TOP > 不動産購入 > パナソニックホームズの評判・口コミは悪い?坪単価やメリット・デメリット・後悔しないための注意点を解説

パナソニックホームズの評判・口コミは悪い?坪単価やメリット・デメリット・後悔しないための注意点を解説

【更新日】2021-04-15
このエントリーをはてなブックマークに追加
パナソニックホームズの評判

マイホームは一生に一度の買い物ですし、できるだけ評判の良いところを選びたいですよね。

中には大手会社が手がけるパナソニックホームズの利用を検討している方も多いでしょう。

このページではパナソニックホームズの評判・口コミ、パナソニックホームズの特徴などを解説していきます。

またページの後半ではパナソニックホームズの坪単価・パナソニックホームズの利用をおすすめできる人、できない人なども紹介していくので、そちらも参考にしてください。

クレームの多いハウスメーカーはどこ?評判の悪い大手ハウスメーカーランキングとおすすめしない業者の特徴

パナソニックホームズの評判・口コミ

ここからは実際にパナソニックホームズで家を建てた人の良かった口コミ・悪かった体験談を紹介していきます。

全体的な傾向としては、パナソニック製品で揃うことの満足感や工期の速さを評価する一方で、営業マンの対応や直営店とフランチャイズ店の差に疑問を感じている人もいました。

詳しくは次から見ていきましょう。

口コミ➀パナソニック製品で揃えられたので文句はない

昔から洗濯機もテレビもPCもパナソニックびいきなので、ハウスメーカーもパナソニックホームズを選びました。

やっぱり使い慣れているメーカーは安心しますし、デザインも揃えられるので見た目もスッキリしますね。

ただパナソニックホームズは直営店とFC店で扱いが違うことは知っていたので、店選びは慎重におこなった記憶があります。(35歳・会社員)

口コミ②早く家を建ててくれたので助かった

火災で家が無くなったので早く家が欲しかったんです。

やはり賃貸暮らしは性に合いませんから。

そのため担当者には急いでいる旨を伝えたところ、今の工事状況などを逐一教えてくれましたし、他のハウスメーカーよりも早く家を建ててくれたと思います。

急ピッチでの建設と聞いていましたが、今のところ不具合はないですし、とても助かりました。(53歳・自営業)

口コミ③コスト面に不安が残る

パナソニックホームズの家の品質は高いと思うんですが、もう一声安くならないかな、というのが本音です。

確かに質は良いですが、画一的な規格や自社製品を使っているなら、-坪あたり10万円はいけそうな気がします。

それと担当者ともイマイチ折り合いが付かなかったのも大きいです。(37歳・会社員)

口コミ④パナソニックユーザーならおすすめ

5年前にパナソニックホームズで家を建てたものです。

住み心地自体は良いのですが、少し気になる・ちょっとここを変えたいという場合でも、いちいちお客様センターに連絡する必要があります。

実際、近くの工務店でもパナソニックさんはちょっと…と断られました。

良くも悪くもパナソニック好きの家だと思います。(42歳・自営業)

パナソニックホームズの特徴

パナソニックホームズの特徴

会社名 パナソニック ホームズ株式会社
本社所在地 〒560-8543大阪府豊中市新千里西町1-1-4
設立 1963年7月1日
従業員数 5,802名(2020年3月末時点)

パナソニックホームズの大きな特徴としては、パナソニックグループが手がける安心感と実績・同じ人間が営業から竣工まで担当する一貫したサポート体制・独自の空調システムや外壁などを取り入れたエコ住宅の3点が挙げられます。

また、パナソニックホームズはパナソニック製品が標準仕様として多く付いており、パナソニックにこだわりがある人には魅力的な選択肢と言えるでしょう。

パナソニックホームズはできるだけ同じ人間が担当になるように人員が配置されていますが、全国に直営店と代理店があり対応差がある点には注意が必要です。

パナソニックホームズの坪単価

ハウスメーカーを選ぶ際に気になるのが坪単価ですよね。

パナソニックホームズが取り扱っている商品ごとの坪単価を安い順にまとめました。

商品名 坪単価
カサート 65万円~80万円
カサートアーバン 80万円~90万円
カサートプレミアム 90万円~100万円
ビューノ3E/S 70万円~85万円
ビューノ 100万円以上

それぞれの商品ごとの特徴や注意点などは、次から詳しく見ていきましょう。

カサート【坪単価65万円~80万円】

カサート

パナソニックホームズの中で最も安く建てられるのがカサートです。

カサートでは、茶色や緑色などのアースカラーを主軸にナチュラルな雰囲気の家を建てることができます。

またカサートはパナソニックホームズの中でも間取りの自由度が高いため、内装にこだわりがある方にもおすすめです。

カサートアーバン【坪単価80万円~90万円】

カサートアーバン

カサートアーバンはカサートに「Home X」という住宅用のコンピューターを内蔵した、最新のIoT型住宅であり、備え付けの「HomeX Display」から各部屋の照明のオンオフ・シャッターの開閉・天気予報などをチェックすることができます。

こういった電化製品との連携は、家電を多く造ってきたパナソニックならではの強みと言えるでしょう。

しかしIoTは便利だと感じる人が多い一方で、全く使わなくなってしまう世帯もいます。

カサートアーバンはカサートより坪単価は高めですし、IoTが自分の世帯にとって必要かどうかはよく考えた方が良いでしょう。

カサートプレミアム【坪単価90万円~100万円】

カサートプレミアム

カサートプレミアムはカサートシリーズの中での最高級商品であり、室温をコントロールすることでヒートショックを防止したり、高品質HEPAフィルターを導入することで花粉やPM2.5を除去するなど快適性を重視した作りになっています。

ただし坪単価はパナソニックホームズの中でも高めの100万円前後であり、手軽に購入できる住宅ではありません。

後悔しないためにも、きちんと展覧会に足を運び家族で体験することをおすすめします。

ビューノ3E/S【坪単価70万円~85万円】

ビューノ3E/S

都心に住む世帯では、パナソニックホームズの中でもビューノ3E/Sが人気です。

ビューノ3E/Sは最大3階建てまで建築が可能で、少ない敷地面積でも居住空間や収納スペースを十分に確保できるからです。

3階建てに地震のリスクを心配する方も多いですが、パナソニックホームズはパワテックと呼ばれる独自の耐震技術を採用しており、大規模構造物と同じレベルで安全性が保証されています。

土地は狭いけれど、のびのびできる空間が欲しい!という方はビューノ3E/Sを検討しましょう。

ビューノ【坪単価100万円以上】

ビューノ

パナソニックホームズが手がける最大の商品が、坪単価100万円以上のビューノです。

ビューノは最大9階建てまで建てることが可能であり2世帯住宅はもちろん、賃貸物件として作る方もいます。

例えば下層を賃貸エリア・上層を居住エリアに分ければ、眺望を確保しつつ支払いを家賃収入でカバーできるため、おすすめです。

パナソニックホームズのメリット

ここまでパナソニックホームズのそれぞれの商品ごとの特徴などを紹介してきましたが、他のハウスメーカーにはない、パナソニックホームズならではのメリットとしては、工期の速さ・パナソニック製品の導入でコストを下げられる・契約から施工まで同じ人が担当してくれる・アフターケアが充実しているの4点が挙げられます。

詳しくは次から見ていきましょう。

工期が早い

パナソニックホームズを利用する大きなメリットとしては、工期の速さが挙げられます。

というのもパナソニックホームズは現地で資材を作るのではなく、工場で一括して鉄骨剤を生産する体制を採っており、現場の状況や職人の腕に関わらず高品質な家をスピーディーに建てることができます。

また工場での一括生産は大幅なコストダウンにも繋がるため、早く安く家を建てたい、という方にはパナソニックホームズが特におすすめです。

パナソニック製品の導入でコスト減

パナソニックホームズで注文する際のメリットとしては、家電や建材にパナソニック製品を安く導入できる点が挙げられます。

パナソニックホームズであれば他社から家電や建材を購入する必要がなく、自社製品を仕入れてくれば良いわけですから、坪単価だけではなく設備を含めた費用で見ると他のハウスメーカーよりも安く済む場合もあるのです。

もちろんパナソニックホームズであっても、他社製品を設置することは可能ですが、その場合は別途費用が発生してしまうため、注意しましょう。

契約〜施工まで担当者が同じ

パナソニックホームズのサービス面で嬉しいポイントとしては、契約から施工まで同じ人が担当する点が挙げられます。

ハウスメーカーでは教育コストの都合上、営業は営業専用の担当者、施工は施工専用の担当者など分業体制が採られているのですが、分業体制は担当者間の連絡ミスなどでトラブルが起きるケースも多いのです。

その点、パナソニックホームズであれば、施工の知識を持った担当者が営業をおこなっているため購入する前から施工についてしっかり相談できますし、施工後も信頼できる営業マンと付き合い続けることができます。

アフターケアが充実

一般的なハウスメーカーの主要保証は20年防水部分であれば10〜15年程度が相場ですが、パナソニックホームズでは主要な部分で35年防水部分でも20年の保証が受けられます。

さらに有料メンテナンス工事を受ければ、最長60年までサポートが続くのです。

子供世代までしっかりと家を残したい、という方などには特にパナソニックホームズがおすすめと言えるでしょう。

パナソニックホームズのデメリット

設備が独自規格になっていることが多い

パナソニックホームズで家を建てる際に抑えておきたいポイントとしては、独自規格の設備が多い点が挙げられます。

パナソニックホームズの設備は自社で開発した独自規格が多く、少し故障したから近所のホームセンターで部品を買って交換しよう、といったことは難しいでしょう。

軽い故障でも必ずパナソニックホームズに連絡して、メンテナンスを依頼しなければならない点には注意が必要です。

北海道は未対応

北海道ではパナソニックホームズは施工対応していません。

明確な理由は発表されていませんが、北海道は雪が多く降りますし交通事情が特殊であるため、搬入にも時間が掛かります。

そのため十分な採算が取れない、というのが大きな理由の1つだと考えられます。

パナソニックホームズがおすすめな人の特徴

パナソニックユーザー

パナソニックホームズをおすすめできる人の特徴としては、パナソニック製品が好きでよく使っている人が挙げられます。

インテリアをパナソニック製品で揃えたい、と考えても1つずつ買うのも手間がかかりますし費用もかかりますよね。

その点パナソニックホームズを利用すれば一括でパナソニック製品を安く手に入れることができますし、家のメンテナンスと同時に家電なども見てもらえるでしょう。

短期間で家を建てたい人

早くマイホームが欲しい、という方もパナソニックホームズの利用をおすすめできます。

パナソニックホームズの資材は工場で生産されており現場の作業は全て資材の組み立てになるため効率的に建築することができますし、工場も国内にあるため国際情勢に変化があっても工期に影響はありません。

ただしカサートアーバンなどIoT住宅や、高層階のビューノなどは工期が長引きやすいため、しっかりと確認しておくことをおすすめします。

アフターケアの手厚さで選びたい人

何十年も住むならアフターケアがしっかりとしているハウスメーカーを選びたい、という方などはパナソニックホームズをおすすめできます。

パナソニックホームズは「生涯おつきあい(60年長期保証延長システム)」を採用しており、有料メンテナンスを受けることで最大60年間の保証が受けられます。

ただパナソニックホームズは直営店と代理店を併用しており、代理店のアフターケア対応には不満を感じている人が多く、窓口はしっかりと選んだ方が良いでしょう。

パナソニックホームズと契約する際はデメリットも把握しておこう

パナソニックホームズは工期が早く、営業から施工まで1人の人間が担当するため、多くの人におすすめできます。

また設備の多くがパナソニック製品であるため、パナソニック製品好きには特に魅力的な選択肢と言えるでしょう。

一方で営業マンの強引さや直営店と代理店で対応が違うなどの口コミや体験談も多いため、説明を鵜呑みにせず、自分でしっかりと選ぶことが重要です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する他の記事

おすすめ・特集記事!

不動産一括査定サイトおすすめランキング!33社を比較【2021年最新】
不動産査定サイトのメリットとしては、複数業者に査定依頼できる、無料でネットから申し込める事の他にも…
【2021年】大手不動産会社ランキング!売上高・売却仲介件数・評判を比較!信頼できるのはどこ?
不動産会社ランキングの決定版!総合売上、売却仲介実績、過去の利用者の口コミ・評判からおすすめの不動…