっかり相談しておくことで、多くのトラブルを未然に防止することができます。

②依頼中・販売中に利用できるサービス

依頼中、販売中では、住宅ローンや税金といったお金の面でのサポートと、販売活動のサポートを利用することができます。

  1. 相続税の立て替え
  2. 買い替え時の購入費立て替え
  3. ホームステージング(内覧時の演出サービス)
  4. 建物状況調査(ホームインスペクション)
  5. バーチャルステージング
  6. プロカメラマン撮影サービス
  7. 瑕疵保証
  8. マンションお掃除
  9. 空き家クリーン・巡回・草刈り
  10. 宅地の測量
  11. 相続診断
  12. 建物・土地調査(有償)

これらのサービスは物件のタイプや必要性に応じて適宜選んでいくようになると思います。

③成約・引き渡し後に利用できるサービス

物件の引き渡し後に利用できるのは以下のものです。

  • 設備修理
  • 建物保証
  • 緊急駆け付けサービス
  • 引っ越し関連サポート
  • リフォームサポート
  • クリーニングサポート
  • インテリアサポート
  • 家電サポート
  • セキュリティサポート
  • 保険サポート
  • 再度のお取引特典

これらは主に買い手の利益を考えて提供されるものですが、売り手にとってもトラブルを抑えられたり、古い物件でも売れやすくなったりというメリットがあります。

住友不動産販売の仲介手数料・諸費用・割引

住友不動産販売の仲介手数料は、一般的な不動産業者と同じく、法律で決められた上限額となっています。

この額は一律ではなく、不動産売却額に応じて決められるようになります。

ちなみに、売却額と手数料の関係は以下の通りです。

取引額 仲介手数料(法定の上限額)
200万円以下 売却額×5%
200万円超400万円以下 売却額×4%+2万円
400万円超 売却額×3%+6万円

ただ、住友不動産販売は「再度のお取引特典」として、一度住友不動産販売の仲介によって成約して、再度成約となるとギフト券が最大10万円分プレゼントされます。

仲介手数料の仕組みや注意点・値引きのコツはこちらに詳しくまとめてあります!
仲介手数料の相場はいくら?なぜ払うの?根拠・計算方法・値引きのコツ

住友不動産販売の運営会社情報

運営会社 住友不動産販売株式会社
本社所在地 東京都新宿区西新宿二丁目六番一号
設立 1975年3月1日
免許・登録 -
このエントリーをはてなブックマークに追加