TOP > 不動産購入 > アイダ設計の評判・口コミは悪い?坪単価やメリット・デメリット・後悔しないための注意点を解説

アイダ設計の評判・口コミは悪い?坪単価やメリット・デメリット・後悔しないための注意点を解説

【更新日】2021-04-16
このエントリーをはてなブックマークに追加
アイダ設計

ローコストでキレイな家を建てたい、という方の中にはアイダ設計を候補に入れている方も多いでしょう。

ローコストと言っても決して安い買い物ではありませんし、後から他のハウスメーカーを選べば良かった、と後悔したくないですよね。

今回はアイダ設計の評判・口コミについて、リアルな実情を紹介していきます。

クレームの多いハウスメーカーはどこ?評判の悪い大手ハウスメーカーランキングとおすすめしない業者の特徴

アイダ設計の評判・口コミ

まずはアイダ設計の評判・口コミを見ていきます。

全体的な傾向としては、コストパフォーマンスの良さを評価する声が多いです。

一方で担当者の接客対応には、不満を感じた人も少なくありません。

詳しくは次から見ていきましょう。

口コミ①コスパは最高

あまり潤沢な予算はないけれど、そこそこの家を建てたい。

そういう人向けだと思いますね。

特定されそうなので詳しいことは言えませんが、他のハウスメーカーで断られてもアイダなら…というケースは多いでしょう。

大手ハウスメーカーほど人材教育がしっかりしている訳ではありませんし、アフターサービスにも難が残ります。

あくまでもアイダは格安工務店なので、きちんと割り切る必要はあります。(32歳・会社員)

口コミ②安いが性能は高い

アイダに限りませんが、家の基本的なところはきっちりやってくれる印象です。

他のハウスメーカーよりも工期を長めに取っているので、きちんと丁寧に作業できるのが大きいんでしょうね。

ただ他の人の体験談を見ると、担当者の良し悪しが大きすぎる気はしますね。

うちは良くもなければ悪くもない、普通の方でしたが、合わなければ変えてもらうのもアリでしょう。

営業マンの成績なんて、こちらには関係ありませんから。(41歳・自営業)

口コミ③クオリティは大手ハウスメーカー並み

アイダ設計の家の品質は高いと思います。

そりゃあ沢山お金を積めば性能もデザインも保証も最高の家ができるでしょうが、ほとんどの人は少ない予算でやりくりしつつ家を建てるはずです。

だから100点の家を建てるのではなく、やはりどこからしから落とし所を作る必要はあるのかな…と。

私は家の品質重視で、見た目にはあまり興味がなかったので、見た目を良くするオプションはほとんど抜いて貰ってかなり安くしました。

これだけは譲れないポイントは絞っておくことをおすすめします。(31歳・会社員)

口コミ④基本的な品質が担保されている

ある程度名前が知られているハウスメーカーなら、最低限の品質は担保されていると思っています。

それこそどうしようもない欠陥住宅ばかり作っていたら、潰れているでしょうから。

アイダ設計独自のポイントというのはほぼなく、内容も品質も他のハウスメーカーで見たもの聞いたものばかりです。

ただそういったハウスメーカーの標準仕様が坪50万円でできるのは、アイダ設計のメリットでしょう。

コスパは間違いなく良いので、後は人が合うかどうかじゃないですかね。(37歳・会社員)

口コミ⑤事前に細心のチェックをすべき

前に違うハウスメーカーで働いておりましたが、ハンコを押す前にやりすぎなくらい、一つ一つチェックしておいた方が良いです。

特にアイダ設計はコストを下げて早く契約を、というスタンスの方が多く、当初と図面が違うという場合もあります。

特に家造りはガチガチの契約ではなく、その場の交渉で決まる面も大きいので。

気になることがあればどんな細かいところでハッキリ伝えましょう。(33歳・会社員)

口コミ⑥機能重視の方におすすめ

アイダ設計はぜいたくさよりもコストパフォーマンスの良さに特化したハウスメーカーです。

大手の高級住宅にはならないけれど、住むのに支障がない家は建ちます。

だからなぜマイホームに住みたいかを良く考えた方が良いでしょうね。(37歳・会社員)

口コミ⑦高級感は確かにない

見た目の高級感や突飛なデザインは要らなかったので、安く機能的な家を作ってくれそうなアイダ設計を選びました。

結果としては、だいぶ満足していますね。

確かにお金に飽かした素晴らしい住宅が建つわけではありませんが、金額に見合った家になります。

きちんと展示場などを見て、これなら後悔しなさそう、と思えるなら選択肢の1つには入ると思います。(33歳・自営業)

口コミ⑧決算期で交渉して200万円値引きしてもらった

良くも悪くも営業マンに左右される会社だと思う。

私は決算期を狙って交渉して値引いてもらったが、他のハウスメーカーだったら普通に断られていたんじゃないかな。

安さがウリである以上、ある程度のクオリティは諦めているので、どれだけ安く買うかが大事。(37歳・会社員)

口コミ⑨最低限の家を安く作る人向け

アイダ設計は細部が詰まっていなくてもとりあえず契約、というスタンスなので、契約前と後のギャップに戸惑う人は多いでしょうね。

それに契約してから必要なものを追加していくこともあり、予算も変わってくるでしょう。

それでも他のハウスメーカーとは安いですし、ちょこちょこ不満はありますが、暮らせる家は建ちます。

アイダ設計で安く作って、自分でなんとかできる部位はDIYでどうにかする…ぐらいの気概は必要かと。(45歳・会社員)

口コミ⑩引き渡し後のアフターサービスは微妙

住宅の引き渡し後は埼玉のサービス部に連絡するように言われるのですが、まぁレスポンスは遅いですね。

なんとか伝えても来るのは年配の人で、内容もほとんど聞かされておらず、2度手間の説明を繰り返すことになります。

アフターサービスを重視する方は、アイダは避けた方が良いでしょうね。(33歳・会社員)

アイダ設計の特徴

アイダ設計の特徴

会社名 株式会社アイダ設計
本社所在地 〒330-0854 埼玉県さいたま市大宮区桜木町2丁目286番地
設立 昭和56年1月6日
電話番号 048-650-0222 (代表)

アイダ設計の特徴としては、自社一貫体制によるコストパフォーマンスの高さ・創業から40年の実績・注文と分譲を選べるの3点が挙げられます。

特に自社一貫体制によるコストパフォーマンスの高さは多くの人から評価を得ており、他のハウスメーカーで断られた予算でもアイダ設計ならなんとかなった、という体験談も多いです。

創業から40年というのはハウスメーカーの中では中堅程度ですが、10年や20年の新しいハウスメーカーよりは安心度があると言えるでしょう。

アイダ設計の主な商品ラインナップ

アイダ設計の主な商品ラインナップと特徴をまとめました。

商品名 特徴
ブラーボゼネクト キューブ型のコンパクトな住宅。リビング用ルームエアコンが標準仕様。
ブラーボコンフォート ブラーボシリーズのグレードアップ版。耐震等級3、断熱性能4を取得。
ブラーボスタンダード 規格設備を導入することで大幅なコストカット。1000万円以下で購入可能。
アイベスト 広々としたゆとりのある空間が特徴。ウレタン吹付や樹脂サッシなど断熱性能もハイグレード。
スイートハウス カードキーや宅配ボックスなど便利な最新機能を多く搭載。1020.8万円もの低価格も魅力的。
エコハウス 大容量太陽光パネルやオール電化など省エネに特化した住宅。10年間の売電保証も嬉しいポイント。
セーフティハウス2 耐震・耐火・台風・防犯に特化した安全性の高い住宅。耐震性は消防署や警察署並み。
オープンテラスのある平家 階段をなくして居住者の導線を優先した機能的な住宅。家族が集まりやすい設計が人気。
楽らくご長寿さん 軽い力で開く両開きドアや壁面収納できる簡易チェアなど高齢者に嬉しい機能を数多く採用。

アイダ設計のメリット

コストパフォーマンスが高い

アイダ設計の一番のメリットは、コストパフォーマンスの高さが挙げられます。

アイダ設計は古家の解体から販売後のアフターケアまで完全に自社で完結しており、人件費やマージンを削減することで、大幅な値下げに成功しました。

他のハウスメーカーよりも数百万円安く家を建てられた、という声も多く上がっており、ハウスメーカーの中でも人気が集まっています。

さらにアイダ設計は価格を下げつつも品質をキープしている点が評価されており、ウレタン吹付断熱や断熱材一体型高性能オリジナルパネルなど、快適性も十分に保証されています。

条件に合わせた設計を実現

アイダ設計は40年の歴史の中でさまざまな土地に住宅を建てており、他のハウスメーカーでは難しい複雑な設計も得意にしています。

例えば、アイダ設計ならデッドスペースに棚・階段・収納を仕込むといった建築も慣れていますし、ギリギリのラインまで居住スペースを広げることで、狭い土地でも快適な家を建てることができます。

他のハウスメーカーでは追加の設計費を取られてしまうような条件でも、アイダ設計なら安心して任せることができるでしょう。

住宅ラインナップが充実

アイダ設計の嬉しいポイントとして、豊富な商品展開も挙げることができます。

通常、坪単価50万円程度のハウスメーカーはラインナップが少なく、中々自身のニーズに沿った住宅を選ぶのが難しい傾向にありますが、アイダ設計はブラーボシリーズを主軸に複数世帯向け・高齢者向けなど多くの種類の住宅を展開しています。

ここだけは譲れない、といったポイントのある方もアイダ設計は一度チェックしてみると良いでしょう。

アイダ設計のデメリット

業界トップの高品質とは言えない

アイダ設計で家を作る際に押さえておきたいポイントとしては、業界トップの高品質さは求められない、という点です。

アイダ設計は価格を下げるために様々な点でコストカットをおこなっており、どうしても大手ハウスメーカーの高級住宅には劣る点は出てきてしまいます。

例えば、全館床暖房や全館空調はオプションになってしまいますし、高級感のある外装にすることも難しいでしょう。

アイダ設計を利用する際には、譲れないポイントを明確にした上で、現実的な落とし所を探っていく必要があります。

メンテナンス費用が非公開

アイダ設計の気になる点としては、メンテナンスの費用が非公開である、というポイントです。

アイダ設計でメンテナンスを受ける際にはサポート部門に連絡をし、対象箇所をチェックの上費用を決めるといった手法が採られおり、いくら掛かるかについてはケースバイケースになってしまいます。

そのためアフターケアの安心度に関しては、大手ハウスメーカーよりも一歩劣ると言わざるを得ません。

アイダ設計がおすすめな人の特徴

設計が難しい土地に家を建てたい人

アイダ設計をおすすめできる人とは、設計が難しい土地の家を建てたい人です。

なぜならアイダ設計はその名前のとおり設計を得意にしているハウスメーカーであり、他のハウスメーカーでは断られてしまうような土地でも家を建てることができます。

例えばすでに土地はあるが形がいびつ、相続などで安く買った土地になんとか家を建てたい、といった場合には強い味方になってくれるでしょう。

自由設計にこだわりたい人

アイダ設計は構造用面材を使用したパネル工法や、ミリ単位でカットできる自社工場を持っており、他のハウスメーカーと違って費用を上げずに間取りを自由に決めることができます。

ただし間取りとは異なり、外観や内装のデザインなどは選択肢が少なく、どうしても似たり寄ったりになってしまいます。

特に自分や家族のこだわりが強い方は、アイダ設計を利用する前によく相談した方が良いでしょう。

アイダ設計は低コストで自由度の高い家が建てられる

アイダ設計の評判・口コミから特徴、商品ラインナップ、メリットデメリットなどを見ていきました。

アイダ設計は坪単価50万円程度とローコストでありながら、設計技術や間取りの自由度に優れた優秀なハウスメーカーです。

ただし営業マンには当たり外れが大きい部分もあるため、まずは展示会などで、アイダ工務店の人柄をチェックすることから始めてみましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する他の記事

おすすめ・特集記事!

不動産一括査定サイトおすすめランキング!33社を比較【2021年最新】
不動産査定サイトのメリットとしては、複数業者に査定依頼できる、無料でネットから申し込める事の他にも…
【2021年】大手不動産会社ランキング!売上高・売却仲介件数・評判を比較!信頼できるのはどこ?
不動産会社ランキングの決定版!総合売上、売却仲介実績、過去の利用者の口コミ・評判からおすすめの不動…