TOP > 暮らし > バイクローンの審査は甘い?厳しい?審査基準と対策を完全解説

バイクローンの審査は甘い?厳しい?審査基準と対策を完全解説

【更新日】2021-03-26
このエントリーをはてなブックマークに追加
バイクローンの審査

「手元に現金がないからバイクローンを利用したい!」という方は多いでしょう。

しかし初めてバイクローンを利用する人などは、審査で何が見られるか気になりますよね。

このページでは、全てのバイクローンに共通する審査基準を解説していきます。

またバイクローンの審査対策や、審査を申込む際の注意点、審査に落ちた時の対処法なども紹介していくのでそちらも参考にしてください

バイクローンの審査基準

細かい審査基準はローン会社によって異なりますが、全てのバイクローンの審査で見られる項目としては、年齢・勤務先・勤続年数・年収・家族構成・信用情報が挙げられます。

詳しくは次から見ていきましょう。

年齢

バイクローンの審査ではまず申込者の年齢がチェックされます。

なぜならバイクローンを利用できるのは18歳以上の方のみであり、未成年者の場合は保証人が必要になります。

また18歳以上がバイクローンの審査対象になっている理由としては、アルバイトが始められるかどうかの年齢だからです。

そのため18歳以上であっても、安定した収入がなければバイクローンを利用できないため、注意しましょう。

勤務先

バイクローンの審査では勤務先がチェックされます。

業種や職種などが分かればおおよその収入が把握できるため、申込者の返済能力を判断する材料になるからです。

なお「この業種や職種は絶対にNG!」というのはありませんが、ホストなどの水商売や日雇いの派遣業の場合は収入が安定していないと判断され、バイクローンの審査に通りづらくなります。

しかし収入が安定していない業種や職種の場合でも、虚偽の申告をするのは絶対にやめましょう。

一部のバイクローンでは在籍確認が実施され、虚偽の申告が発覚した場合は審査落ちが決定するためです。

勤続年数

バイクローンの審査では、現在の勤務先にどれくらい勤めているかの勤続年数もチェックされます。

例えば勤続年数が短い場合は、転職する可能性が高いと判断され、審査に通りづらくなります。

特に転職した直後などは勤続年数が短くなっているため、注意しましょう。

年収

バイクローンの審査で最も重要なのは収入の安定性であり、年収はそこまで重要視されませんが、あまりに年収が低い場合は「トラブルがあった際に返済が難しくなる」と判断され、審査に落ちてしまいます。

特に前年度の年収が250万円以下の場合、バイクローンの審査に通るのは難しいでしょう。

バイクローンの審査を申込む前に、給与明細書などで自身の年収を確認することをおすすめします。

家族構成

バイクローンの審査では家族構成がチェックされます。

例えば独身1人暮らしの場合などは、返済が滞った際に頼れる人が少ないと判断されるため、審査に不利になります。

一方で親や配偶者と暮らしている場合は、利用者の家族から弁済が受けられるため、審査に通りやすくなるでしょう。

信用情報

バイクローンの審査では、信用情報がチェックされます。

なぜなら信用情報には過去のクレジットカードや他社ローンの利用状況が記録されているため、信用情報を確認すれば申込者の返済能力が判断できるためです。

そのため過去にクレジットカードの長期(3ヶ月)以上の滞納や強制解約などの金融事故を起こしている場合は、バイクローンの審査に通るのは非常に難しいでしょう。

バイクローンの審査に通るポイント

ここまでバイクローンの審査基準を解説してきましたが「どうすればバイクローンの審査に通るか」が気になる人も多いでしょう。

バイクローンの審査に通るためには、他社返済を進める・頭金を用意する・必要書類を準備するが効果的です。

詳しくは次から見ていきましょう。

他社返済を進める

現在クレジットカードのキャッシングやカードローンを利用している場合は、バイクローンの審査を申込む前に返済を進めておきましょう。

なぜなら他社借入が多いと「何かあった際にバイクローンへの返済が滞る」と判断され、審査に通りづらくなるためです。

またバイクローンの審査では、借入額よりも借入件数が重視されるため、なるべく借入件数を減らす方向で返済することをおすすめします。

頭金を用意する

バイクローンの審査に通りやすくするためには、少しでも頭金を用意すること良いでしょう。

頭金なしでバイクローンを利用すると借入金額が高くなり、審査のハードルが上がるためです。

なおバイクローンの頭金としては、購入金額の1〜2割程度が相場とされています。

必要書類を準備する

バイクローンを利用する際には、必要書類をよく確認しておきましょう。

バイクローンの審査では様々な書類が必要になりますが、申込み内容や記入ミスが多いと信用性が落ちてしまうためです。

なお一般的にバイクローンの審査で必要になる書類としては、本人確認書類(運転免許証やパスポートなど)・収入証明書(源泉徴収票や確定申告書など)・資金使途確認書類(バイクの見積書やパンフレットなど)の3点が挙げられます。

ただし細かい必要書類はローン会社によって異なるため、あらかじめ公式ホームページなどで確認しておきましょう。

バイクローンの審査へ申し込む際の注意点

バイクローンの審査を申込む際の注意点を詳しく見ていきましょう。

未成年者は連帯保証人が必要

バイクローンの審査基準のところでも解説しましたが、未成年者がバイクローンを利用するためには、連帯保証人が必要になります。

そのため未成年者は、家族に秘密でバイクローンを利用することはできません。

また連帯保証人を立ててバイクローンを利用する場合は、連帯保証人の返済能力がチェックされます。

そのため連帯保証人の信用情報や収入に問題がある場合は、審査に落ちてしまう可能性があるため注意しましょう。

金利が低いバイクローンは審査が厳しい

「なるべく利息を抑えたい!」という考えから、金利だけでバイクローンを選ぶのは危険です。

なぜならバイクローンの金利が低いということは、ローン会社にとっては貸し倒れた際のリスクが大きいということです。

そのため金利が低ければ低いほど、シビアに審査されると推測できます。

自身の返済能力や信用情報に不安がある場合は、金利が10%前後の高めのバイクローンへ申込むことをおすすめします。

バイクローンの審査に落ちたときの対処法

ここまでバイクローンの審査基準などを解説してきましたが「自分はバイクローンの審査に通りそうにない」「バイクローンの審査に落ちてしまった」という人もいるでしょう。

そのためここからは、バイクローンの審査に落ちたときの対処法を解説していきます。

中には信用情報に傷がある人でも利用できる方法もあるため、参考にしてください!

カードローンを利用する

バイクローンの審査に落ちてしまった場合は、カードローンで購入金額を借りることを検討しましょう。

なぜならカードローンはバイクローンよりも審査基準が低く設定されており、年収が100万円程度であっても利用できるためです。

また消費者金融が提供しているカードローンは即日融資に対応しており、今すぐバイクを購入したい場合でも対応できます。

ただしカードローンの金利は15〜20%とバイクローンと比べても高く設定されているため、必要最低限の額で利用することをおすすめします。

中古車を現金で購入する

バイクにこだわりがなくとにかく移動手段が必要な場合は、中古バイクを現金で一括購入するのもおすすめです。

最近ではヤフオクやメルカリでもバイク本体が出品されており、10万円前後があればスクーターを購入できます。

まずはバイトを増やして節約するところから始めてみましょう。

家族名義でローンを組む

自身がなんらかの理由でバイクローンを利用できない場合は、家族名義でローンを組むことを検討しましょう。

ただしバイクローンで利用する口座は名義人のものになるため、実際に利用する場合は一度名義人に立て替えてもらい、後に利用者が名義人に手渡しや振込などお金を支払う形になります。

たとえ家族といえどもお金のトラブルは今後の関係に大きな影響を与えるため、きちんと支払いについて話し合うことをおすすめします。

レンタルバイクを利用する

「普段の通学や通勤は電車やバスを利用しており、バイクに乗りたいのは月に数回程度」といった人はレンタルバイクを利用するのも良いでしょう。

レンタルバイクであれば免許証を見せるだけで利用できるため、信用情報に傷がついている人や、収入が少ない場合でも問題ありません。

またレンタルバイクは駐車場などの維持費がかからず、バイクを購入するよりも安くつく可能性が高いです。

ただしバイクリースやバイクシェアなどは、審査の際に信用情報がチェックされるため、注意しましょう。

バイクローンの審査に通るには準備が必要

このページではバイクローンの審査基準や、審査対策などを解説してきました。

バイクローンの審査では信用情報がチェックされ、一定の年収が求められるなど、決して甘くはありません。

バイクローンの審査を受ける際には、このページで紹介した審査対策をしっかりとおこないましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する他の記事

おすすめ・特集記事!

不動産一括査定サイトおすすめランキング!33社を比較【2021年最新】
不動産査定サイトのメリットとしては、複数業者に査定依頼できる、無料でネットから申し込める事の他にも…
【2021年】大手不動産会社ランキング!売上高・売却仲介件数・評判を比較!信頼できるのはどこ?
不動産会社ランキングの決定版!総合売上、売却仲介実績、過去の利用者の口コミ・評判からおすすめの不動…