TOP > 土地を高く売る > 土地売却時のキャッシュフローとは?有形固定資産の売却の意味・計算方法について解説

土地売却時のキャッシュフローとは?有形固定資産の売却の意味・計算方法について解説

【更新日】2020-07-21
このエントリーをはてなブックマークに追加
土地のキャッシュフロー

近年、不動産の取得や売却による投資によって資産形成を目指すという方が増えています。

投資用不動産を売却するコツ・注意点

確かに、土地の投資、売却は成功すればそれなりに利益を上げることができるという点で非常に魅力のある投資であるということは間違いありません。

しかし、実際に土地の取得や売却に基づくキャッシュフローについて詳しく理解しているという方はあまり多くはないのでしょうか。

そこで今回は土地の売買に関するキャッシュフローはどのようになるのか詳しく説明していこうと思います。

土地査定・売買の詳しい内容はこちらで紹介しています!

土地を査定する流れ・ポイント!価格相場は?ネットから申し込める?

土地を高く売る方法!いらない土地は国や自治体に売却できるって本当?

土地を売る時の17の注意点!高く売却したい方必読

不動産売却のキャッシュフローとは?

土地の取得や売却、運営といった投資で成功を収めるためには、キャッシュフローについてよく理解していなければなりません。

むしろきちんと理解しておかなければ、成功するどころか不動産投資で財政破綻してしまうという可能性もあります。

キャッシュフローってどんな意味?

キャッシュフロー(CF)とは、その名の通り、現金の流れのことです。

収益のある土地から得ることができる現金を大切にしておくことは当然のことのように思われるかもしれませんが、それをわかりにくくしているものは帳簿における収入や売却の利益とキャッシュフローの金額が異なるということです。

その違いをきちんと理解しないで土地投資を行ってしまうと、黒字倒産してしまうこともあります。

そこで、取得や売却から得られる現金の流れとはどのようなものか、そのようにして計算売ればよいのかということを以下解説していきます。

土地売却時のキャッシュフローの仕組み

取得、売却の際のキャッシュフローにおいて、重要な点は次の2点です。

はじめに、土地を取得、売却した場合、投資活動によるキャッシュフローの区別において、それぞれ「有形固定資産の取得における支出」と「有形固定資産の売却における収入」といった科目によって表します。

次に、有形固定資産を購入したり売り払ったりしたことにおける未払金または未収入金があった場合は、未払金または未収入金の期首残高および期末残高の調整を行うことで、有形固定資産の取得における支出と有形固定資産を売ることによる収入を算定します。

有形固定資産である土地を購入したり売ったりという行為を行った場合は、投資活動によるキャッシュフローの区分において、それぞれ「有形固定資産の取得における支出」と「有形固定資産の売却における収入」という2つの側面での表示を行います。

また、有形固定資産である土地を売り払ったことから発生する損益は営業活動によるキャッシュフローの区分において調整することが必要になります。

さらに、購入したり売り払ったりしたことにおける未払い金または未収入金がある場合は、有形固定資産の取得における支出または有形固定資産を売り払ったによる収入の算定にあたっては、未払金または未収入金の期首残高と期末残高を調整することが必要となります。

土地売却時のキャッシュフローはどう読むべき?

土地を取得し、運営をして収益をあげるたり売却して利益を上げる投資における投資キャッシュフローは、それら一連の投資活動によって生まれた、キャッシュの増減を表していますが、これは事業を維持していくうえで必要となる資金であり、有形固定資産および無形固定資産を取得したり売却したりすると、ここに表記されることになります。

固定資産である土地を買ったり売ったりすることで増減するキャッシュの量を表しますが、固定資産は企業が営業活動と行っていくうえで必要となる土地や建物、車両運搬具、備品、機械装置といった耐久性を持っている資産のことを指します。

土地などのこれらの固定資産を取得した場合、資金を使用するので投資CFはマイナスとなりますが、土地などの固定資産を売れば現金を得ることができますので、投資CFはプラスとなります。

キャッシュフローを理解すれば不動産の仕組みがわかる

個人的に不動産へ投資をして売却、運用することで将来のために資産を形成したり、企業が事業のために固定資産を取得したりする場合、キャッシュフローをきちんと把握しておくことは非常に大切だといえます。

それをしっかりと理解して、日々把握しておくことで自分が取得した土地から得られている収益や固定資産税などの経費のバランスが正常な状態となっているのか、チェックができます。

キャッシュフローを知ることで利益も得られる!

そしてそれから、土地をうまく運用したり売却したりするのに成功すると、より大きな利益を上げることにつながります。

もし、皆さんの中にこれから土地などの固定資産に投資して、その固定資産の運用、売却によってこれからのための資産形成を検討しているという方がおりましたら、ぜひこれから土地の取得から売却に至るまでのキャッシュフローをしっかりと理解して、より大きな末永い投資活動につなげるための礎にしていくのはいかがでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する他の記事

土地が売れない5つの理由と4つの対処法を紹介!売れ残った土地もすぐ売れる!
土地が売れない原因は、価格が高い、管理が行き届いていないといったポイントが想定できますが、かかる税…
北海道・札幌の土地を売る!売却相場と高く売るポイント
北海道、札幌の土地の売却相場はいくらになるのでしょうか、相場以上で高く売るにはどうすれば良いのでし…
土地の合筆は自分でおこなうべき!費用はどれくらいかかる?
土地の合筆にかかる費用や、手続きについて紹介しています。メリットやデメリットについても触れているの…

おすすめ・特集記事!

不動産一括査定サイトおすすめランキング!33社を比較【2021年最新】
不動産査定サイトのメリットとしては、複数業者に査定依頼できる、無料でネットから申し込める事の他にも…
【2021年】大手不動産会社ランキング!売上高・売却仲介件数・評判を比較!信頼できるのはどこ?
不動産会社ランキングの決定版!総合売上、売却仲介実績、過去の利用者の口コミ・評判からおすすめの不動…